海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS プチョン国際ファンタスティック映画祭2016 受賞結果!

<<   作成日時 : 2016/07/31 17:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第20回プチョン国際ファンタスティック映画祭(7月21日-31日)の受賞結果が発表になりました。

画像

 【プチョン・チョイス部門】(Bucheon Choice)
 [プチョン・チョイス:長編作品](Bucheon Choice: Features)

 ◆最優秀作品賞(Best of Bucheon)
 ◎“The Wailing”(韓) 監督:ナ・ホンジン

 ◆審査員賞(Jury’s Choice)
 ◎“Under the Shadow”(英・ヨルダン・カタール) 監督:Babak Anvari

 ◆男優賞(Best Actor Choice)
 ◎Deepak Sampat “Autohead”(インド)

 ◆女優賞(Best Actress Choice)
 ◎カリン・ヴィアール 『パティーとの二十一夜』“21 Nights with Pattie(21 nuits avec Pattie)”(仏)

 ◆観客賞(NH Audience Award)
 ◎“The Wailing”(韓) 監督:ナ・ホンジン

画像

 [プチョン・チョイス:短編作品](Bucheon Choice: Shorts)

 ◆最優秀短編賞(Best Short Film)
 ◎『マノマン』“Manoman”(英) 監督:サイモン・カートライト(Simon Cartwright)
 物語:グレンは、かろうじて男性であるが、男らしくはない。そこで男らしさを引き出すべく、スクリーム・セラピーのセッションに参加する。ところがまわりは泣きわめく男たちばかりで、グレンは一向に成果を上げられない。ひとりのメンバーが後押ししてくれたおかげで、グレンもようやく一歩前に進み、何かを吐き出すことに成功する。結果はどうあれ、それこそ彼の望んでいたものに違いなく、彼のちっちゃな分身のようなものだった。
 指人形とコンピューター・アニメーションによる作品。英国映画&テレビ学校で制作された。
 カンヌ国際映画祭2015 シネフォンダシオン部門出品。
 エジンバラ国際映画祭2015出品。
 ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2015 英国短編映画賞ノミネート。
 BAFTA英国アカデミー賞2016 短編アニメーション賞ノミネート。
 サンダンス映画祭2016出品。
 タンペレ国際短編映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。Diploma of Merit受賞。
 SXSW映画祭2016 ミッドナイト・ショーツ部門 審査員賞受賞。
 サンフランシスコ国際映画祭2016 最優秀アニメーション・ショート受賞。

画像

 ◆審査員賞(Jury’s Choice for Short Film)
 ◎『バスタブ』“The Bathtub”(オーストリア・独) 監督:Tim Ellrich
 物語:ゲオルク、アレクサンダー、ニクラスの兄弟が、母親のためのプレゼントの準備をしている。バスタブの中に3人が入っている古い家族写真を見つけ、これを再現してみようということになる。大人の男3人がやるにはあまりにもバカバカしいアイデアだったが、少しずつ服を脱いでいくごとに、昔の兄弟に戻っていく。
 クレモンフェラン国際短編映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。
 ダブリン国際映画祭2016 最優秀インターナショナル短編映画賞受賞。
 ウィーン・インディペンデント短編・アニメーション・ミュージックビデオフェスティバル2016 ヤング審査員賞スペシャル・メンション受賞。
 Kinoki国際映画祭(メキシコシティ)2016 最優秀インターナショナル・フィクション賞受賞。
 モトヴン映画祭2016 短編コンペティション部門出品。

画像

 ◆観客賞(Audience Award for Short Film)
 ◎『バスタブ』“The Bathtub”(オーストリア・独) 監督:Tim Ellrich

 【コリアン・ファンタスティック部門】(Korean Fantastic)

 [コリアン・ファンタスティック 長編作品](Korean Fantastic Features)

 ◆最優秀作品賞(LG HiEntech Best Korean Fantastic Film)
 ◎“Karaoke Crazies”(韓) 監督:Kim Sang-chan

 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Who Killed Kim Kwang-Seok?”(韓) 監督:Lee Sangho

 ◆男優賞(Korean Fantastic Best Actor)
 ◎パク・クニョン(Park Keun-hyung) “Grand Father”(韓)

 ◆女優賞(Korean Fantastic Best Actress)
 ◎ペ・ソウン(Bae So-eun) “Karaoke Crazies”(韓)

 ◆女優賞 スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎Kim Hana 『探偵ホン・ギルドン 消えた村』“The Phantom Detective”(韓)

 ◆観客賞(Korean Fantastic Audience Award)
 ◎『探偵ホン・ギルドン 消えた村』“The Phantom Detective”(韓) 監督:チョ・ソンヒ

 [コリアン・ファンタスティック 短編作品](Korean Fantastic Shorts)

 ◆最優秀短編賞(Best Korean Short Film)
 ◎“How to Pick a Lock”(韓) 監督:Kim Kwangbin

画像

 ◆観客賞(Audience Award for Korean Short Film)
 ◎“Cliché Resistance”(韓) 監督:Lee Won-geun

 【その他の賞】

 ◆ヨーロッパ国際ファンタスティック映画祭連盟賞 アジア賞(Europe Fantastic Film Festivals Federation(EFFFF) Asian Award)
 ◎“Psycho Raman”(インド)監督:アヌラーグ・カシヤプ
 出演:ナワーズッディーン・シッディーキー、ムケシュ・チャブラ
 物語:ラマン・ラガフ(Raman Raghav)は、60年代にムンバイで23人もの人を殺したとされる連続殺人鬼。現代のムンバイ。ひとりの若い刑事が、自分でも無意識のうちにラマン・ラガフに対するオブセッションを高めていく。
 カンヌ国際映画祭2016 監督週間出品。

画像

画像

 ◆NETPAC賞
 ◎“The Forest”(タイ)監督:ポール・スパリアー(Paul Spurrier)
 物語:新任教師が、タイの田舎の小さな村に赴任する。彼は、元修道士で、修道院の外の世界で新しい人生を見出そうとして地方の学校で職を得たのだった。彼は、生徒の中に、口の利けない少女がいて、クラスでいじめられているのを知る。教師と生徒は、現実世界の困難と狂気に直面する。少女は、空想の世界に逃げ込み、風変りな野生の少年がいる森の中に慰めを見出す。教師は、彼女を連れ戻そうとするが、彼もまた現実世界に疑問を感じていた。現実世界と空想世界が衝突し、悲劇へと至る……。
 前作で、欧米人として初めてタイ語で映画を撮り、ヒットさせた俳優ポール・スパリアーの第3監督作品(タイ語映画の第2弾)。妻と、14歳の娘と、5歳の息子のみをスタッフとして、タイ北東部の森に入り、小さなデジタル・カメラで撮影した。キャスティングは、地元の学校で行なったが、選ばれた子は、演技が初めてであるだけでなく、カメラを見たのもそれが初めてだったという。
 Cinequest Festival 2016出品。
 パームビーチ国際映画祭2016出品。
 ウーディネ・ファー・イースト映画祭2016出品。

画像

 ◆Save Energy, Save Earth Film Award
 ◎“Captain Fantastic”(米) 監督:マット・ロス

画像

 ◆児童審査員賞(BIFAN Children’s Jury Award)
 ◎“Hang in There, Kids!(只要我長大)”(台湾)監督:Laha Mebow(陳洁瑶)
 瓦旦(Watan)、晨皓(Chen Hao)、林山(Lin Shan)は、台湾の土着民族出身の少年で、山間の村で暮らしている。瓦旦(Watan)は、おばあちゃんと2人で暮らしていて、兄が帰ってきて、大喜びするが、やがて兄が不正な商売をしようとしていることを知る。晨皓(Chen Hao)は農業を営む父と暮らしている。母は彼らを置いて出て行ってしまっていた。林山(Lin Shan)には、3人の姉がいるが、彼らはアル中の父のことを我慢しなければならなかった。Lawaは、体に障害を持つ先生で、放課後学級を受け持っている。彼女は、美しい声を持っているが、交通事故に遭って以来、歌うことをやめていた。ところが、ある日、遠足ででかけた台北で、生徒たちは、Lawaが何年もラジオで歌ったテープを見つける。晨皓(Chen Hao)は、母親を捜し出そうと決め、林山(Lin Shan)は、父のコンサートにでかけ、父を驚かせる。
 ズリーン国際映画祭2016 パノラマ部門出品。
 台北電影節2016 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション部門 観客賞、台北電影奨 グランプリ、最優秀ナラティヴ長編作品賞、編集賞、新人賞受賞。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭2016 コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_23.html
 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭2016 コンペティション部門以外のラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_24.html

 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭2014 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_9.html
 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_23.html
 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭2013 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_22.html
 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201307/article_23.html
 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201207/article_21.html
 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭2010 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_11.html
 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_23.html
 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭2009 ラインナップ&受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200907/article_23.html

 ・ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201604/article_9.html

 ・イマジン・フィルム・フェスティバル2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201605/article_7.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年6月〜11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201606/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
プチョン国際ファンタスティック映画祭2016 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる