海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS GOPO賞(ルーマニア・アカデミー賞)2017

<<   作成日時 : 2017/03/23 20:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第11回ルーマニア・アカデミー賞、GOPO賞(Premiile Gopo)の受賞結果が発表されました。(2月23日ノミネーション発表。3月21日結果発表。)

 ◆作品賞(Cel Mai Bun Film (Lungmetraj))
 ・『エリザのために』“Bacalaureat”(ルーマニア・仏・ベルギー) 監督:クリスティアン・ムンジウ
 ・“Câini(Dogs)”(ルーマニア・仏・ブルガリア・カタール) 監督:Bogdan Mirică
 ・“Inimi Cicatrizate(Scarred Hearts)”(ルーマニア・独) 監督:Radu Jude
 ◎『シエラネバダ』“Sieranevada”(ルーマニア・仏・ボスニア ヘルツェゴビナ・クロアチア・マケドニア) 監督:クリスティ・プイユ
 ・“Două Lozuri(Two Lottery Tickets)”(ルーマニア) 出演:Paul Negoescu

 『エリザのために』は、カンヌ国際映画祭2016 コンペティション部門出品。
 “Câini(Dogs)”は、カンヌ国際映画祭2016 ある視点部門出品。国際批評家連盟賞受賞。
 “Inimi cicatrizate(Scarred Hearts)”は、ロカルノ国際映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員特別賞、Premio FICC/IFFS(ドン・キホーテ賞)受賞。
 『シエラネバダ』は、カンヌ国際映画祭2016 コンペティション部門出品。シカゴ国際映画祭2016 最優秀作品賞受賞。米国アカデミー賞2017 外国語映画賞ルーマニア代表。
 “Două Lozuri(Two Lottery Tickets)”は、トランシルヴァニア国際映画祭2016 ルーマニア・デイズ部門出品。

 ◆監督賞(Cel Mai Bun Regizor (Lungmetraj))
 ・『エリザのために』“Bacalaureat” 監督:クリスティアン・ムンジウ
 ・“Câini(Dogs)” 監督:Bogdan Mirică
 ・“Inimi Cicatrizate(Scarred Hearts)” 監督:Radu Jude
 ・“Ilegitim(Illegitimate)”(ルーマニア・ポーランド・仏) 監督:アドリアン・シタル(Adrian Sitaru)
 ◎『シエラネバダ』“Sieranevada” 監督:クリスティ・プイユ

 『エリザのために』は、カンヌ国際映画祭2016 監督賞受賞。ヨーロッパ映画賞2016 監督賞ノミネート。
 『シエラネバダ』は、シカゴ国際映画祭2016 監督賞受賞。

画像

 ◆主演男優賞(Cel Mai Bun Actor Într-Un Rol Principal (Într-Un Film De Lung Metraj Ficţiune))
 ・アドリアン・ティティエニ(Adrian Titieni) 『エリザのために』“Bacalaureat”
 ◎Gheorghe Visu “Câini(Dogs)”
 ・ボグダン・ドゥミトラケ(Bogdan Dumitrache) “Dublu(Double)”(ルーマニア)(監督:Catrinel Dãnãiatã)
 ・András Hatházi “Orizont”(ルーマニア)(監督:Marian Crisan)
 ・ミミ・ブラネスク(Mimi Brănescu) 『シエラネバダ』“Sieranevada”

 アドリアン・ティティエニは、シカゴ国際映画祭2016 男優賞受賞。今回、助演男優賞でもノミネート。
 ミミ・ブラネスクは、前回、脚本賞でノミネート。

画像

 ◆主演女優賞(Cea Mai Bună Actriţă Într-Un Rol Principal (Într-Un Film De Lungmetraj Ficţiune))
 ・Medeea Marinescu “03.Bypass”(ルーマニア)(監督:Nap Toader)
 ・マリア・ドラグシ(Maria Drăguş) 『エリザのために』“Bacalaureat”
 ・Alina Grigore “Ilegitim(Illegitimate)”
 ・Rodica Lazăr “Orizont”
 ◎ダナ・ドガル(Dana Dogaru) 『シエラネバダ』“Sieranevada”

 Rodica Lazărは、2年連続ノミネート。

画像

 ◆助演男優賞(Cel Mai Bun Actor Într-Un Rol Secundar (Într-Un Film De Lungmetraj Ficţiune))
 ・ペトレ・チュボタル(Petre Ciubotaru) 『エリザのために』“Bacalaureat”
 ◎ヴラド・イヴァノフ “Câini(Dogs)”
 ・アドリアン・ティティエニ(Adrian Titieni) “Ilegitim(Illegitimate)”
 ・Șerban Pavlu “Inimi Cicatrizate(Scarred Hearts)”
 ・ソリン・メデレニ(Sorin Medeleni) 『シエラネバダ』“Sieranevada”

 アドリアン・ティティエニは、主演男優賞でもノミネート。

 ◆助演女優賞(Cea Mai Bună Actriţă Într-Un Rol Secundar (Într-Un Film De Lungmetraj Ficţiune))
 ◎Ana Ciontea 『シエラネバダ』“Sieranevada”
 ・Cătălina Moga 『シエラネバダ』“Sieranevada”
 ・ジュディ・スタテ(Judith State) 『シエラネバダ』“Sieranevada”
 ・Tatiana Iekel 『シエラネバダ』“Sieranevada”
 ・Viorica Geantă Chelbea “Miracolul din Tekir(The Miracle of Tekir)”(ルーマニア・スイス)(監督:Ruxandra Zenide)

 Tatiana Iekelは、2年連続ノミネート。

 ◆脚本賞(Cel Mai Bun Scenariu (Lungmetraj Ficţiune))
 ・クリスティアン・ムンジウ 『エリザのために』“Bacalaureat”
 ・Bogdan Mirică “Câini(Dogs)”
 ・Paul Negoescu “Două Lozuri(Two Lottery Tickets)”
 ・Radu Jude “Inimi Cicatrizate(Scarred Hearts)”
 ◎クリスティ・プイユ 『シエラネバダ』“Sieranevada”

 『エリザのために』は、シカゴ国際映画祭2016脚本賞受賞。ヨーロッパ映画賞2016 脚本家賞ノミネート。

 ◆撮影賞(Cea Mai Bună Imagine (Lungmetraj))
 ◎アンドレイ・ブチカ(Andrei Butică) “Câini(Dogs)”
 ・Pătru Păunescu “Dublu(Double)”
 ◎マリウス・パンドゥル(Marius Panduru) “Inimi Cicatrizate(Scarred Hearts)”
 ・オレグ・ムトゥ “Orizont”
 ・バルブ・バラショユ(Barbu Bălăşoiu) 『シエラネバダ』“Sieranevada”

 アンドレイ・ブチカは、2年連続ノミネート。ストックホルム国際映画祭2016 撮影賞受賞。
 マリウス・パンドゥルは、前回“Aferim!”で受賞していて、3年連続受賞。ルーマニア撮影協会賞も2年連続で受賞。

 ◆編集賞(Cel Mai Bun Montaj (Lungmetraj))
 ・ミルチェア・オルテアヌ(Mircea Olteanu) 『エリザのために』“Bacalaureat”
 ・ロクサナ・セル(Roxana Szel) “Câini(Dogs)”
 ・ミルチェア・オルテアヌ(Mircea Olteanu)、Theo Lichtenberger “Ilegitim(Illegitimate)”
 ・Cătălin Cristuţiu “Inimi Cicatrizate(Scarred Hearts)”
 ◎レエィツィア・シテファネスク(Letiţia Ştefănescu)、Ciprian Cimpoi 『シエラネバダ』“Sieranevada”

 ミルチェア・オルテアヌは、2作品でノミネート。録音賞でもノミネート。
 Cătălin Cristuţiuは、前回“Aferim!”で受賞。

 ◆美術賞(Cele Mai Bune Decoruri (Lungmetraj Ficţiune))
 ・Vali Ighigheanu “Afacerea Est(Eastern Business)”(ルーマニア・リトアニア・モルドヴァ)(監督:Igor Cobileanski)
 ・Simona Pădureţu 『エリザのために』“Bacalaureat”
 ・Augustina Stanciu “Câini(Dogs)”
 ◎Cristian Niculescu “Inimi Cicatrizate(Scarred Hearts)”
 ・クリスティーナ・バルブ(Cristina Barbu) 『シエラネバダ』“Sieranevada”

 Augustina Stanciuは、前回“Aferim!”で受賞。
 Cristian Niculescuは、4年連続ノミネート。2014年と2015年に受賞。

 ◆衣裳賞(Cele Mai Bune Costume (Lungmetraj Ficţiune))
 ・Elena Stozanova “Câini(Dogs)”
 ・マリーナ・イオネスク(Mălina Ionescu) “Două Lozuri(Two Lottery Tickets)”
 ◎ダナ・パパルス(Dana Păpăruz) “Inimi Cicatrizate(Scarred Hearts)”
 ・Mihaela David、Carmen Cristea “Miracolul din Tekir”
 ・マリア・ピテァ(Maria Pitea)、Doina Răducuț 『シエラネバダ』“Sieranevada”

 ダナ・パパルスは、2年連続受賞。前回“Aferim!”で受賞。

 ◆メイキャップ&ヘアドレッサー賞(Cel Mai Bun Machiaj Şi Cea Mai Bună Coafură (Lungmetraj Ficţiune))
 ・Nicoleta Toader、Andreea Dardea “#Selfie 69”(ルーマニア)(監督:Cristina Iacob)
 ・Gabriela Creţan “Câini(Dogs)”
 ・Gina Dan、Ada Radu “Două Lozuri(Two Lottery Tickets)”
 ◎Bianca Boeroiu、Domnica Bodogan “Inimi Cicatrizate(Scarred Hearts)”
 ・Stefanija Roso、Mojca Gorogranc 『シエラネバダ』“Sieranevada”

 ◆録音賞(Cel Mai Bun Sunet (Lungmetraj))
 ・Constantin Fleancu、ミルチェア・オルテアヌ(Mircea Olteanu)、オリヴィエ・ドー・ユゥ(Olivier Do Huu) 『エリザのために』“Bacalaureat”
 ・イワン・フィリプ(Ioan Filip)、ダン・シュテファン・ルカレアヌ(Dan Ştefan Rucăreanu) “Ilegitim(Illegitimate)”
 ・ダナ・ブネスク(Dana Bunescu)、Cristinel Şirli “Inimi Cicatrizate(Scarred Hearts)”
 ・ジャン=ポール・ベルナール(Jean Paul Bernard)、Filip Mureşan、Christophe Vintrignier 『シエラネバダ』“Sieranevada”
 ◎Sam Cohen、Sebastian Zsemlye、Hervé Buirette “Câini(Dogs)”

 ミルチェア・オルテアヌは、編集賞でもノミネート。
 Cristinel Şirliは、前回“Aferim!”で受賞。

 ◆オリジナル音楽賞(Cea Mai Bună Muzică Originală (Lungmetraj))
 ・Mircea Florian “03.Bypass”
 ◎Codrin Lazăr、Sorin Romanescu “Câini(Dogs)”
 ・ジャン=ポール・ウォール(Jean Paul Wall) “Dincolo de calea ferată(By the Rails)”(ルーマニア・スウェーデン・伊)(監督:Cãtãlin Mitulescu)
 ・Flora Pop、Alin Zăbrăuţeanu “Două Lozuri(Two Lottery Tickets)”
 ・Cristian Lolea “Orizont”

 ◆有望新人賞(Tânără Speranţă)
 ・Matei Lucaci-Grunberg(監督) “Oase pentru Otto(Bones for Otto)”(ルーマニア)
 ◎Anamaria Antoci(プロデューサー) “Ilegitim(Illegitimate)”
 ・Carla Fotea(プロデューサー) “Pipa,sexul şi omleta”(ルーマニア)(監督:Ana Maria Comanescu)
 ・Ilinca Hărnuţ(女優) “Inimi Cicatrizate(Scarred Hearts)”
 ・Lucian Teodor Rus(男優) “Inimi Cicatrizate(Scarred Hearts)”

 ◆第1回作品賞(Cel Mai Bun Film De Debut (Lungmetraj Ficţiune))
 ◎“Câini(Dogs)” 監督:Bogdan Mirică
 ・“Discordia(What Goes with Badminton)”(ルーマニア) 監督: Ion Indolean
 ・“Dublu(Double)” 監督:Catrinel Dănăiață

画像

 ◆短編映画賞(Cel Mai Bun Film De Scurtmetraj Ficţiune)
 ・“Ninel”(ルーマニア) 監督:Constantin Popescu
 ・“Pipa,sexul şi omleta”(ルーマニア) 監督:Ana-Maria Comănescu
 ・“Mă cheamă Costin(My Name is Costin)”(ルーマニア) 監督:Radu Potcoavă
 ・“Proiecţionistul(The Projectionist)”(ルーマニア) 監督:Norbert Fodor
 ◎“4:15 PM Sfârşitul lumii(4:15 P.M. The end of the world)”(ルーマニア) 監督:Cătălin Rotaru、Gabi Virginia Șarga

 “Pipa,sexul şi omleta”以外すべてトランシルヴァニア国際映画祭2016 ルーマニア・デイズ部門上映作品。
 “4:15 PM Sfârşitul lumii(4:15 P.M. The end of the world)”は、カンヌ国際映画祭2016 短編コンペティション部門出品。サラエボ映画祭2016 短編部門審査員特別賞受賞。

 ◆ドキュメンタリー賞(Cel Mai Bun Film Documentar)
 ◎“Doar o răsuflare(A Mere Breath)”(ルーマニア) 監督:Monica Lăzurean-Gorgan
 ・“Imagini din vis(Dream Images)”(ルーマニア) 監督:Sorin Luca
 ・“În căutarea tatălui pierdut(In Search of The Lost Father)”(ルーマニア) 監督:Ionuț Teianu
 ・“Varză,cartofi şi alţi demoni(Cabbage, Potatoes and Other Demons)”(独・ルーマニア) 監督:Șerban Georgescu
 ・“Camera obscura”(ルーマニア) 監督:Gheorghe Preda

 “Doar o răsuflare(A Mere Breath)”は、Visions du Reel/ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭2016出品。トランシルヴァニア国際映画祭2016出品。
 “Imagini din vis(Dream Images)”は、トランシルヴァニア国際映画祭2016 ルーマニア・デイズ部門出品。
 “În căutarea tatălui pierdut(In Search of The Lost Father)”は、トランシルヴァニア国際映画祭2016 ルーマニア・デイズ部門出品。
 “Varză,cartofi şi alţi demoni(Cabbage, Potatoes and Other Demons)”は、DOKライプチヒ2016出品。
 “Camera obscura”は、ポルトベッロ映画祭2016出品。

 ◆ヨーロッパ映画賞(Cel Mai Bun Film European (Dintre Cele Distribuite În România În 2016))
 ◎『サウルの息子』(ハンガリー) 監督:ネメシュ・ラースロー
 ・『ありがとう、トニ・エルドマン』(独・オーストリア・スイス・ルーマニア) 監督:マーレン・アデ
 ・『マーシュランド』(西) 監督:アルベルト・ロドリゲス(Alberto Rodríguez)
 ・『ひつじ村の兄弟』(アイスランド・デンマーク) 監督:グリームル・ハゥコーナルソン
 ・『さよなら、人類』(スウェーデン・ノルウェー・仏・独) 監督:ロイ・アンダーソン

 ◆最も成功したルーマニア映画2016(Premiul Publicului (Pentru Filmul Românesc Cu Cel Mai Mare Succes La Box Office În 2016))
 ◎“Două Lozuri(Two Lottery Tickets)”
 観客:127.513人 収入:2.403.355新ルーマニアレイ
 監督:Paul Negoescu 製作:Actoriedefilm.ro 配給:Ro Image 2000
 ◎“Selfie 69”
 観客:133.207人 収入:2.296.771新ルーマニアレイ
 監督:Cristina Iacob 製作:Zazu Film 配給:Zazu Film

 ◆キャリア貢献賞(Premiul Pentru Întreaga Carieră)
 ◎Ion Dichiseanu
 60年代初めから映画やテレビ、ラジオ、舞台で活躍している男優。
 1979年にACIN賞、2002年に勤続章(Ordinul național Serviciul Credincios(Cavaler))を授与されている。
 1995年には詩集を出版している。

画像

 ◆生涯貢献賞(Premiul Pentru Întreaga Activitate)
 ◎Valentin Uritescu
 80年代初めから映画やテレビ、舞台で活躍している男優。
 1986年にACIN賞、1991年にUCIN賞、2004年に文化勲章(Ordinul Meritul Cultural(Ofițer))を授与されている。
 2011年と2013年に自伝的エッセイを出版している。

画像

 ◆特別賞(Premiul Special)
 ◎Constantin Petre
 特殊効果やスモークマシン、火器の専門家で、約40年のキャリアを持つ。

 ◆ルーマニア撮影協会賞(Premiul RSC)
 ◎マリウス・パンドゥル(Marius Panduru) “Inimi Cicatrizate(Scarred Hearts)”
 マリウス・パンドゥルは、2年連続受賞。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は、以下の通り。

 ・『シエラネバダ』(6/16):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・助演女優・助演女優・助演女優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・録音
 ・“Câini(Dogs)”(6/13):作品・監督・主演男優・助演男優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・録音・音楽・第1回
 ・“Inimi Cicatrizate(Scarred Hearts)”(4/12):作品・監督・助演男優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・録音・新人・新人
 ・『エリザのために』(0/9):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・脚本・編集・美術・録音
 ・“Ilegitim(Illegitimate)”(1/6):監督・主演女優・助演男優・編集・録音・新人
 ・“Dublu(Double)”(0/6):主演男優・撮影・衣裳・メイク・音楽・第1回
 ・“Două Lozuri(Two Lottery Tickets)”(0/3):作品・脚本・撮影
 ・“Orizont”(0/3):主演男優・主演女優・音楽
 ・“03.Bypass”(0/2):主演女優・音楽
 ・“Miracolul din Tekir(The Miracle of Tekir)”(0/2):助演女優・衣裳
 ・“Pipa,sexul şi omleta”(0/2):新人・短編

 2016年は、カンヌのコンペティション部門に2本、ある視点部門に1本、ベルリンのフォーラム部門に1本、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭のイースト・オブ・ウェスト コンペティション部門に1本、ロカルノのインターナショナル・コンペティション部門に1本と、大きな国際映画祭のコンペティション部門にたくさんのルーマニア映画が選出されて、ルーマニア映画の充実ぶりが示された年でした。
 ルーマニア映画が国際的に「発見」されて約10年ですが、そんな中でも、2016年はかつてない豊作な年でした。いろんな国際映画祭で上映されるルーマニア映画、その年を代表するようなルーマニア映画は、年に1〜2本あればいいくらいなのに、2016年は5本も6本もあったわけですから。

 GOPO賞のノミネーションでも、これまではなかなかノミニーが揃わなかったのが、本年度は、第1回作品賞以外、すべての部門で5つのノミニーが選出されました。

 そんな中、本年度のGOPO賞で最多受賞になったのは、米国アカデミー賞2017外国語映画賞ルーマニア代表にも選ばれていた『シエラネバダ』でした。
 カンヌでもヨーロッパ映画賞でも、受賞したり、ノミネートされていたりしたのは、『エリザのために』の方でしたが、GOPO賞では『エリザのために』は無冠に終わり、『シエラネバダ』の圧勝でした。

 2016年には、トルコとフランスとの合作“Albüm(Album)”やアドリアン・シタルの新作『フィクサー』もありましたが、これらは対象外だったのか、単に選ばれなかっただけなのか、ノミネートはされませんでした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品を簡単に紹介しておきます。

 “Câini(Dogs)”(仏・ルーマニア・ブルガリア・カタール) 監督:Bogdan Mirică
 出演:ドラゴス・ブクル(Dragos Bucur)、ヴラド・イヴァノフ、Gheorghe Visu、Costel Cascaval
 物語:ロマンは、ブカレストからウクライナとの国境近くにやってくる。そこは、祖父から相続した土地で、荒涼とはしていたが、広くて、彼はこれを売ってしまいたいと考えていた。彼は、地元の年輩の警官、ホガスに警告を受ける。カリスマ的で凶暴なサミールと彼の手下たちが、この土地で密輸を行なっていて、誰でも自由に出入りすることを認めるわけがないだろうと。ロマンはあきらめず、3人の男たちが暴力のトライアングルの中で衝突する。
 カンヌ国際映画祭2016 ある視点部門出品。国際批評家連盟賞受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2016 コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 サラエボ映画祭2016 長編コンペティション部門出品。審査員スペシャル・メンション、男優賞(Gheorghe Visu)受賞。
 ワルシャワ国際映画祭2016出品。
 ストックホルム国際映画祭2016 コンペティション部門出品。撮影賞
 デンバー映画祭2016出品。
 リスボン&エストリル映画祭2016出品。
 リュブリャナ国際映画祭2016出品。
 トリノ国際映画祭2016出品。
 ヨーロッパ映画賞2016 ディスカバリー賞2016 ノミネート。
 ロッテルダム国際映画祭2017出品。


 ・“Inimi cicatrizate(Scarred Hearts)”(ルーマニア・独) 監督:Radu Jude
 物語:1937年のルーマニア。Emanuelは、20歳の青年で、黒海に面したサナトリウムで、骨結核の療養をしていた。他の患者に恋したりして、精一杯生きたいという思いを強くする。だんだんと体は弱っていったが、あきらめたくはなかった。
 10年間の闘病生活の後、29歳で亡くなったルーマニア人作家Max Blecherの自伝的小説“Scarred Hearts”に基づく。
 ロカルノ国際映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員特別賞、Premio FICC/IFFS(ドン・キホーテ賞)受賞。
 サラエボ映画祭2016 長編コンペティション部門出品。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2016出品。ハンブルク・プロデューサー賞受賞。
 ワルシャワ国際映画祭2016出品。
 釜山国際映画祭2016 ワールド・シネマ部門出品。
 BFIロンドン映画祭2016 Dare部門出品。
 ゲント映画祭2016出品。
 ハイファ国際映画祭2016 Tobias Spencer Award スペシャル・メンション受賞。
 ウィーン国際映画祭2016出品。
 CPH:PIX2016出品。
 マル・デル・プラタ国際映画祭2016出品。
 ニューヨーク・ジューイッシュ映画祭2017出品。
 ヴィリニウス国際映画祭2017出品。
 香港国際映画祭2017出品。


 ・“Ilegitim(Illegitimate)”(ルーマニア・仏・ポーランド) 監督:アドリアン・シタル(Adrian Sitaru)
 物語:4人の子どもたちとVictorがテーブルについている。Victorは、医者で、物理学とワインについて長々と話し、家長としての立場を楽しんでいる。息子のCosmaが、昔の文献にVictorの名前を見つけたと言って、父親に食ってかかる。それによると、Victorは、1989年に廃止されるまで、妊娠中絶の禁止を支持して、中絶を希望している女性たちを非難していたという。ムードが一変する。Victorは、母親が中絶を望んでいたのにも拘わらず、双子のSashaとRomiを生ませたではないかと言って、中絶に反対した自分を擁護する。ところが、Sashaが近親相姦による赤ん坊を身ごもっていることを明かしたことから、より深刻な問題が突きつけられる。
 ベルリン国際映画祭2016 フォーラム部門出品。CICAE賞受賞。
 ヴィリニュス国際映画祭2016出品。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2016出品。
 イスタンブール国際映画祭2016出品。
 全州国際映画祭2016出品。
 シアトル国際映画祭2016 コンテンポラリー・ワールド・シネマ部門出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2016 ルーマニア・デイズ部門出品。
 プーラ映画祭2016 インターナショナル・プログラム 最優秀作品賞受賞。
 オデッサ国際映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。
 ハイファ国際映画祭2016出品。
 シカゴ国際映画祭2016出品。
 フィラデルフィア映画祭2016 最優秀ナラティヴ作品賞オナラブル・メンション受賞。
 デンバー映画祭2016出品。
 トリノ映画祭2016出品。


 ・“Dublu(Double)”(ルーマニア) 監督:Catrinel Dãnãiatã
 物語:Georgeは、欲しい物は何でも持っているように見える。愛するガールフレンドがいて、建築家としての仕事も順調だ。飲みに誘える友人も多い。問題なのは、会った女の子すべてをチェックしなければ気が済まないところだ。締め切りが光の速さで迫ってこなければ、仕事は完璧なはずだし、パーティーが普通のものだったら、問題はなかったかもしれない。しかし、現実的には、かつてないほどの二日酔いを味わい、状況は壊滅的だ。日々の落とし穴がそこここに開いている。自滅のスパイラルを抜け出す道は自分で探すしかない。
 初監督長編。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016 イースト・オブ・ウェスト コンペティション部門出品。


 ・“Două Lozuri(Two Lottery Tickets)”(ルーマニア) 監督:Paul Negoescu
 物語:ルーマニアのアウトバックのどこか。Dinelは、カーリー・ヘアでひげを生やしていて、運が下がっているように見える。彼のガレージの客も不幸なやつらばかりで、給料はほとんど仕事の後のビールに消えてしまう。そのおかげで、最近、妻が彼を置いて出て行ってしまった。ところが、Dinelは、くじで思いもかけず600万ユーロを当てたところから運がいい方に変わり始める。しかし、くじを入れていたウェストバッグを、チンピラまがいの2人組に奪われてしまった。Dinelは、親友のSileとPompiliuとともに、くじを取り戻す旅に出る。
 トランシルヴァニア国際映画祭2016 ルーマニア・デイズ部門出品。
 チューリヒ映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。
 フォートローダーデール国際映画祭2016 最優秀コメディー賞受賞。
 モンテカルロ・コメディー映画祭2017 審査員特別賞受賞。


 ・“Doar o rãsuflare(A Mere Breath)”(ルーマニア) 監督:Monica Lazurean–Gorgan
 ルーマニアのSicrea一家の試練と苦難の7年にわたって追ったドキュメンタリー。Dobrinは、妻と3人の子どもを持ち、末っ子の娘が、車椅子から立ち上がって歩き出す奇跡を待つ。
 Vision du Reel/ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭 2016出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2016 HBO Day部門出品。
 サラエボ映画祭2016 ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 シカゴ国際映画祭2016 ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。


 ・“4:15P.M. The End of The World(4:15P.M. Sfârșitul Lumii)”(ルーマニア) 監督:Gabi Virginia Șarga、Cătălin Rotaru
 物語:宅配業者が、ヒッチハイカーを拾う。ヒッチハイカーは、彼に世界の終わりは(角を曲がった)すぐそこにあると警告する。宅配業者は、ヒッチハイカーのことを狂ってると決めつける……。
 カンヌ国際映画祭2016 短編コンペティション部門出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2016 ルーマニア・デイズ部門出品。
 サラエボ映画祭2016 短編コンペティション部門出品。審査員スペシャル・メンション受賞。
 TOFIFEST 2016 出品。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・GOPO賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201605/article_17.html
 ・GOPO賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_54.html
 ・GOPO賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_20.html
 ・GOPO賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201304/article_20.html
 ・GOPO賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_45.html
 ・GOPO賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_30.html
 ・GOPO賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_47.html
 ・GOPO賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_46.html
 ・GOPO賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200903/article_6.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年2月〜2017年9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_35.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GOPO賞(ルーマニア・アカデミー賞)2017 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる