海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS インディアナ映画ジャーナリスト協会賞2016 受賞結果

<<   作成日時 : 2016/12/20 02:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 インディアナ映画ジャーナリスト協会賞2016の受賞結果が発表されました。(12月19日)

 インディアナ映画ジャーナリスト協会(IFJA:The Indiana Film Journalists Association )
 設立年:2009 会員数:14
 公式サイト:http://indianafilmjournalists.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Indiana_Film_Critics_Association

 [賞の特徴]
 ・ノミネーションでは、各部門とも数多くのノミニーをピックアップしている。
 ・次点の発表を行なう。
 ・オリジナル・ヴィジョン賞というオリジナルの賞を持ち、2015年度からは新たにボイス・パフォーマンス賞を設けた(2016年に改称)。2016年からはブレイクアウト・オブ・ザ・イヤー部門とアンサンブル賞を設けた。
 ・インディアナ映画を対象とするThe Hoosier Awardを設けている。
 ・2015年度の作品賞は『スポットライト 世紀のスクープ』、2014年の作品賞は『6才のボクが、大人になるまで。』、2013年の作品賞は『それでも夜は明ける』、2012年の作品賞は『彼女はパートタイムトラベラー』、2011年の作品賞は『アーティスト』、2010年の作品賞は『ソーシャル・ネットワーク』。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞(Best Picture)
 ◎『ムーンライト』(米) 監督:バリー・ジェンキンス
 次点:『最後の追跡』“Hell or High Water”(米) 監督:デイヴィッド・マッケンジー

 ◆監督賞
 ◎デイミアン・チャゼル 『ラ・ラ・ランド』
 次点:ケネス・ロナーガン “Manchester by the Sea”

 ◆主演男優賞
 ◎ケイシー・アフレック “Manchester by the Sea”
 次点:イーサン・ホーク 『ブルーに生まれついて BORN TO BE BLUE』

 ◆主演女優賞
 ◎レベッカ・ホール “Christine”(英・米)(監督:アントニオ・カンポス)
 次点:ナタリー・ポートマン 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(米・チリ・仏)(監督:パブロ・ラライン)

 ◆助演男優賞
 ◎マハーシャラ・アリ 『ムーンライト』
 次点:ジェフ・ブリッジス 『最後の追跡』

 ◆助演女優賞
 ◎ヴィオラ・デイヴィス “Fences”
 次点:ナオミ・ハリス 『ムーンライト』

 ◆オリジナル脚本賞
 ◎ケネス・ロナーガン “Manchester by the Sea”
 次点:テイラー・シェリダン 『最後の追跡』“Hell or High Water”

 ◆脚色賞
 ◎バリー・ジェンキンス 『ムーンライト』
 次点:エリック・ハイセラー(Eric Heisserer) 『メッセージ』

 ◆オリジナル作曲賞
 ◎ミカチュー(Mica Levi) 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
 次点:ジャスティン・ハーウィッツ(Justin Hurwitz) 『ラ・ラ・ランド』

 ◆オリジナル・ヴィジョン賞(Original Vision)
 ◎『ロブスター』
 次点:『ソーセージ・パーティー』

 ◆ブレイクアウト・オブ・ザ・イヤー(Breakout of The Year) [新設]
 ◎Robert Eggers “The Witch”
 次点:サーシャ・レーン “American Honey”

 ◆アンサンブル賞(Best Ensemble Acting) [新設]
 ◎『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』
 次点:“Don’t Think Twice”(米)(監督:マイク・バービグリア)

 ◆ボーカル/モーション・キャプチャー・パフォーマンス賞(Best Vocal/Motion Capture Performance)
 ◎アラン・テュディック(Alan Tudyk) 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
 次点:ニック・クロール(Nick Kroll) 『ソーセージ・パーティー』

 ◆ドキュメンタリー賞
 ◎“O.J.: Made in America”(米) 監督:Ezra Edelman
 次点:『ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ』(米) 監督:ジョシュ・クリーグマン、エリース・スタインバーク

 ◆アニメーション賞(Best Animated Film)
 ◎“Kubo and the Two Strings”(米) 監督:トラヴィス・ナイト
 次点:『ソーセージ・パーティー』

 ◆外国語映画賞
 ◎『お嬢さん』(韓) 監督:パク・チャヌク
 次点:『幸せなひとりぼっち』(スウェーデン・ノルウェー) 監督:ハンネス・ホルム

 ◆The Hoosier Award(最優秀インディアナ映画賞)
 ◎Andrew Cohn “Night School”

 “Night School”(米) 監督:Andrew Cohn
 ドキュメンタリー。インディアナポリスは、アメリカ国内でも高校卒業率が低いエリアの1つである。Greg、Melissa、Shynikaの3人は、成人の就学生で、高校の卒業資格が獲れれば、人生が変わるに違いないと考えている。本作では、彼らの日常を観察するとともに、アメリカの低所得者層がぶつかる幅広いシステマティックな障壁を明らかにしていく。
 監督のAndrew Cohnは、2013年にも“Medora”でThe Hoosier Awardを受賞していて、同作でエミー賞にも輝いている。
 トライベッカ映画祭2016出品。
 ナンタケット映画祭2016出品。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 いろいろと他の映画賞にはない部門があったり、受賞者がいたりしていますが、特に気になるのは、脚色賞で『ムーンライト』が受賞していることです。

 これまでの映画賞では『ムーンライト』はオリジナル脚本賞のカテゴリーに分類されていましたが、ここでは脚色賞に分類されています。
 他にもオリジナル脚本賞か脚色賞か揺れている作品があるようですが、『ムーンライト』が脚色賞に分類されることで、他のライバル候補にも影響が出ることになります。

 『ムーンライト』は、舞台化が実現していないオリジナルの戯曲が存在するようで、そのために、米国アカデミー賞でも脚色賞として分類されることになるようです。

 また、ここでは受賞していませんが、『ラビング 愛という名前のふたり』も2011年にHBOで制作されたドキュメンタリーが基になっているということで、これまではオリジナル脚本賞扱いだったのが、脚色賞に分類されることになるようです。

 *参考
 ・Deadline:http://deadline.com/2016/12/oscar-shakeup-moonlight-and-loving-not-eligible-for-original-screenplay-placed-adapted-script-category-1201870607/

 なお、『ムーンライト』と『ラ・ラ・ランド』が、作品賞と監督賞を分け合うのは、ボストン・オンライン映画批評家協会賞に続いて2つ目です。

 また、レベッカ・ホールが主演女優賞を受賞したのは、本年度の映画賞レースでは初です。
 “Christine”では、シカゴ国際映画祭2016 女優賞を受賞していますが、レベッカ・ホールは、これまでのキャリアにおいて、アンサンブル賞以外では、ほとんど賞には恵まれていませんでした。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・インディアナ映画ジャーナリスト協会賞2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_34.html
 ・インディアナ映画ジャーナリスト協会賞2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_29.html
 ・インディアナ映画ジャーナリスト協会賞2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_37.html
 ・インディアナ映画ジャーナリスト協会賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_31.html
 ・インディアナ映画ジャーナリスト協会賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_59.html
 ・インディアナ映画ジャーナリスト協会賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_48.html
 ・インディアナ映画ジャーナリスト協会賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_22.html
 ・インディアナ映画ジャーナリスト協会賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_21.html
 ・インディアナ映画ジャーナリスト協会賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年12月〜2017年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
インディアナ映画ジャーナリスト協会賞2016 受賞結果 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる