海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS オンライン映画批評家協会賞2015 結果発表!

<<   作成日時 : 2015/12/15 02:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第19回オンライン映画批評家協会賞の受賞結果が発表になりました。(12月14日)

 【オンライン映画批評家協会賞】(The Online Film Critics Society Awards)
 設立年:1997 会員数:254
 公式サイト:http://www.ofcs.org/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Online_Film_Critics_Society
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A

 オンライン映画批評家協会賞は、全米の映画批評家協会賞系映画賞の中でも、会員数が多い映画賞で、増減を繰り返しつつ、クリティクス・チョイス・アワード(放送映画批評家協会賞)と会員数の1位2位を争っています。

 会員数が多いということは、受賞結果にも、それだけ今のアメリカの映画界のムードを反映した結果が出ている、ということになります。

 2014年の作品賞は『グランド・ブダペスト・ホテル』、2013年の作品賞は『それでも夜は明ける』、2012年の作品賞は『ツリー・オブ・ライフ』、2011年の作品賞は『ソーシャル・ネットワーク』、2010年の作品賞は『ハート・ロッカー』となっています。

 本年度の受賞結果は以下の通り。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞
 ・“Brooklyn”
 ・『キャロル』
 ・“Ex Machina”
 ・『インサイド・ヘッド』
 ◎『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 ・『オデッセイ』
 ・『レヴェナント:蘇えりし者』
 ・“Room”
 ・『ボーダーライン』
 ・“Spotlight”

 ◆監督賞
 ・トッド・ヘインズ 『キャロル』
 ・トム・マッカーシー “Spotlight”
 ◎ジョージ・ミラー 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 ・リドリー・スコット 『オデッセイ』
 ・ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『ボーダーライン』

 ◆主演男優賞
 ・マット・デイモン 『オデッセイ』
 ・レオナルド・ディカプリオ 『レヴェナント:蘇えりし者』
 ◎マイケル・ファスベンダー 『スティーブ・ジョブズ』
 ・マイケル・B・ジョーダン 『クリード チャンプを継ぐ男』
 ・イアン・マッケラン 『ミスター・ホームズ』

 ◆主演女優賞
 ◎ケイト・ブランシェット 『キャロル』
 ・ブリー・ラーソン “Room”
 ・シャーロット・ランプリング “45 Years”
 ・シアーシャ・ローナン “Brooklyn”
 ・シャーリーズ・セロン 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

 ◆助演男優賞
 ・ベニチオ・デル・トロ 『ボーダーライン』
 ◎オスカー・アイザック “Ex Machina”
 ・マーク・ラファロ “Spotlight”
 ・マーク・ライランス 『ブリッジ・オブ・スパイ』
 ・シルヴェスター・スタローン 『クリード チャンプを継ぐ男』

 ◆助演女優賞
 ◎ルーニー・マーラ 『キャロル』
 ・シンシア・ニクソン “James White”
 ・クリステン・スチュワート 『アクトレス〜女たちの舞台〜』
 ・アリシア・ヴィキャンデル 『リリーのすべて』
 ・ケイト・ウィンスレット 『スティーブ・ジョブズ』

 ◆オリジナル脚本賞
 ・“Ex Machina” アレックス・ガーランド
 ・『インサイド・ヘッド』 ピート・ドクター、ロニー・デル・カルメン、メグ・レフォーヴ、ジョシュ・クーリー
 ・“Mistress America” グレタ・ガーウィグ、ノア・バームバック
 ・『ボーダーライン』 テイラー・シェリダン
 ◎“Spotlight” ジョシュ・シンガー、トム・マッカーシー

 ◆脚色賞
 ・“Brooklyn” ニック・ホーンビー
 ◎『キャロル』 フィリス・ナギー
 ・『オデッセイ』 ドリュー・ゴダード
 ・“Room” Emma Donoghue
 ・『スティーブ・ジョブズ』 アーロン・ソーキン

 ◆撮影賞
 ・『黒衣の刺客』 リー・ピンビン
 ・『キャロル』 エド・ラックマン
 ◎『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 ジョン・シール
 ・『レヴェナント:蘇えりし者』 エマニュエル・ルベツキ
 ・『ボーダーライン』 ロジャー・ディーキンス

 ◆編集賞
 ◎『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 マーガレット・シクセル
 ・『オデッセイ』 ピエトロ・スカリア
 ・『レヴェナント:蘇えりし者』 スティーヴン・ミリオン
 ・『ボーダーライン』 ジョー・ウォーカー
 ・『スティーブ・ジョブズ』 エリオット・グレアム

 ◆ドキュメンタリー賞(Best Documentary)
 ・“Amy”(英) 監督:アシフ・カパディア(Asif Kapadia)
 ・“Best of Enemies”(米) 監督:モーガン・ネヴィル、Robert Gordon
 ・“Cartel Land”(米) 監督:Matthew Heineman
 ・“Going Clear: Scientology and the Prison of Belief”(米) 監督:アレックス・ギブニー
 ◎『ルック・オブ・サイレンス』(インドネシア・英・デンマーク・フィンランド・ノルウェー) 監督:ジョシュア・オッペンハイマー

 ◆アニメーション賞(Best Animated Feature)
 ・“Anomalisa”(米) 監督:デューク・ジョンソン(Duke Johnson)、チャーリー・カウフマン
 ・『アーロと少年』“The Good Dinosaur”(米) 監督:ピーター・ソーン
 ◎『インサイド・ヘッド』(米) 監督:ピート・ドクター、ロナルド・デル・カルメン
 ・『I LOVE スヌーピーTHE PEANUTS MOVIE』“The Peanuts Movie”(米) 監督:スティーヴ・マルティノ
 ・『映画 ひつじのショーン〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜』(英・仏) 監督:マーク・バートン、リチャード・スターザック

 ◆外国語映画賞(Best Film Not in the English Language)
 ◎台湾:『黒衣の刺客』(台湾・中・香港・仏) 監督:候孝賢
 ・オーストリア:『グッドナイト・マミー』“Goodnight Mommy(Ich Seh Ich She)”(オーストリア) 監督:ヴェロニカ・フランツ(Veronika Franz)、セヴェリン・フィアラ(Severin Fiala)
 ・フランス:“Mustang”(仏・独・トルコ) 監督:Deniz Gamze Ergüven
 ドイツ:『あの日のように抱きしめて』(独) 監督:クリスティアン・ペツォルト
 ・ハンガリー:『サウルの息子』“Saul Fia (Son of Saul)”(ハンガリー) 監督:ネメシュ・ラースロー(László Nemes)

 ◆最優秀米国未公開作品(Best Non-U.S. Release)
 ・“Aferim!”(ルーマニア・ブルガリア・チェコ) 監督:Radu Jude
 ・『光りの墓』“Cemetery of Splendour”(タイ・英・仏・独・マレーシア・韓・メキシコ・米・ノルウェー) 監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン
 ・『ザ・クラブ』“The Club(El Club)”(チリ) 監督:パブロ・ラライン
 ・『ディーパンの闘い』“Dheepan”(仏) 監督:ジャック・オディアール
 ・“The Lobster”(アイルランド・ギリシャ・仏・オランダ・米) 監督:ヨルゴス・ランティモス
 ・『山河ノスタルジア』“Mountains May Depart(山河故人)”(中・日・仏) 監督:ジャ・ジャンクー
 ・“Mia Madre (My Mother)”(伊・仏) 監督:ナンニ・モレッティ
 ・『ひつじ村の兄弟』“Hrútar (Rams)”(アイスランド・デンマーク) 監督:グリームル・ハゥコーナルソン(Grímur Hákonarson)
 ・『今は正しくあの時は間違い』“Right Now, Wrong Then”(韓) 監督:ホン・サンス
 ・“The Sunset Song”(英・ルクセンブルク) 監督:テレンス・デイヴィス

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は、以下の通りです。

 ・『キャロル』(3/6):作品・監督・主演女優・助演女優・脚色・撮影
 ・『ボーダーライン』(0/6):作品・監督・助演男優・脚本・撮影・編集
 ・『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(4/5):作品・監督・主演女優・撮影・編集
 ・『オデッセイ』(0/5):作品・監督・主演男優・脚色・編集
 ・『レヴェナント:蘇えりし者』(0/4):作品・主演男優・撮影・編集
 ・“Spotlight”(1/4):作品・監督・助演男優・脚本
 ・『スティーブ・ジョブズ』(1/4):主演男優・助演女優・脚色・編集
 ・“Brooklyn”(0/3):作品・主演女優・脚色
 ・“Ex Machina”(1/3):作品・助演男優・脚本
 ・『インサイド・ヘッド』(1/3):作品・脚本・アニメーション
 ・“Room”(0/3):作品・主演女優・脚色
 ・『クリード チャンプを継ぐ男』(0/2):主演男優・助演男優
 ・『黒衣の刺客』(1/2):撮影・外国語

 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が、作品賞と監督賞を2つとも受賞してしまうのは、ボストン・オンライン映画批評家協会賞に続いて2つ目です。

 オンライン映画批評家協会賞とボストン・オンライン映画批評家協会賞は、作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、アニメーション賞という6部門で同じ結果になりました。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・オンライン映画批評家協会賞2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_18.html
 ・オンライン映画批評家協会賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_17.html
 ・オンライン映画批評家協会賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_23.html
 ・オンライン映画批評家協会賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_26.html
 ・オンライン映画批評家協会賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_45.html
 ・オンライン映画批評家協会賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_64.html
 ・オンライン映画批評家協会賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_2.html
 ・オンライン映画批評家協会賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_6.html
 ・オンライン映画批評家協会賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_5.html
 ・オンライン映画批評家協会賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_24.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2015年9月〜2016年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201509/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オンライン映画批評家協会賞2015 結果発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる