海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米・脚本家組合賞(WGA)2016 映画部門 ノミネーション!

<<   作成日時 : 2016/01/08 19:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第68回米・脚本家組合賞(WGA)の映画部門のノミネーションが発表されました。(1月6日)

画像

 ◆オリジナル脚本賞
 ・『ブリッジ・オブ・スパイ』 マット・シャルマン、イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン
 ・『ボーダーライン』 テイラー・シェリダン
 ・『スポットライト 世紀のスクープ』 ジョシュ・シンガー、トム・マッカーシー 
 ・『ストレイト・アウタ・コンプトン』 脚本:ジョナサン・ハーマン、アンドレア・バーロフ 原案:S・レイ・サヴィッジ、アラン・ウェンカス、アンドレア・バーロフ
 ・“Trainwreck” エイミー・シューマー

 『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』などが落選。
 米国アカデミー賞では、他に、米・脚本家組合賞(WGA)にはノミネート対象外である“Ex Machina”、『ヘイトフル・エイト』、『インサイド・ヘッド』、『ドリームホーム 99%を操る男たち』などがノミネートされる可能性があります。

 ◆脚色賞
 ・『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 脚本:チャールズ・ランドルフ、アダム・マッケイ 原作:マイケル・ルイス 『世紀の空売り』
 ・『キャロル』 脚本:フィリス・ナギー 原作:パトリシア・ハイスミス “The Price of Salt”
 ・『オデッセイ』 脚本:ドリュー・ゴダード 原作:アンディー・ウィアー 『火星の人』
 ・『スティーブ・ジョブズ』 脚本:アーロン・ソーキン 原作:ウォルター・アイザックソン 『スティーブ・ジョブズ』(伝記)
 ・“Trumbo” 作:ジョン・マクナマラ 原作:ブルース・クック “Trumbo”(伝記)

 『ビースト・オブ・ノー・ネーション』、『レヴェナント:蘇えりし者』、『人生はローリングストーン』、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などが落選。
 米国アカデミー賞では、他に、米・脚本家組合賞(WGA)にはノミネート対象外である “Anomalisa”、“Brooklyn” 、『リリーのすべて』、“Room”などがノミネートされる可能性があります。

 ◆ドキュメンタリー部門(Documentary Screenplay)
 ・“Being Canadian” Robert Cohen
 ・『ゴーイング・クリア:サイエントロジーと信仰という監禁』 アレックス・ギブニー
 ・『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』 ブレット・モーゲン
 ・“Prophet's Prey” エイミー・J・バーグ

 【特別賞・名誉賞】

 ◆アニメーション・ライティング賞(Animation Writers Caucus Animation Writing Award)
 何年にもわたって、アニメーション作品の脚本の文学性の向上に努め、脚本家という職業に貢献したThe Animation Writers Caucusのメンバー。または、組合メンバーに贈られる。
 ◎セス・マクファーレン

 ◆Morgan Cox Award
 組合に、すばらしいアイディアを示し、継続的な努力と自己犠牲を示した組合メンバーまたはグループに贈られる。
 ◎アーサー・セラーズ
 アーサー・セラーズは、『スーパー念力マン』『アーク 失われたマヤの財宝』などを手がける脚本家。

 ◆ヴァレンタイン・デイヴィース賞(Valentine Davies Award)
 エンタテインメント産業や一般社会に貢献し、脚本家への威厳や尊敬をもたらした米・脚本家組合ウェストのメンバーに贈られる。
 ◎ジョン・オーガスト
 ジョン・オーガストは『タイタンA.E.』『チャーリーズ・エンジェル』『ビッグ・フィッシュ』『ティム・バートンのコープスブライド』『9-ナイン』(監督も)『フランケンウィニー』などを手がける脚本家。

 ◆WGAE’s Evelyn F. Burkey Award
 エンタテインメント産業や一般社会に貢献し、脚本家への威厳や尊敬をもたらした米・脚本家組合イーストのメンバーに贈られる。
 ◎アル・フランケン(Al Franken)
 アル・フランケンは、『サタデー・ナイト・ライブ』などを手がける放送作家兼出演者で、2009年より上院議員を務めている。

 ◆キャリア貢献賞(WGAE’s Hunter Award for Career Achievement)
 ◎リチャード・ラグラヴェネーズ
 リチャード・ラグラヴェネーズは、『フィッシャー・キング』『リトル・プリンセス』『マディソン郡の橋』『マンハッタン・ラプソディ』『モンタナの風に抱かれて』『恋人たちのパレード』『恋するリベラーチェ』『不屈の男 アンブロークン』などを手がける脚本家で、『マンハッタンで抱きしめて』『フリーダム・ライターズ』『P.S. アイラヴユー』などでは監督も務めている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【アカデミー賞との関係】

 オリジナル脚本賞と脚色賞での一致度(ノミネーション&受賞結果)は以下のようになっています。

 2015年 脚本:4作品(WGA) 脚色:2作品(WGA=AA)
 2014年 脚本:5作品(WGA=AA) 脚色:3作品(WGA、AA)
 2013年 脚本:2作品(WGA) 脚色:4作品(WGA=AA)
 2012年 脚本:2作品(WGA=AA) 脚色:3作品(WGA=AA)
 2011年 脚本:3作品(WGA) 脚色:3作品(WGA=AA)
 2010年 脚本:2作品(WGA=AA) 脚色:2作品(WGA、AA)
 2009年 脚本:1作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA=AA)
 2008年 脚本:4作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA=AA)
 2007年 脚本:3作品(WGA=AA) 脚色:3作品(WGA=AA)
 2006年 脚本:3作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA=AA)
 2005年 脚本:3作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA=AA)
 2004年 脚本:3作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA、AA)
 2003年 脚本:3作品 脚色:4作品(WGA)
 2002年 脚本:3作品(WGA=AA) 脚色:3作品(WGA=AA)
 2001年 脚本:4作品(WGA、AA) 脚色:4作品(WGA=AA)
 2000年 脚本:4作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA、AA)
 1999年 脚本:4作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA、AA)

 カッコで示してあるのは、脚本家組合賞(WGA)のノミネーションとアカデミー賞のノミネーションが一致した中からそれぞれの受賞作品が出たかどうかを示しています。
 「WGA=AA」は同じ作品が双方で受賞したことを示し、「WGA、AA」は一致したノミネート作品の中から別々の作品が受賞したことを示し、「WGA」は一致したノミネート作品の中から脚本家組合賞は出たけれど、アカデミー賞は脚本家組合賞にはノミネートされなかった作品から出、何も記していないところはそれぞれ別々のノミニーから受賞作が出たことを示しています。
 ※1999年以降のデータを書き出していることに特に意味はありません。毎年データを書き出していて、それが蓄積していっているだけです。
 過去17年で、受賞作が一致する割合は、オリジナル脚本賞で12/17(70.1%)、脚色賞で11/17(64.7%)、全体では23/34(67.6%)です。

 米・脚本家組合賞(WGA)は、米国アカデミー賞とは違って、規定により本命や有力作品が選外になることがあるので、これがそのまま米国アカデミー賞を占うものとはなりません。

 現時点での前哨戦の結果は、オリジナル脚本賞は『スポットライト 世紀のスクープ』の圧勝、脚色賞は『マネー・ショート 華麗なる大逆転』が最多受賞で、これを『オデッセイ』と米・脚本家組合賞(WGA)にはノミネートされていない“Room”が追っています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 テレビ、ニューメディア、ラジオ部門のノミネーションは、2015年12月3日に発表済みです。(下記リンク参照)

 受賞結果の発表は、2月13日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米・脚本家組合賞(WGA)2016 テレビ、ニューメディア、ラジオ部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_9.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2015 受賞結果: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_15.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2014 映画部門 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_6.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2014 TV部門他 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_4.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2014 受賞結果: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_5.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2013 映画部門 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_8.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2013 TV部門他 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_77.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_31.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_7.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_34.html
 ・米・脚本家組合賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_7.html
 ・米・脚本家組合賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_10.html
 ・米・脚本家組合賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_15.html
 ・米・脚本家組合賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_37.html
 ・米・脚本家組合賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_8.html
 ・米・脚本家組合賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_9.html

 ・『ヘイトフル・エイト』『インサイド・ヘッド』『リリーのすべて』…米・脚本家組合賞 2016 失格!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_10.html

 ・全米映画賞レース2015の結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_70.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2015年9月〜2016年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201509/article_2.html

 追記:
 米・脚本家組合賞(WGA)2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_21.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
米・脚本家組合賞(WGA)2016 映画部門 ノミネーション! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる