海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS イタリア・ゴールデングローブ賞2016 受賞結果!

<<   作成日時 : 2016/06/19 14:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第56回イタリア・ゴールデングローブ賞(Globi d'Oro)が発表になりました。(結果発表は6月9日。ノミネーション発表は5月30日。)

 イタリアのゴールデン・グローブ賞は、アメリカのゴールデン・グローブ賞やフランスのリュミエール賞と同じく外国人記者が選ぶ映画賞で、外国人記者に自国の映画にもっと興味を持ってもらう(そして本国に紹介してもらう)という目的で設立されています。

 今年の受賞結果は以下の通りです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆大賞(Gran Premio 2016 Della Stampa Estera)
 ◎“Fuocoammare”(伊・仏) 監督:ジャンフランコ・ロージ

 授賞式に出席したのは、“Fuocoammare”に出演している医師のPietro Bartólo。

画像

 ◆作品賞(Miglior Film)
 ・“Alaska”(伊・仏) 監督:クラウディオ・クッペリーニ(Claudio Cupellini)
 ・“La Corrispondenza”(伊) 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
 ◎『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot”(伊) 監督:ガブリエーレ・マイネッティ(Gabriele Mainetti)
 ・“Non Essere Cattivo”(伊) 監督:Claudio Caligari
 ・“Perfetti Sconosciuti”(伊) 監督:Paolo Genovese

画像

 ◆男優賞(Miglior Attore)
 ・ジュゼッペ・バティストン “Perfetti Sconosciuti”
 ・リベロ・デ・リエンツォ(Libero De Rienzo) “La Macchinazione”(伊・仏)(監督:David Grieco)
 ◎エリオ・ジェルマーノ “Alaska”
 ・Giorgio Panariello “Uno Per Tutti”(伊)(監督:ミンモ・カロプレスティ(Mimmo Calopresti))
 ・クラウディオ・サンタマリア(Claudio Santamaria) 『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot”

画像

 ◆女優賞(Miglior Attrice)
 ・ラウラ・モランテ “Assolo”(伊)(監督:ラウラ・モランテ)
 ・アイルニア・パストーレリ(Ilenia Pastorelli) 『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot”
 ・Veronica Pivetti “Né Giulietta Né Romeo”(伊)(監督:Veronica Pivetti)
 ◎Ondina Quadri “Arianna”(伊)(監督:Carlo Lavagna)
 ・グレタ・スカラーノ(Greta Scarano) 『暗黒街』“Suburra”(伊・仏)(監督:ステファノ・ソッリマ)

画像

 ◆脚本賞(Miglior Sceneggiatura)
 ・クラウディオ・クッペリーニ、Filippo Gravino、Guido Luculano “Alaska”
 ・Carlo Lavagna、Carlo Salsa、Chiara Barzini “Arianna”
 ・David Grieco、Guido Bulla “La Macchinazione”
 ・Filippo Bologna、パオロ・コステッラ(Paolo Costella)、Paolo Genovese、Paola Mammini、ロランド・ラヴェッロ(Rolando Ravello) “Perfetti Sconosciuti”
 ◎イヴァン・コトロネーオ(Ivan Cotroneo)、Monica Rametta “Un Bacio”(伊)(監督:イヴァン・コトロネーオ)

画像

 ◆撮影賞(Miglior Fotografia)
 ・ルカ・ビガッツィ “Un Bacio”
 ・パオロ・カルネラ(Paolo Carnera) 『暗黒街』“Suburra”
 ・ダニエーレ・チプリ(Daniele Ciprì) 『私の血に流れる血』“Sangue Del Mio Sangue”(伊・仏・スイス)(監督:マルコ・ベロッキオ)
 ・Salvatore Landi 『失われた美』“Bella E Perduta”(伊・仏)(監督:ピエトロ・マルチェッロ(Pietro Marcello))
 ◎ファビオ・ザマリオン(Fabio Zamarion) “La Corrispondenza”

画像

 ◆音楽賞(Miglior Musica)
 ・パスクァーレ・カタラーノ(Pasquale Catalano) “Alaska”
 ◎カルロ・クリヴェッリ(Carlo Crivelli) 『私の血に流れる血』“Sangue Del Mio Sangue”
 ・ピエロ・メッシーナ(Piero Messina)、Marco Mangani、Alma Napolitano 『待つ女たち』“L'attesa”(伊・仏)(監督:ピエロ・メッシーナ)
 ・エンニオ・モリコーネ “La Corrispondenza”
 ・ニコラ・ピオヴァーニ(Nicola Piovani) “Assolo”

 ◆第1回作品賞(Miglior Opera Prima)
 ・“Arianna” 監督:Carlo Lavagna
 ・“Banat (Il Viaggio)”(伊・ルーマニア・ブルガリア・マケドニア) 監督:Adriano Valerio
 ◎『待つ女たち』“L'attesa” 監督:ピエロ・メッシーナ(Piero Messina)
 ・『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot” 監督:ガブリエーレ・マイネッティ(Gabriele Mainetti)
 ・“Né Giulietta Né Romeo” 監督:Veronica Pivetti

画像

 ◆コメディー賞(Miglior Commedia)
 ・Assolo” 監督:ラウラ・モランテ
 ・“Né Giulietta Né Romeo” 監督:Veronica Pivetti
 ・“Pecore In Erba”(伊) 監督:アルベルト・カヴィリア(Alberto Caviglia)
 ◎“Perfetti Sconosciuti” 監督:Paolo Genovese
 ・『オレはどこへ行く?』“Quo Vado?”(伊) 監督:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ(Gennaro Nunziante)

画像

 ◆短編賞(Miglior Cortometraggio)
 ・“Dove L'acqua Con Altra Acqua Si Confonde(Where water comes together with other water)”(伊) 監督:Gianluca Mangiasciutti、Massimo Loi
 ・“Non Senza Di Me”(伊) 監督:Brando De Sica
 ・“Quello Che Non Si Vede”(伊) 監督:Dario Samuele Leone
 ◎“Tra Le Dita”(伊) 監督:Cristina K. Casini
 ・“Varicella”(伊) 監督:Fulvio Risuleo

 ◆ドキュメンタリー賞(Miglior Documentario)
 ・“Alfredo Bini”(伊) 監督:Simone Isola
 ・“Barbieri D'italia”(伊) 監督:Francesco Martinotti
 ・“Gli Uomini di Questa Città Io Non Li Conosco”(伊) 監督:フランコ・マレスコ(Franco Maresco)
 ◎“If Only I Were That Warrior”(米・伊・エチオピア) 監督:Valerio Ciriaci
 ・“S is for Stanley”(伊・英) 監督:アレックス・インファセリ(Alex Infascelli)

 ◆キャリア貢献賞(Globo D’Oro 2016 Alla Carriera)
 ◎ニコレッタ・ブラスキ
 ◎ロベルト・ベニーニ

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通り。

 ・“Alaska”(1/4):作品・男優・脚本・音楽
 ・『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』(1/4):作品・男優・女優・第1回
 ・“Perfetti Sconosciuti”(1/4):作品・男優・脚本・コメディー
 ・“La Corrispondenza”(1/3):作品・撮影・音楽
 ・“Arianna”(1/3):女優・脚本・第1回
 ・“Assolo”(0/3):女優・音楽・コメディー
 ・“Né Giulietta Né Romeo”(0/3):女優・第1回・コメディー
 ・“Un Bacio”(1/2):脚本・撮影
 ・『私の血に流れる血』(1/2):撮影・音楽
 ・『待つ女たち』(1/2):音楽・第1回
 ・“La Macchinazione”(0/2):男優・脚本
 ・『暗黒街』(0/2):女優・撮影

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で最多受賞になった『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』を作品賞のみにとどめておいて、ベルリン国際映画祭で金熊賞を獲りながら、ノミネーションではゼロとなっていた“Fuocoammare”を別格で最上位にし、そのほかの賞をそれぞれ別の作品に与える―これがベストのチョイスかどうかはともかく、なかなか面白い賞の配分というか、バランスの取り方になっています。

 イタリア・ゴールデングローブ賞は、部門の数も少なくて、先行する映画賞の結果を横目で見つつ、できるだけ異なる作品にバラバラに賞を与える傾向があるので、例年通りといえば例年通りなのですが……。

 結果的にダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞と同じ結果になった部門は1つもありませんでした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 いくつかの作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“Fuocoammare”(伊・仏) 監督:ジャンフランコ・ロージ
 ドキュメンタリー。Lampedusaは、イタリアの南方にある、地中海の島である。数年来、この島は、アフリカや中東からヨーロッパを目指す難民が流れ着く最初の場所として知られるようになり、難民の希望や困難さ、数十万の移民の運命の象徴のような場所となった。平和や自由、幸せを求める難民たちは、途中で死んでしまうことも多く、遺体となって漂着することも少なくなかった。島民たちは、この現代の人道的悲劇とも言える出来事の目撃者ともなっている。本作では、この島で暮らす12歳の少年Samuele Pucilloの目を通して、難民と島の人々の物語が語られる。
 ベルリン国際映画祭2016 コンペティション部門出品。金熊賞、エキュメニカル審査員賞、アムネスティ・インターナショナル賞、The Berliner Morgenpost Readers' Jury Award受賞。
 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2016 作品賞・監督賞・編集賞・プロダクション賞ノミネート。
 バーリ国際映画祭2016 編集賞(ロベルト・ペルピニャーニ賞)受賞。

画像

 ・『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot(They Call Me Jeeg)”(伊) 監督:ガブリエーレ・マイネッティ(Gabriele Mainetti)
 出演:クラウディオ・サンタマリア、ルカ・マリネッリ、Stefano Ambrogi、Ilenia Pastorelli、マウリツィオ・テセイ(Maurizio Tesei)、フランチェスコ・フォルミケッティ(Francesco Formichetti)、アントニア・トゥルッポ
 物語:エンツォは、盗みを働いて警察から逃げる途中、テヴェレ川で放射性物質に触れ、不思議な力を得る。一匹狼でひきこもり気味の彼は、この力を犯罪に役立てようかとも考えるが、アレッシアとの出会いですべてが変わる。アレッシアは、悪党仲間セルジョの娘で、セルジョがトラブルに巻き込まれて、殺されたため独りぼっちになってしまっていた。しかも、彼女は、身体は大人でも、頭の中身は子どものようだ。そんな彼女が、彼を、自分が愛する日本のコミック・ヒーロー、鋼鉄ジーグがコミックの中から出てきたかのようにとらえる。小悪党だったエンツォだが、アレッシアに慕われて、行動も内面も少しずつ変わっていく……。
 短編作品“Tiger Boy”が高い評価を受けた俳優ガブリエーレ・マイネッティの初監督長編。
 ローマ映画祭2015出品。
 バーリ国際映画祭2016 第1-2回監督作品部門 エットーレ・スコラ賞(監督賞)、ヴィットリオ・ガスマン賞(主演男優賞)(ルカ・マリネッリ)受賞。
 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2016 主演男優賞・主演女優賞・助演男優賞・助演女優賞・編集賞・新人監督賞・プロダクション賞受賞
 イマジン・フィルム・フェスティバル2016 観客賞受賞。


 ・“Perfetti Sconosciuti(Perfect Strangers)”(伊) 監督:Paolo Genovese
 出演:ジュゼッペ・バティストン、マルコ・ジャリーニ、アンナ・フォリエッタ、エドアルド・レオ(Edoardo Leo)、カシア・スムトゥニアク(Kasia Smutniak)、ヴァレリオ・マスタンドレア、アルバ・ロルヴァケル
 物語:長いつきあいの友人7人がディナーを囲む。彼らは、お互いに何の隠し事もないことを示すために、携帯電話をテーブルに置き、それぞれの中身をみんなで分かち合おうと言い出す。最初は、ほんの気晴らしのはずだったが、やがて気まずい雰囲気になり、実はみんな、友人やパートナーのことをほとんど知らないということを思い知らされる……。
 バーリ国際映画祭2016 トニーノ・グエッラ賞(主題賞)受賞。
 トライベッカ映画祭2016 インターナショナル・ナラティヴ・コンペティション部門出品。
 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2016 作品賞、脚本賞受賞。


 ・“Alaska(The Beginners)”(伊・仏) 監督:クラウディオ・クッペリーニ(Claudio Cupellini)
 出演:エリオ・ジェルマーノ、アストリッド・ベルジュ=フリスベ(Àstrid Bergès-Frisbey)、Valerio Binasco、Paolo Pierobon、Marco D'Amore、ロシュディー・ゼム、Nicola Sisti Ajmone、ステファノ・フレーニ(Stefano Fregni)
 物語:リッチなパリのホテル。Faustoは、イタリア人で、そのホテルでウエイターをしている。Nadineは、20歳のモデルで、オーディションから逃げ出してきていた。2人は、そのホテルの屋上で、偶然出会う。根無し草的な生活をしている2人は、初めて会った時から互いのことを理解し合う。しかし、パリとミラノ、ナイトクラブ、刑務所、情熱、暴力、お金……と2人を隔てる障害物は多かった。
 ローマ国際映画祭2015出品。
 ヨーテボリ国際映画祭2016 フォーカス・イタリア映画部門出品。
 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2016 主演女優賞(アストリッド・ベルジュ=フリスベ(Àstrid Bergès-Frisbey))・助演男優賞(Valerio Binasco)・ヤング ダヴィッド賞ノミネート。
 ミュンヘン映画祭2016 スポットライト部門出品。

画像

 ・“La Corrispondenza(La Corrispondenza)”(伊) 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
 出演:オルガ・キュルレンコ、ジェレミー・アイアンズ、ショーナ・マクドナルド(Shauna Macdonald)、サイモン・ミーコック(Simon Meacock)
 物語:エイミーは、大学で天体物理学を学ぶ傍ら、映画やテレビでスタントの仕事をしている。彼女は、大学教授のエドとつきあっているが、その関係はほとんどメールとスカイプでのやりとり中心で、直接会うのは、彼のセカンドハウスか、学会やその他のイベントなど、数か月に1回と限られている。ある時、エイミーの大学の学会に出席するはずだったエドから学会には出席できなくなったと連絡が入る。それでも学会に出席したエイミーは、エドが長い病の末に亡くなっていることを知らされる。しかし、そんなこともおかまいなく、エイミーの元には、エドからのメッセージが届き続ける。エイミーには、これがどういうことなのかさっぱりわからない。
 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2016 美術賞・衣裳賞・メイキャップ賞・ヘア スタイリスト賞・作曲賞・ヤング ダヴィッド賞ノミネート。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・イタリア・ゴールデングローブ賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201406/article_13.html
 ・イタリア・ゴールデングローブ賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_13.html
 ・イタリア・ゴールデングローブ賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201307/article_5.html
 ・イタリア・ゴールデングローブ賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_16.html
 ・イタリア・ゴールデングローブ賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201207/article_2.html
 ・イタリア・ゴールデングローブ賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_12.html
 ・イタリア・ゴールデングローブ賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201107/article_16.html
 ・イタリア・ゴールデングローブ賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_14.html
 ・イタリア・ゴールデングローブ賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_2.html
 ・イタリア・ゴールデングローブ賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200907/article_8.html

 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201604/article_11.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201604/article_19.html

 ・バーリ国際映画祭2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201604/article_16.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年1月〜5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_49.html
 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年6月〜11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201606/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イタリア・ゴールデングローブ賞2016 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる