海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS イスラエル・アカデミー賞(Ophir賞)2016 受賞結果!

<<   作成日時 : 2016/09/23 08:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 イスラエル・アカデミー賞(Ophir賞)2016の各賞が発表されました。(9月22日発表)

 ◆作品賞
 ・“Our Father(The Bouncer)”(仏・イスラエル) 監督:Meny Yaesh
 ・“Through the Wall(Laavor et hakir)”(イスラエル) 監督:ラマ・バースタイン(Rama Burshtein)
 ・“Beyond the Mountains and Hills(Me’ever Laharim Vehagvaot)”(イスラエル・独・ベルギー) 監督:エラン・コリリン
 ◎“Sand Storm(Sufat Chol)”(イスラエル) 監督:Elite Zexer
 ・“One Week and a Day(Shavua ve Yom)”(イスラエル) 監督:Asaph Polonsky

 “Sand Storm(Sufat Chol)”は、サンダンス映画祭2016グランプリ受賞。
 “One Week and a Day(Shavua ve Yom)”は、エルサレム映画祭2016 最優秀長編作品賞受賞。


 ◆監督賞
 ・Asaph Polonsky “One Week and a Day(Shavua ve Yom)”
 ・Meny Yaesh “Our Father(The Bouncer)”
 ◎Elite Zexer “Sand Storm(Sufat Chol)”
 ・エラン・コリリン “Beyond the Mountains and Hills(Me’ever Laharim Vehagvaot)”
 ・ラマ・バースタイン(Rama Burshtein) “Through the Wall(Laavor et hakir)”


 ◆主演男優賞
 ・Benny Avni “Saving Neta”(イスラエル)(監督:ニル・ベルグマン)
 ・ヨラム・ハタブ(Yoram Hattab) “Homeport”(イスラエル)(監督:Erez Tadmor)
 ◎Moris Cohen “Our Father(The Bouncer)”
 ・Shai Avivi “One Week and a Day(Shavua ve Yom)”
 ・Tamer Nafar “Junction 48”(イスラエル・独・米)(監督:Udi Aloni)

 Moris Cohenは、エルサレム映画祭2016 男優賞受賞。

 ◆主演女優賞
 ・アニア・バクスタイン(Ania Bukstein) “A Quiet Heart”(イスラエル)(監督:Eitan Anner)
 ・Evgenia Dodina “One Week and a Day(Shavua ve Yom)”
 ・Lihi Kornowski “The Burglar”(イスラエル・独・仏)(監督:ハガル・ベン=アシャー(Hagar Ben-Asher))
 ・Lamis Ammar “Sand Storm(Sufat Chol)”
 ◎Noa Kooler “Through the Wall(Laavor et hakir)”


 ◆助演男優賞
 ・Aviv Alush “The Women’s Balcony(Ismach Hatani)”(イスラエル)(監督:Emil Ben-Shimon)
 ・アロン・ダハン(Alon Dahan) “Our Father(The Bouncer)”
 ・Dudu Tassa “Everything is Broken up and Dances”(イスラエル)(監督:Nony Geffen)
 ・Mill Ben Ari “Homeport”
 ◎Tomer Kapon “One Week and a Day(Shavua ve Yom)”

 ◆助演女優賞
 ・Orna Banai “The Women’s Balcony(Ismach Hatani)”
 ・Yana Yosef “Harmonia”(イスラエル)(監督:オリ・シヴァン(Ori Sivan))
 ◎Ruba Blal-Asfor “Sand Storm(Sufat Chol)”
 ・Rotem Zissman-Cohen “Our Father(The Bouncer)”
 ・Shiree Nadav-Naor “Beyond the Mountains and Hills(Me’ever Laharim Vehagvaot)”

 ◆脚本賞
 ・“Indoors”(イスラエル)(監督:Eitan Green) Eitan Green
 ・“One Week and a Day(Shavua ve Yom)” Asaph Polonsky
 ・“Homeport” Shlomo Efrati、Erez Tadmor
 ・“Our Father(The Bouncer)” Meny Yaesh
 ・“Sand Storm(Sufat Chol)” Elite Zexer
 ・“Beyond the Mountains and Hills(Me’ever Laharim Vehagvaot)” エラン・コリリン
 ◎“Through the Wall(Laavor et hakir)” ラマ・バースタイン(Rama Burshtein)

 “One Week and a Day(Shavua ve Yom)”は、エルサレム映画祭2016 脚本賞受賞。

 ◆撮影賞
 ・”Junction 48” アムノン・ズラエット(Amnon Zlayet)
 ・“Harmonia” ヤロン・シャーフ(Yaron Scharf)
 ・“Our Father(The Bouncer)” Ram Shweky
 ◎“Tikkun”(イスラエル)(監督:Avishai Sivan) シャイ・ゴールドマン(Shai Goldman)
 ・“Sand Storm(Sufat Chol)” Shai Peleg

 “Harmonia”は、エルサレム映画祭2016 撮影賞受賞。
 “Tikkun”は、エルサレム映画祭2015 撮影賞受賞。

 ◆編集賞
 ・“Beyond the Mountains and Hills(Me’ever Laharim Vehagvaot)” アリック・ラハブ・レイボビッチ(Arik Leibovitch)
 ・“One Week and a Day(Shavua ve Yom)” Tali Helter-Shenkar
 ・“Through the Wall(Laavor et hakir)” Yael Hersonski
 ・“Sand Storm(Sufat Chol)” Ronit Porat
 ◎“Our Father(The Bouncer)” Shira Arad


 ◆美術賞
 ・“Our Father(The Bouncer)” Eyal Elhadad
 ・“Tikkun” Amir Yaron
 ◎“Sand Storm(Sufat Chol)” Nir Adler
 ・”Junction 48” Salim Shehade
 ・“Harmonia” シュニト・アハロニ(Shunit Aharoni)

 ◆衣裳デザイン賞
 ・“Harmonia” Ofir Hazan
 ◎“Through the Wall(Laavor et hakir)” Hava Levi Rozelsky
 ・“Sand Storm(Sufat Chol)” Chen Gilad
 ・“Blush(Barash)”(イスラエル)(監督:Michal Vinik) Yaron Arye
 ・“The Women’s Balcony(Ismach Hatani) ” ロナ・ドロン(Rona Doron)

 ◆メイキャップ賞
 ・“Abulele”(イスラエル)(監督:Jonathan Geva) Or Sapir
 ・“Through the Wall(Laavor et hakir)” Esther Ben-Noon
 ・”The Women’s Balcony(Ismach Hatani)” Vered Mevorach
 ◎“Sand Storm(Sufat Chol)” Carmit Buzaglo
 ・“Our Father(The Bouncer)” Meirav Boshusha-Horovitz

 ◆サウンドトラック賞
 ・”Harmonia” Aviv Aldema、Itai Elohev
 ・“Our Father(The Bouncer)” Oleg Kaiserman、Ronen Nagel
 ◎“Junction 48” Itai Elohev、Gil Toren
 ・“Through the Wall(Laavor et hakir)” Alex Claude、Daniel Meir、Moti Hefetz
 ・“Everything is Broken up and Dances” Tuli Chen、Aviv Aldema

 ◆オリジナル音楽賞
 ・“The Women’s Balcony(Ismach Hatani)” Ahuva Ozeri、Shaul Besser
 ・“Everything is Broken up and Dances” Uri Brauner Kinrot
 ◎“Junction 48” Tamer Nafar、Itamar Ziegler
 ・“Abulele” フランク・イルフマン(Haim Frank Ilfman)
 ・“Sand Storm(Sufat Chol)” Ran Bagno


 ◆キャスティング賞
 ・“Blush(Barash)” Orit Azoulay
 ・“Beyond the Mountains and Hills(Me’ever Laharim Vehagvaot)” Orit Azoulay
 ・“Our Father(The Bouncer)” Limor Shmila
 ◎“Sand Storm(Sufat Chol)” Limor Shmila
 ・“Through the Wall(Laavor et hakir)” Michal Koren

 ◆最優秀短編映画賞
 ◎“Anna”(イスラル) 監督:Or Sinai
 ・“The Ambassador's Wife”(イスラエル) 監督:Dina Zvi-Riklis
 ・“The Fine Line”(イスラエル) 監督:Dana Lerer
 ・“Facing the Wall(Im HaPanim LaKir)”(イスラエル・エチオピア) 監督:Alamork Marsha
 ・“From the Diary of a Wedding Photographer(Myomano Shel Tzlam Hatonot)”(イスラエル) 監督:Nadav Lapid
 ・“An Average Story”(イスラエル) 監督:Yaniv Segalovich

 ◆最優秀ドキュメンタリー賞 60分以上部門
 ・“The Settlers”(仏・イスラエル・カナダ・独) 監督:シモン・ドータン(Shimon Dotan)
 ・“Twilight of a Life”(ベルギー・イスラエル) 監督:Sylvain Biegeleisen
 ・『MR.GAGA』“Mr. Gaga”(イスラエル・スウェーデン・独・オランダ) 監督:トメル・ハイマン(Tomer Heymann)
 ◎“Presenting Princess Shaw”(イスラエル) 監督:Ido Haar
 ・“Photo Farag”(イスラエル) 監督:Kobi Farag

 “The Settlers”は、Docaviv テルアビブ国際ドキュメンタリー映画祭2016 イスラエル・コンペティション部門出品。スペシャル・オナラブル・メンション受賞。シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2016 審査員大賞スペシャル・メンション受賞。
 『MR.GAGA』は、ヨーロッパ映画賞2016 ドキュメンタリー賞オフィシャル・セレクション。
 “Presenting Princess Shaw”は、シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2016 審査員大賞ノミネート。

 ◆最優秀ドキュメンタリー賞 60分未満部門
 ・“Down the Deep, Dark Web”(仏・イスラエル・チェコ・独) 監督:Duki Dror、Tzachi Schiff
 ・“The Mute's House(Beit Ha'Ilemet)”(イスラエル) 監督:Tamar Kay
 ・“Week 23”(イスラエル・独・スイス) 監督:Ohad Milstein
 ・“Shalom Italia”(イスラエル) 監督:Tamar Tal
 ◎“Death in the Terminal”(イスラエル) 監督:Tali Shemesh、Asaf Sudry

 “The Mute's House(Beit Ha'Ilemet)”は、Docaviv テルアビブ国際ドキュメンタリー映画祭2016 学生コンペティション部門出品。最優秀学生作品賞受賞。学生アカデミー賞2016 外国映画ドキュメンタリー部門ファイナリスト。
 “Death in the Terminal”は、Docaviv テルアビブ国際ドキュメンタリー映画祭2016 イスラエル・コンペティション部門出品。最優秀イスラエル映画賞、オリジナル音楽賞、FEDEORA賞監督賞受賞。
 “Week 23”、“Shalom Italia”は、Docaviv テルアビブ国際ドキュメンタリー映画祭2016 イスラエル・コンペティション部門出品。

 ◆技術貢献特別賞
 ◎Eitan Levy(プロダクション・デザイナー)
 Eitan Levyは、『ケドマ〜戦禍の起源〜』『約束の旅路』『迷子の警察音楽隊』などを手がけるプロダクション・デザイナー。

 ◆生涯貢献賞
 ◎ダン・ウォルマン(Dan Wolman)
 ダン・ウォルマンは、50年近いキャリアを持つ監督。日本には『グローイング・アップ5 ベイビー・ラブ』『グローイング・アップ6 恋のネイビーブルー』が紹介されている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は、以下の通り。

 ・“Our Father(The Bouncer)”(2/12):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・メイク・サウンド・キャスティング
 ・“Sand Storm(Sufat Chol)”(6/12):作品・監督・主演女優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・音楽・キャスティング
 ・“Through the Wall(Laavor et hakir)”(3/9):作品・監督・主演女優・脚本・編集・衣裳・メイク・サウンド・キャスティング
 ・“One Week and a Day(Shavua ve Yom)”(1/7):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・脚本・編集
 ・“Beyond the Mountains and Hills(Me’ever Laharim Vehagvaot)”(0/6):作品・監督・助演女優・脚本・編集・キャスティング
 ・“Junction 48”(2/5):主演男優・撮影・美術・音楽・サウンド
 ・“The Women’s Balcony(Ismach Hatani)”(0/5):助演男優・助演女優・衣裳・メイク・音楽
 “Harmonia”(0/5):助演女優・撮影・美術・衣裳・サウンド
 ・“Homeport”(0/3):主演男優・助演男優・脚本
 “Everything is Broken up and Dances”(0/3):助演男優・音楽・サウンド
 ・“Tikkun”(1/2):撮影・美術
 ・“Blush(Barash)”(0/2):衣裳・キャスティング
 ・“Abulele”(0/2):メイク・音楽

 “Sand Storm(Sufat Chol)”が、作品賞、監督賞を含む6部門で受賞して最多受賞となり、エラン・コリリンやニル・ベルグマンは無冠に終わりました。

 これで、自動的に“Sand Storm(Sufat Chol)”が米国アカデミー賞2017 外国語映画賞 イスラエル代表に選出されることが決定しました。

 なお、授賞式では、今年4月に亡くなった女優で監督のロニ・エルカベッツRonit Elkabetzの追悼イベントも行なわれました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“Our Father(The Bouncer)”(仏・イスラエル) 監督:Meny Yaesh
 物語:Ovadia Rachmimは、テルアビブで最も強く、最も凶暴なドアマンである。彼と妻のRachelは、5年もの間、赤ん坊が授かるようにと願ってきた。三流ギャングのShalomが、彼に借金取りの仕事を与える。それは、実入りがいい仕事で、妻に高価な治療を受けさせるには願ってもない話だった。妻が妊娠した時、彼はShalomの仕事をやめようとするが、そこでShalomは彼に重大なミッションを与える。彼は、親友を裏切らなければならなくなるが、それが、彼が父親になるということの代償なのかもしれなかった……。
 エルサレム映画祭2016 長編コンペティション部門、The Jewish Experience部門出品。男優賞受賞(Moris Cohen)。


 ・“Sand Storm(Sufat Chol)”(イスラエル) 監督:Elite Zexer
 出演:Lamis Ammar、Ruba Blal-Asfour、ヒサーム・オマリ(Hitham Omari)、Khadija Alakel、Jalal Masrwa
 物語:イスラエルのベドウィン族の村で結婚式が開かれていた。花婿は、ジャリラの夫スリマンで、彼は若い第2夫人を嫁にもらおうとしていた。宴の間、ジャリラは、長女のライラが、大学からやってきた青年アヌアーといちゃいちゃしているのを目撃してしまう。一族の伝統では、そうした関係は許されず、一家の恥とされるものだった。ジャリラは、夫が隣のリビングで新しい妻とベタベタし始めたのを気にしないようにしつつ、ライラのことも自分の胸だけに収めようとする。彼女にとって世界は厳しく残酷で、それを乗り越えるためには、口を閉ざしているしかないというのがジャリラの考えだった。ところが、若い2人の精神は自由で、ライラは自分の人生について違う考えを持っていた……。
 初監督長編。
 サンダンス映画祭2016ワールド・シネマ ドラマ部門出品。グランプリ受賞。
 ベルリン国際映画祭2016 パノラマ部門出品。
 全州国際映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 シアトル国際映画祭2016 ニュー・ディレクターズ・コンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。監督賞(Golden Space Needle Award)第3席。
 エジンバラ国際映画祭2016 インターナショナル長編作品賞ノミネート。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016 アナザー・ビュー部門出品。
 台北電影節2016 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション部門出品。審査員スペシャル・メンション受賞。
 トラヴァース・シティー映画祭2016出品。ロジャー・エバート賞/外国映画第1回作品賞受賞。
 ニュージーランド国際映画祭2016出品。
 トロント国際映画祭2016 DiSCOVERY部門出品。


 ・“Through the Wall(Laavor et hakir)”(イスラエル) 監督:ラマ・バースタイン(Rama Burshtein)
 物語:32歳の女性がフィアンセから棄てられる。ところが、彼女は、そのまま結婚式の準備を続行させ、代わりの花婿を見つけようとする。
 『フィル・ザ・ボイド』のラマ・バースタインの第2監督長編。
 ベネチア国際映画祭2016 Orizzonti部門出品。
 テルライド映画祭2016出品。


 ・“One Week and a Day(Shavua ve Yom)”(イスラエル) 監督:Asaph Polonsky
 物語:Eyalは、亡くなった息子のために、ユダヤ教徒としての伝統的な服喪の1週間を過ごす。妻は、学校教師や迷い猫や歯医者の従業員とやり合うような以前のような暮らしに戻ろうと言うが、彼は、ホスピスから治療用のマリファナを盗み出し、隣人の息子を連れだしてでかける。自分の人生に価値のあるものがまだ残っているか、探そうというのだ。
 カンヌ国際映画祭2016 国際批評家週間出品。Gan Foundation Award for Distribution受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016 アナザー・ビュー部門出品。
 エルサレム映画祭2016 長編コンペティション部門出品。最優秀長編作品賞、第1回作品賞、国際批評家連盟賞イスラエル第1回作品賞受賞。
 BFIロンドン映画祭2016出品。


 ・“Beyond the Mountains and Hills(Me’ever Laharim Vehagvaot)”(イスラエル・独・ベルギー) 監督:エラン・コリリン
 物語:Davidは、27年間、仕えてきたイスラエル軍を除隊して、ようやく家族の元に戻り、市民生活に入る。友人は、栄養補助食品を売る仕事をやらないかと提案してくれて、彼は、これをビジネスの世界に飛び込み、人生を再出発させるいい機会と考えた。しかし、そう決心してから徐々に、彼と彼の家族は、イスラエルでの生活を支配している暗い力にからめとられていく。
 カンヌ国際映画祭2016 ある視点部門出品。
 エルサレム映画祭2016 長編コンペティション部門出品。女優賞受賞(Shiree Nadav-Naor)。
 ヨーロッパ映画賞2016 オフィシャル・セレクション。
 バンクーバー国際映画祭2016出品。


 ・“Junction 48”(イスラエル・独・米) 監督:Udi Aloni
 物語:Lodは、テルアヴィヴから数キロの距離にある貧しい町で、アラブ人とユダヤ人が隣り合わせで暮らしている。Kareemは、若きパレスチナ人ミュージシャンで、通常の事務所仕事をするほかは、ドラッグ・ディーラーの友人とつるんだりして、目的もなく日々を過ごしている。ある日、彼の両親が自動車事故に遭い、父が死に、母は車椅子生活を余儀なくされる。Kareemは、ヒップホップの世界に避難場所を求める。コンサートで、ガールフレンドのManarが書いた詞が、人種差別主義者のラッパーに攻撃され、また、近所の友人の家が、政府により、取り壊されると脅かされる。KareemとManarは、歌によって、イスラエル社会の圧迫や、家父長制によって支配された保守的社会に潜む暴力と、闘おうと決心する。
 ベルリン国際映画祭2016 パノラマ部門 観客賞第1席。
 トライベッカ映画祭2016 インターナショナル・ナラティヴ長編コンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。
 ヘルシンキ国際映画祭2016出品。
 バンクーバー国際映画祭2016出品。
 BFIロンドン映画祭2016 Sonic部門出品。


 ・“The Women’s Balcony(Ismach Hatani)”(イスラエル) 監督:Emil Ben-Shimon
 物語:エルサレム。ユダヤ教超正統派とコミュニティーの間で、フェミニズムは排除される。バル・ミツワー(ユダヤ教の男子の成人式)のお祝いの最中にアクシデントが起こり、ジェンダーの亀裂が生じる。男たちは逃げ出し、妻たちが残される。カリスマ的なラビが彼らの生活に口を挟んでくるが、女たちのグループが、自分たちのコミュニティーをまとめ、伝統を守ろうと奮闘する。家父長的な権威に対し、真実を語ろうとする女たちの、善良で、人を鼓舞する物語。
 トロント国際映画祭2016 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。


 ・“Harmonia”(イスラエル) 監督:オリ・シヴァン(Ori Sivan)
 物語:サラは、エルサレム・フィルハーモニー・オーケストラに所属する、気難しいハープ奏者である。彼女は、グループの指揮者で、カリスマスティックなアブラハムと結婚していたが、2人には子がなかった。東エルサレムから、ホルン奏者のHagarがやってくる。Hagarは、サラの、子どもができない苦しみを知り、協力しようかと申し出る。Hagarとアブラハムの間に赤ん坊イスマイルが生まれ、サラが自分の息子として育てる。イスマイルは、やんちゃだが、ピアノの才能があった。やがて、彼は、自分の出生の秘密を知り、大きなショックを受ける。
 『セイント・クララ』で、アリ・フォルマンとともに監督を務めたオリ・シヴァンの最新作。
 エルサレム映画祭2016 長編コンペティション部門、The Jewish Experience部門出品。撮影賞、The Lia Van Leer Award for Films about Jewish Heritage受賞。


 ・“Tikkun”(イスラエル) 監督:Avishai Sivan
 物語:Haim-Aaronは、ユダヤ教の超正統派の宗教学者である。彼の才気と献身は、多くの人々から認められていた。ある日の夕方、日課の断食を終えた後、彼は倒れて意識を失う。救急隊は、Haim-Aaronの死を宣言するが、父親はそれを認めようとせず、彼を生き返らせようとする。40分後、Haim-Aaronは、息を吹き返す。その後、Haim-Aaronは、勉強に身が入らなくなる。そして自分の体に奇妙な覚醒が起きていると感じる。自分は、神に試されているのか。父親は、息子の異変に気づくが、息子を生き返られようとした時、神の意思に触れたような気がして、恐ろしくなり、ただ見守るしかなかった。
 エルサレム映画祭2015 Haggiag Award 最優秀イスラエル映画賞、男優賞(Khalifa Natour)、Pirchi Family Award 脚本賞、Van Leer Group Foundation Award 撮影賞受賞。
 ロカルノ国際映画祭2015 インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員特別賞、ドン・キホーテ賞、撮影賞スペシャル・メンション受賞。
 サラエボ映画祭2015出品。
 テルライド映画祭2015出品。
 バンクーバー国際映画祭2015出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2015出品。
 ワルシャワ国際映画祭2015出品。
 シカゴ国際映画祭2015出品。
 バリャドリッド国際映画祭2015 撮影監督賞受賞。
 テッサロニキ国際映画祭2015出品。
 ストックホルム国際映画祭2015出品。
 トリノ映画祭2015出品。
 シンガポール国際映画祭2015 シルバー・スクリーン・アワード アジア長編映画コンペティション部門 スペシャル・メンション受賞。
 ファンタスポア国際ファンタスティック映画祭2016 男優賞受賞(Aharon Traitel)。
 トランシルヴァニア国際映画祭2016 コンペティション部門出品。
 ミュンヘン映画祭2016 インターナショナル・インディペンデンツ部門出品。
 ヨーロッパ映画賞2016 オフィシャル・セレクション。


 ・“Saving Neta”(イスラエル) 監督:ニル・ベルグマン(Nir Bergman)
 物語:人生の混乱期に、4人の女性がミステリアスな男性Netaと出会う。彼の正直さと傷つきやすさは、彼女たちとその家族を再結合させる。Netaの人生がよくない方向に向かった時、彼はなんとかして軌道修正しようとする。彼は、これまでの1年間で出会った女性たちを集め、自分の話をする。ある物語の主人公は、別の物語では脇役として登場し、1つの物語で浮かび上がった問いは、別の物語で答えられる。
 『僕の心の奥の文法』のニル・ベルグマン監督最新作。
 エルサレム映画祭2016 長編コンペティション部門出品。観客賞受賞。


 ・“Abulele”(イスラエル) 監督:Jonathan Geva
 物語:アダムの兄が交通事故で亡くなって、1年経つが、家族は悲しみから抜け切れていない。10歳のアダムも、兄を死なせてしまったことに罪の意識を感じていて、世界で独りぼっちになってしまう。ある時、彼はAbuleleと出会う。Abuleleは、クマくらいの大きさのモンスターで、地元ではとても危険だと伝えられている。しかし、実際はとてもフレンドリーで、アダムとAbuleleはとても仲良くなる。アダムは、Abuleleの力を借りて、教師の裏を搔いたり、いじめっ子を返り討ちにしたりする。両親は、アダムが何か秘密を持っているらしいことに気づき始める。一方、政府も、サンダーと呼ばれる特殊部隊を送り出し、アダムの近隣でAbuleleの捕獲作戦を行ない始める。アダムは、Abuleleを助けるために、Abuleleを家に連れ帰って匿う……。
 ズリーン国際映画祭2016 子供向け長編映画 インターナショナル・コンペティション部門出品。児童審査員賞、エキュメニカル審査員賞、観客賞受賞。
 ミュンヘン映画祭2016出品。
 プチョン国際ファンタスティック映画祭2016 ファミリー・ゾーン出品。


 ・“The Settlers”(仏・イスラエル・カナダ・独) 監督:シモン・ドータン(Shimon Dotan)
 1967年の6日間戦争でイスラエルが圧倒的な勝利を収めてからおよそ50年、約10万人のイスラエル人がヨルダン川西岸に入植して、コミュニティーを広げている。入植者たちは、地域のパレスチナ人住民と直接衝突を起こしたり、国際的な非難を浴びたりもしていて、現代シオニズムの正しい先導者と見なされることもあれば、地域の平和の障害となる不法占拠者と見なされることもある。
 ヨルダン川西岸のユダヤ人入植者に関して、包括的にとらえた初めてのドキュメンタリー。
 『シールズ/栄光の戦士たち』『ザ・ウォリアーズ』『バニシング・ヒーロー』などで知られる監督・プロデューサーのシモン・ドータン監督の最新作。
 サンダンス映画祭2016出品。
 ルクセンブルク・シティー映画祭2016出品。
 Docavivテルアビブ国際ドキュメンタリー映画祭2016出品。審査員大賞スペシャル・メンション受賞。
 ニューヨーク映画祭2016出品。


 ・『MR.GAGA』“Mr. Gaga”(イスラエル・スウェーデン・独・オランダ) 監督:トメル・ハイマン(Tomer Heymann)
 オハッド・ナハリン(Ohad Naharin)は、イスラエルのコンテンポラリーダンサー、振付師で、22歳からバットシェバ舞踊団(The Batsheva Dance Company)に参加し、マーサ・グレアム、モーリス・ベジャールに師事したニューヨーク留学を経て、1990年から同舞踊団の芸術監督を務めている。本作は、8年にわたって、オハッド・ナハリンとバットシェバ舞踊団を追ったドキュメンタリーで、未公開映像、リハーサル・シーン、見事なダンス風景などで構成されている。「モダン・ダンスの定義を一新したアートの天才による魅惑の物語。」
 エルサレム映画祭2015出品。
 BFIロンドン映画祭2015 ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2015 観客賞第3席。
 SXSW映画祭2016 ドキュメンタリー・スポットライト部門 観客賞受賞。
 サンフランシスコ国際映画祭2016出品。
 HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2016 観客賞第12位。
 Dokフェスト(ミュンヘン)2016 Dokインターナショナル2016出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2016 特別上映作品。
 シアトル国際映画祭2016出品。
 シドニー映画祭2016出品。
 上海国際映画祭2016 金爵奨コンペティション ドキュメンタリー部門出品。
 ニュージーランド国際映画祭2016出品。
 ヨーロッパ映画賞2016 ドキュメンタリー賞 オフィシャル・セレクション。
 Dance New Air 2016出品。


 ・“Presenting Princess Shaw”(イスラエル) 監督:Ido Haar
 Samantha Montgomeryは、38歳で、ニューオリンズの老人ホームで介護の仕事をしている。夜、彼女は、家に帰ると、Princess Shawというハンドルネームで、YouTubeに、アカペラで歌った自作の歌の動画を投稿したりしていた。子供時代の性的虐待のことを回想して歌った“Give It Up”を自分のYouTubeアカウントにアップロードしたのは2013年4月27日のこと。その時点では、彼女は、膨大な数のYouTuberの1人に過ぎず、その動画を閲覧した人も、一握りしかいなかった。そして17か月が過ぎた。Kutimanこと、Ophir Kutielは、イスラエルのキブツで暮らす34歳のミュージシャンで、ウェブサイトでで、オンライン・アルバムThru Youを発表していた。楽曲は、YouTube上にアップロードされた歌に楽器演奏をミックスしたもので、オリジナルの歌い手には会ったこともなかったし、そういうことをするという許可ももらっていなかったが、そのアルバムはヒットした。2013年、彼が次のアルバムThru You Twoを構想していたときに見つけたのが、Samantha Montgomeryの“Give It Up”だった。何かマジカルなものを感じたという彼が、完成させた“Give It Up”のミックス・バージョンはほとんど完璧なものに感じられた。2014年9月にそれをYouTubeにアップロードしたところ、たちまち200万ヒットを記録した(現時点で同動画は約270万ヒットを記録し、Samantha Montgomeryのオリジナル版も6万ヒットを記録している)。監督のIdo Haarは、Ophir Kutielの友人で、Ophir Kutielを通じてSamantha Montgomeryに興味を持ち、最初はYouTuberへの取材と称して、彼女にアプローチを行なった。そうして、Samantha MontgomeryとOphir Kutielの物語が1本のドキュメンタリーとしてまとめられることになった。デジタル・エイジのシンデレラ・ストーリー。
 エルサレム映画祭2015出品。
 トロント国際映画祭2015 TIFF DOCS部門出品。
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2015出品。
 マイアミ国際映画祭2016出品。
 SXSW映画祭2016出品。
 クリーヴランド国際映画祭2016出品。
 ナッシュヴィル映画祭2016出品。
 サンフランシスコ国際映画祭2016出品。
 モントクレア映画祭2016出品。
 Millennium Docs Against Gravity映画祭(ポーランド)2016 出品。Chopin Nose Awardスペシャル・メンション受賞。
 シアトル国際映画祭2016出品。
 シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2016 長編部門 観客賞受賞。
 シドニー映画祭2016出品。
 Biografilm フェスティバル2016出品。Life Tales Award受賞。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・イスラエル・アカデミー賞(Ophir賞)2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201609/article_23.html

 ・エルサレム映画祭2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_22.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年6月〜11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201606/article_2.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イスラエル・アカデミー賞(Ophir賞)2016 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる