海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 【タイ映画】 コム・チャット・ルック賞2016 受賞結果

<<   作成日時 : 2016/05/21 20:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 タイの日刊紙コム・チャット・ルック紙が発表している映画賞、第13回コム・チャット・ルック映画賞の受賞結果です。(2月28日?にノミネーション発表。3月22日に受賞結果発表。人気賞部門は1月15日より投票開始。)

 コム・チャット・ルック映画賞(The Kom Chad Luek Awards/คมชัดลึก อวอร์ด)は、日刊紙「コム・チャット・ルック」紙(2001年創刊)が発表している映画賞で、作品賞と監督賞と脚本賞とキャスト4部門しかなく、新聞が発表する賞だけあって、ノミネーションも受賞結果も比較的スタンダードな賞になっています。

 「映画賞」と書きましたが、実はコム・チャット・ルック賞としてテレビ部門と音楽部門も併せて開催になっていて、さらに一般読者による人気賞もあります。

 人気投票部門の充実が、この賞の最も大きな特徴と言えるかもしれません、

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【映画部門】

 ◆作品賞
 ◎『フリーランス』“Freelance(Heart Attack)”(タイ) 監督:ナワポン・タムロンラタナリット(Nawapol Thamrongrattanarit)

 ◆監督賞
 ◎アヌチャー・ブンヤワッタナ(Anucha Boonyawatana) 『蒼ざめた時刻(とき)』“The Blue Hour(Onthakan)”(タイ)

 ◆主演男優賞
 ◎サニー・スワンメーターノン(Sunny Suwanmethanon) 『フリーランス』“Freelance(Heart Attack)
 ・Jason Young “F Hiliare(ฟ.ฮีแลร์)”(タイ)(監督:Surussavadi Chuarchart)
 ・ティティ・マハーヨーターラック(Thiti Mahayotharak) 『メイ・フー?』“May Who?(May Nhai)”(タイ)(監督:チャヤノップ・ブンプラゴープ(Chayanop Boonpakob))
 ・アタパン プーンサワット(Atthaphan Poonsawas) 『蒼ざめた時刻(とき)』“The Blue Hour(Onthakan)”
 ・インカラット・ダムロンサッククン(Ingkarat Damrongsakkul) “How to Win at Checkers(Every Time) (P’Chai My Hero)”(タイ・米・インドネシア)(監督:Josh Kim)

画像

 ◆主演女優賞
 ◎タビカ・ホーン(Davika Hoorne) 『フリーランス』“Freelance(Heart Attack)
 ・タヤ・ロジャース(Taya Rogers) “Love Sucks”(タイ)(監督:Manatsanun Phanlerdwongsakul)
 ・Pimchanok Leuwisetpaiboon “Cat a Wabb”(タイ)(監督:ポンサック・ポンスワン(Pongsak Pongsuwan)、Nareubadee Wetchakam)
 ・ワラントーン・パオニン(Waruntorn Paonil) 『スナップ』“Snap”
 ・スタッター・ウドムシン(Sutatta Udomsilp) 『メイ・フー?』“May Who?(May Nhai)”

画像

 ◆助演男優賞
 ◎Thira Chutikul “How to Win at Checkers(Every Time) (P’Chai My Hero)”
 ・Danai Jarujinda “Karma(อาปัติ/Arbat/Arpat)”(タイ)(監督:Kanittha Kwanyu)
 ・Jason Young “ฟ.ฮีแลน์”( )(監督: )
 ・Phenphet Phenkul “Mae Bia”(タイ)(監督:パンテーワノップ・テーワグン(M.L. Pundhevanop Dhewakul))
 ・オーブニティ・ウィワタナワラーン(Oabnithi Wiwattanawarang) 『蒼ざめた時刻(とき)』“The Blue Hour(Onthakan)”

画像

 ◆助演女優賞
 ◎ウィオレート・ウォーティア(Violette Wautier) 『フリーランス』“Freelance(Heart Attack)
 ・ドゥアンジャイ・ヒランシー(Duangjai Hiransri) 『蒼ざめた時刻(とき)』“The Blue Hour(Onthakan)”
 ・Pympan Chalayanacupt “Karma(อาปัติ/Arbat/Arpat)”
 ・Arpa Phawilai “The Black Death(Phi ha Ayothaya)”(タイ)(監督:Chalermchatri Yukol)
 ・Marisa Kidd(มาริสา คิดด์) “The Isthmus(Tee Wang Rawang Samut )”(タイ)(監督:Sopawan Boonnimitra、Peerachai Kerdsint)

 ◆脚本賞
 ◎『フリーランス』“Freelance(Heart Attack) ナワポン・タムロンラタナリット(Nawapol Thamrongrattanarit)
 ・『スナップ』“Snap” コンデート・ジャトゥランラッサミー(Kongdej Jaturanrasamee)
 ・“How to Win at Checkers(Every Time) (P’Chai My Hero)” Josh Kim
 ・『メイ・フー?』“May Who?(May Nhai)” チャヤノップ・ブンプラゴープ(Chayanop Boonpakob)、Vasuthorn Piyarom、Nottapon Boonprakob、トサポン・ティップティンナコーン(Thodsapon Thiptinnakor)
 ・『蒼ざめた時刻(とき)』“The Blue Hour(Onthakan)” アヌチャー・ブンヤワッタナ(Anucha Boonyawatana)、Wasuthep Ketpetch

 脚本賞ノミネーションは、タイ・アカデミー賞と全く同じ顔ぶれです。

画像

 【テレビ部門】

 ◆最優秀テレビ・シリーズ賞
 ◎“Sud Kaen Saen Rak”

画像

 ◆監督賞
 ◎Atthaporn Thimakorn “Kha Bodin”

画像

 ◆主演男優賞
 ◎Sukollawat Kanaros “Phuean Phaeng”

画像

 ◆主演女優賞
 ◎Rudklao Amratisha “Sud Kaen Saen Rak”

 ◆助演男優賞
 ◎Vorarit Fuangarom “Sud Kaen Saen Rak”

画像

 ◆助演女優賞
 ◎Lapasrada Chuaykue “Phuying Khon Nan Chue Boonrod”(監督:Sathaporn Nakwilai)

画像

 ◆脚本賞
 ◎“Sud Kaen Saen Rak” Yingyos Panya

画像

 【音楽部門】

 ◆最優秀男性アーティスト賞
 ◎Yuwaboon "R Bu" Thungsuwon アルバム“The Another Side of Alienation”

画像

 ◆最優秀女性アーティスト賞
 ◎Rasmee Wayrana アルバム“Isan Soul”

画像

 ◆最優秀デュオ/グループ・アーティスト賞
 ◎25 Hours

 ◆最優秀ニュー・アーティスト賞
 ◎Postbox

 ◆最優秀楽曲賞
 ◎Rasmee Wayrana “Maya”

 ◆ベスト・アルバム賞
 ◎Rasmee Wayrana “Isan Soul”

 ◆最優秀レコーディング賞
 ◎Postbox アルバム“Dai Yin Rue Yang”

 ◆最優秀インストゥルメンタル賞
 ◎“Mysteriously Awake”

 【人気賞】

 ※下記のLuk Thung Artistと合わせて6部門あります。

 ◆人気映画賞
 ◎“Yes or No 2.5”(タイ) 監督:Kirati Nakintanon

 ◆人気テレビ・シリーズ賞
 ◎“Neung Nai Suang”

 ◆人気男優賞
 ◎Nadech Kugimiya

画像

 ◆人気女優賞
 ◎ベラー=ラーニー キャンペーン(Ranee "Bella" Campen)

画像

 ◆人気アーティスト賞
 ◎Nontanun "Kacha" Anchuleepradit

画像

 ◆殿堂入り人気(Very Popular)女優賞
 ◎ヤーヤー=ウッラサヤー セパーバン(Urassaya "Yaya" Sperbund)

画像

 ◆殿堂入り人気(Very Popular)アーティスト賞
 ◎ガン=ナパット インジャイウア(Napat "Gun" Injaiuea)

画像

 ※女優のヤーヤー=ウッラサヤー セパーバン(Urassaya "Yaya" Sperbund)と歌手/男優のガン=ナパット インジャイウア(Napat "Gun" Injaiuea)は、それぞれ5年連続で人気女優賞、人気アーティスト賞を受賞し、殿堂入り(upgrade)となったようです(今回は第2位が繰り上げで人気賞受賞)。

 【The luk thung awards】

 ※luk thungとは、タイのrural styleの意。
 ※この部門は、授賞式以前に発表済み。

 ◆最優秀男性アーティスト賞(Best Luk Thung Male Artist)
 ◎Pojana R Siam

 ◆最優秀女性アーティスト賞(Best Luk Thung Female Artist)
 ◎Kaewfah Sahapetch

 ◆ニュー男性アーティスト賞(Best New Luk Thung Male Artist)
 ◎Win Chaichana

 ◆ニュー女性アーティスト賞(Best New Luk Thung Female Artist)
 ◎Nat Mikethongkham

 ◆最優秀楽曲賞(Best Luk Thung Song)
 ◎“Thang Fun Sao Ban Nok”

 ◆最優秀ソング・ライティング賞
 ◎Somchai Trupimai “Thang Fun Sao Ban Nok”

 ◆最優秀アレンジメント賞
 ◎Jirawat Panphum “Thang Fun Sao Ban Nok”

 ◆最優秀カバー曲賞 男性部門(The Best Timeless Song by a Male Artist)
 ◎Nopporn Muangsupan's "Khid Thueng Jang Loei" covered by マイク・ピロムポン(Mike Piromporn)

 ◆最優秀カバー曲賞 女性部門(The Best Timeless Song by a Female Artist)
 ◎Pongsri Woranuch's "Fon Nao Sao Kruan" covered by Paowalee Pornpimol

 ◆人気アーティスト賞(The Popular Vote for Luk Thung Artist)
 ◎Unnop "Por" Thongborisut

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *参考
 ・The Kom Chad Luek:http://www.komchadluek.net/detail/20160118/220745.html
 ・The Kom Chad Luek:http://www.komchadluek.net/detail/20160322/224482.html
 ・The Kom Chad Luek:http://www.komchadluek.net/detail/20160325/224672.html
 ・The Nation:http://www.nationmultimedia.com/life/Another-sweep-for-Freelance-30282453.html
 ・Wikipedia:https://th.wikipedia.org/wiki/&#3588;&#3617;ชัดลึก_อวอร์ด_ครั้งที่_13

 ・コム・チャット・ルック映画賞2014ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201405/article_8.html
 ・コム・チャット・ルック映画賞2014受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201405/article_12.html
 ・コム・チャット・ルック映画賞2013:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201304/article_22.html
 ・コム・チャット・ルック映画賞2012:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201205/article_5.html
 ・コム・チャット・ルック映画賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_5.html
 ・コム・チャット・ルック映画賞2010:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_35.html

 ・タイ・アカデミー賞2016:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201605/article_33.html

 ・タイ映画監督協会賞2016:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201605/article_32.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年1月〜5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_49.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【タイ映画】 コム・チャット・ルック賞2016 受賞結果 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる