海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS サテライト・アワード2016 受賞結果!

<<   作成日時 : 2016/02/22 18:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第20回サテライト・アワードの受賞結果が発表になりました。(2月21日)

 【サテライト・アワード】

 サテライト・アワードは、エンターテインメント記者が所属する世界最大の団体(と公称の)国際プレス・アカデミー(IPA)が選ぶ映画賞で、1996年以来、今回で第19回を迎えます。

 サテライト・アワードは、創設した人がゴールデン・グローブ賞を主催しているハリウッド記者協会の元会長で、テレビ部門があること、2010年までは映画部門がドラマ部門とコメディー/ミュージカル部門に分かれていたこと、賞のタイトルがかつては「ゴールデン・サテライト・アワード」だったことなどに、「出自」の「名残り」をとどめていましたが、現在はそうした色合いはかなり薄まりつつあります。

 現在の特徴としては、@俳優部門が強い映画賞として、エミー賞からゴールデン・グローブ賞、俳優組合賞、そしてアカデミー賞へと続く一連の映画賞の中に位置づけられること、Aテレビ部門を持つ主要な映画賞の1つであること、B多くの部門を持つ映画賞として、映画賞レースの流れを確認できる映画賞になっていること、などが挙げられます。

 個人的には、この時期に、これだけの部門とこれだけのノミニーをピックアップしている映画賞は他にはないので、1回書き出しておくと、いろいろと重宝します。実質的に、本年度の全米の映画賞のノミネーションを大雑把にカバーしている映画賞、ということになります。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【映画部門】

 ◆作品賞(Motion Picture)
 ◎『スポットライト 世紀のスクープ』 監督:トム・マッカーシー
 ・『ボーダーライン』 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
 ・『ルーム』 監督:レニー・アブラハムソン
 ・『レヴェナント:蘇えりし者』 監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
 ・『オデッセイ』 監督:リドリー・スコット
 ・『キャロル』 監督:トッド・ヘインズ
 ・『ブルックリン』 監督:ジョン・クローリー
 ・『ブリッジ・オブ・スパイ』 監督:スティーヴン・スピルバーグ
 ・『ブラック・スキャンダル』 監督:スコット・クーパー
 ・『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 監督:アダム・マッケイ

 ◆監督賞
 ・トム・フーパー 『リリーのすべて』
 ◎トム・マッカーシー 『スポットライト 世紀のスクープ』
 ・スティーヴン・スピルバーグ 『ブリッジ・オブ・スパイ』
 ・リドリー・スコット 『オデッセイ』
 ・レニー・アブラハムソン 『ルーム』
 ・アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 『レヴェナント:蘇えりし者』

 ◆主演男優賞(Actor in a Motion Picture)
 ・ウィル・スミス “Concussion”(監督:ピーター・ランデズマン)
 ・トム・ハーディー “Legend”(監督:ブライアン・ヘルゲブランド)
 ・マイケル・ファスベンダー 『スティーブ・ジョブズ』
 ・マット・デイモン 『オデッセイ』
 ◎レオナルド・ディカプリオ 『レヴェナント:蘇えりし者』
 ・ジョニー・デップ 『ブラック・スキャンダル』
 ・エディー・レッドメイン 『リリーのすべて』

 ◆主演女優賞(Actress in a Motion Picture)
 ◎シアーシャ・ローナン 『ブルックリン』
 ・シャーロット・ランプリング 『さざなみ』
 ・ケイト・ブランシェット 『キャロル』
 ・キャリー・マリガン “Suffragette”(監督:Sarah Gavron)
 ・ブリー・ラーソン 『ルーム』
 ・ブライス・ダナー “I’ll See You in My Dreams”(監督:Brett Haley)

 ◆助演男優賞(Actor in a Supporting Role)
 ・シルヴェスター・スタローン 『クリード チャンプを継ぐ男』
 ・ポール・ダノ 『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』
 ・マイケル・キートン 『スポットライト 世紀のスクープ』
 ・マーク・ラファロ 『スポットライト 世紀のスクープ』
 ◎クリスチャン・ベール 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
 ・ベニチオ・デル・トロ 『ボーダーライン』

 ◆助演女優賞(Actress in a Supporting Role)
 ・レイチェル・マクアダムス 『スポットライト 世紀のスクープ』
 ・ルーニー・マーラ 『キャロル』
 ・ケイト・ウィンスレット 『スティーブ・ジョブズ』
 ・ジェーン・フォンダ 『グランドフィナーレ』
 ・エリザベス・バンクス 『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』
 ◎アリシア・ヴィキャンデル 『リリーのすべて』

 ◆オリジナル脚本賞(Screenplay,Original)
 ◎ジョシュ・シンガー、トム・マッカーシー 『スポットライト 世紀のスクープ』
 ・マイケル・A・ラーナー オーレン・ムヴァーマン 『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』
 ・ジョシュ・クーリー、メグ・レフォーヴ、ピート・ドクター 『インサイド・ヘッド』
 ・アンドレア・バーロフ、Jonathan Herman 『ストレイト・アウタ・コンプトン』
 ・イーサン・コーエン、」ジョエル・コーエン、マット・シャルマン 『ブリッジ・オブ・スパイ』
 ・アビ・モーガン “Suffragette”

 ◆脚色賞(Screenplay,Adapted)
 ・ジェズ・バターワース、マーク・マルーク 『ブラック・スキャンダル』
 ・ルシンダ・コクソン 『リリーのすべて』
 ・エマ・ドナヒュー 『ルーム』
 ・ドリュー・ゴダード 『オデッセイ』
 ・アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、マーク・L・スミス 『レヴェナント:蘇えりし者』
 ◎アーロン・ソーキン 『スティーブ・ジョブズ』

 ◆撮影賞
 ・ロジャー・ディーキンス 『ボーダーライン』
 ◎ジョン・シール 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 ・ホイテ・ヴァン・ホイテマ 『007 スペクター』
 ・ダリウス・ウォルスキー 『オデッセイ』
 ・エマニュエル・ルベツキ 『レヴェナント:蘇えりし者』

 ◆編集賞
 ・ピエトロ・スカリア 『オデッセイ』
 ◎ジョー・ウォーカー 『ボーダーライン』
 ・マイケル・カーン 『ブリッジ・オブ・スパイ』
 ・リー・スミス 『007 スペクター』
 ・エリオット・グレアム 『スティーブ・ジョブズ』
 ・アフォンソ・ゴンサウヴェス 『キャロル』

 ◆美術賞(Art Direction and Production Design)
 ・フィオナ・クロンビー 『マクベス』
 ・イヴ・スチュワート 『リリーのすべて』
 ・デニス・ガスナー 『007 スペクター』
 ・ダッテ・フェレッティ 『シンデレラ』
 ・コリン・ギブソン 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 ◎アダム・ストックハウゼン 『ブリッジ・オブ・スパイ』

 ◆衣裳デザイン賞
 ◎ホアン・ウェンイン(黃文英/Hwarng Wern-Ying) 『黒衣の刺客』
 ・シム・ヒョンソプ(심현섭/Shim Hyun-seob) “The Thronee(사도/思悼)”
 ・サンディー・パウエル 『シンデレラ』
 ・パコ・デルガド 『リリーのすべて』
 ・ジャネット・パターソン “Far From the Madding Crowd”
 ・ジャクリーン・デュラン 『マクベス』

 ◆録音賞(Sound (Editing and Mixing))
 ◎『オデッセイ』 Mac Ruth、Mark Taylor、Oliver Tarney、Paul Massey
 ・『007 スペクター』
 ・『ボーダーライン』
 ・『インサイド・ヘッド』
 ・『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 ・『ジュラシック・ワールド』

 ◆視覚効果賞
 ・『007 スペクター』
 ◎『ザ・ウォーク』 Jim Gibbs、ケヴィン・ベイリー(Kevin Baillie)、Sébastien Moreau、Viktor Muller
 ・『オデッセイ』
 ・『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 ・『ジュラシック・ワールド』
 ・『エベレスト 3D』

 ◆オリジナル作曲賞
 ・トーマス・ニューマン 『007 スペクター』
 ・マイケル・ジアッキノ 『インサイド・ヘッド』
 ・ハワード・ショア 『スポットライト 世紀のスクープ』
 ・ハリー・グレグソン=ウィリアムズ 『オデッセイ』
 ◎カーター・バーウェル 『キャロル』
 ・アレクサンドル・デプラ 『リリーのすべて』

 ◆オリジナル歌曲賞
 ・『007 スペクター』 ‘Writing’s On The Wall’
 ◎『ハンティング・グラウンド』 ‘Till It Happens To You’
 ・『ワイルド・スピード SKY MISSION』 ‘See You Again’
 ・『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』 ‘One Kind Of Love’
 ・『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』 ‘Love Me Like You Do’
 ・“Ricki and the Flash” ‘Cold One’

 ◆ドキュメンタリー賞(Motion Picture,Documentary)
 ◎“Amy”(英) 監督:アシフ・カパディア(Asif Kapadia)
 ・“Becoming Bulletproof”(米) 監督:Michael Barnett
 ・“Best of Enemies”(米) 監督:モーガン・ネヴィル、Robert Gordon
 ・『カルテル・ランド』(米) 監督:Matthew Heineman
 ・“Drunk, Stoned, Brilliant, Dead: The Story of the National Lampoon”(米・英) 監督:Douglas Tirola
 ・『ゴーイング・クリア:サイエントロジーと信仰という監禁』(米) 監督:アレックス・ギブニー
 ・『わたしはマララ』(米) 監督:デイヴィス・グッゲンハイム
 ・『ハンティング・グラウンド』(米) 監督:カービー・ディック(Kirby Dick)
 ◎『ルック・オブ・サイレンス』(インドネシア・英・デンマーク・フィンランド・ノルウェー) 監督:ジョシュア・オッペンハイマー
 ・“Where to Invade Next”(米) 監督:マイケル・ムーア

 ◆アニメーション/ミックス・メディア賞(Motion Picture,Animated or Mixed Media)
 ・“Anomalisa”(米) 監督:デューク・ジョンソン(Duke Johnson)、チャーリー・カウフマン
 ◎『インサイド・ヘッド』(米) 監督:ピート・ドクター、ロナルド・デル・カルメン
 ・『映画 ひつじのショーン〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜』(英・仏) 監督:マーク・バートン、リチャード・スターザック
 ・『アーロと少年』(米) 監督:ピーター・ソーン
 ・『I LOVE スヌーピーTHE PEANUTS MOVIE』(米) 監督:スティーヴ・マルティノ
 ・“Kahlil Gibran’s The Prophet”(カナダ・仏・レバノン・カタール・米) 監督:ロジャー・アレーズ(Roger Allers)、ゲイトン・ブリッツィ(Gaëtan Brizzi)、ポール・ブリッツィ(Paul Brizzi)、Joan C. Gratz、Mohammed Saeed Harib、トム・ムーア、Nina Paley、ビル・プリントン、ジョアン・スファール、Michal Socha

 ◆外国映画賞(Motion Picture,International Film)
 ・オーストリア:『グッドナイト・マミー』(オーストリア) 監督:ヴェロニカ・フランツ(Veronika Franz)、セヴェリン・フィアラ(Severin Fiala)
 ・韓国:“The Thronee(사도/思悼)”(韓) 監督:イ・ジュンイク
 ・クロアチア:『灼熱の太陽』“Zvizdan (The High Sun)”(クロアチア・セルビア・スロヴェニア
 ・スウェーデン:『さよなら、人類』(スウェーデン・仏・独・ノルウェー) 監督:ロイ・アンダーソン
 ・台湾:『黒衣の刺客』(台湾・中・香港・仏) 監督:侯孝賢
 ・ドイツ:『顔のないヒトラーたち』(独) 監督:ジュリオ・リッチャレッリ
 ◎ハンガリー:『サウルの息子』(ハンガリー) 監督:ネメシュ・ラースロー
 ・ブラジル:“The Second Mother(Que Horas Ela Volta?)”(ブラジル) 監督:Anna Muylaert
 ・フランス:『裸足の季節』(仏・独・トルコ) 監督:デニズ・ガムゼ・エルグヴァン
 ・ベルギー:『神様メール』(ベルギー・仏・ルクセンブルク) 監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル

 ◆アンサンブル賞(Ensemble: Motion Picture)
 ◎『スポットライト 世紀のスクープ』

 ◆第1回作品賞(Best First Feature)
 ◎『火の山のマリア』(グアテマラ・仏) 監督:ハイロ・ブスタマンテ

 ◆ブレイクスルー・パフォーマンス賞(Breakthrough Performance)
 ◎ジェイコブ・トレンブレイ 『ルーム』

 ◆ブレイクスルー・コメディアン特別賞(Special award for Breakthrough Comedian of the Year )
 ◎エイミー・シューマー “Trainwreck”

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通り。

 ・『オデッセイ』(1/9):作品・監督・主演男優・脚色・撮影・編集・録音・視覚効果・作曲
 ・『スポットライト 世紀のスクープ』(3/7):作品・監督・助演男優・助演男優・助演女優・脚本・作曲 +アンサンブル賞
 ・『リリーのすべて』(1/7):監督・主演男優・助演女優・美術・衣裳・作曲
 ・『007 スペクター』(0/7):撮影・編集・美術・録音・視覚効果・作曲・歌曲
 ・『ボーダーライン』(1/5):作品・助演男優・撮影・編集・録音
 ・『レヴェナント:蘇えりし者』(1/5):作品・監督・主演男優・脚色・撮影
 ・『ブリッジ・オブ・スパイ』(1/5):作品・監督・脚本・編集・美術
 ・『ルーム』(0/4):作品・監督・主演女優・脚色 +ブレイクスルー
 ・『キャロル』(1/4):主演女優・助演女優・編集・作曲
 ・『スティーブ・ジョブズ』(1/4):主演男優・助演女優・脚色・編集
 ・『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』(0/4):助演男優・助演女優・脚本・歌曲
 ・『インサイド・ヘッド』(1/4):脚本・録音・作曲・アニメーション
 ・『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(1/4):撮影・美術・録音・視覚効果
 ・『ブラック・スキャンダル』(0/3):作品・主演男優・脚色
 ・『ブルックリン』(1/2):作品・主演女優
 ・『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(1/2):作品・助演男優
 ・“Suffragette”(0/2):主演女優・脚本
 ・『マクベス』(0/2):美術・衣裳
 ・『シンデレラ』(0/2):美術・衣裳
 ・『ジュラシック・ワールド』(0/2):録音・視覚効果
 ・『ハンティング・グラウンド』(1/2):歌曲・ドキュメンタリー
 ・『黒衣の刺客』(1/2):衣裳・外国
 ・“The Thronee(사도/思悼)”(0/2):衣裳・外国

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【テレビ部門】

 ◆ミニシリーズ部門(Miniseries) [分割]
 ・“The Book of Negroes”(BET)
 ◎“Flesh and Bone”(Starz)
 ・“Saints & Strangers”(National Geographic Channel)
 ・“Show Me a Hero”(HBO)
 ・『ウルフ・ホール』“Wolf Hall”(BBC,PBS)

 ◆TV映画部門(Motion Picture Made for Television) [分割]
 ・『BESSIE/ブルースの女王』“Bessie”(HBO)
 ・『イエス・キリスト 磔刑の真相』“Killing Jesus”(National Geographic Channel)
 ・『ある殺人者の告白』“Nightingale”(HBO)
 ◎“Stockholm, Pennsylvania”(Lifetime)

 ◆TVシリーズ ドラマ作品部門(Television Series, Drama)
 ・“American Crime”(ABC)
 ◎『ベター・コール・ソウル』“Better Call Saul”(AMC)
 ・『ブラッドライン』“Bloodline”(Netflix)
 ・“Deutschland 83”(Sundance Channel)
 ・『FARGO/ファーゴ』(FX Networks)
 ・『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』“Mr. Robot”(USA Network)
 ・『ナルコス』“Narcos”(Netflix)
 ・『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』“Ray Donovan”(Showtime)

 ◆TVシリーズ コメディー/ミュージカル部門(Television Series, Comedy or Musical)
 ・“Brooklyn Nine-Nine”(Fox)
 ・『ジェーン・ザ・ヴァージン』“Jane the Virgin”(CW)
 ・“Sex & Drugs & Rock & Roll”(FX)
 ◎“Silicon Valley”(HBO)
 ・“The Spoils Before Dying”(IFC)
 ・『アンブレイカブル・キミー・シュミット』(Netflix)
 ・“Veep”(HBO)

 ◆TVシリーズ/ミニシリーズ ジャンル作品部門(Television series or Miniseries, Genre)
 ・“American Horror Story Hotel”(FX)
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』(HBO)
 ・“Humans”(AMC)
 ・“Into The Badlands”(AMC)
 ・“Jonathan Strange & Mr. Norrell”(BBC America)
 ・『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』(BBC America)
 ・『ナイトメア 〜血塗られた秘密〜』(Showtime)
 ・『LEFTOVERS/残された世界』(HBO)
 ◎『ウォーキング・デッド』(AMC)

 ◆主演男優賞 ミニシリーズ/TV映画部門(Actor in a Miniseries or a Motion Picture Made for Television)
 ・ベン・メンデルソーン 『ブラッドライン』(Netflix)
 ・ダミアン・ルイス 『ウルフ・ホール』(BBC,PBS)
 ・デイヴィッド・オイェロウォ 『ある殺人者の告白』(HBO)
 ◎マーク・ライランス 『ウルフ・ホール』(BBC,PBS)
 ・マーティン・クルーンズ 『推理作家コナン・ドイルの事件簿』“Arthur & George”(ITV,PBS)
 ・マイケル・ガンボン 『カジュアル・ベイカンシー 突然の空席』“The Casual Vacancy”(BBC,HBO)
 ・オスカー・アイザック “Show Me a Hero”(HBO)

 ◆主演女優賞 ミニシリーズ・TV映画部門(Actress in a Miniseries or a Motion Picture Made for Television)
 ・アーンジャニュー・エリス “The Book of Negroes”BET
 ・クレア・フォイ 『ウルフ・ホール』(BBC,PBS)
 ・シンシア・ニクソン “Stockholm, Pennsylvania”(Lifetime)
 ・クイーン・ラティファ 『BESSIE/ブルースの女王』(HBO)
 ・サマンサ・ボンド “Home Fires”(ITV,PBS)
 ◎Sarah Hay “Flesh and Bone”(Starz)

 ◆主演男優賞 ドラマ・シリーズ部門(Actor in a Series, Drama)
 ・ボブ・オデンカーク 『ベター・コール・ソウル』(AMC)
 ◎ドミニク・ウェスト 『アフェア 情事の行方』“The Affair”(Showtime)
 ・カイル・チャンドラー 『ブラッドライン』(Netflix)
 ・リーヴ・シュレイバー 『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』(Showtime)
 ・ラミ・マレック 『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』(USA Network)
 ・ティモシー・ハットン “American Crime”(ABC)

 ◆主演女優賞 ドラマ・シリーズ部門(Actress in a Series, Drama)
 ◎クレア・デーンズ 『HOMELAND』(Showtime)
 ・フェリシティー・ハフマン “American Crime”(ABC)
 ・キルスティン・ダンスト 『FARGO/ファーゴ』(FX)
 ・レディー・ガガ “American Horror Story Hotel”(FX)
 ・ロビン・ライト 『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(Netflix)
 ・タラジ・P・ヘンソン 『Empire 成功の代償』“Empire”(Fox)
 ・タチアナ・マズラニー 『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』(BBC America)

 ◆主演男優賞 コメディー/ミュージカル・シリーズ部門(Actor in a Series, Comedy or Musical)
 ・クリス・メッシーナ “The Mindy Project”(Fox)
 ・コリン・ハンクス “Life in Pieces”(CBS)
 ◎ジェフリー・タンバー 『トランスペアレント』“Transparent”(Amazon Studios)
 ・ルイスC・K “Louie”(FX)
 ・トーマス・ミドルディッチ “Silicon Valley”(HBO)
 ・ウィル・フォーテ “Last Man on Earth”(Fox)

 ◆主演女優賞 コメディー/ミュージカル・シリーズ部門(Actress in a Series, Comedy or Musical)
 ・エイミー・ポーラー “Parks And Recreation”(NBC)
 ・ジーナ・ロドリゲス 『ジェーン・ザ・ヴァージン』(CW)
 ・ジェイミー・リー・カーティス “Scream Queens”(Fox)
 ・ジュリア・ルイス=ドレイファス “Veep”(HBO)
 ・リリー・トムリン 『グレイス&フランキー』“Grace and Frankie”(Netflix)
 ◎テイラー・シリング 『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち』(Netflix)

 ◆助演男優賞(Actor in a Supporting Role in a Series, Miniseries or Motion Picture made for Television)
 ◎クリスチャン・スレイター 『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』(USA Network)
 ・エルヴィス・ノラスコ “American Crime”(ABC)
 ・ジョナサン・バンクス 『ベター・コール・ソウル』(AMC)
 ・マイケル・ケネス・ウィリアムズ 『BESSIE/ブルースの女王』(HBO)
 ・ピーター・ディンクレイジ 『ゲーム・オブ・スローンズ』(HBO)

 ◆助演女優賞(Actress in a Supporting Role in a Miniseries or a Motion Picture Made for Television)
 ・キャスリン・キーナー “Show Me a Hero”(HBO)
 ・ヘレン・マクロイ 『ナイトメア 〜血塗られた秘密〜』(Showtime)
 ・ジュリー・ウォルターズ “Indian Summers”(BBC,PBS)
 ・モニーク 『BESSIE/ブルースの女王』(HBO)
 ・レジーナ・キング “American Crime”(ABC)
 ◎レイ・シーホーン 『ベター・コール・ソウル』(AMC)

 ◆アンサンブル賞 テレビ部門
 ◎“American Crime”

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 テレビ部門の主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通り。

 ・“American Crime”(0/5):ドラマ・主演男優・主演女優・助演男優・助演女優 +アンサンブル賞
 ・『ウルフ・ホール』(1/4):ミニシリーズ・主演男優・主演男優・主演女優
 ・『BESSIE/ブルースの女王』(0/4):TV映画・主演女優・助演男優・助演女優
 ・『ベター・コール・ソウル』(2/4):ドラマ・主演男優・助演男優・助演女優
 ・“Show Me a Hero”(0/3):ミニシリーズ・主演男優・助演女優
 ・『ブラッドライン』(0/3):ドラマ・主演男優・主演男優
 ・『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』(1/3):ドラマ・主演男優・助演男優
 ・“The Book of Negroes”(0/2):ミニシリーズ・主演女優
 ・“Flesh and Bone”(2/2):ミニシリーズ・主演女優
 ・『ある殺人者の告白』(0/2):TV映画・主演男優
 ・“Stockholm, Pennsylvania”(1/2):TV映画・主演女優
 ・『FARGO/ファーゴ』(0/2):ドラマ・主演女優
 ・『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』(0/2):ドラマ・主演男優
 ・『ジェーン・ザ・ヴァージン』(0/2):コメディー/ミュージカル・主演女優
 ・“Silicon Valley”(1/2):コメディー/ミュージカル・主演男優
 ・“Veep”(0/2):コメディー/ミュージカル・主演女優
 ・“American Horror Story Hotel”(0/2):ジャンル・主演女優
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』(0/3):ジャンル・主演女優
 ・『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』(0/2):ジャンル・主演女優
 ・『ナイトメア 〜血塗られた秘密〜』(0/2):ジャンル・助演女優

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【ニュー・メディア部門】

 ※この部門は、まだ公式サイトに受賞結果がアップされていません。アップされ次第、更新します。

 ◆最優秀アクション/アドベンチャー・ゲーム(Outstanding Action/Adventure Game)
 ・『The Room Three』(Fireproof Games Studios)
 ・『ウィッチャー3 ワイルドハント』(CD Projekt)
 ・『コール オブ デューティ ブラックオプス3』(Activision)
 ・『Fallout 4』(Bethesda Studios)
 ・『Halo 5: Guardians』(Microsoft Studios)
 ・『ライズ・オブ・トゥームレイダー』(Square Enix Product)
 ・『スター・ウォーズ バトルフロント』(EA)

 ◆最優秀ブルーレイ(Outstanding Blu-Ray)
 ・『インサイド・ヘッド』
 ・“Masterpiece:Worricker: The Complete Series”
 ・『ダウントン・アビー〜貴族とメイドと相続人〜』シーズン6
 ・『ダウントン・アビー〜貴族とメイドと相続人〜』シーズン5
 ・“Love in The Time of Grunge”

 【特別賞・名誉賞】

 ◆ヒューマニタリアン賞
 ◎スパイク・リー
 長編、短編、ドキュメンタリー、ミュージック・ビデオと、政治的に幅広い表現活動を行ない、最新作“Chi-Raq”では、ハリウッドの新鋭Amazon Studiosと組み、銃社会の悲劇を描いている。

 ◆ニコラ・テスラ賞
 ◎Robert Rutherford、Jonathan Miller (Hive Lighting)
 高効率で、フル・スペクトルの、フリッカーフリー・プラズマ照明システム(energy efficient, full-spectrum, flicker-free plasma lighting systems)など、視覚分野でのフィルムメーキング・テクノロジーに対する貢献に対して。

 ◆Auteur Award
 ◎ロバート・M・ヤング(映画監督)
 伝統的なエスキモーとの共同生活や、アンゴラ内戦時代に反政府勢力と400マイルに及ぶトレッキング、1000人のエキストラを使っての撮影など、その情熱的なフィルムメーキングに対して。

 ◆メアリー・ピックフォード賞
 ◎ルイーズ・フレッチャー

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・サテライト・アワード2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_5.html
 ・サテライト・アワード2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_52.html
 ・サテライト・アワード2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_11.html
 ・サテライト・アワード2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_5.html
 ・サテライト・アワード2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_47.html
 ・サテライト・アワード2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_10.html
 ・サテライト・アワード2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_43.html
 ・サテライト・アワード2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_6.html
 ・サテライト・アワード2011 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_49.html
 ・サテライト・アワード2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_3.html
 ・サテライト・アワード2010 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_42.html
 ・サテライト・アワード2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_48.html
 ・サテライト・アワード2009 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_37.html
 ・サテライト・アワード2008 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_5.html
 ・サテライト・アワード2008 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_25.html

 ・全米映画賞レース2015の結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_70.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年1月〜5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_49.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サテライト・アワード2016 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる