海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ノルディック映画賞2016 ノミネーション発表!

<<   作成日時 : 2016/08/31 08:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第15回ノルディック映画賞(The Nordic Council Film Prize)のノミネーションが発表になりました。(8月30日)

 ノルディック映画賞(The Nordic Council Film Prize)は、ノルディック・カウンシル(The Nordic Council/日本語では「北欧理事会」と訳されることがある)が設けた映画賞で、2002年にノルディック・カウンシル50周年を記念して、アキ・カウリスマキの『過去のない男』に贈られたのが最初で、2005年以降は毎年、北欧5カ国のノミネート作品の中から1本を選んで表彰するという形式になり、現在に至っています。

 ノルディック・カウンシルは、第二次世界大戦での苦い経験を踏まえて、北欧諸国の協力関係を築くことを目的として1952年にスタートしたもので、スカンジナビア3国を中心に北欧5カ国と3つの地域(グリーンランド、フェロー諸島、オーランド諸島)で構成されています。
 映画賞は、2000年代になってようやく設けられた賞ですが、文学と音楽に関しては、既に60年の歴史があり、1962年に「文学賞」、1965年に「音楽賞」が設けられています。(文学賞は最初から常設の賞となり、音楽賞は90年から常設化しています。)

 映画賞は、2007年までは5カ国でそれぞれ2作品ずつノミネート作品を選んでいましたが、2008年以降は各国1本ずつノミネート作品を出しています。

 過去のノミネート作品、および、受賞作品は、以下の通りです。

 【2002年】
 ◎『過去のない男』 監督:アキ・カウリスマキ [フィンランド]

 【2005年】
 ◎“Manslaughter(Drabet)” 監督:ペール・フライ(Per Fly) [デンマーク]
 ・『プッシャー2』“Pusher II: With Blood on My Hands” 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン [デンマーク]
 ・“Frozen Land(Paha Maa)” 監督:アク・ロウヒミエス(Aku Louhimies) [フィンランド]
 ・“The 3 Rooms of Melancholia(Melancholian 3 huonetta)” 監督:ピルヨ・ホンカサロ(Pirjo Honkasalo) [フィンランド]
 ・『スクリーミング・マスターピース』“Screaming Masterpiece(Gargandi Snilld)” 監督:アリ・アレクサンダー(Ari Alexander)、イルギス・マグヌッソン(Ergis Magnússon) [アイスランド]
 ・“Dís” 監督:シリャー・ホウィクスドウッティル(Silja Hauksdóttir) [アイスランド]
 ・“Kissed by Winter(Vinterkyss)” 監督:Sara Johnsen [ノルウェー]
 ・“Hawaii, Oslo” 監督:エリック・ポッペ(Erik Poppe) [ノルウェー]
 ・“The Guitar Mongoloid(Gitarrmongot)” 監督:リューベン・オストルンド(Ruben Östlund) [スウェーデン]
 ・“A Hole in My Heart(Hål i mitt hjärta)” 監督:ルーカス・ムーディソン [スウェーデン]

 【2006年】
 ◎“Zozo” 監督:Josef Fares [スウェーデン]
 ・『アフター・ウェディング』 監督:スザンネ・ビア [デンマーク]
 ・“Offscreen” 監督:クリストファー・ボー(Christoffer Boe) [デンマーク]
 ・『革命の歌』“Revolution(Kenen joukoissa seisot)” 監督:ヨルコ・アールトネン(Jouko Aaltonen) [フィンランド]
 ・“Mother of Mine(Äideistä parhain)” 監督:クラウス・ハロ [フィンランド]
 ・“Thicker Than Water(Blóðbönd)” 監督:Árni Ásgeirsson [アイスランド]
 ・“A Little Trip to Heaven” 監督:バルタザール・コルマウクル [アイスランド]
 ・“Free Jimmy(Slipp Jimmy fri)” 監督:Christopher Nielsen [ノルウェー]
 ・『厄介な男…からぽな世界の生き方』“The Bothersome Man(Den brysomme mannen)” 監督:イエンス・リエン(Jens Lien) [ノルウェー]
 ・“Mouth to Mouth(Mun mot mun)” 監督:Björn Runge [スウェーデン]

 【2007年】
 ◎“The Art of Crying(Kunsten at Græde i Kor)” 監督:Peter Schønau Fog [デンマーク]
 ・“AFR ” 監督:Morten Hartz Kaplers [デンマーク]
 ・“A Man's Job(Miehen työ) 監督:Aleksi Salmenperä [フィンランド]
 ・“Children(Börn)” 監督:Ragnar Bragason [アイスランド]
 ・『湿地』“Jar City(Mýrin)” 監督:バルタザール・コルマウクル [アイスランド]
 ・『リプライズ』“Reprise” 監督:ヨアキム・トリアー(Joachim Trier) [ノルウェー]
 ・“Sons(Sønner)” 監督:Erik Richter Strand [ノルウェー]
 ・“Falkenberg Farewell(Farväl Falkenberg)” 監督:Jesper Ganslandt [スウェーデン]
 ・“Darling” 監督:Johan Kling [スウェーデン]

 【2008年】
 ◎『愛おしき隣人』 監督:ロイ・アンダーソン [スウェーデン]
 ・“The Early Years: Erik Nietzsche Part 1(De unge år - Erik Nietzsche Del 1)” 監督:ヤコブ・トゥーセン(Jacob Thuesen) [デンマーク]
 ・“The Home of Dark Butterflies(Tummien perhosten koti)” 監督:ドメ・カルコスキ(Dome Karukoski) [フィンランド]
 ・“White Night Wedding(Brúðguminn)” 監督:バルタザール・コルマウクル [アイスランド]
 ・“The Man Who Loved Yngve(Mannen som elsket Yngve)” 監督:Stian Kristiansen [ノルウェー]

 【2009年】
 ◎『アンチクライスト』 監督:ラース・フォン・トリアー [デンマーク]
 ・“Sauna” 監督:アンティ=ジュッシ・アニラ(Antti-Jussi Annila) [フィンランド]
 ・“The Amazing Truth About Queen Raquela ” 監督:オーラフ・デ・フルル・ヨハンネスソン(Olaf de Fleur Johannesson) [アイスランド]
 ・“North(Nord)” 監督:Stian Kristiansen [ノルウェー]
 ・“Light Year(Ljusår)” 監督:Mikael Kristersson [スウェーデン]

 【2010年】
 ◎『光のほうへ』 監督:トマス・ヴィンターベア [デンマーク]
 ・“Steam of Life(Miesten vuoro)” 監督:Joonas Berghäll、Mika Hotakainen [フィンランド]
 ・“The Good Heart” 監督:ダーグル・カウリ [アイスランド]
 ・“Upperdog” 監督:Sara Johnsen [ノルウェー]
 ・“Metropia” 監督:Tarik Saleh [スウェーデン]

 【2011年】
 ◎“Beyond(Svinalängorna)” 監督:ペルニラ・アウグスト [スウェーデン]
 ・“Truth About Men(Sandheden om mænd)” 監督:ニコライ・アーセル [デンマーク]
 ・『グッド・サン』“The Good Son(Hyvä poika)” 監督:ザイダ・バリルート(Zaida Bergroth) [フィンランド]
 ・“Undercurrent(Brim)” 監督:Árni Ólafur Ásgeirsson [アイスランド]
 ・『オスロ、8月31日』“Oslo, August 31st(Oslo, 31. August)” 監督:ヨアキム・トリアー(Joachim Trier) [ノルウェー]

 【2012年】
 ◎『プレイ』“Play” 監督:リューベン・オストルンド [スウェーデン]
 ・『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』 監督:ニコライ・アーセル [デンマーク]
 ・『パンク・シンドローム』 監督:ユッカ・カルッカイネン、J-P・パッシ [フィンランド]
 ・“Either Way(Á annan veg)” 監督:Hafsteinn Gunnar Sigurdsson [アイスランド]
 ・“The Orheim Company(Kompani Orheim)” 監督:Arlid Andersen [ノルウェー]

 【2013年】
 ・“Eat Sleep Die (Äta sova dö)” 監督:Gabriela Pichler [スウェーデン]
 ◎『偽りなき者』 監督:トマス・ヴィンターベア [デンマーク]
 ・“Open Up to Me(Kerron sinulle kaiken)”(スウェーデン・フィンランド) 監督:Simo Halinen [フィンランド]
 ・『ザ・ディープ』 監督:バルタザール・コルマウクル [アイスランド]
 ・“I Belong(Som du ser meg)” 監督:Dag Joham Haugerud [ノルウェー]

 【2014年】
 ◎『馬々と人間たち』 監督:ベネディクト・エルリングソン [アイスランド]
 ・『ニンフォマニアック』 監督:ラース・フォン・トリアー [デンマーク]
 ・『コンクリートナイト』“Concrete Night(Betoniyö)” 監督:ピルヨ・ホンカサロ [フィンランド]
 ・『ブラインド 視線のエロス』“Blind” 監督:エスキル・ヴォクト(Eskil Vogt) [ノルウェー]
 ・『フレンチアルプスで起きたこと』 監督:リューベン・オストルンド [スウェーデン]

 【2015年】
 ・『サイレント・ハート』“Silent Heart(Stille hjerte) 監督:ビレ・アウグスト [デンマーク]
 ・『2人だけの世界』“They Have Escaped(He ovat paenneet)” 監督:ユッカペッカ・ヴァルケアパー(Jukka-Pekka Valkeapää) [フィンランド]
 ◎『好きにならずにいられない』“Virgin Mountain(Fúsi)” 監督:ダーグル・カウリ [アイスランド]
 ・“Out of Nature(Mot naturen)” 監督:Ole Giæver [ノルウェー]
 ・“Gentlemen” 監督:ミカエル・マルシメーン(Mikael Marcimain) [スウェーデン]

 ※ ノミネート作品は、前年の7月1日から当年の6月30日までに各国で劇場公開された作品(昨年より2か月早まっています)が対象で、各国からのノミネーションは、映画関係者および批評家らによる各国3名からなる審査員が行なう。受賞作の審査は、各国3名の審査員のうちの1名が代表となり、各国1名ずつ計5名の審査員によって行なう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 本年度のノミネーションは、以下の通り。

 ・“Sparrows(Þrestir)”(アイスランド・デンマーク・クロアチア) 監督:ルナー・ルナーソン(Rúnar Rúnarsson)
 出演:ラデ・シェルベッジア(Rade Šerbedžija)、イングヴァール・E・シガードソン(Ingvar Eggert Sigurðsson)、Atli Oskar Fjalarsson、Nanna Kristín Magnúsdóttir
 物語:アリは、16歳で、シングル・マザーの母と2人で、レイキャビクで暮らしている。ところが、母が、アフリカでの調査プロジェクトに参加することになり、一緒に付いて行くわけにはいかないアリは、人里離れた西フィヨルドの半島に住む父グンナールと一緒に暮らすことになる。父は、酒を飲んでばかりで、碌に働きもせず、母親の家に住んで、母親にたかるような暮らしをしていて、アリを落胆させる。アリは、幼少時代にここで暮らしたことがあったが、幼馴染のララと友好を取り戻そうとすると、彼女のボーイフレンドであるエイナールが敵意をむき出しにしてきて、旧交を取り戻すこともできない。夏休みに入り、地元の魚工場で働くことにするが、心が休まるのは、歌を唄っている時だけだった……。
 トロント国際映画祭2015 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2015 オフィシャル・セレクション出品。グランプリ(ゴールデン・シェル賞)受賞。
 レイキャビク国際映画祭2016出品。
 ワルシャワ国際映画祭2015 1-2コンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。
 シカゴ国際映画祭2015 ニュー・ディレクターズ・コンペティション部門出品。シルバー・ヒューゴー賞受賞。
 サンパウロ国際映画祭2015 インターナショナル審査員賞受賞。
 テッサロニキ国際映画祭2015 インターナショナル・コンペティション部門出品。芸術貢献賞受賞。
 レザルク・ヨーロッパ映画祭2015 オフィシャル・コンペティション部門出品。最優秀作品賞(Crystal Arrow)、男優賞(Atli Oskar Fjalarsson)、撮影賞、Press賞受賞。
 ヨーテボリ国際映画祭2016 国際批評家連盟賞受賞。
 アイスランド・アカデミー賞2016 作品賞・監督賞・主演男優賞・助演男優賞・助演女優賞・助演女優賞・脚本賞・撮影賞・編集賞・視覚効果賞・録音賞ノミネート。
 シアトル国際映画祭2016 ニュー・ディレクターズ・コンペティション部門出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2016 コンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。
 エジンバラ国際映画祭2016出品。
 プーラ映画祭2016 クロアチア・プログラム マイノリティー共同製作部門出品。監督賞受賞。
 台北電影節2016出品。
 エルサレム映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ヨーロッパ映画賞2016 オフィシャル・セレクション。


 ・『地雷と少年兵』“Land of Mine(Under Sandet)”(デンマーク・独) 監督:マルティン・サンフィリート(Martin Zandvliet)
 出演:ローラン・モラー(Roland Møller)、ミケル・ボー・フォルスゴー(Mikkel Boe Følsgaard)、ルイス・ホフマン(Louis Hofmann)、ジョエル・バズマン(Joel Basman)
 物語:戦争が終わってから数日後の、1945年5月。ドイツ人の囚人の集団がデンマークに連れて来られる。彼らに与えられた任務は、ドイツ軍が占領時代に西海岸に埋めた200万個もの地雷を撤去することだった。カール・レオポルド・ラスムッセン軍曹が、彼らに、この危険な任務をさせる担当官になる。彼もまた多くのデンマーク人と同じように、ドイツ軍の占領時代に苦しめられた経験があり、ドイツ人を深く憎んでいた。彼の憎しみは囚人たちに降り注がれる。だが、ある日、悲劇的な事故が起こって、彼は囚人たちに対する見方を変える。たとえ、それが遅すぎたとしても。
 トロント国際映画祭2015 PLATFORM部門出品。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2015出品。
 BFIロンドン映画祭2015出品。
 東京国際映画祭2015 コンペティション部門出品。男優賞受賞(ローラン・モラー(Roland Møller)、ルイス・ホフマン(Louis Hofmann))。
 テッサロニキ国際映画祭2015出品。
 ヒホン国際映画祭2015出品。観客賞受賞。
 ドバイ国際映画祭2015出品。
 サンダンス映画祭2016 Spotlight部門出品。
 ロッテルダム国際映画祭2016 Voices部門出品。観客賞受賞。
 デンマーク・アカデミー賞(Robert賞)2016 作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、撮影賞、編集賞、観客賞受賞。
 ヨーテボリ国際映画祭2016 ノルディック・コンペティション部門出品。ドラゴン賞/最優秀ノルディック映画賞受賞。
 デンマーク映画批評家協会賞(Bodil賞)2016 作品賞、主演男優賞(ローラン・モラー(Roland Møller))、助演男優賞(ルイス・ホフマン(Louis Hofmann))受賞。
 コスモラマ・トロンハイム映画祭2016出品。観客賞受賞。
 香港国際映画祭2016 SIGNIS賞受賞。
 北京国際映画祭2016天罎奨コンペティション部門出品。男優賞受賞(ルイス・ホフマン)。
 シドニー映画祭2016出品。観客賞第2席。
 ニュージーランド国際映画祭2016 ワールド部門出品。
 ヨーロッパ映画賞2016 オフィシャル・セレクション。


 ・“The Here After(Efterskalv)”(ポーランド・スウェーデン・仏) 監督:Magnus Von Horn
 物語:Johnは、刑務所での刑期を終えて、父の住む家に戻る。彼は、新しい生活を再スタートさせたかったが、地元では、彼が犯した犯罪は忘れてもらえなかったし、許してももらえなかった。Johnの存在は、彼のまわりにネガティヴなものをもたらす。やがてゆっくりと集団リンチの気配が漂う。彼は、昔の友人にも愛した人々にも見捨てられたと感じて、希望を失い、彼を刑務所に送った攻撃的な気分にかられてくる。しかし、過去を変えることはできない。彼は、それに立ち向かう覚悟を決める。
 サンダンスやロカルノに出品した短編作品で評価を得てきたMagnus von Hornの初監督長編。
 カンヌ国際映画祭2015 監督週間出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2015 アナザー・ビュー部門出品。
 トロント国際映画祭2015 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 グディニャ映画祭2015 監督賞、脚本賞、編集賞受賞。
 レイキャビク国際映画祭2015出品。
 BFIロンドン映画祭2015 第1回作品コンペティション部門出品。
 シカゴ国際映画祭2015 ニュー・ディレクターズ・コンペティション部門出品。
 ヨーロッパ映画賞2015 オフィシャル・セレクション。
 ストックホルム国際映画祭2015出品。
 Camerimage 2015 ポーランド映画コンペティション、撮影監督デビュー・コンペティション部門出品。
 ヨーテボリ国際映画祭2016出品。
 スウェーデン・アカデミー賞2016 作品賞、監督賞、助演男優賞(Mats Blomgren)受賞。主演男優賞(ウルリック・マンター)ノミネート。
 クリーヴランド国際映画祭2016 ニュー・ディレクターズ・コンペティション部門出品。
 エルサレム映画祭2016 デビュー部門出品。


 ・“The Happiest Day in the Life of Olli Mäki(Hymyilevä mies)”(フィンランド・独・スウェーデン) 監督:Juho Kuosmanen
 出演:Eero Milonoff、Jarkko Lahti、Oona Airola
 物語:実在のボクサーOlli Mäkiの物語。Olli Mäkiは、フィンランドで初めてワールド・チャンピオンシップをかけて戦う、フェザー級のボクサーになる。試合当日のスタジアムは超満員。しかし、彼は2回戦でぶざまな負け方をする。彼は、この日のことを人生最良の日として思い出す。
 カンヌ国際映画祭2016 ある視点部門出品。ある視点賞受賞。
 ミュンヘン映画祭2016 シネヴィジョン・コンペティション部門出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016アナザー・ビュー部門出品。
 メルボルン国際映画祭2016出品。
 トロント国際映画祭2016 DISCOVERY部門出品。
 ヨーロッパ映画賞2016 オフィシャル・セレクション。


 ・“Louder Than Bombs”(ノルウェー・デンマーク・米・仏) 監督:ヨアキム・トリアー(Joachim Trier)
 出演:イザベル・ユペール、ガブリエル・バーン、ジェシー・アイゼンバーグ、デイヴィッド・ストラザーン、Devin Druid
 物語:有名な戦場カメラマン、ローラ・フリードが亡くなって3年が経ち、没後3年を記念した写真展が企画される。彼女の夫と子供たちが、ローラの死後、初めて集まる。準備を進める中で、思いもかけない秘密が明らかになる。その結果、3人は、互いを見つめ直し、それぞれの内的欲求と向き合わなければならなくなる。
 カンヌ国際映画祭2015 コンペティション部門出品。(ノルウェー映画として初)
 ミュンヘン映画祭2015出品。
 メルボルン国際映画祭2015出品。
 ノルウェー国際映画祭2015 ノルウェー映画批評家賞オナラブル・メンション受賞。
 トロント国際映画祭2015 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 ヘルシンキ国際映画祭2015出品。
 バンクーバー国際映画祭2015出品。
 チューリヒ映画祭2015出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2015出品。
 アデレード映画祭2015出品。
 釜山国際映画祭2015 ワールド・シネマ部門出品。
 ヨーロッパ映画賞2015 オフィシャル・セレクション。
 テッサロニキ国際映画祭2015出品。
 ストックホルム国際映画祭2015出品。最優秀作品賞受賞。
 グラスゴー映画祭2016出品。
 香港国際映画祭2016出品。
 コスモラマ・トロンハイム国際映画祭2016 カノン賞 監督賞、オリジナル脚本賞、撮影賞受賞。編集賞、プロデューサー賞ノミネート。
 アマンダ賞2016 監督賞、オリジナル脚本賞、撮影賞、編集賞受賞。作品賞、主演男優賞、助演男優賞、音響デザイン賞ノミネート。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 授賞式は、11月1日にコペンハーゲンで行なわれます。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ノルディック映画賞2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201510/article_30.html
 ・ノルディック映画賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_2.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年6月〜11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201606/article_2.html

 追記:
 ・ノルディック映画賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノルディック映画賞2016 ノミネーション発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる