海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 何人知ってる? 「ヴァラエティー」誌が選ぶ、「観るべき10人の俳優たち2016」

<<   作成日時 : 2016/10/15 13:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 「ヴァラエティー」誌は、1月に開催されるパームスプリングス国際映画祭では「観るべき10人の監督たち」を表彰し、7月に開催されるカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭では「観るべき10人のヨーロッパの監督たち」を選び(2016年はヨーロッパに限定されていませんでしたが)、10月のハンプトンズ国際映画祭では、「観るべき10人の俳優たち」を選んでいます。

 当ブログで「観るべき10人の俳優たち」を取り上げるのは今回が初めてですが、1998年から続いていて、ハンプトンズ国際映画祭とのコラボレーションは今年で5回目になります。

 10人の中には、「ヴァラエティー」が取り上げなくてももう十分に注目されている俳優もいれば、まだ可能性が未知数の俳優もいます。
 過去に選ばれた俳優には、ヴィオラ・デイヴィス、タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ブリー・ラーソン、ルピタ・ニョンゴ、マイケル・シャノン、メリッサ・レオらがいます。

 *Variety:http://variety.com/t/10-actors-to-watch/

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【10 Actors to Watch 2016】

 ・カーラ・ヘイワード(Kara Hayward):1998年生まれ。デビュー作『ムーンライズ・キングダム』で注目される。2016年は“Manchester by the Sea”やジャームッシュの “Paterson”に出演している。

画像

 ・ルーカス・ヘッジズ(Lucas Hedges):1996年(1997年?)生まれ。『ムーンライズ・キングダム』、『ゼロの未来』、『グランド・ブダペスト・ホテル』などを経て、“Manchester by the Sea”で大きく注目される。2017年には、マーティン・マクドナーの“Three Billboards Outside Ebbing, Missouri”が公開予定。

画像

 ・タヴィ・ゲヴィンソン(Tavi Gevinson):1996年生まれ。12歳で始めたファッション・ブログ“Style Rookie”で注目を集め、オンライン・マガジン“Rookie Magazine”を創刊し、編集長を務める。2011年と2012年には「Forbes 30 Under 30」に選ばれ、2014年には「タイム」誌の「最も影響力があるティーン25人」に選ばれている。最近では、ブロードウェイのステージに立ち、『るつぼ』に出演したほか、『桜の園』ではダイアン・レインと共演している。映画では、『おとなの恋には嘘がある』などに出演、近作には“Human People”などがある。

画像

 ・レイチェル・ブロズナハン(Rachel Brosnahan):1990年生まれ。数多くの映画やTVシリーズを経て、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』で広く知られるようになる。映画では“Patriots Day” や“Boomtown.”が公開待機中。9月末より新しく始まったウディ・アレンによるAmazonのTVシリーズ“Crisis in Six Scenes”にも出演している。オフ・ブロードウェイの『オセロ』では、ダニエル・クレイグの相手役を務める。

画像

 ・アルデン・ケイレブ・エーレンライク(Alden Ehrenreich):1989年生まれ。小学生時代から演技を始め、コッポラの『テトロ 過去を殺した男』で長編映画デビュー。『イノセント・ガーデン』、『ブルージャスミン』、『ヘイル、シーザー!』とキャリアを重ねる。2016年は、ウォーレン・ベイティの“Rules Don’t Apply”や、ジェニファー・アニストン共演の“The Yellow Birds”に出演。2018年公開予定の「スター・ウォーズ・アンソロジー」ではハン・ソロ役を務めることがアナウンスされている。

画像

 ・アナ・デ・アルマス(Ana de Armas):1988年生まれ。キューバ出身の女優。キューバとスペインでの活動を経て、2015年にイーライ・ロスの『ノック・ノック』よりアメリカに活動の拠点を移す。2016年は、“Hands of Stone”では、エドガー・ラミレスやロバート・デニーロと共演、トッド・フィリップスの“War Dogs”では、ジョナ・ヒルやマイルズ・テラーと共演している。現在、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督による、2017年公開予定の“Blade Runner 2049”を撮影中。

画像

 ・アヤ・ナオミ・キング(Aja Naomi King):1985年生まれ。多くの作品を経て、『殺人を無罪にする方法』でブレイク。サンダンス映画祭の話題作『バース・オブ・ネイション』が全米で劇場公開されたばかり。

画像

 ・リズ・アーメッド(Riz Ahmed):1982年生まれ。2006年にマイケル・ウィンターボトムの『グアンタナモ、僕達が見た真実』に出演、2011年には同じくマイケル・ウィンターボトムの『トリシュナ』で、フリーダ・ピントとともに主演し、2012年にはベルリン国際映画祭でシュティーング・スター賞を受賞している。2014年にはダン・ギルロイの『ナイトクローラー』での演技で大きく注目された。2016年は『ジェイソン・ボーン』に出演し、「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』も公開待機中。TVドラマでは“The Night Of”に出演。ベネディクト・アンドリュースの初監督長編“Una”も国際映画祭を巡回中。

画像

 ・ジョン・レジェンド(John Legend):1978年生まれ。シンガー・ソング・ライター。『グローリー/明日への行進』で米国アカデミー賞2015オリジナル歌曲賞を受賞。これまでも映画やTVドラマに出演したことはあるが、“La La Land”で本格的な演技に挑戦している。

画像

 ・マハーシャラ・アリ(Mahershala Ali):1974年生まれ。2001年の『女検死医ジョーダン』より数々のTVドラマに出演。2013年から始まった『ハウス・オブ・カード 野望の階段』で広く知られるようになる。“Moonlight”、“Kicks”、“Hidden Figures”が公開待機中で、TVシリーズ『Luke Cage / ルーク・ケイジ』がNetflixでスタートしたばかり。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 俳優としての可能性はともかく、個人的な注目はアナ・デ・アルマスですね。

 今後、大きく人気が出るだろうし、タイミングがあえば、ボンド・ガールに選ばれたりもするんじゃないかなあ。ネット上には彼女のセクシーな写真でいっぱいです。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・「ヴァラエティー」誌批評家によるチョイス2016:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_8.html

 ・「ヴァラエティー」誌が選ぶ、観るべき10人の監督たち 2016!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_28.html

 ・「ヴァラエティー」誌が選ぶ、観るべき10人の監督たち 2015!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_15.html

 ・「ヴァラエティー」誌が選ぶ、観るべき10人のヨーロッパの監督たち2014!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_6.html

 ・「ヴァラエティー」誌が選ぶ、観るべき10人の監督たち 2014!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_8.html

 ・ハンプトンズ国際映画祭2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201610/article_27.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年6月〜11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201606/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何人知ってる? 「ヴァラエティー」誌が選ぶ、「観るべき10人の俳優たち2016」 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる