海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨーロッパ映画賞2016 ディスカバリー賞 ノミネーション!

<<   作成日時 : 2016/09/20 23:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第29回ヨーロッパ映画賞 ディスカバリー賞(European Discovery 2016–Prix FIPRESCI:新人監督賞)のノミネーションが発表されました。(9月19日@ベルリン)

 ・“Liebmann(The Strange Summer)”(独) 監督:Jules Hermann
 物語:教師のAntek Liebmannが、ドイツでの生活を棄ててフランスの片田舎にやってくる。彼は、そこで仕事を見つけ、シングルマザーのジュヌヴィエーヴや陽気なセバスティアンと知り合いになる。だが、彼らは、Antekがドイツに残してきた恐ろしい秘密のことは知らない。ところが、ドイツから思いもかけない訪問者がやってきて、彼は過去の記憶と向き合わざるを得なくなる。
 ベルリン国際映画祭2016 パースペクティヴ・ドイツ映画部門出品。
 ミラノ国際レズビアン&ゲイ映画祭2016 審査員大賞第3席。

画像

 ・“Thirst(Jajda)”(ブルガリア) 監督:Svetla Tsotsorkova
 物語:父と母と16歳の息子が村のはずれの丘の上で暮らしている。彼らは、生活のためにホテルのシーツを洗濯している。水の供給は一定しておらず、水が入手できない時もある。水の供給問題を解決するために父と娘の2人組がやってくる。一家の調和はバラバラになり、激しい愛憎劇が始まる。愛への渇仰は強すぎて、死以外にそれを乗り越える術はなさそうだった。
 サンセバスチャン国際映画祭2015 ニュー・ディレクターズ部門出品。
 チューリヒ映画祭2015 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ハイファ国際映画祭2015出品。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2015出品。
 ワルシャワ国際映画祭2015 1-2コンペティション部門出品。
 ゴールデン・ローズ ブルガリア映画祭2015 コンペティション部門出品。撮影賞・最優秀デビュー賞受賞。
 ミンスク国際映画祭2015 児童&青少年映画コンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。
 ソフィア国際映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 イスタンブール国際映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 オーデンティア賞2016 ノミネート。
 サンフランシスコ国際映画祭2016 ゴールデンゲート ニュー・ディレクターズ・コンペティション 長編ナラティヴ部門出品。
 ズリーン国際映画祭2016 ヨーロッパ初監督長編作品 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2016 コンペティション部門出品。演技賞 審査員スペシャル・メンション受賞(Monika Naydenova、Alexander Benev)。
 ニュージーランド国際映画祭2016出品。

画像

 ・“Dogs(Câini)”(仏・ルーマニア・ブルガリア・カタール) 監督:Bogdan Mirică
 出演:ドラゴス・ブクル(Dragos Bucur)、ヴラド・イヴァノフ、Gheorghe Visu、Costel Cascaval
 物語:ロマンは、ブカレストからウクライナとの国境近くにやってくる。そこは、祖父から相続した土地で、荒涼とはしていたが、広くて、彼はこれを売ってしまいたいと考えていた。彼は、地元の年輩の警官、ホガスに警告を受ける。カリスマ的で凶暴なサミールと彼の手下たちが、この土地で密輸を行なっていて、誰でも自由に出入りすることを認めるわけがないだろうと。ロマンはあきらめず、3人の男たちが暴力のトライアングルの中で衝突する。
 カンヌ国際映画祭2016 ある視点部門出品。国際批評家連盟賞受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2016 コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 サラエボ映画祭2016 長編コンペティション部門出品。審査員スペシャル・メンション、男優賞(Gheorghe Visu)受賞。

画像

 ・“The Happiest Day in the Life of Olli Mäki(Hymyilevä mies)”(フィンランド・独・スウェーデン) 監督:Juho Kuosmanen
 出演:Eero Milonoff、Jarkko Lahti、Oona Airola
 物語:実在のボクサーOlli Mäkiの物語。Olli Mäkiは、フィンランドで初めてワールド・チャンピオンシップをかけて戦う、フェザー級のボクサーになる。試合当日のスタジアムは超満員。しかし、彼は2回戦でぶざまな負け方をする。彼は、この日のことを人生最良の日として思い出す。
 カンヌ国際映画祭2016 ある視点部門出品。ある視点賞受賞。
 ミュンヘン映画祭2016 シネヴィジョン・コンペティション部門出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016アナザー・ビュー部門出品。
 メルボルン国際映画祭2016出品。
 ヨーロッパ映画賞2016 オフィシャル・セレクション。
 トロント国際映画祭2016 DISCOVERY部門出品。
 ノルディック映画賞2016 ノミネート。
 米国アカデミー賞2017 外国語映画賞 フィンランド代表。


 ・“Sand Storm(Sufat Chol)”(イスラエル) 監督:Elite Zexer
 出演:Lamis Ammar、Ruba Blal-Asfour、ヒサーム・オマリ(Hitham Omari)、Khadija Alakel、Jalal Masrwa
 物語:イスラエルのベドウィン族の村で結婚式が開かれていた。花婿は、ジャリラの夫スリマンで、彼は若い第2夫人を嫁にもらおうとしていた。宴の間、ジャリラは、長女のライラが、大学からやってきた青年アヌアーといちゃいちゃしているのを目撃してしまう。一族の伝統では、そうした関係は許されず、一家の恥とされるものだった。ジャリラは、夫が隣のリビングで新しい妻とベタベタし始めたのを気にしないようにしつつ、ライラのことも自分の胸だけに収めようとする。彼女にとって世界は厳しく残酷で、それを乗り越えるためには、口を閉ざしているしかないというのがジャリラの考えだった。ところが、若い2人の精神は自由で、ライラは自分の人生について違う考えを持っていた……。
 初監督長編。
 サンダンス映画祭2016ワールド・シネマ ドラマ部門出品。グランプリ受賞。
 ベルリン国際映画祭2016 パノラマ部門出品。
 全州国際映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 シアトル国際映画祭2016 ニュー・ディレクターズ・コンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。監督賞(Golden Space Needle Award)第3席。
 エジンバラ国際映画祭2016 インターナショナル長編作品賞ノミネート。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016 アナザー・ビュー部門出品。
 台北電影節2016 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション部門出品。審査員スペシャル・メンション受賞。
 トラヴァース・シティー映画祭2016出品。ロジャー・エバート賞/外国映画第1回作品賞受賞。
 ニュージーランド国際映画祭2016出品。
 トロント国際映画祭2016 DiSCOVERY部門出品。
 イスラエル・アカデミー賞(Ophir賞)2016 作品賞、監督賞、主演女優賞、助演女優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、美術賞、衣裳デザイン賞、メイキャップ賞、オリジナル音楽賞、キャスティング賞ノミネート。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ドキュメンタリーやアニメーション、及び、オフィシャル・セレクションに選ばれた作品を除くと、有力視された作品の中では、“À Peine J´ouvre les Yeux (As I Open My Eyes)”や“Keeper”、“A Good Wife(Dobra žena)”などが落選しています。

 ・対象作品は、第1回監督作品のみ。
 ・候補(の監督?)は、ヨーロッパで生まれたか、ヨーロッパのパスポートを持っていること。
 ・対象作品は、2015年7月1日以降に公式上映されていること。
 ・ノミネーションは、EFAと国際批評家連盟のメンバーからなる審査員によって決定される。

 、“À Peine J´ouvre les Yeux (As I Open My Eyes)”のLeyla Bouzid監督は、チュニジア生まれなので、作品としてはフランス映画に分類されるとしても、ヨーロッパ映画賞では対象外になったのかもしれません。

 ノミネート5作品の中では、“Liebmann(The Strange Summer)”がやや弱い(受賞歴に乏しい)以外は、どれが受賞してもおかしくないところですが、“The Happiest Day in the Life of Olli Mäki(Hymyilevä mies)”のみ、オフィシャル・セレクションでもこちらでも選ばれていることが少々気になります。

 受賞結果は、12月10日にポーランドのヴロツワフで行なわれる授賞式で発表されます。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ヨーロッパ映画賞2016 ピープルズ・チョイス賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201609/article_3.html

 ・ヨーロッパ映画賞2016 オフィシャル・セレクションその1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201608/article_33.html
 ・ヨーロッパ映画賞2016 オフィシャル・セレクションその2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201608/article_34.html
 ・ヨーロッパ映画賞2016 オフィシャル・セレクションその3:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201608/article_35.html

 ・ヨーロッパ映画賞2016 ドキュメンタリー賞オフィシャル・セレクション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201608/article_23.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年6月〜11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201606/article_2.html

 追記:
 ・ヨーロッパ映画賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヨーロッパ映画賞2016 ディスカバリー賞 ノミネーション! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる