海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国アカデミー賞2017 受賞結果!

<<   作成日時 : 2017/02/27 14:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第89回米国アカデミー賞の各賞が発表になりました。(2月26日)

 ◆作品賞
 ・『メッセージ』 ショーン・レヴィ、ダン・レヴィン、アーロン・ライダー、デイヴィッド・リンド
 ・“Fences” スコット・ルーディン、デンゼル・ワシントン、トッド・ブラック(Todd Black)
 ・『ハクソー・リッジ』 ビル・メカニック(Bill Mechanic)、デイヴィッド・パーミュット(David Permut)
 ・『最後の追跡』 カーラ・ハッケン(Carla Hacken)、ジュリー・ヨーン(Julie Yorn)
 ・“Hidden Figures” ドナ・ジグリオッティ(Donna Gigliotti)、ピーター・チャーニン(Peter Chernin)、ジェンノ・トッピング(Jenno Topping)、ファレル・ウィリアムズ、セオドア・メルフィ
 ・『ラ・ラ・ランド』 Fred Berger、ジョーダン・ホロウィッツ、マーク・プラット
 ・『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 エミール・シャーマン(Emile Sherman)、イアン・カニング(Iain Canning)、アンジー・フィールダー(Angie Fielder)
 ・『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 マット・デイモン、キンバリー・スチュワード、クリス・ムーア、ローレン・ベック、ケヴィン・J・ウォルシュ
 ◎『ムーンライト』 アデル・ロマンスキー、デデ・ガードナー、ジェレミー・クライナー

 アデル・ロマンスキーは初ノミネート。デデ・ガードナーは、4年連続5回目のノミネート。2014年に『それでも夜は明ける』で受賞。ジェレミー・クライナーは、3年連続4回目のノミネート。2014年に『それでも夜は明ける』で受賞。
 『ムーンライト』は、ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門作品賞受賞。


 ◆監督賞
 ・『メッセージ』 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
 ・『ハクソー・リッジ』 メル・ギブソン
 ◎『ラ・ラ・ランド』 デイミアン・チャゼル
 ・『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 ケネス・ロナーガン
 ・『ムーンライト』 バリー・ジェンキンス

 デイミアン・チャゼルは、『セッション』で脚色賞にノミネートされて以来、2年ぶり2&3回目のノミネート。監督賞ノミネートは初めて。今回、オリジナル脚本賞でもノミネート。ゴールデン・グローブ賞監督賞、米・監督組合賞(DGA)、BAFTA英国アカデミー賞監督賞受賞。


 ◆主演男優賞
 ◎ケイシー・アフレック 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
 ・アンドリュー・ガーフィールド 『ハクソー・リッジ』
 ・ライアン・ゴズリング 『ラ・ラ・ランド』
 ・ヴィゴ・モーテンセン 『はじまりへの旅』
 ・デンゼル・ワシントン “Fences”

 ケイシー・アフレックは、『ジェシー・ジェームズの暗殺』で助演男優賞にノミネートされて以来9年ぶり2回目のノミネート。ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門主演男優賞、BAFTA英国アカデミー賞主演男優賞受賞。


 ◆主演女優賞
 ・イザベル・ユペール “Elle”
 ・ルース・ネッガ 『ラビング 愛という名前のふたり』
 ・ナタリー・ポートマン 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
 ◎エマ・ストーン 『ラ・ラ・ランド』
 ・メリル・ストリープ 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

 エマ・ストーンは、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で助演女優賞にノミネートされて以来2年ぶり2回目のノミネート。ゴールデン・グローブ賞コメディー/ミュージカル部門主演女優賞、俳優組合賞(SAG)主演女優賞、BAFTA英国アカデミー賞主演女優賞受賞。


 ◆助演男優賞
 ◎マハーシャラ・アリ 『ムーンライト』
 ・ジェフ・ブリッジス 『最後の追跡』
 ・ルーカス・ヘッジズ 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
 ・デヴ・パテル 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・マイケル・シャノン “Nocturnal Animals”

 マハーシャラ・アリは初ノミネート初受賞。ゴールデン・グローブ賞助演男優賞、米・俳優組合賞(SAG)助演男優賞受賞。


 ◆助演女優賞
 ◎ヴィオラ・デイヴィス “Fences”
 ・ナオミ・ハリス 『ムーンライト』
 ・ニコール・キッドマン 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・オクタヴィア・スペンサー “Hidden Figures”
 ・ミシェル・ウィリアムズ 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

 ヴィオラ・デイヴィスは、5年ぶり3回目のノミネートで、初受賞。ゴールデン・グローブ賞助演女優賞、米・俳優組合賞(SAG)助演女優賞、BAFTA英国アカデミー賞助演女優賞受賞。


 ◆オリジナル脚本賞
 ・『最後の追跡』 テイラー・シェリダン
 ・『ラ・ラ・ランド』 デイミアン・チャゼル
 ・『ロブスター』 ヨルゴス・ランティモス、エフティミス・フィリップ
 ◎『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 ケネス・ロナーガン
 ・『20センチュリー・ウーマン』 マイク・ミルズ

 ケネス・ロナーガンは、『ユー・キャン・カウント・オン・ミー』『ギャング・オブ・ニューヨーク』でオリジナル脚本賞にノミネートされていて、14年ぶり3回目のノミネート。監督賞でもノミネート。
 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』は、BAFTA英国アカデミー賞オリジナル脚本賞受賞。


 ◆脚色賞
 ・『メッセージ』 エリック・ハイセラー(Eric Heisserer)
 ・“Fences” オーガスト・ウィルソン(August Wilson)
 ・“Hidden Figures” アリソン・シュローダー(Allison Schroeder)、セオドア・メルフィ
 ・『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 ルーク・デイヴィス
 ◎『ムーンライト』 バリー・ジェンキンス ストーリー:タレル・アルヴィン・マクレイニー(Tarell Alvin McCraney)

 初ノミネート初受賞。
 『ムーンライト』は、USCスクリプター、米・脚本家組合賞(WGA)オリジナル脚本賞受賞。


 ◆撮影賞
 ・『メッセージ』 ブラッドフォード・ヤング
 ◎『ラ・ラ・ランド』 リヌス・サンドグレン(Linus Sandgren)
 ・『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 グレイグ・フレイザー
 ・『ムーンライト』 ジェームズ・ラクストン
 ・『沈黙 -サイレンス- 』 ロドリゴ・プリエト

 初ノミネート初受賞。
 『ラ・ラ・ランド』は、BAFTA英国アカデミー賞撮影賞受賞。


 ◆編集賞
 ・『メッセージ』 ジョー・ウォーカー
 ◎『ハクソー・リッジ』 ジョン・ギルバート
 ・『最後の追跡』 ジェイク・ロバーツ
 ・『ラ・ラ・ランド』 トム・クロス
 ・『ムーンライト』 ナット・サンダース(Nat Sanders)、ジョイ・マクミロン

 ジョン・ギルバートは、2002年に『ロード・オブ・ザ・リング』でノミネートされて以来15年ぶり2回目のノミネート。
 『ハクソー・リッジ』は、BAFTA英国アカデミー賞編集賞受賞。AACTAオーストラリア・アカデミー賞2016編集賞受賞。


 ◆美術賞(Achievement in production design)
 ・『メッセージ』 プロダクション・デザイン:パトリス・バーメット(Patrice Vermette) 装飾:Paul Hotte
 ・『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 プロダクション・デザイン:スチュアート・クレイグ(Stuart Craig) 装飾:アンナ・ピノック(Anna Pinnock)
 ・『ヘイル、シーザー!』 プロダクション・デザイン:ジェス・ゴンコール(Jess Gonchor) 装飾:ナンシー・ハイ(Nancy Haigh)
 ◎『ラ・ラ・ランド』 プロダクション・デザイン:デイヴィッド・ワスコ(David Wasco) 装飾:サンディー・レイノルズ・ワスコ(Sandy Reynolds-Wasc)
 ・『パッセンジャー』 プロダクション・デザイン:ガイ・ヘンドリックス・ディアス(Guy Hendrix Dyas) 装飾:ジーン・サーデナ(Gene Serdena)

 デイヴィッド・ワスコ、サンディー・レイノルズ・ワスコは初ノミネート初受賞。
 『ラ・ラ・ランド』は、美術監督組合賞(ADG)現代劇映画部門賞受賞。


 ◆衣裳デザイン賞
 ・『マリアンヌ』 ジョアンナ・ジョンストン(Joanna Johnston)
 ◎『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 コリーン・アトウッド
 ・『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 コンソラータ・ボイル
 ・『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』 マデリーン・フォンテーヌ(Madeline Fontaine)
 ・『ラ・ラ・ランド』 メアリー・ゾフレス(Mary Zophres)

 意外。
 コリーン・アトウッドは、2年ぶり12回目のノミネート。2003年に『シカゴ』、2006年に『SAYURI』、2011年に『アリス・イン・ワンダーランド』で受賞して以来6年ぶり4回目の受賞。
 コリーン・アトウッドは、本年度全米映画賞レースでこれが初受賞!


 ◆メイキャップ&ヘアスタイリング賞
 ・『幸せなひとりぼっち』 Eva von Bahr、Love Larson
 ・『スター・トレック BEYOND』 ジョエル・ハーロウ(Joel Harlow)、Richard Alonzo
 ◎『スーサイド・スクワッド』 Alessandro Bertolazzi、Giorgio Gregorini、Christopher Nelson

 やや意外。
 Alessandro Bertolazzi、Giorgio Gregorini、Christopher Nelsonは、初ノミネート初受賞。『スーサイド・スクワッド』は、メイキャップ&ヘアスタイリスト組合賞(MUAHS) 時代もの/キャラクター作品 メイキャップ賞受賞。Alessandro Bertolazziは、サンタバーバラ国際映画祭2017 アルチザン賞受賞。


 ◆視覚効果賞
 ・『バーニング・オーシャン』 Craig Hammack、Jason Snell、Jason Billington、Burt Dalton
 ・『ドクター・ストレンジ』 ステファン・セレッティ(Stephane Ceretti)、Richard Bluff、Vincent Cirelli、ポール・コーボールド(Paul Corbould)
 ◎『ジャングル・ブック』 ロバート・レガート(Robert Legato)、アダム・ヴァルデス(Adam Valdez)、アンドリュー・R・ジョーンズ(Andrew R. Jones)、ダン・レモン(Dan Lemmon)
 ・“Kubo and the Two Strings” Steve Emerson、Oliver Jones、Brian McLean、Brad Schiff
 ・『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 ジョン・ノール(John Knoll)、モヘン・レオ(Mohen Leo)、Hal Hickel、ニール・コーボールド(Neil Corbould)

 ロバート・レガートは、『タイタニック』と『ヒューゴの不思議な発明』で受賞して以来、5年ぶり4回目のノミネート。アダム・ヴァルデスは初ノミネート。アンドリュー・R・ジョーンズは2010年に『アバター』で受賞して以来7年ぶり3回目のノミネート。ダン・レモンは2015年に『猿の惑星: 新世紀(ライジング)』でノミネートされて以来2年ぶり3回目のノミネート。
 『ジャングル・ブック』は、米・視覚効果協会賞(VES)視覚効果賞、BAFTA英国アカデミー賞特殊視覚効果賞受賞。


 ◆録音賞(Achievement in sound mixing)
 ・『メッセージ』 Bernard Gariépy Strobl、クロード・ラ・アヤ(Claude La Haye)
 ◎『ハクソー・リッジ』 ケヴィン・オコネル(Kevin O’Connell)、Andy Wright、Robert Mackenzie、Peter Grace
 ・『ラ・ラ・ランド』 アンディー・ネルソン、Ai-Ling Lee、Steve A. Morrow
 ・『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 デイヴィッド・パーカー(David Parker)、Christopher Scarabosio、Stuart Wilson
 ・『13時間 ベンガジの秘密の兵士』 グレッグ・P・ラッセル(Greg P. Russell)、ゲイリー・サマーズ(Gary Summers)、Jeffrey J. Haboush、Mac Ruth

 ケヴィン・オコネルは、9年ぶり21回目のノミネートで初受賞。Andy WrightとRobert Mackenzieは初ノミネートで初受賞。今回、音響編集賞でもノミネート。Peter Graceは初ノミネート初受賞。『ハクソー・リッジ』は、AACTAオーストラリア・アカデミー賞でも録音賞受賞。


 ◆音響編集賞(Achievement in sound editing)
 ◎『メッセージ』 シルヴァン・ベルマール(Sylvain Bellemare)
 ・『バーニング・オーシャン』 ウィリー・ステイトマン(Wylie Stateman)、Renée Tondelli
 ・『ハクソー・リッジ』 Robert Mackenzie、Andy Wright
 ・『ラ・ラ・ランド』 Ai-Ling Lee、Mildred Iatrou Morgan
 ・『ハドソン川の奇跡』 アラン・ロバート・マレー(Alan Robert Murray)、バブ・アズマン(Bub Asman)

 やや意外。
 シルヴァン・ベルマールは、初ノミネート初受賞。


 ◆オリジナル作曲賞
 ・『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』 ミカチュー(Mica Levi)
 ◎『ラ・ラ・ランド』 ジャスティン・ハーウィッツ(Justin Hurwitz)
 ・『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 ダスティン・オハロラン(Dustin O’Halloran)、ハウシュカ(Hauschka)
 ・『ムーンライト』 ニコラス・ブリテル(Nicholas Britell)
 ・『パッセンジャー』 トーマス・ニューマン

 初ノミネート初受賞。オリジナル歌曲賞でも受賞。
 ジャスティン・ハーウィッツは、国際映画音楽批評家協会賞ブレイクスルー作曲家賞、オリジナル作曲賞コメディー部門受賞。
 『ラ・ラ・ランド』は、ゴールデン・グローブ賞オリジナル作曲賞、BAFTA英国アカデミー賞オリジナル音楽賞受賞。


 ◆オリジナル歌曲賞
 ・『ラ・ラ・ランド』-‘Audition (The Fools Who Dream)’ 作曲:ジャスティン・ハーウィッツ 作詞:Benj Pasek、Justin Paul
 ・“Trolls”-‘Can't Stop The Feeling’ 作曲・作詞:ジャスティン・ティンバーレイク、マックス・マーティン(Max Martin)、カール・ヨハン・シュスター(Karl Johan Schuster)
 ◎『ラ・ラ・ランド』-‘City of Stars’ 作曲:ジャスティン・ハーウィッツ 作詞:Benj Pasek、Justin Paul
 ・“Jim: The James Foley Story”-‘The Empty Chair’ 作曲・作詞:J・ラルフ(J. Ralph)、スティング
 ・『モアナと伝説の海』-‘How Far I’ll Go’ 作曲・作詞:リン=マヌエル・ミランダ(Lin-Manuel Miranda)

 Benj PasekとJustin Paulは、初ノミネート初受賞。ともに2作品でノミネート。
 『ラ・ラ・ランド』-‘City of Stars’は、ゴールデン・グローブ賞オリジナル歌曲賞受賞。


 ◆短編映画賞(Best live action short film)
 ・“Ennemis Intérieurs(Enemies within)”(仏) セリム・アザシ(Sélim Azzazi)(監督・製作)
 ・『彼女とTGV』“La Femme et Le TGV”(スイス) ティモ・ヴォン・グンテン(Timo Von Gunten)(監督)、Giacun Caduff(製作)
 ・“Silent Nights”(デンマーク) Aske Bang(監督)、Kim Magnusson(製作)
 ◎『合唱』“Sing (Mindenki)”(ハンガリー) クリストフ・ディーク(Kristof Deák)(監督・製作)、Anna Udvardy(製作)
 ・『タイムコード』“Timecode”(西) Juanjo Giménez(監督・製作)

 意外。
 クリストフ・ディーク、Anna Udvardyは初ノミネート初受賞。


 ◆長編ドキュメンタリー賞
 ・『海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜』(伊・仏) ジャンフランコ・ロージ(監督・製作)、ドナテッラ・パレルモ(Donatella Palermo)(製作)
 ・“I Am Not Your Negro”(米・仏・ベルギー・スイス) ラウル・ペック(監督・製作)、Rémi Grellety(製作)、Hébert Peck(製作)
 ・『ぼくと魔法の言葉たち』(米) ロジャー・ロス・ウィリアムズ(Roger Ross Williams)(監督・製作)、ジュリー・ゴールドマン(Julie Goldman)(製作)
 ◎“O.J.: Made in America”(米) Ezra Edelman(監督・製作)、Caroline Waterlow(製作)
 ・『13th −憲法修正第13条−』“13th”(米) エヴァ・デュヴァルネ(監督・製作)、スペンサー・アヴェリック(Spencer Averick)(製作)、Howard Barish(製作)

 初ノミネート初受賞。“O.J.: Made in America”は、IDAアワード長編作品賞、シネマ・アイ・オナーズ監督賞、米・製作者組合賞(PGA)ドキュメンタリー部門賞、米・監督組合賞(DGA)ドキュメンタリー部門賞受賞。


 ◆短編ドキュメンタリー賞(Best documentary short subject)
 ・『最期の祈り』“Extremis”(米) ダン・クラウス(Dan Krauss)(監督)
 ・“4.1 Miles”(米) Daphne Matziaraki(監督・製作)
 ・“Joe’s Violin”(米) Kahane Cooperman(監督・製作)、Raphaela Neihausen(製作)
 ・“Watani: My Homeland”(英・独) Marcel Mettelsiefen(監督・製作)、Stephen Ellis(製作)
 ◎『ホワイト・ヘルメット −シリアの民間防衛隊−』“The White Helmets”(英) オーランド・ヴォン・アインシーデル(Orlando von Einsiedel)(監督)、ジョアンナ・ナタセガラ(Joanna Natasegara)

 オーランド・ヴォン・アインシーデルとジョアンナ・ナタセガラは、2014年に『ヴィルンガ』で長編ドキュメンタリー賞にノミネートされて以来2年ぶり、2回目のノミネート。
 『ホワイト・ヘルメット −シリアの民間防衛隊−』は、IDAアワード最優秀短編賞受賞。


 ◆長編アニメーション賞
 ・“Kubo and the Two Strings” トラヴィス・ナイト(監督・製作)、アリアンヌ・サトナー(Arianne Sutner)(製作)
 ・『モアナと伝説の海』 ロン・クレメンツ(監督)、ジョン・マスカー(監督)、オスナット・シューラー(Osnat Shurer)(製作)
 ・『ズッキーニと呼ばれて』“My Life as a Zucchini(Ma vie de Courgette)”(スイス・仏) Claude Barras(監督)、Max Karli(製作)
 ・『レッドタートル ある島の物語』 マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット(監督)、鈴木敏夫(製作)
 ◎『ズートピア』 バイロン・ハワード(監督)、リッチ・ムーア(監督)、クラーク・スペンサー(Clark Spencer)(製作)

 バイロン・ハワードは、2009年に『ボルト』でノミネート。リッチ・ムーアは、2013年に『シュガー・ラッシュ』でノミネート。クラーク・スペンサーは初ノミネート。いずれも初受賞。ディズニー作品(ピクサー作品を除く)として2年ぶり3回目の受賞。
 『ズートピア』は、ゴールデン・グローブ賞アニメーション賞、米・製作者組合賞(PGA)アニメーション部門賞、アニー賞長編アニメーション賞・監督賞受賞。


 ◆短編アニメーション賞
 ・『盲目のヴァイシャ』(『ブラインド ヴァイシャ』)“Vaysha, l'aveugle(Blind Vaysha)”(カナダ) セオドア・ウシェフ(監督)
 ・“Borrowed Time”(米) Andrew Coats(監督)、Lou Hamou-Lhadj(監督)
 ・“Pear Cider and Cigarettes”(カナダ・英) Robert Valley(監督・製作)、Cara Speller(製作)
 ・“Pearl”(米) パトリック・オズボーン(監督)
 ◎『ひな鳥の冒険』“Piper”(米) アラン・バリラーロ(Alan Barillaro)(監督)、Marc Sondheimer(製作)

 初ノミネート初受賞。『ひな鳥の冒険』は、アニー賞短編アニメーション賞受賞。


 ◆外国語映画賞
 ・『ヒトラーの忘れもの』(デンマーク・独) 監督:マルティン・サンフィリート
 ・『幸せなひとりぼっち』(スウェーデン・ノルウェー) 監督:ハンネス・ホルム
 ◎『セールスマン』(イラン・仏) 監督:アスガー・ファルハディ
 ・『タンナ』“Tanna(Taboo)”(オーストラリア・バヌアツ) 監督:マーティン・バトラー(Martin Butler)、ベントレー・ディーン(Bentley Dean)
 ・『ありがとう、トニ・エルドマン』“Toni Erdmann”(独・オーストリア) 監督:マーレン・アデ

 イランからは、2012年の『別離』以来5年ぶり3回目のノミネート。で、2012年の『別離』以来5年ぶり2回目の受賞。これまで、特別賞・名誉賞を除くと、外国語映画賞を複数回受賞した監督は3人しかおらず、アスガー・ファルハディは4人目となった。
 本年度の全米映画賞レースで、『セールスマン』を外国語映画賞に選んでいたのは、わずかにナショナル・ボード・オブ・レビューとサテライト・アワードのみ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
      ↓ ↓ ↓ ↓

      ↑ ↑ ↑ ↑
      クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米国アカデミー賞2017 ノミネーション その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_66.html
 ・米国アカデミー賞2017 ノミネーション その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_67.html
 ・米国アカデミー賞2017 ノミネーションに関するデータ、トリビア、予想など:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_68.html

 ・全米映画賞レース2016 前半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_86.html
 ・全米映画賞レース2016 後半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_2.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年12月〜2017年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米国アカデミー賞2017 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる