海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS アカデミー賞名誉賞2016 発表! ジャッキー・チェン! フレデリック・ワイズマン!

<<   作成日時 : 2016/09/02 08:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 米国アカデミー賞の第8回Governorsアワードの受賞者が発表されました。(9月1日)

 米国アカデミー賞を発表している映画芸術科学アカデミー(AMPAS)は、俳優部会や監督部会など17の部会で構成されていますが(それぞれの部会はそれぞれの会員と各賞に対応)、各部会の代表が集まって理事会(Board of Governors)を作り、役員とともに映画芸術科学アカデミーを運営しています。(2014年よりキャスティング・ディレクターズ部会が新設され、アカデミー賞にもキャスティング部門の創設を切望していますが、それはまだ実現していません。)

 2016-2017年の役員は8人で、理事会のメンバーは51人ですが、2016-2017年の映画芸術科学アカデミーの理事会の実質的活動は、このGovernorsアワードの授賞式(11月12日)からスタートすることになっていて、Governorsアワードが、理事、および、アカデミー会員、さらには、本年度のアカデミー賞候補の顔見せの場になっています。

 映画芸術科学アカデミーの理事会といっても、どっかの知らないおじさんやおばさんではなく、アメリカの現役の映画人たちで、具体的には公式サイトを見てもらいたいと思いますが、たとえば、監督部会からはマイケル・マンとエドワード・ズウィックとスティーヴン・スピルバーグ、プロデューサー部会からはキャスリーン・ケネディーとアルバート・バーガーとマーク・ジョンソン、俳優部会からはアネット・ベニングとトム・ハンクスとローラ・ダーン、脚本家部会からはフィル・ロビンソンとロビン・スウィコードとビリー・レイ、撮影者部会からはジョン・ベイリーとキャレブ・デシャネルとダリン・オカダ、ドキュメンタリー部会からはケイト・アマンドとロリー・ケネディーとロジャー・ロス・ウィリアムズ、短編&長編アニメーション部会からはビル・クロイヤーらがそれぞれ選ばれて出席しています。このうち、ジョン・ベイリーとビル・クロイヤーとキャスリーン・ケネディーら、および、会長のシェリル・ブーン・アイザックスは、役員も兼任しています。
 理事は、2012年まではメイキャップ・アーティスト&ヘア・スタイリスト部会のみ1名の選出だったのが2013年より3名になり、また、2014年より新たに創設されたキャスティング・ディレクターズ部会を含め、全17部門すべて3名ずつ選出されることになって、2014年から理事は48名から51名に増えています。
 理事の任期は3年で、各部会の3人のうち毎年1人が改選され、本年度は、撮影部会のジョン・ベイリー、プロデューサー部会のマーク・ジョンソン、脚本部会のロビン・スウィコードら現職7人が再選、俳優部会のローラ・ダーン、監督部会のスティーヴン・スピルバーグ(意外!)、ドキュメンタリー部会のロジャー・ロス・ウィリアムズら6人は初選出となっています。(そのほか5人が復帰。)

 ちなみに、明文化(公表)はされていませんが、理事は理事である期間、米国アカデミー賞のノミネーションを辞退するというのがならわしになっているようで(例外はあります)、2012年度、キャスリン・ビグローが『ゼロ・ダーク・サーティ』で監督賞にノミネートされなかったのも、2013年度、トム・ハンクスが『キャプテン・フィリップス』でも『ウォルト・ディズニーの約束』でもノミネートされなかったのも、彼らが理事を務めていたから、と考えられます。(『ゼロ・ダーク・サーティ』は作品賞にノミネートされているので、キャスリン・ビグローはプロデューサーとしてはノミネートされています。)

 前置きが長くなりましたが、ここからが本題のGovernorsアワードについて――
 Governorsアワードと言っても聞きなじみがないかもしれませんが、1948年から始まるアカデミー名誉賞もこの中に含まれています。

 今年の受賞者は以下の通りです。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◎アカデミー賞名誉賞:ジャッキー・チェン
 ジャッキー・チェンは、これまで米国アカデミー賞にノミネートされたことはない。現在62歳。
 香港映画人の米国アカデミー賞受賞はこれが初めてではないが、名誉賞受賞はこれが初めて。
 アジアでは、黒澤明、サタジット・レイ、宮崎駿に続いて、4人目の名誉賞受賞。

 ◎アカデミー賞名誉賞:アン・V・コーツ(Anne V. Coates)(編集)
 イギリスの女性編集技師で、現在90歳。
 『アラビアのロレンス』で米国アカデミー賞1963編集賞を受賞。『ベケット』『エレファント・マン』『ザ・シークレット・サービス』『アウト・オブ・サイト』でもノミネート。
 BAFTA英国アカデミー賞では、『オリエント急行殺人事件』『エレファント・マン』『ザ・シークレット・サービス』『エリン・ブロコビッチ』でノミネートされているが、受賞はなく、2007年にBAFTA Academy Fellowship(友愛賞)を受賞している。
 米・映画編集者協会賞では、『アラビアのロレンス』『ベケット』『ザ・シークレット・サービス』『アウト・オブ・サイト』でノミネートされているが、受賞は逃している。
 近作は『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。
 正式な部門で米国アカデミー賞を受賞して、後に名誉賞を受賞したのは、アン・V・コーツで22人目になった。

 ◎アカデミー賞名誉賞:Lynn Stalmaster(キャスティング・ディレクター)
 キャスティング・ディレクターとして、50年以上のキャリアを持ち、これまで200本以上の作品に関わっている。88歳。
 主な作品としては、『風の遺産』『夜の大捜査線』『卒業』『屋根の上のバイオリン弾き』『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』『脱出』『帰郷』『トッツィー』『ライト・スタッフ』などがあり、監督では、スタンリー・クレイマー、ロバート・ワイズ、ハル・アシュビー、ノーマン・ジュイソン、シドニー・ポラックらと、俳優では、ジョン・ヴォイト、リチャード・ドレイファス、スコット・ウィルソン、ジル・クレイバーグ、クリストファー・リーヴ、ジョン・トラヴォルタらと関係が深い。
 キャスティング・ディレクターのアカデミー賞(名誉賞を含む)受賞は、これが初めて。

 ◎アカデミー賞名誉賞:フレデリック・ワイズマン
 フレデリック・ワイズマンは、これまで米国アカデミー賞にノミネートされたことはない。2014年にベネチア国際映画祭から名誉金獅子賞を贈られている。現在86歳。
 ドキュメンタリー監督の名誉賞受賞は、これが初めて。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 Governorsアワードは、1人〜3人の名誉賞に、ヒューマニタリアン賞/ジーン・ハーショルト博愛賞1人(とアービング・G・タルバーグ賞1人)で、計4人になることが一般的ですが、本年度は名誉賞が4人という選出になりました。

 4人のうち、俳優はジャッキー・チェン1人で、アメリカの俳優は全く選ばれませんでした。

 近年、アンジェラ・ランズベリー、モーリン・オハラ、ジーナ・ローランズと、3年連続で女優が名誉賞を受賞していましたが、3年連続で途切れることになりました。

 授賞式(11月12日)の頃には、本年度の全米映画賞レースの様相が大分はっきりしてきているはずですが、さて、どうなっているでしょうか。
 当ブログでは、毎年、授賞式の写真をアップしていますが、賞レースを意識した顔ぶれが出席しているのは、明らかです。(下記リンク先参照)

 【アカデミー名誉賞】

 アカデミー名誉賞(Academy Honorary Awards)というのは、現行のアカデミー賞ではカバーできない「映画における功績」を讃えるために設けられた賞で、元々は「特別賞」(Special Award)だったものが1948年にアカデミー名誉賞となり、現在まで続いています。

 ポイントは、いくつかあって―
 ・授与対象は、作品や団体であってもよく、作品にアカデミー名誉賞が贈られた一番最後は1955年には稲垣浩監督の『宮本武蔵』で、団体にアカデミー名誉賞が贈られた一番最後は1988年のイーストマン・コダックとカナダのNFB、となっています。

 ・「現行のアカデミー賞ではカバーできない」ということに関しては、カテゴリー的に、その後、アカデミー賞の正式な部門に昇格したものもあり、『宮本武蔵』までアカデミー名誉賞が贈られた8つの「作品」は、「外国語映画賞」というカテゴリーがなかった頃の「外国語映画賞」に当たり、『宮本武蔵』受賞の翌年に外国語映画賞が設けられ、それ以前の8作品も今では「外国語映画賞」受賞作という風に扱われています。
 1964年にはウィリアム・J・タトルに、1968年にはジョン・チェンバースに「アカデミー名誉賞」が贈られていますが、これは「メイキャップ賞」(現・メイキャップ&スタイリング賞)に当たるもので、その後、「メイキャップ賞」は1981年度からアカデミー賞の正式な部門に昇格しています。
 また、正式な部門に昇格しなかった「アカデミー名誉賞」もあり、1944年〜46年には「子役賞」(child actor/actress)に当たる賞として「アカデミー名誉賞」が授与されています。(1934、38、39、48、49、54、60年には、それぞれJuvenile Performanceに「アカデミー名誉賞」が贈られています。)

 ・「アカデミー名誉賞」の授与対象者は、基本的にはこれまでアカデミー賞の正式な部門の賞を受賞したことがない者に贈られる傾向があります。 ※追記

 ・アカデミー名誉賞には、1930-40年代の「子役賞」や、1989年の黒澤明から1999年のアンジェイ・ワイダまでの一連の外国人監督など、時代により流行があります。

 【参考】

 1.2015年度までで、アカデミー賞名誉賞を受賞した個人または団体は、160組あまりいますが、アカデミー賞の正式な部門で過去に受賞したことがあって、その後、アカデミー賞名誉賞を贈られた個人は21人います。

 ジャン=クロード・カリエール、宮崎駿、ディック・スミス、ロバート・レッドフォード、シドニー・ポワティエ、ジャック・カーディフ、エリア・カザン、チャック・ジョーンズ、ソフィア・ローレン、ジェームズ・スチュアート、ハル・ローチ、アレック・ギネス、ローレンス・オリヴィエ、メアリー・ピックフォード、オーソン・ウェルズ、アーサー・フリード、ゲイリー・クーパー、チャールズ・ブラケット、Pete Smith、ウィリアム・キャメロン・メンジース、マック・セネット

 これらの受賞者は、単に1つのジャンルにとどまらない幅広い活動をして、映画界に多大な貢献をしたと認められた映画人がほとんどであるようです。

 過去には―
 チャールズ・ブラケットは、脚本賞を受賞してから3年後にアカデミー名誉賞を受賞
 アーサー・フリードは、作品賞を受賞してから8年後にアカデミー名誉賞を受賞
 ウォルト・ディズニーは、正式の部門賞を受賞した前後あるいは同じ年にアカデミー名誉賞を受賞

 ということもありましたが、現在では、20年以上のインターバルが置かれることが普通で、

 ディック・スミスは、1985年にメイキャップ賞を受賞して、26年後の2011年にアカデミー名誉賞を受賞
 ロバート・レッドフォードは、1981年に監督賞を受賞して、20年後の2001年にアカデミー名誉賞を受賞
 アレック・ギネスは、1958年に主演男優賞を受賞して、21年後の1979年にアカデミー名誉賞を受賞

 という風になっています。

 2.アカデミー名誉賞は、それまでにアカデミー賞と縁がなかった人に贈られる傾向がありますが、アカデミー名誉賞を贈られた後で、アカデミー賞受賞を果たしている人も9人います。

 ポール・ニューマン、ヘンリー・フォンダ、チャールズ・チャップリン、ジェローム・ロビンス、セシル・B・デミル、ハロルド・ラッセル、ネイサン・レヴィンソン、ウォルト・ディズニー、W・ハワード・グリーン

 このうち、ジェローム・ロビンスとハロルド・ラッセルとウォルト・ディズニーは、同一年度にアカデミー名誉賞とアカデミー賞を受賞していて、ポール・ニューマンとヘンリー・フォンダとチャールズ・チャップリンは、アカデミー名誉賞を受賞した翌年にアカデミー賞を受賞しています。

 アカデミー名誉賞を受賞した後で、正式部門でノミネーションを受けた人はもっとたくさんいます。

 3.これまでにアカデミー名誉賞を2度以上受賞した人は8人います。

 ミッキー・ルーニー、ローレンス・オリヴィエ、チャールズ・チャップリン、ボブ・ホープ、ジーン・ハーショルト、ウォルター・ウェンジャー、ウォルト・ディズニー、W・ハワード・グリーン

 このうちで、アカデミー名誉賞最多受賞はボブ・ホープの4回で、複数回受賞した最後の受賞者は1982年のミッキー・ルーニーです。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米国アカデミー Governorsアワード2015 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_16.html
 ・米国アカデミー Governorsアワード2014 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201411/article_6.html
 ・米国アカデミー Governorsアワード2013 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_27.html
 ・米国アカデミー Governorsアワード2013 発表!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201309/article_12.html
 ・米国アカデミー Governorsアワード2012 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_7.html
 ・米国アカデミー Governorsアワード2011 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_4.html
 ・米国アカデミー Governorsアワード2010 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_22.html

 ・次にアカデミー名誉賞を贈るべき10人の女たち2013:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201307/article_7.html

 ・米国アカデミー賞に一度もノミネートされたことがない俳優40人:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_76.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年6月〜11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201606/article_2.html

 追記:
 ・米国アカデミー Governorsアワード2016 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_21.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アカデミー賞名誉賞2016 発表! ジャッキー・チェン! フレデリック・ワイズマン! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる