海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS BAFTAスコットランド・アワード2016 受賞結果 ショーン・コネリーJr.!ミュラン!ローチ!

<<   作成日時 : 2016/11/07 12:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 BAFTAスコットランド・アワード2016の受賞結果が発表になりました。(11月6日)

 BAFTA英国アカデミー賞には、ウェールズとスコットランドにも支部があり、「本家」同様、毎年それぞれ賞の授与を行なっています。BAFTAウェールズは1991年、BAFTAスコットランドは1989年に設立されています。
 スコットランド映画もイギリス映画として入ってくるので、ちょっとわかりにくかったりしますが、1990年代半ばにダニー・ボイルやデイヴィッド・マッケンジーといった監督たち、そしてユアン・マクレガーやロバート・カーライル、ピーター・ミュラン、ジェームズ・マカヴォイといった俳優たちの仕事が盛んに紹介されるに及び、日本でもかなりなじみ深いものになりました。

 *日本で公開されたスコットランド映画(1935〜2007年):http://umikarahajimaru.at.webry.info/200703/article_24.html

 BAFTAスコットランド・アワードでは―
 2015年には、ロバート・カーライルの初監督作品“The Legend of Barney Thomson”が作品賞と女優賞(エマ・トンプソン)を受賞し、
 2014年は、デイヴィッド・マッケンジーの『名もなき塀の中の王』が作品賞と監督賞と脚本賞を受賞し、ジャームズ・マカヴォイが『フィルス』で男優賞を、ソフィー・ケネディー・クラークが『あなたを抱きしめる日まで』で女優賞を受賞。
 2013年は、Paul Wrightの“For those in Peril”が作品賞と男優賞を受賞し、
 2012年は、Zam Salimの“Up There”が作品賞と監督賞、ケン・ローチの『天使の分け前』が男優賞(ポール・ブラニガン)と脚本賞を受賞しています。

 本年度のノミネーション&受賞結果は、以下の通り。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞 長編映画部門(Feature Film) プレゼンター:ポール・マクギガン
 ・“Moon Dogs”(英) 監督:フィリップ・ジョン(Philip John)
 ・“Sunset Song”(英・ルクセンブルク) 監督:テレンス・デイヴィス
 ◎“Tommy’s Honour”(米) 監督:ジェイソン・コネリー(Jason Connery)

 “Moon Dogs”は、エジンバラ国際映画祭2016マイケル・パウエル賞/最優秀英国映画賞ノミネート。ゴールウェイ映画祭2016 最優秀インターナショナル第1回作品賞受賞。
 “Sunset Song”は、サンセバスチャン国際映画祭2015 オフィシャル・セレクション出品。BFIロンドン映画祭2015 オフィシャル・コンペティション部門出品。ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2015 ニューカマー賞ノミネート(Agyness Deyn)。
 “Tommy’s Honour”は、エジンバラ国際映画祭2016 オープニング・ナイト・ガラ作品。ジェイソン・コネリーは、ショーン・コネリーの息子で、俳優として30年以上のキャリアを持ち、これが監督第5作。

画像

 ◆作品賞 テレビ・ドラマ部門(Television Drama) プレゼンター:ヴィッキー・マクルア
 ・“Not Safe For Work” DC Moore、Andy Baker、Kieron Hawkes、Jemma Rodgers – Clerkenwell Films/Channel 4
 ・『アウトランダー』 プロダクション・チーム - Tall Ship Productions、Story Mining & Supply Co.、Left Bank Pictures、Sony Pictures Television/Amazon Prime Instant Video
 ◎『シェトランド』“Shetland” プロダクション・チーム – ITV Studios/BBC One

 『シェトランド』は2年連続ノミネート。

画像

 ◆監督賞 映画/TV部門 プレゼンター:シャロン・ルーニー(Sharon Rooney)
 ・Michael Keillor 『ライン・オブ・デューティ』“Line of Duty” [TV]
 ◎ダグラス・マッキノン 『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』
 ・Jan Matthys 『シェトランド』

 ダグラス・マッキノンは、1993年に短編映画賞、2006年に監督賞、2011年に児童番組賞にノミネートされていて、今回初受賞。

 ◆男優賞 映画部門 プレゼンター:David Elliot(監督)
 ・ブライアン・コックス “The Carer”(英)(監督:János Edelényi)
 ・ジャック・ロウデン(Jack Lowden) “Tommy’s Honour”
 ◎ピーター・ミュラン “Hector”(英)(監督:Jake Gavin)

 ピーター・ミュランは、2012年は映画部門、2013年はTV部門、2014年は映画部門、2015年はTV部門でノミネートされて、4年連続ノミネート。2011年に監督賞と脚本賞、2013年に映画部門男優賞を受賞。

 ◆女優賞 映画部門 プレゼンター:ジェームズ・マカヴォイ
 ◎ケイト・ディッキー(Kate Dickie) “Couple in a Hole”(英・ベルギー・仏)(監督:Tom Geens)
 ・ルース・ネッガ “Iona”(英)(監督:Scott Graham)
 ・Alison Peebles “Where Do We Go from Here?”(英)(監督:John McPhail)

 ケイト・ディッキーは、10年ぶり3回目のノミネートで、10年ぶり2回目の受賞。

画像

 ◆男優賞 TV部門 プレゼンター:モーヴェン・クリスティ
 ・ピーター・カパルディ 『ドクター・フー』
 ◎ダグラス・ヘンシュオール(Douglas Henshall) 『シェトランド』
 ・サム・ヒューアン(Sam Heughan) 『アウトランダー』

 ダグラス・ヘンシュオールは、2014年にも同作品でノミネート。初受賞。

画像

 ◆女優賞 TV部門 プレゼンター:ビル・パターソン
 ◎カトリーナ・バルフ(Caitriona Balfe) 『アウトランダー』
 ・アシュレー・ジェンセン(Ashley Jensen) “Catastrophe”
 ・Annie Wallace “Hollyoaks”

 カトリーナ・バルフは、初ノミネート初受賞。

画像

 ◆脚本賞 映画/TV部門 プレゼンター:スティーヴン・モファット(Steven Moffat:脚本家/プロデューサー)
 ・Gaby Chiappe 『シェトランド』
 ◎DC Moore “Not Safe for Work”
 ・Jonathan Wilson、Ciara Conway “River City” [TV]

画像

 ◆作品賞 TV部門 長編/リアリティー・エンタテインメント(Features/Factual Entertainment Programme)
 ・“Antiques Road Trip” Chris Greenwood、Matt Jackson、Andrew Robertson、Kirsten Highet - STV Productions/BBC Two
 ・“Gary: Tank Commander,Election Special” Simon Hynd、Chris Grady、Greg McHugh - BBC Studios/BBC Scotland
 ◎“Supershoppers” Nicole Kleeman、Jo Scott - Firecrest Films/Channel 4

画像

 ◆コメディー・エンタテインメント番組賞(Comedy/Entertainment Programme)
 ◎“Mrs Brown's Boys: Christmas Special 2015” Ben Kellett、Brendan O'Carroll、Stephen McCrum、Martin Delany - BBC Studios、BOC PIX、RTE/BBC One
 ・“Scot Squad” プロダクション・チーム - The Comedy Unit/BBC Scotland
 ・“Two Doors Down” Simon Hynd、Catherine Gosling-Fuller、Simon Carlyle、Gregor Sharp – BBC Studios/BBC Two

 “Mrs Brown's Boys”は、4年連続ノミネート。2012年と2015年にも受賞。

画像

 ◆時事番組賞(Current Affairs)
 ◎“BBC Scotland Investigates: Britain's Puppy Dealers Exposed” Liam McDougall、Samantha Poling、Sandeep Gill – BBC Scotland
 ・“BBC Scotland Investigates: Rugby And The Brain - Tackling The Truth” Stephen Magee、John Beattie、Claire Harris – BBC Scotland
 ・“Eòrpa” Angela MacLean、Nina Torrance、Margaret-Jane Mason、Rebecca MacLennan - BBC Scotland/BBC Alba

 ◆ドキュメンタリー・シリーズ賞(Factual Series)
 ・“Into The Wild With Gordon Buchanan” Wendy Rattray、Gordon Buchanan、Allanah Langstaff、Peter Strachan – Hello Halo/BBC Two
 ・“Scotland's Home Movies: Memories On Film” プロダクション・チーム – BBC Studios/BBC Scotland
 ◎“This Farming Life” プロダクション・チーム – BBC Studios/BBC Two

 ◆ドキュメンタリー・スペシャル賞(Specialist Factual) [新設] プレゼンター:ムリエル・グレイ(Muriel Gray:スコットランドの作家)
 ◎“Imagine”-“Richard Flanagan: Life After Death” Jack Cocker、Alan Yentob、Tanya Hudson – BBC Studios/BBC One
 ・“Ted Hughes: Stronger Than Death” Richard Curson Smith、Ross Wilson、Liz Hartford、Lucy Evans – Matchlight/BBC Two
 ・“The Truth About Dementia” Jane Aldous、Dan Child、Mairead Maclean、Sharon Adams – BBC Studios/BBC Two

 ◆単発ドキュメンタリー賞(Single Documentary) プレゼンター:ピーター・キャパルディ
 ◎“Dunblane: Our Story” Stephen Bennett、Michael McAvoy、Lucy Austen – STV Productions/BBC One
 ・“The Islands And The Whales” Mike Day - Intrepid Cinema
 ・“Seven Songs For A Long Life” Amy Hardie、Sonja Henrici – SDI Productions/BBC Scotland

画像

 ◆児童番組賞(Children’s Programme)
 ◎“All Over The Workplace” Dougie Napier、Valerie Mellon、Yvonne Jennings - BBC Scotland/CBBC
 ・“Down On The Farm” Donna Damassa、Jacqui McAlpine、Yvonne Jennings - BBC Scotland/CBeebies
 ・“Lifebabble” Donna Damassa、Julia Bond - BBC Scotland/CBBC

画像

 ◆アニメーション賞(Animation)
 ・“American Dream” Kevin McCrae、Jonny Harris - Playdead
 ◎“No Place Like Home”(英/13分) Cat Bruce(監督)、Neil Jack(プロデューサー) - KoLik
 ・“The Testament Of Gideon Mack” Simon Biggs、Will Adams、Innes Smith、Rory Lowe - Once Were Farmers

 ◆短編映画賞(Short Film) プレゼンター:ジャック・ロウデン
 ◎“Isabella”(英) 監督:Ross Hogg、Duncan Cowles [短編ドキュメンタリー]
 ・“Swan”(英) 監督:Lindsay Brown プロデューサー:Anne Milne [短編ドキュメンタリー]
 ・“Take Your Partners”(英) 監督:Siri Rodnes プロデューサー:Stuart Condy、Sara Forbes

 “Isabella”は、BFIフューチャー映画祭2016 RAW Award (19-25)受賞。グラスゴー短編映画祭2016 スコットランド短編映画賞受賞。ハンブルク短編映画祭2016 観客賞受賞。エジンバラ国際映画祭2016マクラレン賞/最優秀新英国アニメーション賞ノミネート。
 “Take Your Partners”は、ベルリン国際映画祭2016 ジェネレーションKplus部門出品。BAFTAスコットランド ニュー・タレント・アワード2016 女優賞ノミネート(Lily Graham)。

 ◆ゲーム賞(Game)
 ・“Binaries” Anthony Gowland、Will Morton - Ant Workshop
 ◎“Glitchspace” Robin Griffiths、Mustafa Cetiner、Graham Hill、Ronan Quigley - Space Budgie
 ・“Killbox” Malath Abbas、Tom DeMajo、Albert Elwin、Joseph DeLappe - Biome Collective

 ◆技術部門 特別貢献賞(Outstanding Contribution to Craft Award) プレゼンター:Kirsty Wark(スコットランドのジャーナリスト)
 ◎Christine Cant
 Christine Cantは、“Beowulf: Return to the Shieldlands”、『ヴェラ 〜信念の女警部〜』、『アブソリュートリー・ファビュラス』、“Jam & Jerusalem”、“The Mighty Boosh”などを手がける、40年近いキャリアを持つメイキャップ・アーティスト。

画像

 ◆映画への特別貢献賞(Outstanding Contribution to Film) プレゼンター:マーティン・コムストン(Martin Compston)、ゲイリー・ルイス(Gary Lewis)
 ◎Sixteen Films
 登壇したのは、プロデューサーのレベッカ・オブライエンと、脚本家のポール・ラヴァーティ

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 授賞式は、YouTubeで、日本時間の午前4時からライヴ・ストリーミングされてたんですが、さあこれから1つ目の受賞者が発表されるというところで、唐突に中断。約20くらいそのまま放置された後、twitterに中断のお詫びがアップされ、別のYouTubeアカウントでライヴ・ストリーミングが再開されました。

 授賞式は、終盤に、映画部門の女優賞、男優賞、テレビ・ドラマ部門の作品賞、長編映画部門の作品賞と発表された後、一番最後にケン・ローチ作品を手がけるSixteen Filmsに「映画への特別貢献賞」が贈られました。
 レインダンス映画祭、BAFTAスコットランドと、今年のイギリス映画界は、全面的にケン・ローチを支持する態勢であるようです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な受賞作を簡単に紹介しておきます。

 “Tommy’s Honour”(米) 監督:ジェイソン・コネリー(Jason Connery)
 出演:ピーター・ミュラン、ジャック・ロウデン、オフィリア・ラヴィボンド、サム・ニール
 近代ゴルフの父とも言われるトム・モリス・シニア(1821-1908)とその息子トム・モリス・ジュニア(ヤング・トム/トミー)(1851-1875)の物語。
 物語:トム・モリス・シニアは、1860年から始まった全英オープンで、1861年、1862年、1864年、1867年と4回優勝したゴルフのレジェンドであり、パイオニアで、1ラウンド18ホールとするなどゴルフのスタンダードを作った人物としても知られる。その息子も、父と同じトム・モリスという名前で、人からはヤング・トムとかトミーと呼ばれた。トミーもまたゴルフの道に進み、1868年、17歳の時に、全英オープンで優勝し、そこから1869年、1970年、1872年と4連覇した(17歳での優勝は史上最年少記録で未だに破られていない。3連覇したトミーにはチャンピオン・ベルトが「贈られた」が、次の年に優勝者に「渡す」ベルトが用意できなかったため、1871年大会は中止になった)。1874年、トミーは、鉱山労働者の町ウィットバン出身で、貧しく、秘密の過去を抱えた娘メグと出会う。メグは、トミーよりも9歳も年上であったこともあり、オールド・トムも結婚には反対したが、結局は2人は結ばれる。1875年、メグの妊娠中に、モリス親子は、ゴルフの試合のために遠征にでかける。ところが、そこで、オールド・トムは判断ミスを犯し、そのことで一生逃れられない十字架を背負うことになる。
 “Tommy's Honor: The Story of Old Tom Morris and Young Tom Morris, Golf's Founding Father and Son”の映画化。
 監督のジェイソン・コネリーは、ショーン・コネリーの息子で、俳優として30年以上のキャリアを持ち、これが監督第5作。
 エジンバラ国際映画祭2016 オープニング・ナイト・ガラ作品。
 ハイファ国際映画祭2016出品。

画像

 “Hector”(英) 監督:Jake Gavin
 出演:ピーター・ミュラン、キース・アレン、Natalie Gavin、シャロン・ルーニー、サラ・ソルマーニ(Sarah Solemani)
 物語:Hector McAdamは、悲しい過去を抱えていて、文字通りホームレスの生活をしている。高速道路のサービスステーションをさまよい、施し物で生活し、橋の下で眠る。クリスマスのシーズンは、スコットランドからロンドンへと出て、仲間に会い、クリスマスの歓待や七面鳥のディナーに預かるのを年間行事にしていた。しかし、もはやこういうことも続けていられないと気づき、過去と向き合い、疎遠にしてきた兄弟と連絡を取ることに決める。過去の記憶や怒り、後悔といった感情に翻弄されながら、親切と残酷さ、歓びと失望、友情と不快さを経験し、未来への新たな希望を見出す。
 初監督作品。
 エジンバラ国際映画祭2015 マイケル・パウエル賞/最優秀英国映画賞部門出品。
 アテネ国際映画祭2015 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ハイファ国際映画祭2015出品。
 シカゴ国際映画祭2015 ニュー・ディレクターズ・コンペティション部門出品。
 サンパウロ国際映画祭2015 ニュー・フィルムメーカーズ・コンペティション部門出品。
 バリャドリッド国際映画祭2015出品。
 レッチェ・ヨーロッパ映画祭2016 男優賞(ピーター・ミュラン)、観客賞受賞。

画像

 “Couple in a Hole”(英・ベルギー・仏) 監督:Tom Geens
 物語:ジョンとカレンは、火事で、家と幼い息子を失う。2人は、絶望し、トラウマを引き摺ったまま、ピレネー山中の森の中で、洞窟に籠る。他の人間との接触は避け、生きるために、野生の動物を狩る。しかし、カレンが毒グモに噛まれたため、ジョンは用心深く町に降りて、すれ違ったアンドレに薬を乞う。ジョンたちの存在は、一部の町人には知られているらしく、アンドレは、タダで必要な薬を渡し、持続的に食べ物を与えてくれようとさえしてくれる。ジョンは、怒り気味にそれを断るが、絶望のどん底から這い上がることができないカレンは異なり、生への希望を持っている。それ以降、ジョンは、カレンには内緒で、アンドレとの間に少しずつ友情を築いていく。
 トロント国際映画祭2015 City To City部門出品。
 チューリヒ映画祭2015 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 Dinard英国映画祭2015 作品賞(Golden Hitchcock)、脚本賞、観客賞受賞。
 リーズ国際映画祭2015出品。
 レザルク・ヨーロッパ映画祭2015出品。
 ルクセンブルク・シティー映画祭2016出品。
 ブリュッセル映画祭2016 オフィシャル・コンペティション部門出品。
 CPH:PIX2016出品。
 ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2016 作品賞、主演女優賞(ケイト・ディッキー)ノミネート。

画像

 “No Place Like Home”(英/13分) 監督:Cat Bruce
 物語:ソナは、カントリーサイドに住み、今にも壊れそうな家での暮らしをエンジョイしている。ところが、開発会社がやってきて、立ち退きを迫られる。彼女は自分の世界を守ろうと懸命に闘う。

画像

 “Isabella”(英) 監督:Ross Hogg
 92歳のイザベラが、記憶を蘇らせようとしている。彼女の体は弱り、短期記憶も曖昧になってきているが、過去の記憶が、掘り下げられ、蘇らせられていく。彼女の記憶をめぐる旅は、単に彼女の過去を明らかにするだけではない。あなたには、記憶に値する人生を送っているかと問うてくるのだ。
 Ross Hoggは、2013年と2015年にはBAFTAスコットランド・アワード アニメーション賞にノミネート。
 BFIフューチャー映画祭2016 RAW Award (19-25)受賞。
 グラスゴー短編映画祭2016 スコットランド短編映画賞受賞。
 ハンブルク短編映画祭2016 観客賞受賞。
 エジンバラ国際映画祭2016マクラレン賞/最優秀新英国アニメーション賞ノミネート。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 “Tommy’s Honour”は、いくつもの「売り」の要素があって、日本に紹介されてもよさそうに思いますが、どうでしょうか?

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 ・BAFTAスコットランド・アワード2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201610/article_7.html
 ・BAFTAスコットランド・アワード2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_18.html
 ・BAFTAスコットランド・アワード2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201411/article_7.html
 ・BAFTAスコットランド・アワード2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_7.html
 ・BAFTAスコットランド・アワード2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201211/article_18.html
 ・BAFTAスコットランド・アワード2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_7.html
 ・BAFTAスコットランド・アワード2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_15.html
 ・BAFTAスコットランド・アワード2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_15.html

 ・BAFTA LA ブリタニア・アワード2016 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201610/article_46.html

 ・BAFTAウェールズ・アワード2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201609/article_7.html
 ・BAFTAウェールズ・アワード2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201610/article_3.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年6月〜11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201606/article_2.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BAFTAスコットランド・アワード2016 受賞結果 ショーン・コネリーJr.!ミュラン!ローチ! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる