海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ノルディック映画賞2016 受賞結果発表!

<<   作成日時 : 2016/11/02 07:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第15回ノルディック映画賞(The Nordic Council Film Prize)の受賞結果が発表になりました。(11月1日@コペンハーゲン)

 ノルディック映画賞(The Nordic Council Film Prize)は、ノルディック・カウンシル(The Nordic Council/日本語では「北欧理事会」と訳されることがある)が設けた映画賞で、2002年にノルディック・カウンシル50周年を記念して、アキ・カウリスマキの『過去のない男』に贈られたのが最初で、2005年以降は毎年、北欧5カ国のノミネート作品の中から1本を選んで表彰するという形式になり、現在に至っています。

 ノルディック・カウンシルは、第二次世界大戦での苦い経験を踏まえて、北欧諸国の協力関係を築くことを目的として1952年にスタートしたもので、スカンジナビア3国を中心に北欧5カ国と3つの地域(グリーンランド、フェロー諸島、オーランド諸島)で構成されています。
 映画賞は、2000年代になってようやく設けられた賞ですが、文学と音楽に関しては、既に60年の歴史があり、1962年に「文学賞」、1965年に「音楽賞」が設けられています。(文学賞は最初から常設の賞となり、音楽賞は90年から常設化しています。)

 映画賞は、2007年までは5カ国でそれぞれ2作品ずつノミネート作品を選んでいましたが、2008年以降は各国1本ずつノミネート作品を出しています。

 過去のノミネート作品、および、受賞作品は、以下の通りです。

 【2002年】
 ◎『過去のない男』 監督:アキ・カウリスマキ [フィンランド]

 【2005年】
 ◎“Manslaughter(Drabet)” 監督:ペール・フライ(Per Fly) [デンマーク]
 ・『プッシャー2』“Pusher II: With Blood on My Hands” 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン [デンマーク]
 ・“Frozen Land(Paha Maa)” 監督:アク・ロウヒミエス(Aku Louhimies) [フィンランド]
 ・“The 3 Rooms of Melancholia(Melancholian 3 huonetta)” 監督:ピルヨ・ホンカサロ(Pirjo Honkasalo) [フィンランド]
 ・『スクリーミング・マスターピース』“Screaming Masterpiece(Gargandi Snilld)” 監督:アリ・アレクサンダー(Ari Alexander)、イルギス・マグヌッソン(Ergis Magnússon) [アイスランド]
 ・“Dís” 監督:シリャー・ホウィクスドウッティル(Silja Hauksdóttir) [アイスランド]
 ・“Kissed by Winter(Vinterkyss)” 監督:Sara Johnsen [ノルウェー]
 ・“Hawaii, Oslo” 監督:エリック・ポッペ(Erik Poppe) [ノルウェー]
 ・“The Guitar Mongoloid(Gitarrmongot)” 監督:リューベン・オストルンド(Ruben Östlund) [スウェーデン]
 ・“A Hole in My Heart(Hål i mitt hjärta)” 監督:ルーカス・ムーディソン [スウェーデン]

 【2006年】
 ◎“Zozo” 監督:Josef Fares [スウェーデン]
 ・『アフター・ウェディング』 監督:スザンネ・ビア [デンマーク]
 ・“Offscreen” 監督:クリストファー・ボー(Christoffer Boe) [デンマーク]
 ・『革命の歌』“Revolution(Kenen joukoissa seisot)” 監督:ヨルコ・アールトネン(Jouko Aaltonen) [フィンランド]
 ・“Mother of Mine(Äideistä parhain)” 監督:クラウス・ハロ [フィンランド]
 ・“Thicker Than Water(Blóðbönd)” 監督:Árni Ásgeirsson [アイスランド]
 ・“A Little Trip to Heaven” 監督:バルタザール・コルマウクル [アイスランド]
 ・“Free Jimmy(Slipp Jimmy fri)” 監督:Christopher Nielsen [ノルウェー]
 ・『厄介な男…からぽな世界の生き方』“The Bothersome Man(Den brysomme mannen)” 監督:イエンス・リエン(Jens Lien) [ノルウェー]
 ・“Mouth to Mouth(Mun mot mun)” 監督:Björn Runge [スウェーデン]

 【2007年】
 ◎“The Art of Crying(Kunsten at Græde i Kor)” 監督:Peter Schønau Fog [デンマーク]
 ・“AFR ” 監督:Morten Hartz Kaplers [デンマーク]
 ・“A Man's Job(Miehen työ) 監督:Aleksi Salmenperä [フィンランド]
 ・“Children(Börn)” 監督:Ragnar Bragason [アイスランド]
 ・『湿地』“Jar City(Mýrin)” 監督:バルタザール・コルマウクル [アイスランド]
 ・『リプライズ』“Reprise” 監督:ヨアキム・トリアー(Joachim Trier) [ノルウェー]
 ・“Sons(Sønner)” 監督:Erik Richter Strand [ノルウェー]
 ・“Falkenberg Farewell(Farväl Falkenberg)” 監督:Jesper Ganslandt [スウェーデン]
 ・“Darling” 監督:Johan Kling [スウェーデン]

 【2008年】
 ◎『愛おしき隣人』 監督:ロイ・アンダーソン [スウェーデン]
 ・“The Early Years: Erik Nietzsche Part 1(De unge år - Erik Nietzsche Del 1)” 監督:ヤコブ・トゥーセン(Jacob Thuesen) [デンマーク]
 ・“The Home of Dark Butterflies(Tummien perhosten koti)” 監督:ドメ・カルコスキ(Dome Karukoski) [フィンランド]
 ・“White Night Wedding(Brúðguminn)” 監督:バルタザール・コルマウクル [アイスランド]
 ・“The Man Who Loved Yngve(Mannen som elsket Yngve)” 監督:Stian Kristiansen [ノルウェー]

 【2009年】
 ◎『アンチクライスト』 監督:ラース・フォン・トリアー [デンマーク]
 ・“Sauna” 監督:アンティ=ジュッシ・アニラ(Antti-Jussi Annila) [フィンランド]
 ・“The Amazing Truth About Queen Raquela ” 監督:オーラフ・デ・フルル・ヨハンネスソン(Olaf de Fleur Johannesson) [アイスランド]
 ・“North(Nord)” 監督:Stian Kristiansen [ノルウェー]
 ・“Light Year(Ljusår)” 監督:Mikael Kristersson [スウェーデン]

 【2010年】
 ◎『光のほうへ』 監督:トマス・ヴィンターベア [デンマーク]
 ・“Steam of Life(Miesten vuoro)” 監督:Joonas Berghäll、Mika Hotakainen [フィンランド]
 ・“The Good Heart” 監督:ダーグル・カウリ [アイスランド]
 ・“Upperdog” 監督:Sara Johnsen [ノルウェー]
 ・“Metropia” 監督:Tarik Saleh [スウェーデン]

 【2011年】
 ◎“Beyond(Svinalängorna)” 監督:ペルニラ・アウグスト [スウェーデン]
 ・“Truth About Men(Sandheden om mænd)” 監督:ニコライ・アーセル [デンマーク]
 ・『グッド・サン』“The Good Son(Hyvä poika)” 監督:ザイダ・バリルート(Zaida Bergroth) [フィンランド]
 ・“Undercurrent(Brim)” 監督:Árni Ólafur Ásgeirsson [アイスランド]
 ・『オスロ、8月31日』“Oslo, August 31st(Oslo, 31. August)” 監督:ヨアキム・トリアー(Joachim Trier) [ノルウェー]

 【2012年】
 ◎『プレイ』“Play” 監督:リューベン・オストルンド [スウェーデン]
 ・『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』 監督:ニコライ・アーセル [デンマーク]
 ・『パンク・シンドローム』 監督:ユッカ・カルッカイネン、J-P・パッシ [フィンランド]
 ・“Either Way(Á annan veg)” 監督:Hafsteinn Gunnar Sigurdsson [アイスランド]
 ・“The Orheim Company(Kompani Orheim)” 監督:Arlid Andersen [ノルウェー]

 【2013年】
 ・“Eat Sleep Die (Äta sova dö)” 監督:Gabriela Pichler [スウェーデン]
 ◎『偽りなき者』 監督:トマス・ヴィンターベア [デンマーク]
 ・“Open Up to Me(Kerron sinulle kaiken)”(スウェーデン・フィンランド) 監督:Simo Halinen [フィンランド]
 ・『ザ・ディープ』 監督:バルタザール・コルマウクル [アイスランド]
 ・“I Belong(Som du ser meg)” 監督:Dag Joham Haugerud [ノルウェー]

 【2014年】
 ◎『馬々と人間たち』 監督:ベネディクト・エルリングソン [アイスランド]
 ・『ニンフォマニアック』 監督:ラース・フォン・トリアー [デンマーク]
 ・『コンクリートナイト』“Concrete Night(Betoniyö)” 監督:ピルヨ・ホンカサロ [フィンランド]
 ・『ブラインド 視線のエロス』“Blind” 監督:エスキル・ヴォクト(Eskil Vogt) [ノルウェー]
 ・『フレンチアルプスで起きたこと』 監督:リューベン・オストルンド [スウェーデン]

 【2015年】
 ・『サイレント・ハート』“Silent Heart(Stille hjerte) 監督:ビレ・アウグスト [デンマーク]
 ・『2人だけの世界』“They Have Escaped(He ovat paenneet)” 監督:ユッカペッカ・ヴァルケアパー(Jukka-Pekka Valkeapää) [フィンランド]
 ◎『好きにならずにいられない』“Virgin Mountain(Fúsi)” 監督:ダーグル・カウリ [アイスランド]
 ・“Out of Nature(Mot naturen)” 監督:Ole Giæver [ノルウェー]
 ・“Gentlemen” 監督:ミカエル・マルシメーン(Mikael Marcimain) [スウェーデン]

 ※ ノミネート作品は、前年の7月1日から当年の6月30日までに各国で劇場公開された作品(昨年より2か月早まっています)が対象で、各国からのノミネーションは、映画関係者および批評家らによる各国3名からなる審査員が行なう。受賞作の審査は、各国3名の審査員のうちの1名が代表となり、各国1名ずつ計5名の審査員によって行なう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 本年度のノミネーション&受賞結果は、以下の通り。

画像

 ◎『母の残像』“Louder Than Bombs”(ノルウェー・デンマーク・米・仏) 監督:ヨアキム・トリアー(Joachim Trier)
 出演:イザベル・ユペール、ガブリエル・バーン、ジェシー・アイゼンバーグ、デイヴィッド・ストラザーン、Devin Druid
 物語:有名な戦場カメラマン、ローラ・フリードが亡くなって3年が経ち、没後3年を記念した写真展が企画される。彼女の夫と子供たちが、ローラの死後、初めて集まる。準備を進める中で、思いもかけない秘密が明らかになる。その結果、3人は、互いを見つめ直し、それぞれの内的欲求と向き合わなければならなくなる。
 カンヌ国際映画祭2015 コンペティション部門出品。(ノルウェー映画として初)
 ミュンヘン映画祭2015出品。
 メルボルン国際映画祭2015出品。
 ノルウェー国際映画祭2015 ノルウェー映画批評家賞オナラブル・メンション受賞。
 トロント国際映画祭2015 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 ヘルシンキ国際映画祭2015出品。
 バンクーバー国際映画祭2015出品。
 チューリヒ映画祭2015出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2015出品。
 アデレード映画祭2015出品。
 釜山国際映画祭2015 ワールド・シネマ部門出品。
 ヨーロッパ映画賞2015 オフィシャル・セレクション。
 テッサロニキ国際映画祭2015出品。
 ストックホルム国際映画祭2015出品。最優秀作品賞(Bronze Horse)受賞。
 グラスゴー映画祭2016出品。
 香港国際映画祭2016出品。
 サラソータ映画祭2016出品。
 ウィスコンシン映画祭2016出品。
 コスモラマ・トロンハイム国際映画祭2016 カノン賞 監督賞、オリジナル脚本賞、撮影賞受賞。編集賞、プロデューサー賞ノミネート。
 アマンダ賞2016 監督賞、オリジナル脚本賞、撮影賞、編集賞受賞。作品賞、主演男優賞、助演男優賞、音響デザイン賞ノミネート。

画像

 ・“Sparrows(Þrestir)”(アイスランド・デンマーク・クロアチア) 監督:ルナー・ルナーソン(Rúnar Rúnarsson)

 ・『ヒトラーの忘れもの』(映画祭上映題:『地雷と少年兵』)“Land of Mine(Under Sandet)”(デンマーク・独) 監督:マーチン・サンフリート(Martin Zandvliet)

 ・『波紋』“The Here After(Efterskalv)”(ポーランド・スウェーデン・仏) 監督:マグヌス・フォン・ホーン(Magnus Von Horn)

 ・『オリ・マキの人生で最も幸せな日』“The Happiest Day in the Life of Olli Mäki(Hymyilevä mies)”(フィンランド・独・スウェーデン) 監督:ユホ・クオスマネン(Juho Kuosmanen)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ヨーロッパ映画賞2015のオフィシャル・セレクション作品が2つ、ヨーロッパ映画賞2016のオフィシャル・セレクション作品が3つ、米国アカデミー賞2017 外国語映画賞の各国代表が3つあった中で、受賞したのはヨーロッパ映画賞2015のオフィシャル・セレクション『母の残像』でした。

 ノミネーションが発表されたのは8月30日でしたが、この2か月の間に、3つのノミネート作品に関して、邦題、映画祭題が決定しています。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ノルディック映画賞2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201608/article_38.html
 ・ノルディック映画賞2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201510/article_30.html
 ・ノルディック映画賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_2.html

 ・ノルウェー国際映画祭2016(アマンダ賞) 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201608/article_36.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年6月〜11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201606/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノルディック映画賞2016 受賞結果発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる