海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米・映画音響協会賞2016 受賞結果!

<<   作成日時 : 2016/02/22 08:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第23回米・映画音響協会賞の結果が発表になりました。(2月20日結果発表。ノミネーションは1月12日発表)

 【米・映画音響協会(CAS:Cinema Audio Society)】
 1964年創立という歴史あるアメリカのミキサーの団体で、550名のミキサーが所属しています。
 アメリカの映画・テレビ業界の約半数がここに属していて、映画のエンドロールで、名前の後に「,CAS」とあるミキサーさんが、米・映画音響協会会員です。
 米・映画音響協会賞自体は、1994年に設けられた賞で、今年で23年目になります。公式サイトには「52nd
」と記されていますが、これは創立から数えた回数で、「年次」というような意味合いのようです。
 賞は、会員・非会員の別なく選ばれています。

 もう1つ、これに似た賞で、ゴールデン・リール賞という映画賞がありますが、これとどう違うかというと、CASがアカデミー賞録音賞に対応し、ゴールデン・リール賞がアカデミー賞音響編集賞に対応するといえばわかりやすいでしょうか。
 もっと端的に言うと、CASが録音技師の賞、ゴールデン・リール賞が音響編集者の賞ということになります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【実写映画部門】(Motion Picture – Live Action)

 ・『ブリッジ・オブ・スパイ』
 プロダクション・ミキサー:ドリュー・クニン
 リ・レコーディング・ミキサー:アンディー・ネルソン, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:ゲイリー・ライドストロム, CAS
 スコアリング・ミキサー:Thomas Vicari, CAS
 ADRミキサー:Bobby Johanson, CAS
 Foley ミキサー:Chris Manning

 ・『ヘイトフル・エイト』
 プロダクション・ミキサー:Mark Ulano, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:マイケル・ミンクラー(Michael Minkler), CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Chris Minkler
 スコアリング・ミキサー:Fabio Venturi
 Foley ミキサー:Nerses Gezalyan

 ・『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 プロダクション・ミキサー:Ben Osmo
 リ・レコーディング・ミキサー:Chris Jenkins
 リ・レコーディング・ミキサー:グレッグ・ルドロフ
 ADRミキサー:Thomas J. O’Connell
 Foley ミキサー:Ryan Squires

 ◎『レヴェナント:蘇えりし者』
 プロダクション・ミキサー:Chris Duesterdiek
 リ・レコーディング・ミキサー:Jon Taylor, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Frank Montaño
 リ・レコーディング・ミキサー:ランディー・トム, CAS
 スコアリング・ミキサー:Conrad Hensel
 ADRミキサー:Michael Miller, CAS
 Foley ミキサー:Geordy Sincavage

 ・『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
 プロダクション・ミキサー:スチュアート・ウィルソン
 リ・レコーディング・ミキサー:アンディー・ネルソン, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Chris Scarabosio
 スコアリング・ミキサー:Shawn Murphy
 ADRミキサー:Charleen Steeves
 Foley ミキサー:Chris Manning

 【アニメーション部門】(Motion Picture—Animated)

 ・『アーロと少年』
 オリジナル・ダイアログ・ミキサー:Vince Caro
 リ・レコーディング・ミキサー:トム・ジョンソン
 リ・レコーディング・ミキサー:マイケル・セマニック
 スコアリング・ミキサー:Brad Haehnel
 Foley ミキサー:Kyle Rochlin

 ・『モンスター・ホテル2』
 オリジナル・ダイアログ・ミキサー:Howard London, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:マイケル・セマニック
 リ・レコーディング・ミキサー:トム・ジョンソン
 スコアリング・ミキサー:Brad Haehnel
 Foley ミキサー:Randy Singer, CAS

 ◎『インサイド・ヘッド』
 オリジナル・ダイアログ・ミキサー:Doc Kane
 リ・レコーディング・ミキサー:トム・ジョンソン
 リ・レコーディング・ミキサー:マイケル・セマニック
 スコアリング・ミキサー:Joel Iwataki
 Foley ミキサー:Mary Jo Lang, CAS

 ・『ミニオンズ』
 オリジナル・ダイアログ・ミキサー:Carlos Sotolongo
 リ・レコーディング・ミキサー:ゲイリー・リッツオ, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Chris Scarabosio
 スコアリング・ミキサー:Shawn Murphy
 Foley ミキサー:Corey Tyler

 ・『I LOVE スヌーピーTHE PEANUTS MOVIE』
 オリジナル・ダイアログ・ミキサー:Bill Higley
 リ・レコーディング・ミキサー:ローラ・ハーシュバーグ(Lora Hirschberg)
 リ・レコーディング・ミキサー:ランディー・トム, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Leff Lefferts
 スコアリング・ミキサー:Casey Stone, CAS
 Foley ミキサー:Jason Butler

 【TV映画/ミニシリーズ部門】(Television Movie or Mini-Series)

 ・“American Crime” — Episode 1
 プロダクション・ミキサー:Ben Lowry
 リ・レコーディング・ミキサー:Rick Norman
 リ・レコーディング・ミキサー:Ryan Davis

 ・“American Horror Story: Hotel” —‘Room Service’
 プロダクション・ミキサー:Brendan Beebe, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Joe Earle, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Vicki Lemar

 ・“American Horror Story: Hotel” — #501 ‘Checking In’
 プロダクション・ミキサー:Brendan Beebe, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Joe Earle, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Doug Andham, CAS
 ADRミキサー:Judah Getz
 Foley ミキサー:John Guentner

 ◎『FARGO/ファーゴ』— Season 2, Episode 5
 プロダクション・ミキサー:Michael Playfair, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Kirk Lynds
 リ・レコーディング・ミキサー:Martin Lee

 ・『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』 — Episode 4:‘Down Will Come’
 プロダクション・ミキサー:Geoffrey Patterson, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Steve Pederson
 リ・レコーディング・ミキサー:Daniel J. Leahy
 ADRミキサー:Ron Bedrosian
 Foley ミキサー:Shawn Kenelly

 【テレビ・シリーズ 1時間番組部門】(Television Series – 1 Hour)

 ・『ベター・コール・ソウル』— Ep. 110: ‘Marco’
 プロダクション・ミキサー:フィリップ・W・パーマー (Phillip W. Palmer), CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:ラリー・ベンジャミン(Larry B. Benjamin), CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Kevin Valentine
 ADRミキサー:Matt Hovland
 Foley ミキサー:David Michael Torres

 ◎『ゲーム・オブ・スローンズ』—‘Hardhome’
 プロダクション・ミキサー:ローナン・ヒル, CAS
 プロダクション・ミキサー:Richard Dyer, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Onnalee Blank, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Mathew Waters, CAS
 Foley ミキサー:Brett Voss, CAS

 ・『HOMELAND』— 502:‘The Tradition of Hospitality’
 プロダクション・ミキサー:Ed Cantú
 リ・レコーディング・ミキサー:Nello Torri, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Alan M. Decker, CAS
 ADRミキサー:Paul Drenning, CAS
 Foley ミキサー:Shawn Kennelly

 ・『ハウス・オブ・カード 野望の階段』— Chapter 27
 プロダクション・ミキサー:Lorenzo Millan
 リ・レコーディング・ミキサー:Nathan Nance
 リ・レコーディング・ミキサー:Scott Lewis
 Foley ミキサー:Corey Tyler

 ・『ウォーキング・デッド』—‘First Time Again’
 プロダクション・ミキサー:Michael P. Clark, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Gary D. Rogers, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Daniel J. Hiland, CAS
 ADRミキサー:Eric Gotthelf

 『ゲーム・オブ・スローンズ』は3連覇です。

 【テレビ・シリーズ 30分番組部門】(Television Series – 1/2 Hour)

 ◎『モダン・ファミリー』—‘Connection Lost’
 プロダクション・ミキサー:Stephen A. Tibbo, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Dean Okrand, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Brian R. Harman, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:David Michael Torres

 ・『ナース・ジャッキー』— 708:‘Managed Care’
 プロダクション・ミキサー:Jan McLaughlin, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Peter Waggoner

 ・“Parks and Recreation” —‘One Last Ride: Part 1’
 プロダクション・ミキサー:George A. Flores, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:John W. Cook II, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Bill Freesh, CAS

 ・“Silicon Valley” —‘Server Space’(Episode 13)
 プロダクション・ミキサー:Benjamin A. Patrick, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Elmo Ponsdomenech
 リ・レコーディング・ミキサー:Todd Beckett

 ・“Veep” —‘Mommy Meyer’
 プロダクション・ミキサー:Bill MacPherson
 リ・レコーディング・ミキサー:Richard Davey

 『モダン・ファミリー』は4連覇です。

 【ノンフィクション番組−バラエティー、音楽シリーズ、特別番組部門】(Television Non-Fiction, Variety or Music Series or Specials)

 ・“Anthony Bourdain: Parts Unknown” —‘Madagascar’
 リ・レコーディング・ミキサー:Benny Mouthon, CAS

 ・“Deadliest Catch” —‘Lunatic Fringe’
 リ・レコーディング・ミキサー:Bob Bronow, CAS

 ・『キース・リチャーズ:アンダー・ザ・インフルエンス』“Keith Richards: Under the Influence”
 リ・レコーディング・ミキサー:Scott R. Lewis
 プロダクション・ミキサー:Eddie O’Connor
 プロダクション・ミキサー:Michael Emery
 プロダクション・ミキサー:Dennis Hamlin

 ・『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』
 リ・レコーディング・ミキサー:Steve Pederson
 リ・レコーディング・ミキサー:Cameron Frankley

 ◎“Live from Lincoln Center: Danny Elfman’s Music from the Films of Tim Burton”
 リ・レコーディング・ミキサー:Ken Hahn, CAS
 プロダクション・ミキサー/House Sound: Paul Bevan

 【技術貢献賞】(Technical Achievement Awards)

 ◆プロダクション(Production)
 ・Aaton Cantar X3
 ・Lectrosonics Venue 2
 ◎Sound Devices SL-6
 ・Zaxcom Wide Band Recording Digital Wireless

 ◆ポスト・プロダクション(Post-Production)
 ・Accusonus: ERA-D
 ・Conformalizer 4
 ・Cedar DNS One with Learn
 ◎Izotope RX5

 【学生賞】

 ◆Student Recognition Award
 ◎Matt Yocum(Savannah College of Art and Design)

 【特別賞・名誉賞】(Special Awards)

 ◆映画音響協会フィルムメーカー賞(The Cinema Audio Society Filmmaker Award)
 ◎ジェイ・ローチ

画像

 ◆キャリア貢献賞(The CAS Career Achievement Award)
 ◎Doc Kane(ADR ミキサー)
 Doc Kaneは、『美女と野獣』、『アラジン』、『Mr.インクレディブル』、『レミーのおいしいレストラン』で米国アカデミー賞録音賞にノミネートされているミキサー。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 米・映画音響協会(CAS )とアカデミー賞録音賞の過去の受賞結果を比較してみると、以下のようになっています。

 2016年(4/5) CAS:『レヴェナント:蘇えりし者』 AA:
 2015年(4/5) CAS:『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 AA:『セッション』
 2014年(4/5) CAS:『ゼロ・グラビティ』 AA:『ゼロ・グラビティ』
 2013年(3/5) CAS:『レ・ミゼラブル』 AA:『レ・ミゼラブル』
 2012年(2/5) CAS:『ヒューゴの不思議な発明』 AA:『ヒューゴの不思議な発明』
 2011年(3/5) CAS:『トゥルー・グリット』 AA:『インセプション』
 2010年(4/5) CAS:『ハート・ロッカー』 AA:『ハート・ロッカー』
 2009年(3/5) CAS:『スラムドッグ&ミリオネア』 AA:『スラムドッグ&ミリオネア』
 2008年(3/5) CAS:『ノーカントリー』 AA:『ボーン・アルティメイタム』
 2007年(4/5) CAS:『ドリームガールズ』 AA:『ドリームガールズ』
 2006年(4/5) CAS:『ウォーク・ザ・ライン』 AA:『キング・コング』
 2005年(3/5) CAS:『アビエイター』 AA:『レイ』
 2004年(5/5) CAS:『マスター・アンド・コマンダー』 AA:『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』
 2003年(4/5) CAS:『ロード・トゥ・パーディション』 AA:『シカゴ』
 2002年(4/5) CAS:『ロード・オブ・ザ・リング』 AA:『ブラックホーク・ダウン』
 2001年(5/5) CAS:『グラディーター』 AA:『グラディーター』
 2000年(2/5) CAS:『マトリックス』 AA:『マトリックス』
 1999年(3/5) CAS:『プライベート・ライアン』 AA:『プライベート・ライアン』
 1998年(4/5) CAS:『タイタニック』 AA:『タイタニック』
 1997年(4/5) CAS:『イングリッシュ・ペイシェント』 AA:『イングリッシュ・ペイシェント』
 1996年(3/5) CAS:『アポロ13』 AA:『アポロ13』
 1995年(3/5) CAS:『フォレスト・ガンプ』 AA:『スピード』

 年の後の数字は、ノミネーションの合致度です。

 受賞作品の合致度は、12/21(57.1%)で、数字だけ見るとそんなに高いものではありません。
 ただし、受賞作品が異なる年も、ノミネーション段階では、1994年と2015年以外すべて、双方の受賞作をそれぞれのノミネーションに確実にエントリーさせていて、全く異なる性質を持っている賞ではないことがわかります。

 米・映画音響協会(CAS)に比べて、米国アカデミー賞録音賞は、明らかに音楽ものを評価する傾向が強く、米・映画音響協会(CAS)が「ドラマ」作品をも評価してきているのに対して、米国アカデミー賞録音賞は、よりスペクタクルものを好むようです。

 ◆米国アカデミー賞2016 録音賞(Achievement in sound mixing)ノミネーション
 ・『ブリッジ・オブ・スパイ』 アンディー・ネルソン、ゲイリー・ライドストロム、ドリュー・クニン
 ・『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 Chris Jenkins、グレッグ・ルドロフ、Ben Osmo
 ・『オデッセイ』 Paul Massey、Mark Taylor、Mac Ruth
 ・『レヴェナント:蘇えりし者』 Jon Taylor、Frank A. Montaño、ランディー・トム、Chris Duesterdiek
 ・『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 アンディー・ネルソン、Christopher Scarabosio、スチュアート・ウィルソン

 下馬評では『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が有力ですが、BAFTA英国アカデミー賞では『レヴェナント:蘇えりし者』が受賞しています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米・映画音響協会賞(CAS)2015:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_21.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_46.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_45.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_20.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_30.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_37.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_32.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_16.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_38.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_2.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_19.html

 ・全米映画賞レース2015の結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_70.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年1月〜5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_49.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
米・映画音響協会賞2016 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる