海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS マジでか?! ナショナル・ボード・オブ・レビュー2015発表!

<<   作成日時 : 2015/12/02 08:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第87回ナショナル・ボード・オブ・レビューが発表になりました。(12月1日)

画像

 ◆作品賞
 ◎『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 監督:ジョージ・ミラー

 ◇トップ10(Top Films)(英題アルファベット順)
 ・『ブリッジ・オブ・スパイ』 監督:スティーヴン・スピルバーグ
 ・『クリード チャンプを継ぐ男』 監督:ライアン・クーグラー
 ・“The Hateful Eight” 監督:クエンティン・タランティーノ
 ・『インサイド・ヘッド』 監督:ピート・ドクター
 ・“Spotlight” 監督:トム・マッカーシー
 ・『オデッセイ』 監督:リドリー・スコット
 ・“Room” 監督:レニー・アブラハムソン
 ・『ボーダーライン』“Sicario” 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
 ・『ストレイト・アウタ・コンプトン』 監督:F・ゲイリー・グレイ

 ◆監督賞
 ◎リドリー・スコット 『オデッセイ』

 ◆主演男優賞
 ◎マット・デイモン 『オデッセイ』

 ◆主演女優賞
 ◎ブリー・ラーソン “Room”

 ◆助演男優賞
 ◎シルヴェスター・スタローン 『クリード チャンプを継ぐ男』

 ◆助演女優賞
 ◎ジェニファー・ジェイソン・リー “The Hateful Eight”

 ◆オリジナル脚本賞
 ◎クエンティン・タランティーノ “The Hateful Eight”

 ◆脚色賞
 ◎ドリュー・ゴダード 『オデッセイ』

 ◆ブレイクスルー・パフォーマンス賞(Breakthrough Performance)
 ◎エイブラハム・アッター(Abraham Attah) 『ビースト・オブ・ノー・ネーション』
 ◎ジェイコブ・トレンブレイ(Jacob Tremblay) “Room”

 ◆新人監督賞(Best Directorial Debut)
 ◎Jonas Carpignano “Mediterranea”
 Jonas Carpignanoは、ゴッサム・アワードに続いての受賞。

 ◆アンサンブル賞(Best Ensemble)
 ◎『マネー・ショート 華麗なる大逆転』“The Big Short” 監督:アダム・マッケイ

 ◆ドキュメンタリー賞
 ◎“Amy”(英) 監督:アシフ・カパディア(Asif Kapadia)

 ◇ドキュメンタリー・トップ5(Top 5 Documentaries)
 ・“Best of Enemies”(米) 監督:モーガン・ネヴィル、Robert Gordon
 ・“The Black Panthers: Vanguard of the Revolution”(米) 監督:スタンリー・ネルソン・ジュニア(Stanley Nelson)
 ・“The Diplomat”(米・アフガニスタン・ベルギー・ボスニア ヘルツェゴビナ・クロアチア・独・セルビア・スイス・ベトナム) 監督:David Holbrooke
 ・『マーロン・ブランドの肉声』“Listen to Me Marlon”(英) 監督:スティーヴン・ライリー(Stevan Riley)
 ・『ルック・オブ・サイレンス』(インドネシア・英・デンマーク・フィンランド・ノルウェー) 監督:ジョシュア・オッペンハイマー

 ノミネーション・レベルでは、本年度のドキュメンタリー部門は混戦ですが、上位作品は、大分絞られてきたようです。

 ◆アニメーション賞
 ◎『インサイド・ヘッド』

 長編アニメーション賞は、『インサイド・ヘッド』で決まりで、もうほとんど他に選択肢はないようです。

 ◆外国語映画賞
 ◎『サウルの息子』“Saul Fia (Son of Saul)”(ハンガリー) 監督:ネメシュ・ラースロー(László Nemes)

 ◇外国語映画トップ5(Top 5 Foreign Language Films)
 ・『グッドナイト・マミー』“Goodnight Mommy(Ich Seh Ich She)”(オーストリア) 監督:ヴェロニカ・フランツ(Veronika Franz)、セベリン・フィアラ(Severin Fiala)
 ・“Mediterranea”(伊・仏・米・独・カタール) 監督:Jonas Carpignano
 ・『あの日のように抱きしめて』(独) 監督:クリスティアン・ペツォルト
 ・“The Second Mother(Que Horas Ela Volta?)”(ブラジル) 監督:Anna Muylaert
 ・『ザ・トライブ』(ウクライナ) 監督:ミロスラヴ・スラボシュピツキー

 なぜか“Mustang”が落選していますが、いずれにせよ、クリスティアン・ペツォルトを除けば、若手監督の作品ばかりが選ばれています。

 ◆スポットライト賞(Spotlight Award)
 ◎『ボーダーライン』“Sicario”
 優れてコラボレイティヴなヴィジョンに対して(for Outstanding Collaborative Vision)

 ◆表現の自由賞(NBR Freedom of Expression Award)
 ◎『ビースト・オブ・ノー・ネーション』(米) 監督:キャリー・フクナガ
 ◎“Mustang”(仏・独・トルコ) 監督:Deniz Gamze Ergüven

 ◆ウィリアム・K・エヴァーソン映画史賞(William K. Everson Film History Award)
 ◎セシリア・デミル・プレスリー(Cecilia De Mille Presley)
 セシル・B・デミルの孫娘で、映画プロデューサー。“Cecil B. DeMille: The Art of the Hollywood Epic”という本も著している。

 ◆インディペンデント映画トップ10(Top 10 Independent Films)
 ・『ベルファスト71』 監督:ヤン・ドマンジュ
 ・“45 Years” 監督:アンドリュー・ヘイ
 ・“Cop Car” 監督:ジョン・ワッツ
 ・“Ex Machina” 監督:アレックス・ガーランド
 ・“Grandma” 監督:ポール・ワイツ
 ・『イット・フォローズ』 監督:デイヴィッド・ロバート・ミッチェル
 ・“James White” 監督:ジョシュ・モンド
 ・“Mississippi Grind” 監督:アンナ・ボーデン、ライアン・フレック
 ・“Welcome to Me” 監督:Shira Piven
 ・“While We’re Young” 監督:ノア・バームバック

 『タンジェリン』や“The Diary of a Teenage Girl”が落ちて、なぜかイギリス作品が3本も入っています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 思ってもみなかった作品が並んでいたので、初見では、ちょっとびっくりしてしまいましたが、記事をまとめているうち、だんだんと見慣れてきて、これも悪くないかなという気がしてきました。

 これらが、そのまま米国アカデミー賞2016に直結するっていうことはないでしょうが、本年度の全米映画賞レースの方向性は多少見えてきたように思います。

 近年のナショナル・ボード・オブ・レビューは、「アカデミー賞の有力候補を当てに行く」的なポジションから少しずつ脱しようとしているようで、たくさんの映画賞の中で、自らの果たすべき立ち位置を探っていて、多くの賞を受賞するのが確実なようなノミニーではなく、よりナショナル・ボード・オブ・レビューがピックアップしたいと考えるノミニーを積極的にチョイスしている、そんな風にも見えます。

 例えば、近年のナショナル・ボード・オブ・レビューの作品賞は、以下のようになっています。

 2006年:『硫黄島からの手紙』
 2007年:『ノーカントリー』
 2008年:『スラムドッグ$ミリオネア』
 2009年:『マイレージ、マイライフ』
 2010年:『ソーシャル・ネットワーク』
 2011年:『ヒューゴの不思議な発明』
 2012年:『ゼロ・ダーク・サーティ』
 2013年:『her/世界でひとつの彼女』
 2014年:『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』

 ナショナル・ボード・オブ・レビューと同じくらい、全米映画賞レースの序盤で重要視されているニューヨーク映画批評家協会賞は、前回、偶然一致した(?)特別賞以外、ナショナル・ボード・オブ・レビューとは1部門も重なりませんでした。
 本年度のニューヨーク映画批評家協会賞は、24時間後には判明しているはずですが、どうなるか、楽しみですね。

 それはそれとして―
 今回、わかったことの1つは、タランティーノの“The Hateful Eight”が、この段階で、確かにお披露目されていて、ある程度の評価を得ていることで、今はまだ、上記には入ってきていないアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥの『レヴェナント:蘇えりし者』とデイヴィッド・O・ラッセルの“Joy”が(お披露目されて)賞レースに絡んでくるようになると、今後、各部門の顔ぶれがどう変わってくるか、にも注目されます。

 ナショナル・ボード・オブ・レビューの授賞式は、2016年1月5日に行なわれる予定になっています。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_4.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2014 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_16.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_9.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2013 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_20.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_11.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2012 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_24.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_1.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2011 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_21.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_5.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2010 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_25.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_6.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2009 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_21.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2008受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_10.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2007受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200712/article_11.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2006受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200612/article_5.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2015年9月〜2016年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201509/article_2.html

 追記:
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2015 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_10.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マジでか?! ナショナル・ボード・オブ・レビュー2015発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる