海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS オーストラリア映画批評家協会賞(AFCA)2017 受賞結果

<<   作成日時 : 2017/03/18 06:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第10回オーストラリア映画批評家協会賞(AFCA:Australian Film Critics Association)の受賞結果です。(3月7日発表)

 オーストラリアの映画批評家による映画賞には、オーストラリア映画批評家サークル賞(FCCA:Film Critics Circle of Australia)とオーストラリア映画批評家協会賞(AFCA:Australian Film Critics Association)があって、混乱してしまいますが―
 FCCAは、設立年不詳、メンバー数も不詳ですが、歴史はこちらの方が古く、シドニーを本拠地としていています。
 もう一方のAFCAは、元々はメルボルンの映画フォーラムから発展した映画批評家の団体で、1996年設立で、2004年からオーストラリア全域に会員を広げ、メンバー数は70人以上(公式サイトに掲載されているメンバーは2017年3月現在103人)。映画賞は2008年からスタートさせています。
 どちらも国際批評家連盟の会員であるようです。
 FCCAの方は、IMDbに受賞データが記載されており、一方、AFCAの方は、映画レビューに関する表彰も行なっているというのが特徴になっています。

 *AFCA 公式サイト:http://www.afca.org.au/
 *AFCA 公式facebook:http://www.facebook.com/pages/Australian-Film-Critics-Association/108679745895161
 *Wikipedia:http://en.wikipedia.org/wiki/Australian_Film_Critics_Association

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞
 ◎“Girl Asleep”(オーストラリア) 監督:Rosemary Myers
 ・“Down Under”(オーストラリア) 監督:エイブ・フォーサイス(Abe Forsythe)
 ・“Goldstone”(オーストラリア) 監督:Ivan Sen
 ・『ハクソー・リッジ』(オーストラリア・米) 監督:メル・ギブソン
 ・“Pawno”(オーストラリア) 監督:Paul Ireland

 AACTAでは『ハクソー・リッジ』が受賞、FCCAでは“Goldstone”が受賞。

 ◆監督賞
 ◎Ivan Sen “Goldstone”
 ・メル・ギブソン 『ハクソー・リッジ』
 ・Rosemary Myers “Girl Asleep”
 ・サイモン・ストーン(Simon Stone) “The Daughter”
 ・Nicholas Verso “Boys In The Trees”(オーストラリア)

 AACTAではメル・ギブソンが受賞、FCCAではIvan Senが受賞。

 ◆主演男優賞
 ◎アーロン・ペダーセン(Aaron Pederson) “Goldstone”
 ・ジョン・プランプトン(John Brumpton) “Pawno”
 ・アンドリュー・ガーフィールド 『ハクソー・リッジ』
 ・アンソニー・ラパグリア “A Month of Sundays”(オーストラリア)(監督:マシュー・サヴィル(Matthew Saville))
 ・ユエン・レスリー(Ewen Leslie) “The Daughter”

 AACTAでは、アンドリュー・ガーフィールドが受賞、FCCAではアーロン・ペダーセンが受賞。

 ◆主演女優賞
 ◎Odessa Young “The Daughter”
 ・スザンヌ・クレマン “Early Winter”(オーストラリア・カナダ)(監督:Michael Rowe)
 ・Maggie Nouri “Joe Cinque's Consolation”(オーストラリア)(監督:Sotiris Dounoukos)
 ・テレサ・パルマー 『ハクソー・リッジ』
 ・ベサニー・ホイットモア(Bethany Whitmore) “Girl Asleep”

 AACTAでもFCCAでもOdessa Youngが受賞。FCCAでは“Looking for Grace”でラダ・ミッチェル(Radha Mitchell)も受賞。

 ◆助演男優賞
 ◎サム・ニール “The Daughter”
 ・Harrison Feldman “Girl Asleep”
 ・ヴィンス・ヴォーン 『ハクソー・リッジ』
 ・デイヴィッド・グーピル “Goldstone”
 ・ヒューゴ・ウィーヴィング 『ハクソー・リッジ』
 ・John Clarke “A Month of Sundays”

 AACTAではヒューゴ・ウィーヴィングが、FCCAではサム・ニールが受賞。

 ◆助演女優賞
 ◎ジャッキー・ウィーヴァー “Goldstone”
 ・Amber McMahon “Girl Asleep”
 ・ジュリア・ブレイク(Julia Blake) “A Month of Sundays”
 ・ミランダ・オットー “The Daughter”
 ・ケリー・フォックス “Downriver”(オーストラリア)(監督:Grant Scicluna)

 AACTAでもFCCAでもミランダ・オットーが受賞。

 ◆脚本賞
 ◎サイモン・ストーン “The Daughter”
 ・Damian Hill “Pawno”
 ・Grant Scicluna “Downriver”
 ・Ivan Sen “Goldstone”
 ・マシュー・ウィテット(Matthew Whittet) “Girl Asleep”

 AACTAでは、『ハクソー・リッジ』がオリジナル脚本賞、“The Daughter”が脚色賞受賞。FCCAでは“Goldstone”が受賞。

 ◆撮影賞
 ◎Ivan Sen “Goldstone”
 ・サイモン・ダガン(Simon Duggan) 『ハクソー・リッジ』
 ・ボニー・エリオット(Bonnie Eilliott) “Spear”(オーストラリア)(監督:Stephen Page)
 ・レナン・オズターク(Renan Ozturk)、Hugh Miller、Ken Sauls “Sherpa”(オーストラリア・ネパール)(監督:ジェニファー・ピーダム(Jennifer Peedom))
 ・ジェフリー・ホール(Geoffrey Hall) “Red Dog: True Blue”(オーストラリア)(監督:クリス・ステンダース(Kriv Stenders))

 AACTAでもFCCAでも『ハクソー・リッジ』が受賞。

 ◆ドキュメンタリー賞(Best Documentary (Local or International))
 ◎“Sherpa”
 ・“Chasing Asylum”(オーストラリア・アフガニスタン・カンボジア・インドネシア・イラン・レバノン) 監督:エヴァ・オーナー(Eva Orner)
 ・“Remembering The Man”(オーストラリア) 監督:Nickolas Bird ADG、Eleanor Sharpe ADG
 ・『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK』
 ・『ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ』

 AACTAでは“Chasing Asylum”が受賞、FCCAでは“The Family”が受賞。
 “Sherpa”は、AACTAオーストラリア・アカデミー賞2015 ドキュメンタリー賞ノミネート。オーストラリア映画批評家サークル賞(FCCA)2016 長編ドキュメンタリー賞受賞。

 ◆インターナショナル映画賞 英語作品部門(Best International Film (English Language))
 ◎『メッセージ』
 ・『最後の追跡』
 ・『わたしは、ダニエル・ブレイク』
 ・『ラ・ラ・ランド』
 ・“Nocturnal Animals”(米) 監督:トム・フォード

 ◆インターナショナル映画賞 外国語作品部門(Best International Film (Foreign Language))
 ◎『裸足の季節』
 ・“Elle”(仏・独・ベルギー) 監督:ポール・ヴァーホーヴェン
 ・『彷徨える河』
 ・『ジュリエッタ』
 ・『サウルの息子』

 【ライティング部門賞】(AFCA Writing Awards)

 ◆イアン・ハッチンソン賞/オーストラリア映画・外国映画最優秀長編著作賞(Ivan Hutchinson Award for best long-form writing on Australian or International cinema)
 ◎Adrian Danks “South of Ealing: recasting a British studio's antipodean escapade”

 ◆オーストラリア映画最優秀レビュー賞(Award for Best Review of an individual Australian film)
 ◎Lauren Carroll Harris “Joe Cinque’s Consolation: Too much Helen or not enough?”

 ◆オーストラリア映画以外の最優秀レビュー賞(Award for Best Review of an Individual non-Australian film)
 ◎Ivan Cercina “Review of No Home Movie”

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通り。

 ・“Goldstone”(4/7):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚本・撮影
 ・“The Daughter”(3/6):監督・主演男優・主演女優・助演男優・助演女優・脚本
 ・“Girl Asleep”(1/6):作品・監督・主演女優・助演男優・助演女優・脚本
 ・『ハクソー・リッジ』(0/6):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・助演男優
 ・“Pawno”(0/3):作品・主演男優・脚本
 ・“A Month of Sundays”(0/3):主演男優・助演男優・助演女優
 ・“Sherpa”(1/2):撮影・ドキュメンタリー
 ・“Downriver”(0/2):助演女優・脚本

 FCCAとAFCAは、微妙な違いを見せつつも、(やはり映画批評家の映画賞であることもあってか)多くの部門で重なっていますが、AACTAで圧勝し、FCCAでも2部門で受賞した『ハクソー・リッジ』は、AFCAでは無冠という結果になりました。

 AFCAは、大作を敬遠する傾向があるのかなと思って、過去の受賞結果を調べてみると、前回、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に作品賞と監督賞と撮影賞を贈っていますが、2014にはAACTAを総なめにした『華麗なるギャツビー』を無冠にしていますから、やはり少しインディーズ志向があるのかもしれません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 いくつかの作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“Goldstone”(オーストラリア) 監督:Ivan Sen
 出演:アーロン・ペダーセン(Aaron Pedersen)、アレックス・ラッセル(Alex Russell)、チェン・ペイペイ(Pei Pei Cheng)、デイヴィッド・ガルピリル、デイヴィッド・ウェンハム、ジャッキー・ウィーヴァー
 物語:先住民族探偵のジェイ・スワンは、行方不明者を捜して、辺境の町ゴールドストーンにやってくる。彼は、これを単純な調査仕事と思っていたが、やがて犯罪と汚職のカオスをこじ開けてしまう。ジェイは、地元の若い警官と出会って、それぞれの違いを克服しつつ、協力して捜査を進め、正義を貫こうとする。
 シドニー映画祭2016出品。
 トロント国際映画祭2016 PLATFORM部門出品。
 バンクーバー国際映画祭2016出品。
 BFIロンドン映画祭2016 オフィシャル・セレクション出品。
 フィラデルフィア映画祭2016出品。
 AACTAオーストラリア・アカデミー賞2016 作品賞・監督賞・脚本賞・編集賞・美術賞ノミネート。
 ドバイ国際映画祭2016出品。
 オーストラリア映画批評家サークル賞(FCCA)2017 作品賞・監督賞・主演男優賞(アーロン・ペダーセン)・脚本賞・音楽賞受賞。助演女優賞(ジャッキー・ウィーヴァー)・撮影賞・編集賞ノミネート。

画像

 ・“The Daughter”(オーストラリア) 監督:サイモン・ストーン(Simon Stone)
 出演:ジェフリー・ラッシュ、ニコラス・ホープ、サム・ニール、ユエン・レスリー、Odessa Young、ミランダ・オットー、アナ・トーヴ
 物語:クリスチャンは、父ヘンリーの再婚のために実家に帰って来る。彼は、子ども時代の親友オリヴァーとその妻シャーロットや娘のヘドウィグと旧交を温める。ところが、彼は、長らく隠されていた秘密を掘り越して、過去の過ちを正そうとしたため、人々の生活を脅威にさらしてしまう。
 イプセンの『野鴨』の映画化。
 トロント国際映画祭2015 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 釜山国際映画祭2015 ワールド・シネマ部門出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2016コンペティション部門出品。
 AACTAオーストラリア・アカデミー賞2016 主演女優賞(Odessa Young)・助演女優賞(ミランダ・オットー)・脚色賞受賞。作品賞・主演男優賞(ユエン・レスリー)・助演男優賞(サム・ニール)・助演女優賞(アナ・トーヴ)・編集賞・美術賞・録音賞ノミネート。
 オーストラリア映画批評家サークル賞(FCCA)2017 主演女優賞(Odessa Young)・助演男優賞(サム・ニール)・助演女優賞(ミランダ・オットー)受賞。作品賞・監督賞・脚本賞・撮影賞・編集賞・音楽賞ノミネート。


 “Girl Asleep”(オーストラリア) 監督:Rosemary Myers
 出演:ベサニー・ウィットモア(Bethany Whitmore)、Harrison Feldman、Amber McMahon、マシュー・ウィテット(Matthew Whittet)
 物語:14歳のグレタは、家族とともに新しい町に引っ越しをする。状況は厳しい。友だちになったのは、エリオットだけだ。彼は、ファニーでやさしいが、彼女と同じく仲間はずれで、ちょっと子どもっぽい。姉は、すぐにもボーイフレンドを作って、自分のライフスタイルを確立する。両親は、グレタのために15歳の誕生日会を開く。できるなら、グレタはそんなものから逃げ出したかった。家の背後には、怪しい森が広がり、怪しい化け物が吠えている……。
 マシュー・ウィテットのオリジナルの戯曲の映画化。
 アデレード映画祭2015 観客賞受賞。
 ベルリン国際映画祭2016 ジェネレーション14plus部門出品。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2016出品。
 全州国際映画祭2016出品。
 シアトル国際映画祭2016 審査員大賞、ヤング審査員賞受賞。
 シドニー映画祭2016出品。
 ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭2016出品。
 台北電影節2016出品。
 プーラ映画祭2016出品。
 メルボルン国際映画祭2016 青少年審査員賞(The Age Critics Prize)受賞。
 AACTAオーストラリア・アカデミー賞2016 衣裳デザイン賞受賞。作品賞・監督賞・脚色賞・撮影賞・編集賞・美術賞ノミネート。
 オーストラリア映画批評家サークル賞(FCCA)2017 作品賞・監督賞・主演女優賞・脚本賞・撮影賞・編集賞ノミネート。
 イマジン映画祭2017出品。

画像

 ・“Sherpa”(オーストラリア・ネパール) 監督:ジェニファー・ピーダム(Jennifer Peedom)
 2014年4月18日、エベレストの登山隊がクーンブ氷河で雪崩に遭遇し、シェルパ16名が犠牲になるというヒマラヤ登山史上最悪の出来事が起こった。これに先立つ1年前、シェルパと欧州の登山家が口論して、暴力沙汰にまで発展し、それが世界中に報道されてしまうという事件があった。事件を契機として、シェルパの賃金や労働条件に関し、外国人登山家とシェルパとネパール政府との対立が表面化した。2014年(日本のイモトアヤコやなすびがヒマラヤ入りしていた同じシーズン)、オーストラリアのドキュメンタリー作家ジェニファー・ピーダムは、シェルパの視点に立って、ヒマラヤ登山を考えてみようとして、撮影に入り、ニュージーランド人Russell Briceのヒマラヤ・ガイド会社Himexのために、シェルパPhurba Tashi(2013年5月までに21回のエベレスト登頂を成し遂げている)が組み上げたチームに同行した。クーンブ氷河での悲劇を耳にしたのは、この撮影の真っただ中だった。本作では、シェルパの文化と、彼らとヒマラヤの山々との精神的な結びつき、そして、外国人登山家のために、装備を運び、供給するシェルパたちのきつい仕事とリスクをとらえていく。
 シドニー映画祭2015出品。
 メルボルン国際映画祭2015出品。
 トロント国際映画祭2015 TIFF DOCS部門出品。
 BFIロンドン映画祭2015 グリアソン賞受賞。
 アデレード映画祭2015出品。
 フィラデルフィア映画祭2015出品。
 AACTAオーストラリア・アカデミー賞2015 ドキュメンタリー賞ノミネート。
 パームスプリングス国際映画祭2016出品。
 BAFTA英国アカデミー賞2016 ドキュメンタリー賞ノミネート。
 オーストラリア映画批評家サークル賞(FCCA)2016 長編ドキュメンタリー賞受賞。
 フル・フレーム・ドキュメンタリー映画祭2016出品。
 グリアソン賞2016 劇場公開作品部門 ショート・リスト。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・オーストラリア映画批評家サークル賞(FCCA)2017 受賞結果::http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_35.html

 ・第6回AACTAオーストラリア・アカデミー賞 インターナショナル・アワード ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_5.html
 ・第6回AACTAオーストラリア・アカデミー賞 インターナショナル・アワード 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_21.html
 ・第6回AACTAオーストラリア・アカデミー賞 国内部門賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_6.html
 ・第6回AACTAオーストラリア・アカデミー賞 国内部門賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_22.html

 ・オーストラリア映画批評家協会賞(AFCA)2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_47.html
 ・オーストラリア映画批評家協会賞(AFCA)2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_48.html
 ・オーストラリア映画批評家協会賞(AFCA)2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_52.html
 ・オーストラリア映画批評家協会賞(AFCA)2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_6.html
 ・オーストラリア映画批評家協会賞(AFCA)2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_8.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年2月〜2017年9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_35.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オーストラリア映画批評家協会賞(AFCA)2017 受賞結果 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる