海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS カンヌ国際映画祭2016 受賞結果データ考:データ的に予めパルムドールは決まっていた説!?

<<   作成日時 : 2016/05/23 08:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ◆パルムドール

 ・最高賞が「パルムドール」となった1975年以降で、2度のパルムドールに輝いたのは、ビレ・アウグスト、エミール・クストリッツァ、今村昌平、ダルデンヌ兄弟、ミヒャエル・ハネケに続いて、ケン・ローチが6組目。1974年以前も含めると、ロベルト・ロッセリーニとアルフ・シューベルイ、フランシス・フォード・コッポラがいる。

 ・イギリス映画のパルムドール受賞は4回目。1986年『ミッション』、1996年『秘密と嘘』、2006年『麦の穂をゆらす風』とちょうど10年おきに受賞している。とすると、今回イギリス映画がパルムドールを受賞するのは必然だった!?

 ・イギリスのパルムドール受賞4回は、国別で、アメリカ(10回)、フランス(5回)に次いで単独3位となった。3回受賞には、イタリア、デンマーク、日本がいる。

画像

 ◆グランプリ

 ・カナダ作品のグランプリ受賞は、『スウィートヒア アフター』以来、19年ぶり2回目。

画像

 ◆審査員賞

 ・アンドレア・アーノルドの審査員賞3回受賞は、ケン・ローチに続いて2人目。

画像

 ◆監督賞

 ・監督賞に2作品選ばれるのは、1955年、1969年、1975年、1983年、2001年、2002年に続いて、14年ぶり7回目。

 ・ルーマニアから選ばれるのは、1965年にLivin Ciuleiiが“Forest of the Hanged”で受賞して以来、51年ぶり2回目。

 ・フランスから選ばれるのは、2010年にマチュー・アマルリックが『さすらいの女神たち』で受賞して以来6年ぶり。フランス映画では12回目(10人目。ルネ・クレマンとロベル・ブレッソンが2回ずつ受賞。)

 ・クリスティアン・ムンジウは、長編4本目で受賞。(ベネット・ミラー、マチュー・アマルリック、ポール・トーマス・アンダソンと同じ。)

画像

 ・オリヴィエ・アサイヤスは、長編18本目(数え方によって本数は異なる)での受賞。これは、功労賞的な侯孝賢やイム・グォンテクへの授与を別とすれば、かなり遅めの受賞。

画像

 ◆男優賞

 ・イランからの男優賞受賞は初めて。

 ・アジアからの男優賞受賞は5組目。(イスラエルを含めると6組目)
 1994年:グオ・ヨウ『活きる』、2000年:トニー・レオン『花様年華』、2003年:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン作品『冬の街』からトルコ人男優2人、2004年:柳楽優弥『誰も知らない』

 ・シャハブ・ホセイニは、『別離』でベルリン国際映画祭2011 男優賞(銀熊賞)受賞に続いて、カンヌでも男優賞を受賞した。

画像

 ◆女優賞

 ・フィリピンからの受賞は初めて。

 ・アジア人女優としては3人目。2004年:マギー・チャン『クリーン』、2007年:チョン・ドヨン『シークレット・サンシャイン』。

画像

 ・男優賞、女優賞ともにアジア人が受賞したのは史上初。

 ・1993年以前は、アジアの俳優でカンヌで賞を受賞した者はひとりもいなかった。

画像

 ◆脚本賞

 ・イランからの受賞は初めて。

 ・アジアからは、トルコ(『そして、私たちは愛に帰る』)、中国映画2本(『スプリング・フィーバー』『罪の手ざわり』)、韓国映画1本(『ポエトリー アグネスの詩』)に続いて、5本目。

 ・1997年の『アイス・ストーム』以来、原作ものはカンヌでは脚本賞を獲れないという記録は更新された。

 ・これまでカンヌで脚本賞を2回受賞している者はいない。今回のエントリー作品でも、過去に受賞したことのある、ケン・ローチ作品(ポール・ラヴァティ)、ペドロ・アルモドバル、ダルデンヌ兄弟、クリスティアン・ムンジウの2度目の脚本賞受賞はならなかった。

 ・脚本のうまさで定評のあるファルハディだが、3大映画祭で脚本賞を受賞するのは、これが初めて。

画像

 ◆短編パルムドール

 ・スペインからの受賞は初めて。

画像

 ◆その他

 ・今回、
 3大映画祭初参加のKleber Mendonça Filho
 3大映画祭コンペティション部門初参加のアラン・ギロディー、クリスティ・プイウ
 3大映画祭コンペティション部門でオフィシャルの賞を受賞したことがない、ニコール・ガルシア、ポール・ヴァーホーヴェン、ショーン・ペン(監督として)、ジェフ・ニコルズ
 は、誰一人としてオフィシャルの賞を受賞できませんでした。これは偶然なのでしょうか。それとも、審査員の意図や方針と関係あるのでしょうか。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか面白かった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・カンヌ国際映画祭2016 コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201604/article_20.html
 ・カンヌ国際映画祭2016 コンペティション部門 傾向と予想:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201604/article_21.html
 ・カンヌ国際映画祭2016 アウト・オブ・コンペティション部門、特別招待作品、短編部門、シネフォンダシオン部門:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201604/article_22.html
 ・カンヌ国際映画祭2016 ある視点部門、ミッドナイト・スクリーニング部門、カンヌ・クラシック部門:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201604/article_23.html
 ・カンヌ国際映画祭2016 カンヌ・クラシック部門(ドキュメンタリー)、ACID部門:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201604/article_24.html
 ・カンヌ国際映画祭2016 国際批評家週間:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201604/article_25.html
 ・カンヌ国際映画祭2016 監督週間:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201604/article_26.html

 ・カンヌ国際映画祭2016 星取表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201605/article_21.html

 ・カンヌ国際映画祭2016 パルムドール予想オッズ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201605/article_1.html

 ・カンヌ国際映画祭2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201605/article_35.html

画像

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年1月〜5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_49.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カンヌ国際映画祭2016 受賞結果データ考:データ的に予めパルムドールは決まっていた説!? 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる