海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 脚色賞を占う! USCスクリプター2017 ノミネーション!

<<   作成日時 : 2017/01/13 07:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第29回USCスクリプターのノミネーションが発表になりました。(1月11日)

 USC スクリプターとは、正しくは、南カリフォルニア大学図書館スクリプター賞(The University of Southern California (USC) Libraries Scripter Award)のことで、南カリフォルニア大学図書館が、映画化された原作本の原作者と脚本家、および脚本を表彰するものです。

 30年近くも続けていればそれだけで十分に価値がありますが、この映画賞がいろんな映画情報サイト(アメリカの)に取り上げられるのは、たぶんそういう理由より、この賞がアカデミー賞脚色賞を占うもの、というポジションを築きつつあるからだろうと思われます。

 2000年以降のUSCスクリプターとアカデミー賞脚色賞ノミネーションとの合致度を調べてみると、以下のようになっています。

 2015年度:『マネー・ショート 華麗なる大逆転』〇
 2014年度:『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』○
 2013年度:『それでも夜は明ける』○
 2012年度:『アルゴ』○
 2011年度:『ファミリー・ツリー』○
 2010年度:『ソーシャル・ネットワーク』○
 2009年度:『プレシャス』○
 2008年度:『スラムドッグ$ミリオネア』○
 2007年度:『ノーカントリー』○
 2006年度:『トゥモロー・ワールド』×(アカデミー賞は『ディパーテッド』)
 2005年度:『カポーティ』×(アカデミー賞は『ブロークバック・マウンテン』)
 2004年度:『ミリオンダラー・ベイビー』×(アカデミー賞は『サイドウェイ』)
 2003年度:『ミスティック・リバー』『シービスケット』×(アカデミー賞は『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』)
 2002年度:『めぐりあう時間たち』×(アカデミー賞は『ピアニスト』)
 2001年度:『ビューティフル・マインド』○
 2000年度:『ワンダー・ボーイズ』×(アカデミー賞は『トラフィック』)

 アカデミー賞との合致度はそんなには高くありませんが、ここ9年は同一作品が受賞していて、しかも2009年はアカデミー賞での予想が難しかった『プレシャス』で受賞しています。

 本年度のノミネーション(ファイナリスト)は、以下の通り。

 なお、昨年度からテレビ部門が新設されています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【映画部門】

 ・『メッセージ』 エリック・ハイセラー(Eric Heisserer)
 原作:テッド・チャンの短編『あなたの人生の物語』“Story of Your Life”

画像

 ・“Fences” オーガスト・ウィルソン(August Wilson)
 原作:オーガスト・ウィルソンの戯曲

 ・“Hidden Figures” アリソン・シュローダー(Allison Schroeder)、セオドア・メルフィ(Theodore Melfi)
 原作:Margot Lee Shetterlyの同名のノンフィクション

画像

 ・『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 ルーク・デイヴィス
 原作:サルー・ブライアリーのノンフィクション『25年目の「ただいま」』“A Long Way Home”

画像

 ・『ムーンライト』 バリー・ジェンキンス
 原作:劇作家タレル・アルヴィン・マクレイニー(Tarell Alvin McCraney)の戯曲“In Moonlight Black Boys Look Blue”

 『ハドソン川の奇跡』、『沈黙 -サイレンス- 』、『ラビング 愛という名前のふたり』、“Nocturnal Animals”、『デッドプール』、“Hunt For The Wilderpeople”などが落選。

 米・脚本家組合賞(WGA)ノミネーションと一致しているのは、『メッセージ』と“Fences”と“Hidden Figures”の3作品で、『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』はおそらく外国映画のため選外になっていて、『ムーンライト』はオリジナル脚本賞の対象になっている。

 【テレビ部門】

 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』-‘The Winds of Winter’ デイヴィッド・ベニオフ(David Benioff)、D・B・ワイス(D.B. Weiss)
 原作:ジョージ・R・R・マーティンのファンタジー・シリーズ『氷の炎の歌』“A Song of Ice and Fire”

画像

 ・“The Man in the High Castle” フランク・スポトニッツ(Frank Spotnitz)、エリック・オレソン(Erik Oleson)、Joe Kawasaki
 原作:フィリップ・K・ディックの小説『高い城の男』

画像

 ・『ナイト・マネージャー』 David Farr
 原作:ジョン・ル・カレの小説『ナイト・マネージャー』

画像

 ・『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち』-‘Toast Can’t Never Be Bread Again’ タラ・ハーマン(Tara Herrmann)、ジェンジ・コーハン(Jenji Kohan)
 原作:パイパー・カーマン(Piper Kerman)のメモワール『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 女性刑務所での日々』“Orange Is the New Black: My Year in a Women’s Prison”

画像

 ・『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』-‘Manna From Heaven’ Scott Alexander、ラリー・カラゼウスキー(Larry Karaszewski)
 原作:ジェフリー・トゥービン(Jeffrey Toobin)のノンフィクション“The Run of His Life: The People v. O.J. Simpson”

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 米国アカデミー賞では、上記5作品とノミネーションが全く同じになるか、5作品のいずれかが『ハドソン川の奇跡』、『沈黙 -サイレンス- 』、『ラビング 愛という名前のふたり』、“Nocturnal Animals”あたりと入れ替えになることが考えられます。

 現時点での前哨戦の結果は、脚色賞は混戦で、『ムーンライト』と『メッセージ』が競う形になっています。作品賞に近い『ムーンライト』の方が有望に見えますが、決め手はありません。ただし、脚色賞では、『ムーンライト』と『メッセージ』が競う形になっていますが、オリジナル脚本賞と脚色賞が分かれていない映画賞では、『ムーンライト』をチョイスしているところはあっても、『メッセージ』を選んでいるところは1つもありません。ということはやはり……。

 今後のスケジュールとしては、
 1月24日 第89回米国アカデミー賞 ノミネーション発表
 2月11日 第29回USCスクリプター 結果発表
 2月19日 第69回米・脚本家組合賞(WGA) 結果発表
 2月26日 第89回米国アカデミー賞 授賞式
 となっています。

 ここでの受賞が、米国アカデミー賞へのはずみとなることは間違いありません。

 一方、テレビ部門は―
 作品の勢いとしては、『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』が優勢、ということになるでしょうか。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米・脚本家組合賞(WGA)2017 映画部門 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_16.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2017 テレビ部門、ニューメディア、ラジオ部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_18.html

 ・USCスクリプター2016 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_22.html
 ・USCスクリプター2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_37.html
 ・USCスクリプター2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_6.html
 ・USCスクリプター2014 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_27.html
 ・USCスクリプター2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_22.html
 ・USCスクリプター2013 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_42.html
 ・USCスクリプター2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_18.html
 ・USCスクリプター2012 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_26.html
 ・USCスクリプター2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_33.html
 ・USCスクリプター2011 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_10.html
 ・USCスクリプター2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_9.html
 ・USCスクリプター2010 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_6.html
 ・USCスクリプター2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_14.html

 ・全米映画賞レース2016 前半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_86.html
 ・全米映画賞レース2016 後半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_2.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年12月〜2017年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_1.html

 追記:
 ・USCスクリプター2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_28.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
脚色賞を占う! USCスクリプター2017 ノミネーション! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる