海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 【英国ドキュメンタリー】 グリアソン・アワード2016 受賞結果! 【なかなかよさげ】

<<   作成日時 : 2016/11/08 19:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 グリアソン・アワード2016 の受賞結果が発表されました。(11月7日)

 【グリアソン・アワード】

 グリアソン・アワード(The Grierson Award)と言っても日本ではほとんど知られていないと思いますが、スコットランド出身のドキュメンタリーのパイオニア、ジョン・グリアソン(1898-1972)の偉業を継承する目的で設立されたグリアソン・トラストが、1972年から始めたドキュメンタリーの祭典で、もう既に40年を超える歴史があります。

 ノミネーション対象作品は、2015年5月1日から2016年4月30日までにイギリス内で最低1度は上映または放映されたということが条件で、イギリスで製作された作品のみならず全世界で製作された作品が対象になります。(必然的にイギリス作品が多くなり、テレビで発表された作品が多くなっているので、実質的には「イギリスのテレビ・ドキュメンタリーの祭典」と言った方がいいかもしれません。)

 過去の受賞作で日本でも紹介されたものには、『Joy Division』(Best Cinema Documentary 2008)、『ダーウィンの悪夢』(Best Cinema Documentary 2006)、『マイ・アーキテクト』(Best Cinema Documentary 2005)、『ビルマVJ』(UKフィルム・カウンシル最優秀ドキュメンタリー映画部門2009)、『シリア内戦 前線の子どもたち』、『イラク戦争 終わりなき戦い 第1回 フセイン政権を転覆せよ』、『キューティー&ボクサー』(以上3作品2014年度受賞作品)、『シチズンフォー スノーデンの暴露』、『ニック・ケイヴ 20,000デイズ・オン・アース』、『ヴィルンガ』(以上3作品2015年度受賞作品)などがあります。

 イギリスでの公開/放映状況がベースになっているので、全米映画賞レースと比べると、1年遅れになっている部分もありますが、これでも、2014年以降、かなり全米映画賞レースに寄り添ってきています。

 本年度は、7月26日にショートリストが発表され、9月20日にノミネーションが発表になり、11月7日に受賞結果が発表されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆コンテンポラリー部門英国作品(Best Documentary on a Contemporary Theme ― Domestic)

 ・“The Age of Loneliness” 監督:Sue Bourne 製作:Wellpark Productions 初公開:BBC One

 ・“Behind Closed Doors” 監督:Anna Hall 製作:True Vision Aire 初公開:BBC One

 ◎“How to Die: Simon's Choice” 監督:Rowan Deacon 製作:Minnow Films 初公開:BBC Two
 Simon Binnerは、成功したビジネスマンで、愛する家族を持ち、友人たちにも恵まれていた。2015年1月、彼は、悪性の運動神経疾患で、あと2年の命だと宣告される。彼は、スイスの病院で、安楽死しようかと考える。家族や友人たちはモラルの問題に直面する。Simonは、誕生日に、安楽死を行なうスイスで2番目に大きい病院The Eternal Spirit centreに予約を入れる。安楽死の施術に、初めてイギリスのテレビ局のカメラが入った。実際の撮影は、患者の最終的な決断を記録するための法的な必要性から、病院のプロのスタッフが担当した。
 Rowan Deaconは、2015年に“Our War: Goodbye Afghanistan”でグリアソン賞時事ドキュメンタリー部門賞を受賞している。

画像

 ・“My Son the Jihadi” 監督:Peter Beard 製作:True Vision Productions 初公開:Channel 4

 ◆コンテンポラリー部門インターナショナル作品(Best Documentary on a Contemporary Theme - International)

 ・“Children of the Gaza War” 監督:James Jones 製作:BBC 初公開:BBC Two

 ・『ゴーイング・クリア:サイエントロジーと信仰という監禁』 監督:アレックス・ギブニー 製作:Jigsaw Productions 初公開:一般劇場公開

 ◎“How to Change the World”(英・カナダ) 監督:Jerry Rothwell 製作:Met Film Production、Insight Productions Ltd、Daniel Films 初公開:Sky Atlantic
 1969年、ニクソン大統領がアリューシャン列島のアムチトカ島で行おうとしている地下核実験に反対するために、カナダのバンクーバーに「波を立てるな委員会(Don't Make a Wave Committee)」という組織が作られた。1971年、彼らは、船をチャーターして、アムチトカ島沖合に停泊し、核実験を監視し、圧力をかけようとした。これが「グリーンピース」の最初の直接行動であり、彼らの運動を定義づけることになった。40年以上にわたって、陽の目を見ることがなかったアーカイブ映像を使って、「グリーンピース」誕生の物語が明らかにされる。
 サンダンス映画祭2015出品。編集賞受賞。
 HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2015 観客賞6位。
 DocAviv/テルアビブ国際ドキュメンタリー映画祭2015出品。
 シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2015 グリーン賞受賞。
 シドニー映画祭2015出品。
 ナンタケット映画祭2015出品。
 ミュンヘン映画祭2015出品。
 ニュージーランド国際映画祭2015出品。
 メルボルン国際映画祭2015出品。
 レイキャビク国際映画祭2015 環境賞受賞。
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2015出品。
 IDAアワード2015 Pare Lorentz Award受賞。
 ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2015 ドキュメンタリー賞ノミネート。
 シネマ・アイ・オナーズ2016 編集賞ノミネート。
 バンクーバー映画批評家協会賞2016 最優秀カナダ・ドキュメンタリー賞ノミネート。
 カナダ・スクリーン・アワード2016 ドキュメンタリー部門編集賞受賞。


 ・『シリア、愛の物語』“Storyville: A Syrian Love Story” 監督:ショーン・マカリスター 製作:Tenfoot films 初公開:BBC Four

 ◆時事ドキュメンタリー部門(The Open University Best Documentary on Current Affairs)

 ・“Exposure: Jihad: A British Story” 監督:Deeyah Khan 製作:Fuuse Films 初公開:ITV

 ◎“This World: Outbreak: The Truth About Ebola” 監督:Dan Edge 製作:Mongoose Pictures and Quicksilver Media 初公開:BBC Two
 エボラ出血熱は、なぜ手遅れになるまで止められないのか。エボラ出血熱と闘う西アフリカの防疫官や決定権を持つ政府の担当官にインタビューし、何がいけなかったのか、検証する。

画像

 ・“This World: Three Days of Terror: The Charlie Hebdo Attacks” 監督:Dan Reed 製作:Amos Pictures 初公開:BBC Two

 ・“We Walk Together” 監督:John Domokos 製作:The Guardian 初公開:theguardian.com

 ◆アート・ドキュメンタリー部門(Televisual Best Arts Documentary)

 ◎『AMY エイミー』” 監督:アシフ・カパディア 製作:On The Corner 初公開:一般劇場公開

 ・“Handmade - Glass” 監督:Ian Denyer 製作:BBC Scotland Arts 初公開:BBC Four

 ・“Ted Hughes: Stronger Than Death” 監督:Richard Curson Smith 製作:Matchlight 初公開:BBC Two

 ・“What Do Artists Do All Day: Sue Webster” 監督:Colette Camden 製作:BBC Scotland Arts 初公開:BBC Four

 ◆ヒストリカル・ドキュメンタリー部門(ITN Source Best Historical Documentary)

 ◎“Attacking the Devil”(英・カナダ) 監督:Jacqui Morris、David Morris 製作:Frith Street Films Ltd 初公開:一般劇場公開
 1967年から1981年までイギリスの「サンデー・タイムズ」で編集者を務めたサー・ハロルド・エヴァンスに関するドキュメンタリー。エヴァンスは、長期的なプロジェクトを手がける自由と権利を与えられていて、キム・フィルビーがソ連のスパイであることを明らかにしたり、サリドマイドの犠牲者のためのキャンペーンを行なったりした。サリドマイドは、元々は第二次世界大戦中のドイツでサリンなどの毒ガスに対する解毒剤として開発されたもので、戦後、イギリスの医者が、軽率にも、つわりを抑える薬として処方し、その結果、数万人の子供たちに副作用を生じさせることになった。「サンデー・タイムズ」は、10年以上にわたって、サリドマイドの犠牲となった家族のために闘い、エヴァンスは、イギリスの法廷その他で、執拗に製薬会社に対して追及を行なった。
 シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2014 審査員特別賞部門 最優秀作品賞受賞。
 HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2015出品。
 AFI Docs2015出品。
 レイキャビク国際映画祭2015出品。

画像

 ・“Britain's Forgotten Slave Owners: Profit and Loss” 監督:James Van Der Pool、Ben Crichton 製作:BBC Studios 初公開:BBC Two

 ・“Decadence and Downfall: The Shah of Iran's Ultimate Party” 監督:Hassan Amini and LAA Films 製作:Amber Television 初公開:BBC Four

 ・“Victorian Bakers - Ep 2” 監督:Peter Sweasey、Neil Ferguson 製作:Wall to Wall 初公開:BBC Two

 ◆サイエンス・ドキュメンタリー部門(Clockwork Capital Best Science Documentary) [分割]
 前回まで‘Science or Natural History’だった部門名が、改称になっています。

 ・“Countdown to Life: Against The Odds” 監督:Helen Sage 製作:BBC Science Production London in partnership with The Open University. 初公開:BBC Two

 ・“Heston's Dinner In Space” 監督:Jay Taylor 製作:Thoroughly Modern Media 初公開:Channel 4

 ・“Inside Einstein's Mind: The Enigma of Space and Time” 監督:Jamie Lochhead 製作:Windfall Films 初公開:BBC Four

 ◎“Oak Tree: Nature's Greatest Survivor” 監督:Nic Stacey 製作:Furnace TV 初公開:BBC Four
 George McGavin博士は、オークの木のドラマチックな生態について、1年以上にわたって調査する。秋、博士は、地面を掘って、オークの木の根がいかにして地中の貴重な鉱物を摂取しているのか、観察する。オークの木は、丈夫で、ネルソン提督の艦隊を含め、イギリス海軍の船に用いられてきたのだ。冬、オークの木は、厳しい冬を乗り切る。オークの木の生命力は、ソールズベリー大聖堂など大きな建造物に生かされる。春、オークの木は、広範囲に花粉を飛ばす。博士は、オークの木の、外的から身を守る洗練された戦略を発見する。夏、博士は高性能の顕微鏡を使って調査する。人間は、様々な方面でオークの木に依存している。オークの木はウィスキーの樽に使われて、ウィスキーに素晴らしい香りをもたらしている。

画像

 ◆ナチュラル・ヒストリー部門(Best Natural History Documentary) [分割]
 前回まで‘Science or Natural History’だった部門名が、改称になっています。

 ・“Attenborough and the Giant Dinosaur” 監督:Charlotte Scott 製作:BBC Natural History Unit / PBS  初公開:BBC One

 ◎“The Hunt: The Hardest Challenge” 監督:Huw Cordey、製作総指揮:アラステア・フォザーギル 製作:Silverback Films 初公開:BBC One
 自然界で、狩るものと狩られるものの間にはドラマがある。狩るものは、獲物を捕らえるための様々なテクニックを持っている。豹は、日中、広範囲でインパラを追跡するのに、忍び足を使う。野生の犬の戦術は、長距離にわたって獲物を追うことだ。シャチは、チームワークと知性を使って、ザトウクジラを襲う。しかし、こうしたテクニックを使っても、獲物を捕まえられないことの方が多い。狩るものたちのほとんどは時間をムダにしているのだ。

画像

 ・“Loch Lomond: Spring - The Season of New Life” 監督:Duncan Chard 製作:Tigress Productions and GroupM 初公開:Channel 5

 ・“Shark - programme 1” 監督:Steve Greenwood 製作:BBC 初公開:BBC One

 ◆エンタテインメント部門(Nyman Libson Paul Most Entertaining Documentary)

 ・“Billy Connolly's Tracks Across America - Ep 3” 監督:Mike Reilly 製作:7 Wonder 初公開:ITV

 ◎“Secret Life of 4, 5 and 6 Year Olds - Ep 2” 監督:Nicola Brown シリーズ監督:Harjeet Chhoker、Kathryn Tregidgo、Rachel Harvie. 製作:RDF Media 初公開:Channel 4
 4歳〜6歳の一人っ子50人以上が集まって、初めてのホリデー・キャンプに参加する。そこでは何が起こるだろうか。カメラは、遊び場での諍いやささやき、生の感情のすべてをとらえる。パイロット版“The Secret Life of 4 Year Olds”の好評を受けて、制作された。

画像

 ・“The Secret World of Lego” 監督:Christian Trumble 製作:Waddell Media 初公開:Channel 4

 ・“The Tribe - Ep 2” 監督:Paddy Wivell 製作:Renegade 初公開:Channel 4

 ◆ドキュメンタリー・シリーズ部門(Envy Best Documentary Series)

 ・“The Detectives” 監督:James Newton 製作:Minnow Films 初公開:BBC Two

 ・『オバマのホワイトハウス』“Inside Obama's White House” 監督:Norma Percy、Paul Mitchell、Sarah Wallis、デルフィーヌ・ジョドー(Delphine Jaudeau)、Mick Gold 製作:Brook Lapping Productions 初公開:BBC Two

 ◎“The Murder Detectives” 監督:Dave Nath(シリーズ監督) 製作:Films of Record 初公開:Channel 4
 ブリストル警察の重犯罪課(Major Crime Unit)を、18か月以上にわたって密着する。 18歳のNicholas Robinsonが刺殺された事件をリアルタイムで追う。まるでドラマのように撮影され、構成されて、事件は最終的に有罪判決に持ち込まれる。
 ブロードキャスティング・プレス組合賞2016 最優秀ドキュメンタリー・シリーズ賞受賞。BAFTA TVアワード2016 Best Factual Series、Factual部門 監督賞受賞。

画像

 ・“The Tribe” 監督:Paddy Wivell 製作:Renegade Pictures 初公開:Channel 4

 ◆コンストラクテッド・ドキュメンタリー・シリーズ部門(Evolutions Best Constructed Documentary Series) [新設]
 特定の状況や環境における個々人の行為や行動を追及する、ノン・スクリプトのドキュメンタリー・シリーズ。

 ・“First Dates” 監督:Gilly Goshawk、Richard Mills 製作:Twenty Twenty 初公開:Channel 4

 ◎“The Real Marigold Hotel” シリーズ監督:Tom Currie 製作:Twofour 初公開:BBC Two
 『ハリー・ポッター』シリーズや『ラヴェンダーの咲く庭で』『華麗なる恋の舞台で』『ミス・マープル 牧師館の殺人』などに出演している女優ミリアム・マーゴリーズ(Miriam Margolyes OBE)(1941〜)、『ホビット』シリーズなどに出演している男優シルヴェスター・マッコイ(Sylvester McCoy)(1943〜)、ダンサーのウェイン・スリープ(Wayne Sleep OBE)(1948〜)、TVパーソナリティーのロイ・ウォーカー(Roy Walker)(1940〜)、シェフのRosemary Shrager(1951〜)、TV司会者のBobby George(1945〜)、シンガーのPatti Boulaye OBE(1954〜)、司会者のJan Leeming(1942〜)。今は第一線を退いている8人の賑やかなイギリス人セレブがインドへと旅をする。

画像

 ・“SAS Who Dares Wins” 監督:Production team 製作:Minnow Films 初公開:Channel 4

 ・“Secret Life of 4,5 and 6 Year Olds” 監督:Teresa Watkins、Emily Lawson、Nicola Brown(シリーズ監督)、Harjeet Chhoker、Kathryn Tregidgo、Rachel Harvie. 製作:RDF Television 初公開:Channel 4

 ◆劇場公開作品部門(Bertha DocHouse Best Cinema Documentary)

 ・『AMY エイミー』” 監督:アシフ・カパディア 製作:On the Corner 初公開:一般劇場公開

 ◎『カルテル・ランド』 監督:マシュー・ハイネマン 初公開:一般劇場公開

 ・『ゴーイング・クリア:サイエントロジーと信仰という監禁』 監督:アレクス・ギブニー 製作:Jigsaw Productions 初公開:一般劇場公開

 ・『ルック・オブ・サイレンス』 監督:ジョシュア・オッペンハイマー 共同監督:Anonymous 初公開:一般劇場公開

 ◆新人部門(Channel 4 Best Newcomer Documentary)

 ・“16 Years Till Summer” 監督:Lou McLoughlan 製作:Loumclou Films Ltd 初公開:シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭

 ・“Chasing Dad: A Lifelong Addiction” 監督:Phillip Wood 製作:Rare Day 初公開:BBC Three

 ・“Claude Lanzmann: Spectres of the Shoah” 監督:Adam Benzine 製作:Jet Black Iris Productions UK / Jet Black Iris Corporation / Jet Black Iris America LLC 初公開:シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭

 ◎“Where You're Meant to Be” 監督:Paul Fegan 製作:Better Days Ltd 初公開:グラスゴー映画祭
 元アラブ・ストラップのヴォーカリストで日本にも来日したこともあるエイダン・モファット(1973〜)は、スコットランドを旅して、伝統的なスコットランドのフォークソングを自分なりに再解釈して、パフォーマンスを行なう。スコットランドのトラディショナルなシンガーであるシェイラ・スチュワート(1937〜2014)は、モファットのバージョンには批判的であったけれども、最後にはグラスゴーのバロウランドで一緒にステージに立つ。
 シカゴ国際映画祭2016出品。
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2016出品。
 ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2016 ブレイクスルー・プロデューサー賞ノミネート(Paul Fegan)。

画像

 ◆学生作品部門(Sky Atlantic Best Student Documentary)

 ・“Coalville Gold” 監督:Ross Bolidai 製作:英国国立映画テレビ学校 初公開:学内上映

 ・“The Pacemaker” 監督:Selah Hennessy 製作:英国国立映画テレビ学校 初公開:学内上映

 ・“The Sunflower Inn” 監督:Miriam Ernst 製作:英国国立映画テレビ学校 初公開:学内上映

 ◎“Women in Sink” 監督:Iris Zaki 製作:ロイヤル・ホロウェイ 初公開:イギリス・ジューイッシュ映画祭
 クリスチャンのアラブ人がハイファで小さなヘアサロンを営んでいる。そこには、アラブ人やユダヤ人の女性客がやってきて、時間と空間を共有し、政治や歴史、愛について、異なる見方を展開させる。
 Visions du réel 2015出品。
 AFI Docs 2015出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2015 ドキュメンタリー 30分以内部門 最優秀ドキュメンタリー賞 スペシャル・メンション受賞。
 ハンプトンズ国際映画祭2015 短編ドキュメンタリー部門出品。

画像

 ◆ドキュメンタリー・プレゼンター・オブ・ザ・イヤー(Warner Bros TV Production UK Documentary Presenter of the Year)

 ・Adam Pearson “Adam Pearson: Freak Show & The Ugly Face of Disability Hate Crime” 監督:Nick Poyntz、Sophie Binyon 製作:betty 初公開:BBC Three

 ・David Olusoga “Britain's Forgotten Slave Owners” 監督:James Van Der Pool、Ben Crichton 製作:BBC Studios first shown: BBC Two

 ・ルイ・セロー(Louis Theroux) “Louis Theroux: Drinking To Oblivion” 監督:Tom Barrow、Jamie Pickup(シリーズ・プロデューサー) 製作:BBC Documentaries Production 初公開:BBC Two

 ◎Paul Mayhew-Archer “Parkinson's: The Funny Side” 監督:Jane Goddard 製作:BBC South 初公開:BBC One
 Paul Mayhew-Archerは、コメディーの脚本家だが、5年前にパーキンソン病を宣告されて治療に当たっている。チョコレートを買い込むためにスーパーに出かけるが、彼にとってのチョコレートはドーパミンの代わりだったりする。そして脳深部刺激療法で完治しかかっている仲間の患者と会う。

画像

 ◆BBC グリアソン・トラスティーズ賞(BBC Grierson Trustees’ Award)
 ◎ルイ・セロー(Louis Theroux)
 ルイ・セローは、作家ポール・セローの息子で、ドキュメンタリー作家。BBCでいくつものシリーズを手がけている。
 “Louis Theroux's Weird Weekends”(1998)と“When Louis Met... The Hamiltons”(2001)でBAFTA TVアワードRichard Dimbleby Award for the Best Presenter を受賞。“Louis Theroux: A Place for Paedophiles”(2009)で、Royal Television Society賞Best Presenterを受賞している。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 グリアソン・アワードは、イギリスのTV作品が中心になるので、映画だとどうしても1年遅れになるものが多いですが、本年度の受賞作は、なかなかよさそうなものが多いように感じられました。

 TV作品は、NHK「BS 世界のドキュメンタリー」くらいしか、紹介の機会はありませんが、“Where You're Meant to Be”あたりは、何らかの形で日本に紹介されてもよさそうです。

 *この記事がなかなか興味深かった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓

 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 ・グリアソン・アワード2016 ショートリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201608/article_10.html
 ・グリアソン・アワード2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201609/article_27.html

 ・グリアソン・アワード2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_13.html

 ・グリアソン・アワード2014 ショートリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201408/article_2.html
 ・グリアソン・アワード2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201409/article_29.html
 ・グリアソン・アワード2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201411/article_16.html

 ・グリアソン・アワード2013 ショートリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201308/article_2.html
 ・グリアソン・アワード2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201309/article_52.html
 ・グリアソン・アワード2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_12.html

 ・グリアソン・アワード2012 ショートリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201208/article_31.html
 ・グリアソン・アワード2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201209/article_33.html
 ・グリアソン・アワード2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201211/article_4.html

 ・グリアソン・アワード2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_8.html

 ・グリアソン・アワード2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_26.html

 ・グリアソン・アワード2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_13.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年6月〜11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201606/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【英国ドキュメンタリー】 グリアソン・アワード2016 受賞結果! 【なかなかよさげ】 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる