海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴールデン・グローブ賞2017 外国語映画賞 ロングリスト85作品 発表!

<<   作成日時 : 2016/12/07 20:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ノミネーション発表に先がけ、第74回ゴールデン・グローブ賞の外国語映画賞のロングリストが公表されました。(12月6日)

 対象となるのは、2015年10月1日から2016年12月31日までに、当言語の母国で公開されている作品で、英語以外の言語が51%以上使われている作品、ということになっています。

 米国アカデミー賞との違いは、1カ国1作品でなくてもいいこと、英語以外の言語が51%以上使われている作品であればアメリカ映画でもかまわないこと、ドキュメンタリー作品やアニメーションは対象外であることなどが挙げられます。

 ゴールデン・グローブ賞 外国語映画賞のロングリストが公式に発表されるのは、3年連続になります。

 本年度のロングリストは以下の通り。全部で50か国85作品あります。
 前回よりも14作品も多く、おそらく史上最多だろうと思われます。
 ※公式サイトでは出品国は「52か国」となっていますが、これには共同製作のバヌアツとセルビアも勘定に入れているからではないでしょうか。

 本年度米国アカデミー賞外国語映画賞代表選出作品には*印を、本年度、代表としてAMPASから認められなかった作品には△印を、米国アカデミー賞代表作品とは異なる作品には、・印を付してあります。

 *公式サイト:http://www.goldenglobes.com/foreign-film-submissions-74th-golden-globe-awards

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *アルゼンチン:『名誉市民』“El ciudadano ilustre(The Distinguished Citizen)”(アルゼンチン・西) 監督:マリアノ・コーン(Mariano Cohn)、ガストン・ドゥプラット(Gastón Duprat)
 △アルメニア:“The Earthquake(Zemletryasenie)”(アルメニア) 監督:サリク・アンドレアシアン(Sarik Andreasyan)
 ・アルメニア:“Hot Country, Cold Winter”(アルメニア) 監督:David Safarian
 ・アルメニア:“The Last Inhabitant”(アルメニア) 監督:Jivan Avetisyan
 *イスラエル:“Sand Storm(Sufat Chol)”(イスラエル) 監督:Elite Zexer
 ・イタリア:“Indivisible”(伊) 監督:Edoardo de Angelis
 ・イタリア:“The Ploy”(伊・仏) 監督:David Grieco
 ・イタリア:『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“They Call Me Jeeg”(伊) 監督:ガブリエーレ・マイネッティ(Gabriele Mainetti)
 *イラン:“The Salesman(فروشنده /Forushande)”(イラン・仏) 監督:アスガー・ファルハディ
 ・イラン:“Under the Shadow”(イラン・英) 監督:Babak Anvari
 *インド:“Visaranai(Interrogation)”(インド) 監督:Vetrimaaran
 ・インド:“Bajirao Mastani”(インド) 監督:サンジャイ・リーラ・バンサーリー(Sanjay Leela Bhansali)
 ・インド:“Father”(インド) 監督:P Samuthirakani
 ・インド:“Mirzya”(インド) 監督:Rakish Omprakash Mehra
 ・インド:“Parched”(インド・英・米) 監督:Leena Yadav
 ・インド:“Sometimes”(インド) 監督:Priyadarshan Soman Nair
 ・インド:“When the Woods Bloom”(インド) 監督:Bijukumar Damodaran
 *ウルグアイ:“Breadcrumbs”(ウルグアイ・西) 監督:Manane Rodrigues
 *エジプト:『クラッシュ』“Clash (اشتباك /Eshtebak)”(エジプト・仏・独・UAE) 監督:モハメド・ディアーブ(Mohamed Diab)
 *エストニア:“Mother(Ema)”(エストニア) 監督:Kadri Kõusaar
 *オーストラリア:“Tanna(Taboo)”(オーストラリア・バヌアツ) 監督:Martin Butler、Bentley Dean
 *オーストリア:“Stefan Zweig: Farewell to Europe(Vor Der Morgenröte)”(オーストリア・独・仏) 監督:アリア・シュラーダー
 *オランダ:“Tonio”(オランダ) 監督:パウラ・ファン・デル・ウースト(Paula van der Oest)
 *カザフスタン:“Amanat”(カザフスタン) 監督:Narymbetov Satybaldy
 ・カザフスタン:“The Road to Mother”(カザフスタン) 監督:アハン・サタエフ(Akan Satayev)
 *カナダ:『たかが世界の終わり』“It’s Only The End of The World(Juste La Fin du Monde)”(カナダ・仏) 監督:グザヴィエ・ドラン
 ・カナダ:“The Demons”(カナダ) 監督:Philippe Lesage
 *韓国:“The Age of Shadows(Miljeong)”(韓) 監督:キム・ジウン
 ・韓国:『お嬢さん』(韓) 監督:パク・チャヌク
 ・韓国:“Operation Chromite”(韓) 監督:イ・ジェハン
 *キューバ:“The Companion(El acompañante)”(キューバ・コロンビア・仏・パナマ・ベネズエラ) 監督:Pavel Giroud
 *ギリシャ:“Chevalier”(ギリシャ・独) 監督:アティナ・レイチェル・ツァンガリ(Athina Rachel Tsangari)
 ・ギリシャ:“Worlds Apart”(ギリシャ) 監督:Christopher Papakaliatis
 *キルギスタン:“A Father's Will(Atanym Kereezi)”(キルギスタン) 監督:Bakyt Mukul、Dastan Zhapar Uulu
 *クロアチア:“On the Other Side(S druge strane/S one strane)”(クロアチア・セルビア) 監督:Zrinko Ogresta
 *コロンビア:“Alias Maria”(コロンビア) 監督:José Luis Rugeles
 *サウジアラビア:“Barakah Meets Barakah(Barakah yoqabil Barakah)”(サウジアラビア) 監督:Mahmoud Sabbagh
 *ジョージア(グルジア):“House of Others(Skhvisi sakhli)”(ジョージア・ロシア・西・クロアチア) 監督:Rusudan Glurjidze
 *シンガポール:『見習い』“Apprentice”(シンガポール・独・仏・香港・カタール) 監督:ブー・ジュンフェン(ブー・ユンファン/Boo Junfeng)
 *スウェーデン:『幸せなひとりぼっち』“A Man Called Ove(En Man som heter ove)”(スウェーデン・ノルウェー) 監督:ハンネス・ホルム(Hannes Holm)
 *スペイン:『ジュリエッタ』“Julieta”(西) 監督:ペドロ・アルモドバル
 ・スペイン:“Ma Ma”(西・仏) 監督:フリオ・メデム
 ・中国:“I Am Not Madame Bovary”(中) 監督:フォン・シャオガン
 ・中国:“Lord of Shanghai(上海王)”(中) 監督:Sherwood Hu(胡雪樺)
 ・中国:『ソング・オブ・フェニックス』“Song of the Phoenix”(中) 監督:ウー・ティエンミン
 △チュニジア:“The Flower Of Aleppo”(チュニジア) 監督:Ridha Behi
 *チリ:“Neruda”(チリ・アルゼンチン・仏・西) 監督:パブロ・ラライン
 *デンマーク:『ヒトラーの忘れもの』(映画祭題『地雷と少年兵』)“Land of Mine(Under Sandet)”(デンマーク・独) 監督:マルティン・サンフィリート(Martin Zandvliet)
 *ドイツ:“Toni Erdmann”(独・オーストリア) 監督:マレン・アデ(Maren Ade)
 ・ドイツ:『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』“The People vs Fritz Bauer”(独) 監督:ラース・クラウメ
 *トルコ:『カランダールの雪』“Cold of Kalandar(Kalandar Soğuğu)”(トルコ・ハンガリー) 監督:ムスタファ・カラ(Mustafa Kara)
 ・日本:『恋人たち』“Three Stories of Love”(日) 監督:橋口亮輔
 *ノルウェー:“The King's Choice(Kongens Nei)”(ノルウェー) 監督:エリック・ポッペ
 *パレスチナ:『歌声にのった少年』(パレスチナ・英・カタール・オランダ・UAE) 監督:ハニ・アブ=アサド
 *ハンガリー:“Kills on Wheels(Tiszta szívvel)”(ハンガリー) 監督:Attila Till
 ・ハンガリー:“Home Guards”(ハンガリー) 監督:クリスティナ・ゴダ(Krisztina Goda)
 *フィリピン:“Ma'Rosa”(フィリピン) 監督:ブリランテ・メンドーサ
 ・フィリピン:“The Woman Who Left”(フィリピン) 監督:ラヴ・ディアス
 *フィンランド:『オリ・マキの人生で最も幸せな日』“The Happiest Day in the Life of Olli Mäki(Hymyilevä mies)”(フィンランド・独・スウェーデン) 監督:ユホ・クオスマネン(Juho Kuosmanen)
 ・フィンランド:“Little Wing”(フィンランド・デンマーク) 監督:セルマ・ヴィルフネン(Slma Maria Vilhunen)
 *ブラジル:“Little Secret (Pequeno Segredo)”(ブラジル) 監督:David Schurmann
 ・ブラジル:『アクエリアス』“Aquarius”(ブラジル・仏) 監督:クレベール・メンドンサ・フィリオ(Kleber Mendonça Filho)
 ・ブラジル:“Chatô - The King of Brazil”(ブラジル) 監督:Guilherme Fontes
 *フランス:“Elle”(仏) 監督:ポール・ヴァーホーヴェン
 ・フランス:『未来よ こんにちは』“Things to Come”(仏) 監督:ミア・ハンセン=ラヴ
 ・フランス:“Come What May”(仏) 監督:クリスチャン・カリオン
 ・フランス:『ディヴァイン』“Divines”(仏) 監督:ウーダ・ベニャミナ(Houda Benyamina)
 ・フランス:“The Innocents”(仏・ポーランド) 監督:アンヌ・フォンテーヌ
 ・フランス:『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)』(仏) 監督:クロード・ルルーシュ
 *ベネズエラ:『彼方から』“From Afar (Desde allá)”(ベネズエラ・メキシコ) 監督:ロレンソ・ビガス(Lorenzo Vigas)
 *ベルギー:『アルデンヌ』“The Ardennes(D'Ardennen)”(ベルギー・オランダ) 監督:ロビン・プロント(Robin Pront)
 *ポーランド:『残像』“Afterimage(Powidoki)”(ポーランド) 監督:アンジェイ・ワイダ
 *マレーシア:“Beautiful Pain(Redha)”(マレーシア) 監督:Tunku Mona Riza
 *南アフリカ共和国:“Call me thief(Noem my skollie)”(南ア) 監督:Daryne Joshua
 *メキシコ:“Desierto”(メキシコ・仏) 監督:ホナス・キュアロン(Jonás Cuarón)
 ・メキシコ:“You’re Killing Me Susanna”(メキシコ) 監督:ロベルト・スネイデル(Roberto Sneider)
 *ヨルダン:“3000 Nights”(パレスチナ・ヨルダン・仏) 監督:Mai Masri
 *ラトヴィア:“Dawn(Ausma)”(ラトヴィア・ポーランド・エストニア) 監督:Laila Pakalniņa
 *ルーマニア:『シエラネバダ』“Sieranevada”(ルーマニア・仏) 監督:クリスティ・プイウ(Cristi Puiu)
 *レバノン:“Very Big Shot(Film Kteer Kbeer)”(レバノン・カタール) 監督:Mir-Jean Bou Chaaya
 ・レバノン:『ハラル・ラブ』“Halal Love”(レバノン・独) 監督:アサド・フラッドカー(Assad Fouladkar)
 *ロシア:“Paradise(Rai/Ray)”(ロシア・独) 監督:アンドレイ・コンチャロフスキー
 ・ロシア:“The Duelist”(ロシア) 監督:Alexey Mizgirev
 ・ロシア:“My Murderer”(ロシア) 監督:Kostas Marsan
 ・ロシア:“The Student”(ロシア) 監督:キリル・セレブレンニコフ(Kirill Serebrennikov)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆米国アカデミー賞に選出された作品が、出品されず、別の作品が出品された国
 イタリア(アカデミー賞はドキュメンタリー)、中国、日本

 ◆米国アカデミー賞には認められなかった作品
 アルメニア、チュニジア

 ◆米国アカデミー賞には出品されたが、ゴールデン・グローブ賞には出品されなかった国(37カ国)
 アイスランド、アルジェリア、アルバニア、イギリス、イエメン、イラク、インドネシア、ウクライナ(アカデミー賞はドキュメンタリー)、エクアドル、カンボジア、コスタリカ、コソボ、スイス(アカデミー賞はアニメーション)、スロヴァキア、スロヴェニア、セルビア、タイ、台湾、チェコ、ドミニカ共和国、ニュージーランド(アカデミー賞はドキュメンタリー)、ネパール、パキスタン、パナマ、バングラデシュ、ブルガリア、ベトナム、ペルー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボリビア、ポルトガル、香港、マケドニア、モロッコ、モンテネグロ、リトアニア、ルクセンブルク(アカデミー賞はドキュメンタリー)

 米国アカデミー賞には、映画製作がそんなに盛んではない国からも積極的に出品されるため、ゴールデン・グローブ賞より国際色が豊かになる傾向があります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞は、ノミネーションでは、映画製作が盛んな国の作品、有名な監督の作品が選ばれる傾向があり、米国アカデミー賞のようにこれまで選ばれることのなかった国の作品を積極的にピックアップしようという姿勢はありません。

 とすると、ノミネート候補は、大体、以下のような感じでしょうか。

 ・イラン:“The Salesman(فروشنده /Forushande)”(イラン・仏) 監督:アスガー・ファルハディ
 ・スペイン:『ジュリエッタ』“Julieta”(西) 監督:ペドロ・アルモドバル
 ・チリ:“Neruda”(チリ・アルゼンチン・仏・西) 監督:パブロ・ラライン
 ・デンマーク:『ヒトラーの忘れもの』(映画祭題『地雷と少年兵』)“Land of Mine(Under Sandet)”(デンマーク・独) 監督:マルティン・サンフィリート(Martin Zandvliet)
 ・ドイツ:“Toni Erdmann”(独・オーストリア) 監督:マレン・アデ(Maren Ade)
 ・フィンランド:『オリ・マキの人生で最も幸せな日』“The Happiest Day in the Life of Olli Mäki(Hymyilevä mies)”(フィンランド・独・スウェーデン) 監督:ユホ・クオスマネン(Juho Kuosmanen)
 ・フランス:“Elle”(仏) 監督:ポール・ヴァーホーヴェン
 ・ポーランド:『残像』“Afterimage(Powidoki)”(ポーランド) 監督:アンジェイ・ワイダ

 これだとすべて米国アカデミー賞代表作品とかぶってしまうので、これら以外から選ぶと―

 ・イタリア:『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“They Call Me Jeeg”(伊) 監督:ガブリエーレ・マイネッティ(Gabriele Mainetti)
 ・韓国:『お嬢さん』(韓) 監督:パク・チャヌク
 ・中国:“I Am Not Madame Bovary”(中) 監督:フォン・シャオガン
 ・ブラジル:『アクエリアス』“Aquarius”(ブラジル・仏) 監督:クレベール・メンドンサ・フィリオ(Kleber Mendonça Filho)

 米国アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞は、2011年以降、6回のうち5回、受賞結果が一致しているので、結果的には今回も一致する可能性が高そうです。(ノミネーションでは、一致するのは、せいぜいで2〜3作品です。)

 米国アカデミー賞の方もまだ本命は確定していませんが、一般人気に近いゴールデン・グローブ賞の方は、『ジュリエッタ』、“Toni Erdmann”、“Elle”のどれかで決まりなのではないでしょうか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 第74回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションの発表は、12月12日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ゴールデン・グローブ賞2016 外国語映画賞 ロングリスト71作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_21.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2015 外国語映画賞 ロングリスト53作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_6.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2014 外国語映画賞 ロングリスト58作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_19.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2010 外国語映画賞 ロングリスト69作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_16.html

 ・ゴールデン・グローブ賞2017 プレ・イベント:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_20.html

 ・米国アカデミー賞2017 外国語映画賞 各国代表作品リスト その1(アイスランド〜オーストラリア):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201608/article_6.html
 ・米国アカデミー賞2017 外国語映画賞 各国代表作品リスト その2(オーストリア〜スロヴァキア):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201609/article_10.html
 ・米国アカデミー賞2017 外国語映画賞 各国代表作品リスト その3(スロヴェニア〜パレスチナ):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201609/article_22.html
 ・米国アカデミー賞2017 外国語映画賞 各国代表作品リスト その4(ハンガリー〜メキシコ):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201609/article_29.html
 ・米国アカデミー賞2017 外国語映画賞 各国代表作品リスト その5(モロッコ〜ロシア):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201609/article_36.html
 ・完全ガイド!米国アカデミー賞2017 外国語映画賞 各国代表作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201610/article_23.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年12月〜2017年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_1.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ゴールデン・グローブ賞2017 外国語映画賞 ロングリスト85作品 発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる