海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米・監督組合賞(DGA)2016 受賞結果!

<<   作成日時 : 2016/02/07 18:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第68回米・監督組合賞(DGA)の受賞結果が発表されました。(2月6日)

画像

 【映画部門】(Film)

 ※ここでは監督名のみ挙げていますが、実際は、各作品の演出チームに属する個人(ユニット・プロダクション・マネージャーやアシスタント・ディレクターなど)数名がノミネートされています。

 ◆長編映画部門(Outstanding Directorial Achievement in Feature Film for 2015)
 ◎アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 『レヴェナント:蘇えりし者』
 ・トム・マッカーシー 『スポットライト 世紀のスクープ』
 ・アダム・マッケイ 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
 ・ジョージ・ミラー 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 ・リドリー・スコット 『オデッセイ』

 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥは4回目のノミネートで、前回『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で受賞。2012年にCM部門でも受賞。この部門での2連覇は史上初。
 この部門での2回の受賞は、アン・リー、フランシス・フォード・コッポラ、クリント・イーストウッド、ジョージ・スティーヴンス、デイヴィッド・リーン、ジョセフ・マンキーウィッツの7人しかおらず、3回受賞はスティーヴン・スピルバーグしかいない。

 上記のうち、米国アカデミー賞監督賞ではリドリー・スコットの代わりにレニー・アブラハムソンがノミネートされています。

画像

 ◆第1回作品賞(Outstanding Directorial Achievement of A First-Time Feature Film Director for 2015) [新設]
 ・Fernando Coimbra “A Wolf at the Door”(ブラジル)
 ・ジョエル・エドガートン “The Gift”(オーストラリア・米)
 ◎アレックス・ガーランド “Ex Machina”(英)
 ・メリエル・ヘラー(Marielle Heller) “The Diary of a Teenage Girl”(米)
 ・ネメシュ・ラースロー 『サウルの息子』(ハンガリー)

 本年度から新設になった部門です。対象作品は、2015年にロサンゼルスかニューヨークで劇場公開された作品で、外国語映画であってもよく、監督は監督組合(DGA)のメンバーでなくてもよいそうです。

 今回ノミネートされた監督は全員初ノミネートです。

画像

 ◆ドキュメンタリー部門(Outstanding Directorial Achievement in Documentary)
 ・ジミー・チン、Elizabeth Chai Vasarhelyi “Meru”
 ・リズ・ガーバス 『ニーナ・シモン〜魂の歌』
 ・アレックス・ギブニー 『ゴーイング・クリア:サイエントロジーと信仰という監禁』
 ◎Matthew Heineman “Cartel Land”
 ・アシフ・カパディア “Amy”

 Matthew Heinemanは、初ノミネート初受賞。

 上記のうち、『ニーナ・シモン〜魂の歌』と“Cartel Land”と“Amy”は米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞でもノミネートされています。

画像

 【テレビ部門】(Television)

 ◆ドラマ・シリーズ部門( Outstanding Directorial Achievement in Dramatic Series)

 ・マイケル・エングラー(Michael Engler) 『ダウントン・アビー〜貴族とメイドと相続人〜』-Episode 8(PBS)
 ・レスリー・リンカ・グラッター(Lesli Linka Glatter) 『HOMELAND』-‘The Tradition of Hospitality’(Showtime)
 ◎デイヴィッド・ナッター(David Nutter) 『ゲーム・オブ・スローンズ』-‘Mother’s Mercy’(HBO)
 ・スティーヴン・ソダーバーグ “The Knick”-‘Williams and Walker’(Cinemax)
 ・マシュー・ワイナー(Matthew Weiner) 『MAD MEN マッドメン』-‘Person to Person’(AMC)

 前回受賞のレスリー・リンカ・グラッターのみ連続ノミネート(4年連続ノミネート)。
 デイヴィッド・ナッターは6回目のノミネートで初受賞。

画像

 ◆コメディー・シリーズ部門(Outstanding Directorial Achievement in Comedy Series)
 ◎クリス・アディソン(Chris Addison) “Veep”-‘Election Night’(HBO)
 ・ルイス・C・K “Louie”-‘Sleepover’(FX)
 ・マイク・ジャッジ(Mike Judge) “Silicon Valley”-‘Binding Arbitration’(HBO)
 ・ゲイル・マンキューソ(Gail Mancuso) 『モダン・ファミリー』-‘White Christmas’
(ABC)
 ・ジル・ソロウェイ 『トランスペアレント』-‘Kina Hora’(Amazon)

 クリス・アディソン以外は連続ノミネート。ゲイル・マンキューソは3年連続ノミネート。前回はジル・ソロウェイが受賞。
 クリス・アディソンは初ノミネート初受賞。

 ◆テレビ映画/ミニシリーズ部門(Outstanding Directorial Achievement in Movies for Television and Mini-Series)
 ・アンジェラ・バセット “Whitney”(Lifetime)
 ・ローリー・コルヤー(Laurie Collyer) “The Secret Life of Marilyn Monroe”(Lifetime)
 ・ポール・ハギス “Show Me a Hero”(HBO)
 ・ケニー・レオン(Kenny Leon)(監督)、マシュー・ダイアモンド(Matthew Diamond)(ライヴ演出) “The Wiz Live!”(NBC)
 ◎ディー・リース 『BESSIE/ブルースの女王』(HBO)

 ディー・リースは、初ノミネート初受賞。

画像

 ◆バラエティー/トーク/ニュース/スポーツ-レギュラー番組部門(Outstanding Directorial Achievement in Variety/Talk/News/Sports – Regularly Scheduled Programming)
 ・Paul G. Casey “Real Time With Bill Maher”-#1334(HBO)
 ◎Dave Diomedi “The Tonight Show Starring Jimmy Fallon”-Episode #325(NBC)
 ・Don Roy King “Saturday Night Live”-ホスト:トレイシー・モーガン、音楽ゲスト:デミ・ロヴァート(NBC)
 ・Ryan McFaul & エイミー・シューマー “Inside Amy Shumer”-‘12 Angry Men’(Comedy Central)
 ・Chuck O'Neil “The Daily Show with Jon Stewart”-Episode #20142(Comedy Central)

 Ryan McFaul & エイミー・シューマー以外は、連続ノミネート。Dave Diomediは3年連続ノミネートで、2連覇。Chuck O'Neilは6年連続ノミネート。Don Roy Kingは8年連続ノミネート。前々回はDon Roy Kingが受賞。Don Roy Kingは、今回、2部門でノミネート。

画像

 ◆バラエティー/トーク/ニュース/スポーツ-特別番組部門(Outstanding Directorial Achievement in Variety/Talk/News/Sports – Specials)
 ・ソフィア・コッポラ 『ビル・マーレイ・クリスマス』“A Very Murray Christmas”(Netflix)
 ・ハミッシュ・ハミルトン(Hamish Hamilton) 第87回米国アカデミー賞授賞式(ABC)
 ◎Don Roy King “Saturday Night Live 40th Anniversary Special”(NBC)
 ・ベス・マッカーシー=ミラー(Beth McCarthy Miller) “Adele Live in New York City”(NBC)
 ・クリス・ロック “Amy Schumer: Live at the Apollo”(HBO)

 ハミッシュ・ハミルトンは2年連続ノミネート。Don Roy Kingは、今回、2部門でノミネート。
 Don Roy Kingは、9&10回目のノミネートで、2年ぶり2回目の受賞。

 ◆リアリティー番組部門(Outstanding Directorial Achievement in Reality Programs)

 ・Brady Connell “The Great Christmas Light Fight”-Episode 304(ABC)
 ・Ken Fuchs “Shark Tank”-702(ABC)
 ・Steve Hryniewicz “Cutthroat Kitchen”-‘Superstar Sabotage Finale: It’s Raining Ramen’(Food Network)
 ・バートラム・ヴァン・マンスター(Bertram Van Munster) “The Amazing Race”-‘Bring the Fun, Baby!’
(CBS)
 ◎Adam Vetri “Steve Austin's Broken Skull Challenge”-‘Gods of War’(CMT)

 Adam Vetriは、2年連続ノミネートで、2連覇。バートラム・ヴァン・マンスターは3年連続ノミネート。

画像

 ◆子供番組部門(Outstanding Directorial Achievement in Children's Programs)

 ・Paul Hoen 『インビジブル・シスター』“Invisible Sister”(Disney Channel)
 ・Joseph Mazzarino 『セサミ・ストリート』-‘The Cookie Thief’(PBS)
 ◎ケニー・オルテガ(Kenny Ortega) 『ディセンダント』“Descendants”(Disney Channel)
 ・Amy Schatz “Saving My Tomorrow”-Part 3
(HBO)
 ・Sasie Sealy 『ゴーティマー・ギボン 〜ふしぎな日常〜』“Gortimer Gibbon's Life on Normal Street”-‘Gortimer and the Vengeful Violinist’(Amazon)

 Paul Hoenは2年連続ノミネート。Amy Schatzは3年連続ノミネート。前々回受賞。
 ケニー・オルテガは、8年ぶり3回目のノミネートで、9年ぶり2回目の受賞。

画像

 【CM部門】(Outstanding Directorial Achievement in Commercials)

 ・Juan Cabral(MJZ)
 Monkeys, Ikea‑ Mother
 Freestyle, Lurpak ‑ Wieden + Kennedy London

 ・Miles Jay(Smuggler)
It Can Wait, ESPN – ESPN Creative Works

 ・トム・クンツ(Tom Kuntz)(MJZ)
 So It Begins, Old Spice ‑ Wieden + Kennedy Portland
 The Chase, Heineken ‑ Wieden + Kennedy Amsterdam
 Revenge, Clash of Clans ‑ Barton F. Graff

 ◎Andreas Nilsson(Biscuit Filmworks)
 Emily's Oz, Comcast ‑ Goodby, Silverstein & Partners NY
 Time Upon a Once, General Electric ‑ BBDO
 Dad Song, Old Spice ‑ Wieden + Kennedy

 ・Steve Rogers(Biscuit Filmworks)
 Ripple, Nike Golf ‑ Wieden + Kennedy Portland
 Snow Day, Nike ‑ Wieden + Kennedy Portland

 Andreas Nilssonは、初ノミネート初受賞。

画像

 【特別賞・名誉賞】

 ◆フランク・キャプラ貢献賞(The DGA’s 2016 Frank Capra Achievement Award)
 ◎Mary Rae Thewlis
 ※アシスタント・ディレクターまたはユニット・プロダクション・マネージャーに贈られる。
 Mary Rae Thewlisは『ジ・アメリカンズ』や『LAW & ORDER:犯罪心理捜査班』などのテレビ・シリーズを手がけるプロデューサー、プロダクション・マネージャー。
 監督組合には15年以上にわたってさまざまな委員会に参加している。

画像

 ◆フランクリン・J・シャフナー貢献賞(The DGA’s 2016 Franklin J. Schaffner Achievement Award)
 ※アソシエイト・ディレクターまたはステージ・マネージャーに贈られる。
 ◎Tom McDermott
 Tom McDermottは、『ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス』などでステージ・マネージャーを務めたほか、舞台演出も手掛けている。監督組合にはDGA’s Western AD/SM/PA Council で30年以上にわたって貢献している。

画像

 ◆生涯貢献賞 テレビ部門(Lifetime Achievement Award in Television)
 ◎ジョー・ピトカ(Joe Pytka)
 映画では『SPACE JAM/スペース・ジャム』(1996)や『のるかそるか』(1989)を監督。5000本を超えるCMを手がけていて、その中には80本を超える「スーパー・ボウル」のCMも含まれている。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 長編映画部門に関しては、アカデミー賞監督賞との合致度が高く、監督組合賞が始まった1948年(度)以降、米・監督組合賞を受賞してアカデミー賞監督賞を受賞しなかったのは7回しかなく(1969年、1973年、1986年、1996年、2002年、2004年、2013年)、監督組合賞の公式HPでもわざわざのことが明記されています。監督組合賞受賞者は80%以上の確率でアカデミー賞も受賞するということになります。

 一方、米国アカデミー賞は、作品賞と監督賞の合致度が高いことでも知られていますが、近年、2013年と2014年は、作品賞と監督賞はそれぞれ異なる作品に贈られています。
 作品賞はプロデューサーに対する賞であり、監督賞は監督に対する賞ですが、近年は、この2つの賞を異なる作品に与えようという雰囲気ができているような気がしますね。

 米国アカデミー賞作品賞はまだわかりませんが、監督賞は、ゴールデン・グローブ賞からの流れもあって、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥでほぼ決まり、ということになりそうです。これでBAFTA英国アカデミー賞もアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥであれば、受賞の確率はさらに高まります。

 ドキュメンタリー部門は、これまで米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞とは同じにならないのが当たり前で、1992年からの24年で、同じになったのは4回しかありません。ただし、その4回は、2010年、2011年、2013年、2015年の4回で、近年、著しく両者が歩み寄りを見せていることがわかります。
 と言っても、本年度、米国アカデミー賞でも(下馬評で3番手以下の)“Cartel Land”が受賞するとは考えられませんが。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米・監督組合賞(DGA)2016 映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_30.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_14.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2014 長編映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_18.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2014 ドキュメンタリー部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_42.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2014 テレビ部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_34.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_74.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2013 長編映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_19.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2013 テレビ部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_27.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2013 ドキュメンタリー部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_39.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_3.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_28.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_1.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_34.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2011受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_50.html
 ・米・監督組合賞(DGA) 2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_16.html
 ・米・監督組合賞(DGA) 2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_2.html
 ・米・監督組合賞(DGA) 2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_10.html
 ・米・監督組合賞(DGA) 2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_2.html

 ・全米映画賞レース2015の結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_70.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年1月〜5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_49.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
米・監督組合賞(DGA)2016 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる