海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 早くも2017年米国アカデミー賞を予想してみました!

<<   作成日時 : 2016/03/08 12:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 恒例により、全米映画賞レース2016(米国アカデミー賞2017)に絡んできそうな作品を書き出してみました。

 以下、アメリカ国内での公開予定の順に並べてあります。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【主要作品公開カレンダー】

 ・“Hail,Caesar!”(英・米) 監督:ジョエル&イーサン・コーエン 製作:Working Title Films 配給:ユニバーサル・ピクチャーズ 日本配給:東宝東和
 出演:ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、オールデン・エアエンライク、スカーレット・ヨハンソン、チャニング・テイタム、レイフ・ファインズ、ティルダ・スウィントン、ジョナ・ヒル、フランシス・マクドーマンド
 物語:1950年代初期のハリウッドのある大きなスタジオの1つ。気狂い地味たことが日常茶飯に起こる日々の中で、エディー・マニックスは、誰も進んではやりたがらないようなトラブルの処理を請け負っていた。しかし、そんなエディーにとっても、もうこれは限界だと思える時があった。「ハイル、シーザー!」という記念碑的な作品の撮影が半分まで進んでいたところで、スターが誘拐されるという事件が起こる。しかも、詮索好きなジャーナリストが2人も彼の周辺を嗅ぎまわっていた。エディーはそれでも冷静を装っていたが、そんな彼をさらに追い打ちをかけるような思いもかけないことが起こる……。
 2016年2月5日アメリカ公開

 ・“Everybody Wants Some” 監督:リチャード・リンクレイター 配給:パラマウント
 出演:Ryan Guzman、ゾーイ・ドゥイッチ、タイラー・ホークリン、ワイアット・ラッセル
 物語:1980年代。大学のバスケットボール・チームが新入生を迎える。コーチは、新人たちに守らなければならない2つのルールを発表する。1.ここでは飲酒は禁止だ。2.ここに女を連れ込んではいけない。当然、新入生たちは、これをそのまま守るはずもなく、親元を離れて、たくさんの「初めて」を経験する。
 2016年4月1日アメリカ公開予定

 ・“A Hologram for the King” 監督:トム・ティクヴァ 配給:ライオンズゲート他
 出演:トム・ハンクス、トム・スケリット、サリター・チョウドリー、シセ・バベット・クヌッセン
 物語:アランは、ボストン在住の経営コンサルタントだが、仕事は失敗続きで、破産寸前だ。IT会社を代表して、サウジアラビアにホログラムによる会議システムの導入を提案しに行くが、ここでは、アメリカの常識が全く通用しない。
 2016年4月22日アメリカ公開予定

 ・“Florence Foster Jenkins”(英) 監督:スティーヴン・フリアーズ 配給:パラマウント
 出演:メリル・ストリープ、ヒュー・グラント、レベッカ・ファーガソン、サイモン・ヘルバーグ
 物語:フローレンス・フォスター・ジェンキンスは、ニューヨークの名家の相続人で、偉大な歌手になることに取りつかれていた。彼女の歌声は、彼女の頭の中では素晴らしいものに聞こえていたが、彼女以外の人にとってはひどいとしか言いようがなかった。献身的な夫でマネージャーの、セント・クレア・ベイフィールドは、プレイベートのリサイタルで、真実から彼女を守ろうとする。
 壊滅的に歌唱力がなかったとされる実在のアメリカ人オペラ歌手フローレンス・フォスター・ジェンキンス(1868-1944)の人生を描く。メリル・ストリープがフローレンス・フォスター・ジェンキンスを演じ、ヒュー・グラントが夫を演じる。
 2016年5月6日イギリス公開予定

 ・“Money Monster”(米) 監督:ジョディー・フォスター 配給:ソニー・ピクチャーズ
 出演:ジャック・オコンネル、ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ、Caitriona Balfe、ドミニク・ウェスト
 物語:リー・ゲイツは、株取引の情報番組の司会者だったが、彼の情報によって家族の金を失った視聴者から番組放送中に人質として捕らえられてしまう。
 2016年5月13日アメリカ公開予定

 ・“Maggie's Plan” 監督:レベッカ・ミラー 配給:SPC
 出演:グレタ・ガーウィグ、トラヴィス・フィメル、ジュリアン・ムーア、イーサン・ホーク、ビル・ヘイダー
 物語:マギーの、自分の赤ん坊がほしいというプランは、好きになった相手ジョンが既婚者だったことから狂い始め、ジョンと聡明なジョーゼットとの不安定な結婚生活を破壊する。
 2016年5月20日アメリカ公開予定

 ・“The BFG” 監督:スティーヴン・スピルバーグ 配給:ディズニー
 出演:マーク・ライランス、レベッカ・ホール、ジェマイン・クレメント、ビル・ヘイダー、オラフル・ダッリ・オラフソン
 ロアルド・ダールの『オ・ヤサシ巨人BFG』の映画化。
 2016年7月1日アメリカ公開予定。2016年9月17日日本公開予定。

 ・“La La Land” 監督:デイミアン・チャゼル 配給:ライオンズゲート
 出演:エマ・ストーン、ライアン・ゴズリング、フィン・ウィントロック、J・K・シモンズ、ソノヤ・ミズノ
 物語:現代のロサンゼルス。ジャズ・ピアニストのセバスチャンは、売り出し中の女優ミアに恋をする。
 『セッション』以前に書かれていた脚本で、2014年の段階では、マイルズ・テラーとエマ・ワトソンが主演と報じられていた。
 2016年7月15日アメリカ公開

 ・“The Light Between Oceans”(米・ニュージーランド) 監督:デレク・シアンフランス 配給:ディズニー
 出演:アリシア・ヴィキャンデル、マイケル・ファスベンダー、レイチェル・ワイズ、アンソニー・ヘイズ(Anthony Hayes)
 物語:オーストラリアの孤島。トムは、灯台守をしていて、イザベルと出会い、結婚する。まわりの自然以外、特に楽しみと言えるものもないような生活。それでも2人は幸せだった。2人が望んでいたのは、子宝だけだったが、イザベルは流産を繰り返してしまう。そんな時、男性の遺体を乗せた舟が漂着し、その傍らに赤ん坊を発見する。イザベラはこれを天からの授かりものだと考える……。
 M.L. Stedmanの同名小説の映画化。
 脚本:デレク・シアンフランス
 撮影:アダム・アーカポー
 音楽:アレクサンドル・デプラ
 製作:デイヴィッド・ハイマン
 2016年9月2日アメリカ公開予定

 ・“Sully”(米・英・オーストラリア) 監督:クリント・イーストウッド 配給:WB
 出演:トム・ハンクス、オータム・リーサー、アンナ・ガン、ローラ・リニー、アーロン・エッカート
 物語:2009年1月15日午後3時30分頃、ニューヨーク・ラガーディア空港発シャーロット経由シアトル行きのUSエアウェイズ1549便のエンジンにカナダガンが飛び込み、両エンジンとも停止する(バードストライク)という事態が起こる。副操縦士らは、事態の改善に努力したがエンジンは再始動せず、一方、空港管制は、進行方向の延長上にあるテターボロ空港へと誘導しようとするが、高度と速度に問題があり、それもかなわない。機長のチェズレイ・サレンバーガーは操縦を副操縦士から交代し、マンハッタン区付近のハドソン川に緊急不時着水させる。この事故は、乗客も乗員も全員助かったことから「ハドソン川の奇跡」と呼ばれる。
 チェズレイ・サレンバーガーとジェフリー・ザスローによるノンフィクション『機長、究極の決断』“Highest Duty: My Search for What Really Matters”の映画化。
 撮影:トム・スターン
 製作:クリント・イーストウッド、トム・ハンクス、フランク・マーシャル、ゲイリー・ゴーツマン、ロバート・ローレンツ、ティム・ムーア、アリン・スチュワート
 2016年9月9日アメリカ公開予定

 ・“The Magnificent Seven” 監督:アントワン・フークワ 配給:コロンビア・ピクチャーズ
 出演:ヘイリー・ベネット、クリス・プラット、デンゼル・ワシントン、マット・ボマー、イーサン・ホーク、イ・ビョンホン、ヴィンセント・ドノフリオ、ショーン・ブリジャース
 『七人の侍』のリメイク。
 2016年9月23日アメリカ公開予定

 ・“Miss Peregrine's Home for Peculiar Children” 監督:ティム・バートン 配給:FOX
 出演:エヴァ・グリーン、サミュエル・L・ジャクソン、アリソン・ジャネイ、エイサ・バターフィールド
 物語:ジェイコブは、大好きだった祖父を事故で失い、祖父の話の中に出てきたミス・ペレグリンの孤児院を訪ねるべく、ウェールズの島へ向かう。彼は、そこの住人に会い、彼らの特別なパワーを知るが、謎は深まるばかりだった。
 ランサム・リグズの『ハヤブサが守る家』の映画化。
 2016年9月30日アメリカ公開予定

 ・“The Birth of A Nation”(米) 監督:ネイト・パーカー 配給:Fox Searchlight Pictures
 出演:ネイト・パーカー、アーミー・ハマー、アヤ・ナオミ・キング、ジャッキー・アール・ヘイリー、ガブリエル・ユニオン、マーク・ブーン・ジュニア
 物語:南北戦争以前の南部、バージニア州サウザンプトン。小さな奴隷少年のナサニエル・“ナット”・ターナーは、森の中で長老たちに会い、そこで彼は預言者になるべく運命づけられる。彼は、賢く、すぐに読み書きを覚えて、聖書の勉強を始め、奴隷仲間の説教師となる。彼の主人は、ナットの説教を役立てようとして、彼を州内の説教ツアーに行かせる。そこでナットは、奴隷たちが残酷な仕打ちを受けているのを見て、衝撃を受ける。
 実話に基づく物語。
 俳優ネイト・パーカーの初監督作品。
 脚本:ネイト・パーカー
 撮影:エリオット・デイヴィス
 音楽:ヘンリー・ジャックマン
 製作:ジェイソン・マイケル・バーマン、アーロン・L・ギルバート、プレストン・L・ホームズ、ネイト・パーカー、ケヴィン・チューレン
 サンダンス映画祭2016 グランプリ、観客賞受賞。
 2016年10月7日アメリカ公開予定

 ・“The Girl on the Train” 監督:テイト・テイラー 配給:ユニバーサル
 出演:エミリー・ブラント、ヘイリー・ベネット、レベッカ・ファーガソン、ジャスティン・セロー、ルーク・エヴァンス、エドガー・ラミレス、リサ・クードロー、ローラ・プリポン、アリソン・ジャネイ
 物語:レイチェルは、毎日、列車に乗って、ロンドンへと仕事に向かう。列車からは、彼女が前に暮らしていて、今は別れた夫トムが新しい妻アンと暮らしている家が見える。また、少し離れたところには、別の夫婦が住んでいる家も見える。その夫婦は、幸せで、完璧な生活を送っているように見えた。レイチェルは、その夫婦を勝手に「ジェスとジェイソン」と呼んでいた。ある日、彼女はその家の様子がどこかおかしいと気づく。そして、ジェスの姿が見えなくなる。レイチェルは、どうしてジェスがいなくなってしまったのか考え始める……。
 ポーラ・ホーキンズのベストセラー『ガール・オン・ザ・トレイン』の映画化。
 脚本:エリン・クレシダ・ウィルソン
 撮影:シャルロッテ・ブルース・クリステンセン
 編集:マイケル・マカスカー
 プロダクション・デザイン:ケヴィン・トンプソン
 衣裳デザイン:ミシェル・マットランド
 製作:マーク・プラット
 2016年10月7日アメリカ公開予定。

 ・タイトル未定 ウディ・アレン作品 監督:ウディ・アレン 配給:不詳
 出演:ブレイク・ライヴリー、クリステン・スチュワート、スティーヴ・カレル、ジェシー・アイゼンバーグ、パーカー・ポージー、アンナ・キャンプ、ジュディー・デイヴィス、ポール・シュナイダー
 物語:不詳
 脚本:ウディ・アレン
 撮影:ヴィットリオ・ストラーロ
 製作:レッティ・アロンソン、スティーヴン・テネンバウム、エドワード・ウォルソン
 2016年10月12日アメリカ公開予定

 ・“A Monster Calls”(米・西) 監督:ファン・アントニオ・バヨナ 配給:Focus Features
 出演:Lewis MacDougall、フェリシティー・ジョーンズ、リアム・ニーソン、シガニー・ウィーバー、トビー・ケベル、ジェラルディン・チャップリン
 物語:コナーは、シングル・マザーの母と暮らしているが、母が重い病気にかかり、木の怪物に助けを求める。
 パトリック・ネス著の児童書『怪物はささやく』の映画化。
 2016年10月14日アメリカ公開予定

 ・“Billy Lynn's Long Halftime Walk”(米・英・中) 監督:アン・リー 配給:SPE
 物語:ビリー・リンは、ブラヴォー・スクワッドという米軍の部隊に属していて、イラクで戦っていた。彼らは、「アル・アンカサールの戦い」という短いが緊張度の高い戦いで活躍し、生き残ったメンバー8人で戦争のヒーローとして帰国する。彼らは、戦争への理解と支援を目論む政府によって、彼らはヴィクトリー・ツアーに送り出される。その中で、アメフト・チーム、テキサス・カーボーイズの試合のゲストとして、デスティニー・チャイルドとともにハーフタイムショーに出演する。ヴィクトリー・ツアーの後、彼らはイラクに送り返されることになっていて、ビリーは、戦争を知りもしないアメリカ市民による態度に幻滅し始める。彼は、自分を育ててくれた家族のこと、自分の下した決断のこと、自分の腕の中で死んでいった軍曹のことなどを考える。彼は、また、スタジアムのチアリーダーに恋をするが、彼女は彼がすぐにイラクに戻らなければならないことを知ってショックを受ける。
 Ben Fountainの同名の小説の映画化。
 出演:ヴィン・ディーゼル、クリステン・スチュワート、ギャレット・ヘドランド、スティーヴ・マーティン、クリス・タッカー、マッケンジー・リー、ティム・ブレイク・ネルソン
 撮影:ジョン・トール
 編集:ティム・スクワイアズ
 プロダクション・デザイン:マーク・フリードバーグ
 製作:アン・リー、サイモン・コーンウェル、スティーヴン・コーンウェル、マーク・プラット、トム・ロスマン、Rhodri Thomas
 2016年11月11日アメリカ公開予定

 ・タイトル未定 WWUロマンティック・スリラー 監督:ロバート・ゼメキス 配給:パラマウント
 出演:ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール、ジャレッド・ハリス
 物語:1942年。マックスは、対諜報活動のエージェントで、北アフリカでの危険な任務中に、ヴィシー政権下で潜入活動をしていたスパイ、マリアンヌと出会い、恋に落ちる。2人は、ロンドンに移り、結婚するが、マックスは妻が奇妙なゲームを仕掛けているのではないかと疑い始める。
 脚本:スティーヴン・ナイト
 撮影:ドン・バージェス
 編集:ジェレマイア・オドリスコル
 プロダクション・デザイン:ゲリー・フリーマン
 音楽:アラン・シルヴェストリ
 製作:ロバート・ゼメキス、グレアム・キング、スティーヴ・スターキー
 2016年11月23日アメリカ公開予定

 ・“The Founder” 監督:ジョン・リー・ハンコック 配給:TWC
 出演:マイケル・キートン、ローラ・ダーン、リンダ・カーデリーニ、パトリック・ウィルソン
 物語:レイ・クロック(1902-1984)は、イリノイ州出身のセールスマンで、1954年にカリドルニア州サンバーナーディーノで、ハンバーガー・レストランを経営していたマックとディックというマクドナルド兄弟と出会う。レイは、兄弟が編み出した効率的なシステムに関心を持ち、彼らからフランチャイズ権を手に入れ、1961年には2700万ドルを稼ぐ一大チェーンにまで成長させる。
 ファースト・フード帝国マクドナルドを創業したレイ・クロックの人生を描く。主役のレイ・クロックをマイケル・キートン、その妻をローラ・ダーンが演じる。
 脚本:ロバート・D・シーゲル
 撮影:ジョン・シュワルツマン
 プロダクション・デザイン:マイケル・コレンブリス
 衣裳デザイン:ダニエル・オーランディ
 音楽:カーター・バーウェル
 製作:ジェレミー・レナー、アーロン・ライダー、Don Handfield
 2016年11月25日アメリカ公開予定

 ・“Lion”(オーストラリア・英・米) 監督:Garth Davis 配給:TWC
 出演:ルーニー・マーラ、ニコール・キッドマン、デーヴ・パテル、デイヴィッド・ウェンハム
 物語:サルーは、インド中央部にあるマディヤ・プラデーシュ州カンドワの近くで1981年に生まれる。父親は、妻と3人の子を残して家を出ていってしまい、家庭は貧困にあえいでいた。母は、工事現場で働いていたが、それでも十分に稼ぐことはできず、子供たちを学校に行かせる余裕もなかった。5歳のサルーは、兄のグドゥーとカイルーとともに駅にでかけて、物乞いをしたりもした。グドゥーは、時々、列車の車両の掃除の仕事を手に入れたりもしていた。ある日、グドゥーは、列車に乗って70キロ南にあるブルハーンプルへとでかける。サルーも一緒に行きたいと言って、兄についていく。ブルハーンプルに着いたグドゥーは、サルーにプラットホームで待っているように言う。ところがなかなか兄は帰ってこない。止まっている列車を見つけた彼は、そこに兄が乗っているのかもしれないと思い、列車に乗り込んで、眠ってしまう。目を覚ました時、列車は見知らぬ街を走っていた。小さな駅に止まるが、彼はドアを開けて出ていくことができない。最終的に列車はコルカタに着く。サルーは、そこで浮浪児となって路上生活を始める。数週間後、警察に保護されるが、故郷がどこなのか判明しない。結局、孤児院に引き取られることになる。その後、彼は、裕福なオーストラリア人ブライアリー夫妻の養子となってタスマニアで暮らし始める。サルーは、そこで成人し、ホテルマンとしての勉強を始める。グーグル・アースを使って、母国インドを調べ始めた彼は、かすかな記憶を頼りに、故郷の町を探し、2011年のある夜、ブルハーンプルの駅からたどって、ついにカンドワの町を見出す。フェイスブックなどからも情報を収集した彼は、故郷を見つけたと確信し、25年ぶりにインドの地を踏む。そして、ひょっとしたら死んでしまっているかもしれないと思った家族と再会を果たす。
 サルー・ブライアリー本人によるノンフィクション『25年目の「ただいま」』“A Long Way Home”の映画化。
 脚本:ルーク・デイヴィス
 撮影:グリーグ・フレイザー
 編集:アレクサンドル・デ・フランチェスキ
 音楽:フォルカー・ベルテルマン、ダスティン・オハロラン
 製作:イアン・カニング、Angie Fielder、エミール・シャーマン
 2016年11月25日アメリカ公開予定

 ・“Collateral Beauty” 監督:デイヴィッド・フランケル 配給:New Line Cinema
 出演:ケイト・ゥインスレット、キーラ・ナイトレイ、ウィル・スミス、エドワード・ノートン
 物語:悲劇が起こり、ニューヨークの広告マンが負のスパイラルに入り込んでしまう。
 2016年12月16日アメリカ公開予定

 ・“Passengers” 監督:モルテン・ティルドゥム 配給:SPE
 出演:ジェニファー・ローレンス、クリス・プラット、マイケル・シーン、ローレンス・フィッシュバーン
 物語:遠い植民地惑星へと向かう宇宙船が、睡眠カプセルを使って数千人の人々を運んでいる。ところが、誤作動が起こって、ひとりの男性が60年早く目を覚ましてしまう。このままでは、独りで年老い、死ななければならない。そう考えた彼は、もうひとり、起こすことにする。
 脚本:ジョン・スペイツ
 撮影:ロドリゴ・プリエト
 編集:メリアン・ブランドン
 製作:スティーヴン・ハメル、マイケル・マー、オリ・マーマー、ニール・H・モリッツ
 2016年12月21日アメリカ公開予定

 【2016年公開予定/公開日未定作品】

 ・“Manchester by the Sea” 監督:ケネス・ロナーガン 配給:未定
 出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、グレッチェン・モル
 物語:リー・チャンドラーは、結婚して、2人の娘も儲けていたが、今は家族とは別れて、ボストンのアパートに住み、トイレを掃除したり、雪かきをしたりと便利屋のようなことをして暮らしていた。ある日、彼の兄ジョーが心臓病で亡くなり、彼が、16歳の甥パトリックの法的な後見人になり、その面倒を見なければならなくなる。ところが、一家の間には、たくさんの亀裂があって、リーには、それを修復する心づもりもなく、かといって感情的に見捨てることもできないのだった……。
 脚本:ケネス・ロナーガン
 撮影:ジョディ・リー・ライプス
 編集:ジェニファー・レイム
 音楽:レスリー・バーバー
 製作:マット・デイモン、Lauren Beck、クリス・ムーア、Kimberly Steward、ケヴィン・J・ウォルシュ
 サンダンス映画祭2016プレミア部門出品

 ・“Brain on Fire”(カナダ・アイルランド) 監督:Gerard Barrett 配給:Broad Green Pictures
 出演:クロエ・グレース・モレッツ、リチャード・アーミテージ、キャリー・アン・モス、ジェニー・スレイト
 物語:「マンハッタンでひとり暮らしをする24歳の新聞記者スザンナが心身に変調を来したのは、ある朝突然のことだった。最初は虫に噛まれたものと高をくくっていたところ、徐々に左腕がしびれ、それが左半身にひろがっていった。同時に、仕事への意欲を失い、部屋の片付けさえできなくなる。幻視や幻聴を体験したすえ、口から泡を吹き、全身を痙攣させる激しい発作を起こすまでになる。医師の見立ては精神障害ないしは神経疾患。処方薬はまったく効果がなく、検査でも原因を突き止められない。症状は悪化の一途をたどり、医師たちが匙を投げかけたとき、チームに加わった新顔の医師が精神疾患の疑いを否定し、最新の医療研究が明らかにした病因を提示して…人格を奪われ、正気と狂気の境界線を行き来した日々を、患者本人が聞き取り調査や医療記録、家族の日誌などから生き生きと再現して全米に衝撃を与えた医療ノンフィクション」スザンナ・キャハラン著の『脳に棲む魔物』の映画化。
 脚本:Gerard Barrett
 音楽:ジョン・パエザーノ
 製作:A・J・ディックス、Beth Kono、リンジー・マカダム、ロブ・メリリーズ

 ・“The Circle”(米・UAE) 監督:ジェームズ・ポンソルト 配給:EuropaCorp USA
 出演:エマ・ワトソン、トム・ハンクス、カレン・ギラン、ジョン・ボイエガ
 物語:メイは、一流のインターネット企業「ザ・サークル」に転職する。最初は何もかも素晴らしいと思えた会社だったが、会社の推奨するSNS活動が、次第にメイにとって負担になってくる。
 デイヴ・エガーズの『ザ・サークル』の映画化。

 ・“Deep Water”(英) 監督:ジェームズ・マーシュ 配給:未定
 出演:レイチェル・ワイズ、コリン・ファース、デイヴィッド・シューリス、ジョナサン・ベイリー
 物語:1968年、イギリスのサンデー・タイムズがヨットでの世界一周の最短記録を競うゴールデン・グルーブ・レースを開催する。ヨットで世界一周を達成したことがある有名なヨットマンがレースへの参戦に名乗り出る中、ヨットが趣味という無名のヨットマン、ドナルド・ハーストも参戦を表明する。レースでは、途中どこへも寄港が許されず、他の船からの援助も認められないという非常に厳しいもので、レースに参加した9名のうち、6名が次々と脱落していく。ドナルド・ハーストは、一時期、連絡が途絶えたものの、最後の3名まで残り、優勝へと期待がかかる。ところが、その後、大西洋上で誰も乗っていないドナルド・ハーストのヨットが発見される。その中には、彼の航海日誌が残されていて、彼の航海が失敗の連続であったことが明らかになる。現在に至るまで、ドナルド・ハーストの消息は明らかになっていない。
 ミシェル・ルクレール監督作品『シム氏の大変な私生活』でもエピソードが語られていた実在のヨットマン、ドナルド・クロウハーストの物語(「ドナルド・クロウハースト失踪事件」)の映画化。ドナルド・クロウハーストの物語は、これまでフランスやソ連などで繰り返し映画化されていて、2006年にはFilm Fourでドキュメンタリーも製作されている。2016年には、ニコラス・ローグ製作総指揮、サイモン・ラムリー監督による、“Crowhurst”も公開予定。
 本作では、ドナルドと妻クレアの物語が軸となる、と発表されている。
 脚本:スコット・Z・バーンズ
 撮影:エリック・ゴーティエ
 編集:ジンクス・ゴッドフリー
 プロダクション・デザイン:ジョン・ヘンソン
 製作:グレアム・ブロードベント、スコット・Z・バーンズ、ピーター・チャーニン、ニコラ・モヴェルネ、ジャック・ペラン

 ・“Gold” 監督:スティーヴン・ギャガン 配給:TWC-Dimension
 出演:マシュー・マコノヒー、エドガー・ラミレス、ブライス・ダラス・ハワード、レイチェル・テイラー、コリー・ストール
 物語:不運な男ケリーは、地質学者のマイケルとチームを組み、金を求めて、人跡未踏のボルネオのジャングルに分け入って行く。

 ・“Hacksaw Ridge” 監督:メル・ギブソン 配給:Summit Entertainment
 出演:アンドリュー・ガーフィールド、テレサ・パルマー、ルーク・ブレイシー、ヴィンス・ヴォーン、サム・ワーシントン、ヒューゴ・ウィーヴィング、レイチェル・グリフィス
 物語:アメリカ軍医デズモンド・T・ドスは、沖縄戦に従軍して、人を殺すことを拒否し、アメリカ史上初めて良心的兵役拒否を行なったアメリカ人となった。結果的に、彼には議会名誉勲章が授けられた。

 ・“The Last Face” 監督:ショーン・ペン 配給:未定 日本配給:ギャガ
 出演:シャーリーズ・セロン、ハビエル・バルデム、アデル・エグザルコプロス、ジャン・レノ
 物語:国際的な支援団体に属する女医が、政治的社会的革命が進行しているアフリカで、救援でやってきた医師と出会う。2人は、不安な状況下で、人道主義と生命に関して難しい選択を迫られる。

 ・“The Lost City of Z” 監督:ジェームズ・グレイ
 出演:チャーリー・ハナム、トム・ホランド、シエナ・ミラー、ロバート・パティンソン
 物語:1925年、伝説的なイギリス人探検家パーシー・フォーセットは、幻の都市Zを探して、アマゾンのジャングルに分け入り、そのまま行方知れずになる。

 ・“Loving”(英・米) 監督:ジェフ・ニコルズ 配給:Focus Features
 出演:ジョエル・エドガートン、マイケル・シャノン、マートン・チョーカシュ、ルース・ネッガ
 物語:Mildred Delores Jeter(1939-2008)は、アフリカン・アメリカンとラッパハノック系ネイティヴ・アメリカンの血を引く黒人女性で、Richard Perry Loving (1933-1975)は、白人男性で、2人は、1958年に結婚する。ところが、この結婚は、ヴェージニア州の異人種間結婚を禁じた法令に違反しているとみなされ、2人は刑務所に入れられる(この結婚が州の法律に反していることは2人も知っていたため、2人は異人種間の結婚が法律違反にならないワシントンDCまで旅して、そこで結婚していた)。これに対し、最高裁は、違憲の判決を出し、2人の結婚は公的に認められることになった。この裁判は、アメリカにおいて、人権に関する記念碑的な裁判(Loving v. Virginia, 388 U.S. 1 (1967))として知られる。以後、異人種間結婚は増え、最高裁の判決が出た6月12日は、ラヴィング・デイとして記憶されることになった。
 ラヴィング夫妻の物語は、これまでリチャード・フリーデンバーグ監督の“Mr. & Mrs. Loving”(1996)、Nancy Buirski監督のドキュメンタリー“The Loving Story”として映画化されている。
 脚本:ジェフ・ニコルズ
 撮影:アダム・ストーン
 編集:ジュリー・モンロー
 プロダクション・デザイン:チャド・キース
 音楽:デイヴィッド・ウィンゴ
 製作:Nancy Buirski、Ged Doherty、コリン・ファース、サラ・グリーン、ピーター・サラフ、マーク・タートルトーブ

 ・“The Neon Demon”(仏・米・デンマーク) 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン 配給:Amazon Studios 日本配給:ギャガ
 出演キアヌ・リーヴス、クリスティーナ・ヘンドリックス、ジェナ・マローン、アビー・リー・カーショウ
 物語:新進のモデル、ジェシーがロサンゼルスに引っ越してくる。彼女の若さとヴァイタリティーは、美に取りつかれた女性グループを魅了する。彼らは、ジェシーが持っているものなら何でも手に入れようとする。

 ・“Nocturnal Animals” 監督:トム・フォード 配給:Focus Features
 出演:エイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホール、アイラ・フィッシャー、アーロン・テイラー=ジョンソン、アーミー・ハマー、マイケル・シャノン
 物語:スーザンは、20年前に別れた夫ウォーカーから、原稿を受け取る。それは、妻ローラと娘エリーを殺された大学教授トニー・ヘイスティングスが復讐を試みるという内容のものだった。
 オースティン・ライトの『ミステリ原稿』“Tony and Susan”の映画化。
 脚本:トム・フォード
 撮影:シーマス・マクガーヴィー
 製作:トム・フォード、ロバート・サレルノ

 ・“Paterson” 監督:ジム・ジャームッシュ 配給: Amazon Studios
 出演:アダム・ドライヴァー、ゴルシフテ・ファラハニ、カーラ・ヘイワード、スターリング・ジェリンズ
 物語:ニュージャージー州パターソン、現在。主人公のパターソン(市の名前と同じ)は、バスの運転手で、いつも同じルートを運転している。彼は、日々、自分のまわりで起こることを観察し、自分のまわりでささやかれることに耳を傾けて、ノートに詩を書きつけている。彼は、仕事が終わると妻ローラの待つ家に帰る。彼は妻を愛し、妻も彼を愛している。妻の日常は、夫のそれとは違い、日々変化している。ローラは、新しい夢を抱き、パターソンはそれを支える。一方、ローラは、夫の詩の才能を素晴らしいと感じている。

 ・“The Promise” 監督:テリー・ジョージ 配給:未定
 出演:クリスチャン・ベール、オスカー・アイザック、シャルロット・ルボン、ショーレ・アグダシュルー、ジャン・レノ、ジェームズ・クロムウェル
 物語:オスマン帝国末期。聡明な医学生マイケルと、美しく洗練された女性アン、パリを拠点に活躍する有名なアメリカ人ジャーナリスト、クリスの愛の三角関係を描く。

 ・“Queen of Katwe”(南ア・米) 監督:ミラ・ナーイル 配給:ディズニー
 出演:ルピタ・ニョンゴ、デイヴィッド・オイェロウォ、Ntare Guma Mbaho Mwine、Peter Odeke
 物語:ウガンダのスラム街で育ったフィオナ・ムテシ(Phiona Mutesi)は、無料で食事をもらうためにチェスを覚え始め、女性のジュニア・チャンピオンにまで上達する。
 Tim Crothersによる同名のノンフィクションの映画化。

 ・“The Secret Scripture”(アイルランド) 監督:ジム・シェリダン 配給:Relativity Media
 出演:ルーニー・マーラ、テオ・ジェームズ、エイダン・ターナー、エリック・バナ
 物語:ロザンヌは、100歳で、ロスコモン地方精神病院の最高齢収容者である。ドクター・グリンは、そこの院長で、老朽化した病院からベッド数の少ない新しい病院へと患者を移すために、患者を選別して、社会復帰が可能な患者はできるだけ社会復帰させたいと考える。ロザンヌについては、高齢者ではあるが、彼女がなぜここに入れられているのかわからないこともあり、グリンは、彼女の過去を遡って調べ始める。
 Sebastian Barryの同名の小説の映画化。

 ・“Silence” 監督:マーティン・スコセッシ 配給:パラマウント
 出演:アダム・ドライヴァー、リアム・ニーソン、アンドリュー・ガーフィールド、キアラン・ハインズ、浅野忠信、小松菜奈、塚本晋也、加瀬亮、窪塚洋介、SABU、イッセー尾形、中村嘉葎雄、笈田ヨシ、鈴木誠克、宮沢天
 物語:17世紀の日本に2人のイエズス会宣教師がやってくる。江戸時代の当時、日本は外国からの影響を抑えるべく、鎖国を行ない、キリスト教を禁じていた。2人は日本のクリスチャンが迫害されているのを目撃する。その後、彼ら2人は、徐々に別れ、クリストヴァン・フェレイラは、日本の地方を旅し、神は、子が苦しんでいるのになぜ沈黙しているのかと考える。
 遠藤周作の『沈黙』を、オスカー総獲得数11、総ノミネート数38(?)の制作布陣で臨む。当初は、ダニエル=デイ・ルイスが主演する予定だったが、『リンカーン』に主演するはずだったリアム・ニーソンとスイッチする形になった。撮影は台湾で行なわれている。
 脚本:ジェイ・コックス
 撮影:ロドリゴ・プリエト
 撮影:テルマ・スクーンメイカー
 プロダクション・デザイン:ダンテ・フェレッティ
 アート・ディレクション:ホァン・ウェンイン(黄文英/Wen-Ying Huang)
 装飾:Francesca Lo Schiavo
 製作:マーティン・スコセッシ、アーウィン・ウィンクラー、エマ・ティリンジャー・コスコフ、ランドール・エメット、バーバラ・デ・フィーナ、ヴィットリオ・チェッキ・ゴーリ
 世界のほとんどの国で配給決定済み。

 ・“Story of Your Life” 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 配給:パラマウント
 出演:エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、マイケル・スタールバーグ、フォレスト・ウィテカー
 物語:地球にエイリアンの宇宙船が飛来し、言語学者のルイーズ・バンクスが、軍に呼ばれて、彼らが平和の使者なのか、脅威なのかを判断してほしいと依頼される。ヘプタポッド(エイリアン)は、2つのタイプの言語を有していた。ヘプタポッドAは話し言葉で、中央に埋め込まれた「句」によって様々なレベルに分かれる。ヘプテポッドBは、書き言葉で、プロットが中核をなし、単一概念を文全体から切り離すことができない。ヘプタポッドBで書かれると、書き手は、文の結末まで包括的に認識する。ヘプタポッドBは、数学やフェルマーの最終定理に対する彼らの理解の仕方によって説明される。ヘプタポッドBを把握したルイーズは、その認識方法に影響され、自由意志が、出来事の結果に影響を及ぼすことがない確定的世界を発想する。そうして、彼女は、まだお腹の中にいる娘に、これからの人生の始まりから終わりまでを語って聞かせる。
 中国系アメリカ人SF作家テッド・チャンの、シオドア・スタージョン記念賞、ネビュラ賞受賞の短編『あなたの人生の物語』の映画化。
 脚本:エリック・ハイセラー
 撮影:ブラッドフォード・ヤング
 編集:ジョー・ウォーカー
 プロダクション・デザイン:パトリス・ヴァーメット
 音楽:ヨハン・ヨハンソン
 製作:アーロン・ライダー、ショーン・レヴィ、デイヴィッド・リンド、カレン・ランダー

 ・“Tulip Fever”(英・米) 監督:ジャスティン・チャドウィック 配給:TWC
 出演:アリシア・ヴィキャンデル、クリストフ・ヴァルツ、ザック・ガリフィアナキス、ジャック・オコンネル、ジュディ・デンチ、トム・ホランダー、ホリデイ・グレインジャー
 物語:17世紀初頭のオランダ。ソフィアは、貧困にあえぐ家族のために、裕福な初老の貿易商コルネリスに嫁ぐ。貧しい画家のヤンは、コルネリスから肖像画の依頼を受け、ソフィアに恋をしてしまう。当時、愛好家の間で取引されていたチューリップが、投機の対象となり、市民を巻き込んで異常な社会現象を引き起こしていた。ヤンとソフィアは、2人の未来を賭けて、危険なチューリップ市場に手を出す。
 デボラ・モガーの『チューリップ熱』の映画化。

 ・“20th Century Women” 監督:マイク・ミルズ 配給:未定
 出演:アリア・ショウカット、エル・ファニング、ビリー・クラダップ、アネット・ベニング、グレタ・ガーウィグ
 物語:1979年のサンタバーバラ。シングル・マザーのドロシーは、息子と、息子の友だちで挑発的な女の子のジュリー、そして若く洗練された写真家アビーに、愛と自由について教えようとする。
 脚本:ジョン・ミルズ
 撮影:ショーン・ポーター
 プロダクション・デザイン:クリス・ジョーンズ
 衣裳デザイン:ジェニファー・ジョンソン
 音楽:Roger Neill
 製作:アン・ケアリー、ミーガン・エリソン、ユーリー・ヘンリー

 ・“War Machine” 監督:デイヴィッド・ミショッド 配給:Netflix
 出演:ブラッド・ピット、ウィル・ポールター、エモリー・コーヘン、トファー・グレイス
 ローリング・ストーン誌に書いた記事“The Runaway General”で、アフガニスタン駐留米軍のマクリスタル司令官を追い込むきっかけを作ったアメリカのジャーナリスト、マイケル・ヘイスティングス(1980-2013)が、マクリスタル司令官と彼のチームと旅して、その間に交わしたやり取りをまとめた“The Operators”をドラマ化した作品。

 ・“Weightless” 監督:テレンス・マリック 配給:Broad Green Pictures
 出演:マイケル・ファスベンダー、ベニチオ・デル・トロ、ヘイリー・ベネット、ルーニー・マーラ、クリスチャン・ベール、ライアン・ゴズリング、ナタリー・ポートマン、ケイト・ブランシェット、ヴァル・キルマー、ホーリー・ハンター、ベレニス・マーロウ
 物語:テキサス州オースティンの音楽シーンを背景に2つの愛の三角関係が交差する。
 作品の全体像は明らかにされないまま、“Knight of Cups”と並行して、複雑なパズルを組み合わせるかのように2012年よりテレンス・マリックが制作を進めていた作品。
 脚本:テレンス・マリック
 撮影:エマニュエル・ルベツキ
 プロダクション・デザイン:ジャック・フィスク
 製作:ケン・カオ、サラ・グリーン、ニコラス・ゴンダ

 ・“The Zookeeper's Wife” 監督:ニキ・カーロ 配給:Focus Features
 出演:ジェシカ・チャステイン、ダニエル・ブリュール、イド・ゴールドバーグ、マイケル・マケルハットン
 物語:1930年代、ヤンはワルシャワの動物園の園長をし、妻のアントニーナは、動物に対し、深いシンパシーを抱いていた。動物園の中にあるヴィラは、彼らの息子にとってと同じく、動物たちにとっても保育と居住のための場所となっていた。こうした生活は、1939年9月1日にドイツがポーランドに侵攻した日に終わりを告げる。動物園の動物たちや施設は、爆弾や包囲によって破壊されてしまう。動物園は閉鎖されたが、夫妻はヴィラに残り続けた。動物園は、最初は豚の飼育小屋として、それから毛皮ファームとして利用された。夫妻は、ポーランドの地下のレジスタンスに加わる。ヴィラと動物園の施設は、ユダヤ人のゲットーから逃げてきたユダヤ人たちの秘密の避難所となる。占領軍は、ユダヤ人を助けた人々を処刑したが、それでも、アントニーナは、ヴィラを戦前の姿のままにとどめておこうとした。1944年8月、ワルシャワ蜂起が起こって、ヤンは負傷するが、夫妻は戦争を生き延び、夫妻と地下活動のメンバーのおかげで、約300人のユダヤ人もまた生き延びることに成功した。1949年、動物園は再開され、ヤンは再び園長に就任した。1965年9月25日、夫妻は、ヤド・ヴァシェム(ナチス・ドイツによるホロコーストの犠牲者を追悼するためのイスラエルの国立記念館)から「諸国民の中の正義の人」(Righteous Among the Nations)として認められた。
 ダイアン・アッカーマンのノンフィクション『ユダヤ人を救った動物園――ヤンとアントニーナの物語』の映画化。
 脚本:Angela Workman
 撮影:アンドリー・パレーク
 編集:デイヴィッド・コウルソン
 音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
 製作:ジェフ・アッバリー、Diane Miller Levin、ジェイミー・パトリコフ、マイケル・トーリン、Robbie Tollin、キム・ザビック

 ・タイトル未定 ウォーレン・ビーティ作品 監督:ウォーレン・ビーティ 配給:未定
 出演:ウォーレン・ビーティ、リリー・コリンズ、ヘイリー・ベネット、オールデン・エアエンライク、タイサ・ファーミガ、マシュー・ブロデリック、アネット・ベニング、アレック・ボールドウィン、エド・ハリス、オリバー・プラット、エイミー・マディガン
 脚本:ウォーレン・ビーティ
 1958年、晩年のハワード・ヒューズは、かなり年の離れた若い女優に恋をする。
 撮影:キャレブ・デシャネル
 プロダクション・デザイン:ジェニーン・オッペウォール
 衣裳デザイン:アルバート・ウォルスキー
 製作:ウォーレン・ビーティ、モリー・コナーズ、Jonathan McCoy、ブレット・ラトナー、Jeffrey Soros、クリストファー・ウッドロウ

 ・“A United Kingdom”(英) 監督:アマ・アサンテ(Amma Asante) 配給:未定
 出演:ロザムンド・パイク、トム・フェルトン、ローラ・カーマイケル、ジャック・ダヴェンポート
 物語:セレツェ・カーマ(1921-1980)は、英領ベチュアナランド(現ボツワナ)のングワト族の第一王子で、4歳で王位に就く。1940年代、彼は、オックスフォード大学に留学し、ロイズの行員だったイギリス人女性ルース・ウィリアムズを見初め、結婚する。2人の結婚は、一族の長老に反対され、アパルトヘイトを行なっていた隣国南アフリカ共和国をも刺激する。南アフリカは、ベチュアナランドの宗主国イギリスに圧力をかけ、セレツェ・カーマは、王位か結婚かを選ばなくてはならなくなる。結婚を選んで、王位を放棄したセレツェ・カーマは、一市民として帰国。彼は、ングワト議会の議員となって、ボツワナ独立運動を押し進め、1966年ボツワナは独立。セレツェ・カーマは、初代大統領に就任し、現在のボツワナの繁栄の礎を築いた。
 2016年公開?

 ※一部の作品は、2017年に公開が持ち越しになる可能性があります。
 ※文字数の関係上、一部の作品に関しては、情報を簡略化しています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 部門ごとの予想などは次の記事↓に書くことにします。

 ・米国アカデミー賞2017 部門別予想:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201603/article_2.html

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
早くも2017年米国アカデミー賞を予想してみました! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる