海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS サンダンス映画祭2016 受賞結果!

<<   作成日時 : 2016/02/01 03:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第32回サンダンス映画祭(1月21日-31日)の各賞が発表になりました。

 【US ドラマ部門】

 ◆グランプリ(U.S. Dramatic Competition, Grand Jury Prize)
 ◎“The Birth of A Nation”(米) 監督:ネイト・パーカー

画像

 ◆審査員特別賞(Special Jury Prize, U.S. Dramatic)
 ◎“As You Are”(米) 監督:Miles Joris-Peyrafitte

画像

 ◆監督賞(Dramatic Directing Award)
 ◎Daniel Scheinert、Daniel Kwan “Swiss Army Man”(米)

画像

 ◆脚本賞(Waldo Salt Screenwriting Award)
 ◎Chad Hartigan “Morris From America”(米・独)(監督:Chad Hartigan)

画像

 ◆審査員特別賞 ブレイクアウト・スター賞(Special Jury Award for Breakout Star)
 ◎Joe Seo “Spa Night”(米)(監督:Andrew Ahn)

画像

 ◆審査員特別賞 パフォーマンス賞(Special Jury Prize for Individual Performance, U.S. Dramatic)
 ◎クレイグ・ロビンソン “Morris From America”(米・独)(監督:Chad Hartigan)

画像

 ◎メラニー・リンスキー “The Intervention”(米)(監督:クレア・デュヴァル(Clea DuVall))

画像

 ◆観客賞(Audience Award for US Dramatic)
 ◎“The Birth of A Nation”(米) 監督:ネイト・パーカー

画像

 【US ドキュメンタリー部門】

 ◆グランプリ(U.S. Documentary Competition: Grand Jury Prize)
 ◎“Weiner”(米) 監督:Josh Kriegman、Elyse Steinberg

画像

 ◆監督賞(U.S. Documentary Best Directing Award)
 ◎Roger Ross Williams “Life,Animated”(米)

画像

 ◆審査員特別賞 脚本賞(U.S. Documentary Special Jury Award for Writing )
 ◎“Kate Plays Christine”(米) 監督:Robert Greene

画像

 ◆編集賞(U.S. Documentary Special Jury Award for Excellence in Editing)
 ◎Penny Lane、Thom Stylinski “NUTS!”(米) 監督:Penny Lane

画像

 ◆審査員特別賞 ソーシャル・インパクト賞(Special Jury Award for Social Impact Filmmaking)
 ◎Dawn Porter “Trapped”(米)

画像

 ◆審査員特別賞 ヴェリテ・フィルムメイキング賞(U.S. Documentary Special Jury Award for Vérité Filmmaking)
 ◎“The Bad Kids”(米) 監督:キース・フルトン(Keith Fulton)、ルイス・ペペ(Lou Pepe)

画像

 ◆観客賞(The Audience Award: U.S. Documentary)
 ◎“Jim: The James Foley Story”(米) 監督:Brian Oakes

画像

 【ワールド・シネマ ドラマ部門】

 ◆グランプリ(World Cinema Grand Jury Prize for Dramatic)
 ◎“Sand Storm(Sufat Chol)”(イスラエル) 監督:Elite Zexer

画像

 ◆監督賞(The Directing Award: World Cinema Dramatic)
 ◎フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン “Belgica”(ベルギー・仏・オランダ)

画像

 ◆脚本賞(World Cinema Screenwriting Award, Dramatic)
 ◎Ana Katz、Inés Bortagaray “Mi Amiga Del Parque”(アルゼンチン・ウルグアイ) 監督:Ana Katz 

画像

 ◆審査員特別賞 演技賞(World Cinema Dramatic Competition: Special Jury Award for Acting)
 ◎Vicky Hernandez、Manolo Cruz “Between Sea And Land(La Ciénaga entre el mar y la tierra)”(コロンビア)(監督:Manolo Cruz、Carlos del Castillo)

画像

 ◆ユニーク・ヴィジョン&デザイン賞(World Cinema Unique Vision and Design Award, Dramatic)
 ◎Agnieszka Smoczynska “The Lure(Córki Dancingu)”(ポーランド)

画像

 ◆観客賞(The Audience Award: World Cinema Dramatic)
 ◎“Between Sea And Land(La Ciénaga entre el mar y la tierra)”(コロンビア) 監督:Manolo Cruz、Carlos del Castillo

画像

 【ワールド・シネマ ドキュメンタリー部門】

 ◆グランプリ(The World Cinema Grand Jury Prize: Documentary)
 ◎“Sonita”(独・イラン・スイス) 監督:Rokhsareh Ghaem Maghami

画像

 ◆審査員特別賞 監督賞(Special Jury Award for World Documentary for Best Directing)
 ◎Michal Marczak “All These Sleepless Nights(Wszystkie Nieprzespane Noce)”(ポーランド・英)

画像

 ◆審査員特別賞 撮影賞(World Cinema Documentary Special Jury Award for Best Cinematography)
 ◎ Pieter-Jan De Pue “The Land of The Enlightened”(ベルギー)(監督:Pieter-Jan De Pue)

画像

 ◆編集賞(World Cinema Editing Award, Documentary)
 ◎上綱麻子、ジョン・マリングアン(John Maringouin) “We Are X”(英・米・日) 監督:スティーヴン・カイヤック(Stephen Kijak)

画像

 ◆第1回作品賞(World Cinema Best First Feature Award, Documentary)
 ◎Heidi Brandenburg、Mathew Orzel “When Two Worlds Collide”(ペルー)

画像

 ◆観客賞(World Cinema Audience Award, Documentary)
 ◎“Sonita”(独・イラン・スイス) 監督:Rokhsareh Ghaem Maghami

 【短編部門】

 ◆短編グランプリ(The Short Film Grand Jury Prize)
 ◎“Thunder Road”(米) 監督:Jim Cummings
 物語:警官のアルノーは、母親を愛していた。
 “Confusion Through Sand”(2013)が高く評価されたJim Cummingsの最新短編。

画像

 ◆短編審査員賞 USフィクション部門(The Short Film Jury Award: U.S. Fiction)
 ◎“The Procedure”(米) 監督:Calvin Lee Reeder

 “The Procedure”(米) 監督:Calvin Lee Reeder
 物語:ひとりの男がとらえられ、奇妙な実験の餌食にされる。

画像

 ◆短編審査員賞 インターナショナル・フィクション部門(The Short Film Jury Award: International Fiction)
 ◎“Maman(s)”(仏) 監督:Maïmouna Doucouré

 “Maman(s)”(仏) 監督:Maïmouna Doucouré
 物語:8歳のアイーダは、パリ郊外のアパートに家族と暮らしている。父親が、祖国セネガルから若いセネガル人女性ラマを家に連れ帰って来た時、アイーダの生活は滅茶苦茶になる。父は、彼女を第2夫人だと紹介する。アイーダは、実母の苦悩に敏感で、ラマを家から追い出そうと試みる。
 トロント国際映画祭2015最優秀インターナショナル短編映画賞受賞。


 ◆短編審査員賞 ノン・フィクション部門(The Short Film Jury Award: Non-fiction)
 ◎“Bacon & God's Wrath”(カナダ) 監督:Sol Friedman

 ・“Bacon & God’s Wrath”(カナダ) 監督:Sol Friedman
 レイジーは90歳。彼女は、厳しくしつけられ、ユダヤ教の教えは彼女の生活の隅々にまでしみ込んでいる。ところが思いもかけず、Googleと出会い、彼女の信仰はひっくり返される。そして、彼女は料理のレシピを探していてベーコンにたどりつく。
 トロント国際映画祭2015 SHORT CUTS CANADA部門出品。オナラブル・メンション受賞。
 ハンプトンズ国際映画祭2015 ドキュメンタリー・ショート部門出品。
 トロント国際映画祭が選ぶカナダ映画2015 トップ10。


 ◆短編審査員賞 アニメーション部門(The Short Film Jury Award: Animation)
 ◎“Edmond”(英) 監督:ニーナ・ガンツ(Nina Gantz)

 “Edmond”(英) 監督:ニーナ・ガンツ(Nina Gantz)
 物語:「他人への愛、そして他人と一緒にいたいというエドモンドの気持ちは強い……おそらく、あまりにも強すぎる。湖のほとりに佇み、自分に残された選択肢を熟考するエドモンドは、彼の人生を遡っていく。自分自身の欲望は、果たしてどこに起源を持つのだろうかと改めて考えてみるのだ。」
 エジンバラ国際映画祭2015出品。
 ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2015 最優秀英国短編賞受賞。
 BAFTA英国アカデミー賞2016 英国短編アニメーション賞ノミネート。
 新千歳空港国際アニメーション映画祭2015出品。


 ◆短編審査員賞 パフォーマンス賞(A Short Film Special Jury Award for Outstanding Performance)
 ◎Grace Glowicki “Her Friend Adam”(カナダ)(監督:Ben Petrie)

 “Her Friend Adam”(カナダ) 監督:Ben Petrie
 物語:ボーイフレンドの嫉妬が激しくて、止められなくなる。


 ◆短編審査員賞 監督賞(A Short Film Special Jury Award for Best Direction)
 ◎Ondřej Hudeček “Peacock”(チェコ)

 “Peacock(Furiant)”(チェコ) 監督:Ondřej Hudeček
 物語:絵に描いたように美しい19世紀のボヘミア。国民的な作家のひとりの誕生と、ねじれたゲイのロマンスが描かれる。サスペンスと、笑いと、バイオレンス、希望、ハート、ヌード、セックス、そして(ほぼ)ハッピー・エンディング。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2015出品。
 トロント国際映画祭2015出品。


 【NEXT部門】
 ◆観客賞(NEXT Audience Award)
 ◎“First Girl I Loved”(米) 監督:Kerem Sanga


 “First Girl I Loved”(米) 監督:Kerem Sanga
 出演:Brianna Hildebrand、パメラ・アドロン(Pamela Adlon)、Dylan Gelula、マテオ・アリアス(Mateo Arias)
 物語:17歳のアンは、ロサンゼルスのパブリック・スクールで最も人気のあるサーシャに恋をする。彼女は、いつも片思いばかりしている親友のクリフトンにそれを打ち明けるが、彼は全力で邪魔しようとする。
 “The Young Kieslowski”(2014)で注目されたKerem Sanga監督の第3長編。


 【Spotlight部門】

 ◆Alfred P. Sloan Prize
 科学やテクノロジーに関する優れた長編作品に贈られる。
 ◎『大河の抱擁』“Embrace of the Serpent”(コロンビア) 監督:チロ・ゲーラ

 『大河の抱擁』“Embrace of the Serpent(El Abrazo de la Serpiente)”(コロンビア・ベネズエラ・アルゼンチン) 監督:チロ・ゲーラ(Ciro Guerra)
 物語:アマゾンのシャーマンであり、部族の最後の生き残りでもあるKaramakateっと、癒しの木を求めて、40年以上アマゾンを旅した2人の科学者との、最初の出会い、交流、裏切り、そして人生を超越するまでになった友情について描く。コロンビア・アマゾンの最初の探検者の日記に基づく。
 “Los viajes del viento”(2009)がカンヌ国際映画祭ある視点部門に選出されて、ローマ市賞を受賞したチロ・ゲーラ(Ciro Guerra)の第3長編。これまでの3作はいずれも米国アカデミー賞外国語映画賞コロンビア代表に選ばれているというコロンビアの俊英。
 カンヌ国際映画祭2015 監督週間出品。CICAE Arte Cinema Prize受賞。
 オデッサ国際映画祭2015 インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員スペシャル・メンション受賞。
 リマ・ラテンアメリカ映画祭2015 最優秀作品賞(Spondylus Trophy)受賞。
 ハンプトンズ国際映画祭2015 長編ナラティヴ作品部門 Golden Starfish Award オナラブル・メンション受賞。
 マル・デル・プラタ国際映画祭2015 インターナショナル・コンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。
 コスタリカ国際映画祭2015 最優秀インターナショナル作品賞受賞。
 インド国際映画祭2015 最優秀作品賞(Golden Peacock)受賞。
 米国アカデミー賞2016 外国語映画賞 コロンビア代表作品。ショートリスト選出。
 「ヴァラエティー」誌が選ぶ観るべき10人の監督2016。


 【プロデューサー賞】(Sundance Institute | Amazon Studios Producers Awards)
 クリエイティヴなプロデューサーたちが、インディペンデントなスペースで、仕事が続けられるように、彼らの大胆なヴィジョンとプロデュース力を認め、サンダンス・インスティチュートのプログラムを通して、賞金を贈る。

 ◎サラ・マーフィー(Sara Murphy)、アデル・ロマンスキー(Adele Romanski)(プロデューサー) “Morris From America”
 ◎ジュリー・ゴールドマン(Julie Goldman)(エグゼクティヴ・プロデューサー) “Weiner”、“Life, Animated”

 【グローバル・フィルムメイキング賞】(Global Filmmaking Awards)
 世界の新しいフィルムメイカーたちの才能を認め、支援を行なう。(サンダンス・NHK国際映像作家賞からNHKが抜けて、こういう形の賞になったようです。)

 ○“August”(キューバ) 脚本・監督:Armando Capo
 ○“Insha' Allah”(インド) 脚本・監督:Geetu Mohandas
 ○“Sicilian Ghost Story”(伊) 脚本・監督:Antonio Piazza、Fabio Grassadonia
 ○“The Treasure”(モロッコ) 脚本・監督:Abdellah Taia

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 俳優の初監督作品が多くて、どの程度の出来の作品なのか、予想がつかなかったりしましたが、なるほどそうきたかという感じですね。

 2015年度は、ドラマ作品ではサンダンス映画祭から米国アカデミー賞に絡んでくるような作品は出てきませんでしたが、本年度は“The Birth of A Nation”がやってくれるような気がしますね。黒人サイドからの昨今の米国アカデミー賞ノミネーション批判もあり、“The Birth of A Nation”は、その辺をうまく突いて、作品賞にノミネートされるかされないかくらいまで(作品賞上位10作品前後のクラスまで)行けるんじゃないでしょうか。米国アカデミー賞は、もともと俳優出身の監督の作品は好きですし。
 まあ、“The Birth of A Nation”は、2016年のサンダンス映画祭とインディペンデント映画を代表する1本になるんじゃないでしょうか。

 ドキュメンタリー部門は、例年通りであれば、サンダンス・プレミア作品から多くの作品がその年の賞レースに絡んでくるはずですが、その最有力作品が必ずしもサンダンスでグランプリを獲った作品じゃないこともあります。本年度も、グランプリは“Weiner”ですが、どう考えても、この作品が全米映画賞レースのドキュメンタリー部門で本命になるようには思えません。だとしたら、むしろ“Life,Animated”の方がそうなる可能性があるような気がしますね。(2作品ともエグゼクティヴ・プロデューサーは同じですが。)

 ワールド・シネマ部門は、南米の作品が多いのが注目されます。
 受賞作の多くは、各国の映画賞で受賞したりすることになるのではないでしょうか。

 フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲンの新作や“The Lure(Córki Dancingu)”は、“買い”だと思いますね。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・サンダンス映画祭2016 US コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_1.html
 ・サンダンス映画祭2016 ワールド・シネマ コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_4.html
 ・サンダンス映画祭2016 その他の部門のラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_12.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年1月〜5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_49.html
 ・映画賞&映画祭カレンダー 2015年9月〜2016年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201509/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サンダンス映画祭2016 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる