海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2016 受賞結果! 「黒人映画」が強すぎる!

<<   作成日時 : 2016/12/14 07:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第14回アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞が発表されました。(12月12日)

 【アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞】

 アフリカン・アメリカン映画批評家協会(AAFCA:The African-American Film Critics Association)は、2003年に、ジャーナリストGil Robertson IV とShawn Edwardsによって、設立された団体で、アフリカを出自とする人々が監督したり、出演したりしている映画作品を、ユニバーサルに、ブラック・コミュニティーにアピールする目的でスタートしています。
 同じような目的の団体/賞に、公民権運動の流れを組むNAACPイメージ・アワードや、黒人の、映画やテレビにおける業績を認め、讃えるために設けられたブラック・リール・アワードがありますが、こちらはそんなにアグレッシブでもなく、もうちょっと穏やかな、映画好きのアフリカン・アメリカンによる映画賞となっています。

 近年の主な受賞結果は、以下のようになっています。

 【2009年】
 1位:『プレシャス』
 2位:『プリンセスと魔法のキス』
 5位:『This Is It』
 監督賞・脚本賞・助演女優賞:『プレシャス』
 主演男優賞:モーガン・フリーマン 『インビクタス』

 【2010年】
 5位:“Night Catches Us” 監督:Tanya Hamilton
 7位:“Frankie and Alice” 監督:ジェフリー・サックス
 8位:“Blood Done Sign My Name” 監督:ジェブ・スチュアート
 10位:“For Colored Girls” 監督:タイラー・ペリー
 主演女優賞:ハル・ベリー “Frankie and Alice”
 助演男優賞:マイケル・イーリー “For Colored Girls”
 助演女優賞:キンバリー・エリス “For Colored Girls”
 脚本賞:“Night Catches Us”
 歌曲賞:“For Colored Girls”

 【2011年】
 3位:『アリーケの詩(うた)』“Pariah” 監督ディー・リース
 10位:『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』
 監督賞:スティーヴ・マックイーン 『SHAME -シェイム-』
 主演女優賞:ヴィオラ・デイヴィス 『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』
 助演女優賞:オクタヴィア・スペンサー 『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』
 脚本賞:エヴァ・デュヴルネ “I Will Follow”
 ブレイクスルー・パフォーマンス賞:アデペロ・オデュイエ 『アリーケの詩(うた)』
 インディペンデント映画賞:『アリーケの詩(うた)』
 外国映画賞:『キニアルワンダ』

 【2012年】
 主演男優賞:デンゼル・ワシントン 『フライト』
 主演女優賞:エマヤツィ・コリニアルディ(Emayatzy Corinealdi) “Middle of Nowhere”
 助演男優賞:ネイト・パーカー 『キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け』
 ブレイクスルー・パフォーマンス賞:クヮヴェンジャネ・ウォレス:『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』
 脚本賞・音楽賞・インディペンデント映画賞:“Middle of Nowhere”

 【2013年】
 1位:『それでも夜は明ける』
 監督賞:スティーヴ・マックイーン 『それでも夜は明ける』
 主演男優賞:フォレスト・ウィテカー 『大統領の執事の涙』
 助演女優賞:オプラ・ウィンフリー 『大統領の執事の涙』
 脚本賞:ジョン・リドリー 『それでも夜は明ける』
 ブレイクスルー・パフォーマンス賞:ルピタ・ニョンゴ 『それでも夜は明ける』
 ドキュメンタリー賞:“American Promise”
 ワールド・シネマ賞:“Mother of George”

 【2014年】
 作品賞・監督賞・主演男優賞・音楽賞:『グローリー/明日への行進』
 主演女優賞:ググ・ンバータ=ロー 『ベル 〜ある伯爵令嬢の恋〜』
 アンサンブル賞:『ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜』

 【2015年】
 作品賞・助演男優賞・アンサンブル賞:『ストレイト・アウタ・コンプトン』
 監督賞・助演女優賞・ブレイクスルー・パフォーマンス賞:『クリード チャンプを継ぐ男』
 主演男優賞:ウィル・スミス 『コンカッション』
 主演女優賞・インディペンデント映画賞:“Chi-Raq”
 脚本賞:『DOPE/ドープ!!』

 映画賞としてのカラーは非常にはっきりしていて、わかりやすい映画賞になっています。

 なお、アフリカン・アメリカン映画批評家協会は、2010年に分裂して、ブラック映画批評家協会が設立されています。
 ブラック映画批評家協会賞は、より「黒人色」が薄い映画賞になっていて、2010年の作品賞は『ソーシャル・ネットワーク』、2011年の作品賞は『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』、2012年の作品賞は『ゼロ・ダーク・サーティ』、2013年の作品賞は『それでも夜は明ける』、2014年の作品賞は『グローリー/明日への行進』、2015年の作品賞は『クリード チャンプを継ぐ男』という風になっています。

 設立年:2003 会員数:
 公式サイト:http://www.aafca.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/African-American_Film_Critics_Association

 本年度より、テレビ部門が設けられています。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【映画部門】(FILM)

 ◆作品賞
 ◎『ムーンライト』(米) 監督:バリー・ジェンキンス

 ◆監督賞
 ◎バリー・ジェンキンス 『ムーンライト』

 ◆主演男優賞
 ◎デンゼル・ワシントン “Fences”(米)(監督:デンゼル・ワシントン)

 ◆主演女優賞
 ◎ルース・ネッガ 『ラビング 愛という名前のふたり』

 ◆助演男優賞
 ◎マハーシャラ・アリ 『ムーンライト』

 ◆助演女優賞
 ◎ヴィオラ・デイヴィス “Fences”

 ◆脚本賞
 ◎オーガスト・ウィルソン(August Wilson) “Fences”

 ◆歌曲賞(Best Song)
 ◎“Hidden Figures”(米)(監督:セオドア・メルフィ)-‘Victory’

 ◆ブレイクスルー・パフォーマンス賞(Breakout Performance 2017)
 ◎ジャネール・モネイ 『ムーンライト』、“Hidden Figures”

 ◆アンサンブル賞(Best Ensemble)
 ◎“Hidden Figures”のキャスト

 ◆インディペンデント映画賞(Best Independent Film)
 ◎『ムーンライト』

 ◆ドキュメンタリー賞
 ◎『13th −憲法修正第13条−』“13th”(米) 監督:エヴァ・デュヴァルネ

 ◆アニメーション賞(Best Animation Film)
 ◎『ズートピア』

 ◆外国映画賞(Best Foreign Film)
 ◎“Tanna(Taboo)”(オーストラリア・バヌアツ) 監督:Martin Butler、Bentley Dean

 ◆トップ10(AAFCA Top 10 Films of 2016 in Order of Distinction)
 1.『ムーンライト』(米) 監督:バリー・ジェンキンス
 2.“Fences”(米) 監督:デンゼル・ワシントン
 3.“Hidden Figures”(米)(監督:セオドア・メルフィ)
 4.“Lion”(オーストラリア・英・米) 監督:Garth Davis
 5.『ラ・ラ・ランド』(米) 監督:デイミアン・チャゼル
 6.『バース・オブ・ネイション』(米) 監督:ネイト・パーカー
 7.『ラビング 愛という名前のふたり』(英・米) 監督:ジェフ・ニコルズ
 8.“Manchester by the Sea”(米) 監督:ケネス・ロナーガン
 9.『最後の追跡』“Hell or High Water”(米) 監督:デイヴィッド・マッケンジー
 10.“Queen of Katwe”(米) 監督:ミラ・ナーイル

 【テレビ部門】(TELEVISION)

 ◆最優秀TVドラマ賞(Best TV Show, Drama)
 ◎“Queen Sugar”

 ◆最優秀TVコメディー賞(Best TV Show, Comedy)
 ◎“Atlanta”

 ◆最優秀ケーブルテレビ/ニューメディア番組賞(Best TV Show, Cable/New Media)
 ◎“Underground”

 ◆最優秀特別番組/限定シリーズ賞(Best TV Show, Special/Limited Series)
 ◎“Lemonade”

 ◆トップ10(AAFCA Top 10 TV Shows of 2016 in Order of Distinction)
 1.“Queen Sugar”
 2.“Underground”
 3.“Atlanta”
 4.“Insecure”
 5.『Marvel ルーク・ケイジ』“Luke Cage”
 6.“This Is Us”
 7.“Black-ish”
 8.『ゲットダウン』“The Get Down”
 9.『ウエストワールド』“Westworld”
 10.“Survivor's Remorse”

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 例年だったら、アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞では、知らない映画がぞろぞろ出てくるんですが、今回は、そういう作品が全く出てきませんでした。

 本年度は、それだけ高い評価を受けている「黒人映画」が多いということで、ひょっとすると「黒人映画」が映画賞レースを賑わわせた2013年を上回っているかもしれません。

 ただ、いくつかの映画賞の授賞式を見ていると、「今年は黒人色が強すぎる」と思わせられたりもするので、本年度の後半戦、もしくは来年度以降、この反動が来るかもしれない、と思ったりもしますね。

 なお、2017年2月8日に第14回アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞の授賞式が行なわれる予定になっています。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_20.html
 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_18.html
 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_39.html
 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_44.html
 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_23.html
 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_33.html
 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_26.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年12月〜2017年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_1.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2016 受賞結果! 「黒人映画」が強すぎる! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる