海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS オスカーを占う?! 米・映画編集者賞(ACE)2016 ノミネーション発表!

<<   作成日時 : 2016/01/06 23:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第66回米・映画編集者賞(ACE:American Cinema Editors/Eddie)のノミネーションが発表になりました。(1月4日)

画像

 【映画部門】

 ◆ドラマ部門(Best Edited Feature Film (Dramatic))
 ・『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 マーガレット・シクセル
 ・『オデッセイ』 ピエトロ・スカリア, ACE
 ・『ボーダーライン』 ジョー・ウォーカー, ACE
 ・『レヴェナント:蘇えりし者』 スティーヴン・ミリオン, ACE
 ・『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 メリアン・ブランドン, ACE、メアリー・ジョー・マーキー, ACE

 スティーヴン・ミリオンは、前回『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で、前々回は『8月の家族たち』でノミネート。2007年に『バベル』で受賞。3年連続6回目のノミネート。

 ◆コメディー部門(Best Edited Feature Film (Comedy)
 ※前回までは「ミュージカル」も含まれていたのに、「コメディー」のみになりました。
 ・『アントマン』 ダン・レーベンタール, ACE、コルビー・パーカー・Jr., ACE
 ・『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 ハンク・コーウィン, ACE
 ・“Joy” ジェイ・キャシディ, ACE、アラン・ボームガーテン, ACE、クリストファー・テレフセン,ACE、トム・クロス, ACE
 ・“Me and Earl and the Dying Girl” デイヴィッド・トラクテンバーグ
 ・“Trainwreck” William Kerr, ACE、Paul Zucker

 トム・クロスは前回、『セッション』でドラマ部門にノミネート。

 ◆アニメーション部門(Best Edited Animated Feature Film)
 ・“Anomalisa” Garret Elkins
 ・『インサイド・ヘッド』 ケヴィン・ノルティング, ACE
 ・『アーロと少年』 Stephen Schaffer, ACE

 アニメーション部門は、創設されて以降全6回のうち、前回を除く5回すべてで、米国アカデミー賞長編長編アニメーション賞と一致しています。さらに7年前は、『ウォーリー』がコメディー/ミュージカル部門で受賞しているので、それも合わせると、過去7年で6回連続で米国アカデミー賞と受賞結果が一致していることになります。(ちなみに、前回は、最有力候補だったのに、米国アカデミー賞がノミネーション段階で切り捨てた『LEGOムービー』が映画編集者賞を受賞しています。)

 ◆ドキュメンタリー部門(Best Edited Documentary(Feature))
 ・“Amy” Chris King
 ・『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』 Joe Beshenkovsky、ブレット・モーゲン
 ・『ゴーイング・クリア:サイエントロジーと信仰という監禁』 アンディー・グリーヴ
 ・『わたしはマララ』 グレッグ・フィントン, ACE、ブライアン・ジョンソン、ブラッド・フラー
 ・『レッキング・クルー 伝説のミュージシャンたち』 “The Wrecking Crew” クレア・スキャンロン

 ドキュメンタリー部門は、過去7回のうち、5回、米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞と受賞結果が一致していて、過去3年は連続して同じ結果になっています。(とするとこの段階で『ルック・オブ・サイレンス』は脱落?)

 【テレビ部門】

 ◆ミニシリーズ・TV映画部門(Best Edited Longform (Miniseries Or Motion Picture) For Television)
 ・『BESSIE/ブルースの女王』 Brian A. Kates, ACE
 ・“Dolly Parton’s Coat of Many Colors” メイジー・ホイ, ACE
 ・『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』-‘Trust No Bitch’(90分の回) William Turro

 ◆30分シリーズ部門(Best Edited Half-Hour Series For Television)
 ・“Inside Amy Schumer”-‘12 Angry Men’ Nick Paley
 ・“Silicon Valley”-‘Two Days of the Condor’ Brian Merken, ACE
 ・“Veep”-‘Election Night’ Gary Dollner

 “Veep”は、2年連続ノミネートで、前回受賞。“Silicon Valley”も2年連続ノミネート。

 ◆1時間シリーズ・ドラマ 民放部門(Best Edited One-Hour Series For Commercial Television)
 ・『ベター・コール・ソウル』-‘Five-O’ Kelley Dixon, ACE
 ・『ベター・コール・ソウル』-‘Uno’ Skip Macdonald, ACE
 ・『FARGO/ファーゴ』-‘Did You Do This? No, You Did It!’ Skip Macdonald, ACE & Curtis Thurber
 ・『グッド・ワイフ』-‘Restrain’ スコット・ヴィックレイ(Scott Vickrey), ACE
 ・『マッド・メン』-‘Person to Person’ Tom Wilson

 スコット・ヴィックレイは同作品で3年連続ノミネート。『グッド・ワイフ』は3年連続4回目のノミネート。
 『FARGO/ファーゴ』は前回はミニシリーズ・TV映画部門でノミネート。
 『マッド・メン』は2年連続3回目のノミネート。

 ◆1時間シリーズ・ドラマ コマーシャルフリー部門(Best Edited One-Hour Series For Non-Commercial Television)
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』-‘The Dance of Dragons’ Katie Weiland
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』-‘Hardhome’ Tim Porter
 ・『HOMELAND』-‘The Tradition of Hospitality’ ハーヴィー・ローゼンストック(Harvey Rosenstock), ACE
 ・『ハウス・オブ・カード 野望の階段』-‘Chapter 39’ リサ・ブロムウェル(Lisa Bromwell), ACE
 ・“The Knick”-‘Wonderful Surprises’ スティーヴン・ソダーバーグ(Mary Ann Bernard)

 『ゲーム・オブ・スローンズ』は2年連続ノミネート。
 『HOMELAND』は4年連続ノミネート。前回受賞。2012年にも受賞。
 『ハウス・オブ・カード 野望の階段』は3年連続ノミネート。

 ◆TVドキュメンタリー部門(Best Edited Documentary (Television))
 ・『キース・リチャーズ: アンダー・ザ・インフルエンス』“Keith Richards: Under the Influence” ジョシュア・L・ピアソン(Joshua L. Pearson)
 ・“The Jinx: The Life and Deaths of Robert Durst”-Chapter 1 Richard Hankin, ACE、ザック・スチュアート=ポンティエ(Zac Stuart-Pontier)、Caitlyn Greene、Shelby Siegel
 ・“The Seventies”-‘The United State vs. Nixon’ Chris A. Peterson, ACE

 ◆ノン・スクリプト・シリーズ部門(Best Edited Non-Scripted Series)
 ・“Anthony Bourdain: Parts Unknown”-‘Bay Area’ Hunter Gross, ACE
 ・『ベーリング海の一攫千金』“Deadliest Catch”-‘Zero Hour’ Josh Earl, ACE、Ben Bulatao
 ・“Whale Wars”-‘The Darkest Hour’ Eric Driscoll、Nik Jamgocyan、Chris Kirkpatrick、デイヴィッド・マイケル・モーラー(David Michael Maurer), ACE、Greg McDonald、Marcus Miller、Alexandria Scott

 Hunter Grossは、同作品で2年連続ノミネート。前回受賞。
 “Anthony Bourdain: Parts Unknown”と『ベーリング海の一攫千金』は、2年連続ノミネート、前回は“Anthony Bourdain: Parts Unknown”が受賞。(2012年にも受賞。)
 “Whale Wars”は3年ぶりのノミネート。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【米国アカデミー賞との関係】

 2000年以降の、映画編集者賞(ACE)とアカデミー賞編集賞の受賞作品の一致度は以下のようになっています。

 ・2015年:不一致(ACEは『6才のボクが、大人になるまで。』『グランド・ブダペスト・ホテル』、AAは『セッション』)
 ・2014年:不一致(ACEは『キャプテン・フィリップス』『アメリカン・ハッスル』、AAは『ゼロ・グラビティ』)
 ・2013年:一致(ドラマ部門『アルゴ』)
 ・2012年:不一致(ACEは『ファミリー・ツリー』『アーティスト』、AAは『ドラゴン・タトゥーの女』
 ・2011年:一致(ドラマ部門『ソーシャル・ネットワーク』)
 ・2010年:一致(ドラマ部門『ハート・ロッカー』)
 ・2009年:一致(ドラマ部門『スラムドッグ$ミリオネア』)
 ・2008年:一致(ドラマ部門『ボーン・アルティメイタム』)
 ・2007年:一致(ドラマ部門『ディパーテッド』)
 ・2006年:一致(ドラマ部門『クラッシュ』)
 ・2005年:一致(ドラマ部門『アビエイター』)
 ・2004年:一致(ドラマ部門『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』)
 ・2003年:一致(コメディー/ミュージカル部門『シカゴ』)
 ・2002年:一致(ドラマ部門『ブラックホーク・ダウン』)
 ・2001年:不一致(ACEは『グラディエーター』『あの頃ペニー・レインと』、AAは『トラフィック』)
 ・2000年:一致(ドラマ部門『マトリックス』)

 上記16年間では、75%の確率で映画編集者賞(ACE)とアカデミー賞編集賞の受賞作品は一致し、しかもその作品がアカデミー賞作品賞をも制してしまう確率がかなり高いことがわかります。

 同様の傾向は当然今年も適用されると思われるので、映画編集者賞(ACE)受賞作品がアカデミー賞編集賞を受賞し、作品賞をも制する確率は高いと言えます。(ただし、そうした傾向も2011年までで、2012年以降には当てはまらないということもできるかもしれません。)

 また、受賞結果が不一致となった2015年、2014年、2012年も、一方の受賞作は、もう一方でノミネートされていますから、映画編集者賞(ACE)でノミネートされていなければ、米国アカデミー賞で編集賞を受賞する可能性は極めて低いことになります。

 さらに、1976年以降40年間で、米国アカデミー賞編集賞にノミネートされていない作品が作品賞を受賞したことは、2015年の1回しかなく(それだけ前回はサプライズだったということです)、米国アカデミー賞編集賞にノミネートされない作品は、作品賞からも遠のくことになります。

 したがって、映画編集者賞(ACE)≒米国アカデミー賞編集賞≒米国アカデミー賞作品賞ということであれば、映画編集者賞(ACE)にノミネートされていない『スポットライト世紀のスクープ』や『キャロル』は、米国アカデミー賞作品賞受賞に向けて、黄色信号が灯ってしまったということにもなります。

 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』=映画編集者賞(ACE)=米国アカデミー賞編集賞=米国アカデミー賞作品賞、というラインがかなり有力になってきますが、どうでしょうか。まずは、映画編集者賞(ACE)の受賞結果を待たなければなりません。

 ドキュメンタリー部門、アニメーション部門も米国アカデミー賞との一致度が強く、そちらも受賞結果が注目されます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 受賞結果の発表は、1月29日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米・映画編集者賞(ACE)2015ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_3.html
 ・米・映画編集者賞(ACE)2015受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_4.html
 ・米・映画編集者賞(ACE)2014ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_30.html
 ・米・映画編集者賞(ACE)2014受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_19.html
 ・米・映画編集者賞(ACE)2013ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_34.html
 ・米・映画編集者賞(ACE)2013受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_29.html
 ・米・映画編集者賞(ACE)2012ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_32.html
 ・米・映画編集者賞(ACE)2012受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_31.html
 ・米・映画編集者賞(ACE)2011ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_31.html
 ・米・映画編集者賞(ACE) 2011受賞結果: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_39.html
 ・米・映画編集者賞(ACE)2010ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_23.html
 ・米・映画編集者賞(ACE)2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_28.html
 ・米・映画編集者賞(ACE)2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_21.html

 ・全米映画賞レース2015の結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_70.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2015年9月〜2016年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201509/article_2.html

 追記:
 ・米・映画編集者賞(ACE)2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_59.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オスカーを占う?! 米・映画編集者賞(ACE)2016 ノミネーション発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる