海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米・監督組合賞(DGA)2016 映画部門ノミネーション発表!

<<   作成日時 : 2016/01/13 09:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第68回米・監督組合賞(DGA)の映画部門のノミネーションが発表されました。(1月12日)

画像

 【映画部門】(Film)

 ※ここでは監督名のみ挙げていますが、実際は、各作品の演出チームに属する個人(ユニット・プロダクション・マネージャーやアシスタント・ディレクターなど)数名がノミネートされています。

 ◆長編映画部門(Outstanding Directorial Achievement in Feature Film for 2015)
 ・アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 『レヴェナント:蘇えりし者』
 ・トム・マッカーシー 『スポットライト 世紀のスクープ』
 ・アダム・マッケイ 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
 ・ジョージ・ミラー 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 ・リドリー・スコット 『オデッセイ』

 トッド・ヘインズ、スティーヴン・スピルバーグ、レニー・アブラハムソン、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、ライアン・クーグラー、クエンティン・タランティーノ、トム・フーパー、キャリー・ジョージ・フクナガ、ダニー・ボイルなどが落選。

 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥは4回目のノミネートで、前回『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で受賞。2012年にCM部門でも受賞。
 トム・マッカーシーとアダム・マッケイとジョージ・ミラーは、初ノミネート。
 リドリー・スコットは4回目のノミネート(『テルマ&ルイーズ』『グラディエーター』『ブラックホーク・ダウン』)。無冠。

 ◆第1回作品賞(Outstanding Directorial Achievement of A First-Time Feature Film Director for 2015) [新設]
 ・Fernando Coimbra “A Wolf at the Door”(ブラジル)
 ・ジョエル・エドガートン “The Gift”(オーストラリア・米)
 ・アレックス・ガーランド “Ex Machina”(英)
 ・メリエル・ヘラー(Marielle Heller) “The Diary of a Teenage Girl”(米)
 ・ネメシュ・ラースロー 『サウルの息子』(ハンガリー)

 本年度から新設になった部門です。対象作品は、2015年にロサンゼルスかニューヨークで劇場公開された作品で、外国語映画であってもよく、監督は監督組合(DGA)のメンバーでなくてもよいそうです。

 今回ノミネートされた監督は全員初ノミネートです。

 【特別賞・名誉賞】

 ◆フランク・キャプラ貢献賞(The DGA’s 2016 Frank Capra Achievement Award)
 ◎Mary Rae Thewlis
 ※アシスタント・ディレクターまたはユニット・プロダクション・マネージャーに贈られる。
 Mary Rae Thewlisは『ジ・アメリカンズ』や『LAW & ORDER:犯罪心理捜査班』などのテレビ・シリーズを手がけるプロデューサー、プロダクション・マネージャー。
 監督組合には15年以上にわたってさまざまな委員会に参加している。

 ◆フランクリン・J・シャフナー貢献賞(The DGA’s 2016 Franklin J. Schaffner Achievement Award)
 ※アソシエイト・ディレクターまたはステージ・マネージャーに贈られる。
 ◎Tom McDermott
 Tom McDermottは、『ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス』などでステージ・マネージャーを務めたほか、舞台演出も手掛けている。監督組合にはDGA’s Western AD/SM/PA Council で30年以上にわたって貢献している。

 ◆生涯貢献賞 テレビ部門(Lifetime Achievement Award in Television)
 ◎ジョー・ピトカ(Joe Pytka)
 映画では『SPACE JAM/スペース・ジャム』(1996)や『のるかそるか』(1989)を監督。5000本を超えるCMを手がけていて、その中には80本を超える「スーパー・ボウル」のCMも含まれている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 長編映画部門に関しては、アカデミー賞監督賞との合致度が高く、監督組合賞が始まった1948年(度)以降、米・監督組合賞を受賞してアカデミー賞監督賞を受賞しなかったのは7回しかなく(1969年、1973年、1986年、1996年、2002年、2004年、2013年)、監督組合賞の公式HPでもわざわざのことが明記されています。また、監督組合賞受賞作がアカデミー賞監督賞にノミネートすらされなかったことは過去に3回(1986年、1996年、2013年)しかありません。監督組合賞のノミニーは80%以上の確率でアカデミー賞監督賞にノミネートされ、監督組合賞受賞者はやはり80%以上の確率でアカデミー賞も受賞するということになります。

 一方、米国アカデミー賞は、作品賞と監督賞の合致度が高いことでも知られていますが、近年、2013年と2014年は、作品賞と監督賞はそれぞれ異なる作品に贈られています。
 作品賞はプロデューサーに対する賞であり、監督賞は監督に対する賞ですが、近年は、この2つの賞を異なる作品に与えようという雰囲気ができているような気がしますね。

 監督組合賞の残りの部門、ドキュメンタリー部門、テレビ部門、CM部門のノミネーションは、1月13日に発表され、すべての受賞結果は2月6日に行われる授賞式で発表されます。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米・監督組合賞(DGA)2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_14.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2014 長編映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_18.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2014 ドキュメンタリー部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_42.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2014 テレビ部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_34.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_74.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2013 長編映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_19.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2013 テレビ部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_27.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2013 ドキュメンタリー部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_39.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_3.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_28.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_1.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_34.html
 ・米・監督組合賞(DGA)2011受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_50.html
 ・米・監督組合賞(DGA) 2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_16.html
 ・米・監督組合賞(DGA) 2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_2.html
 ・米・監督組合賞(DGA) 2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_10.html
 ・米・監督組合賞(DGA) 2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_2.html

 ・全米映画賞レース2015の結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_70.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2015年9月〜2016年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201509/article_2.html

 追記:
 ・米・監督組合賞(DGA) 2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_10.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
米・監督組合賞(DGA)2016 映画部門ノミネーション発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる