海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2015 発表!

<<   作成日時 : 2015/12/09 08:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第13回アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞が発表されました。(12月7日)

 【アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞】

 アフリカン・アメリカン映画批評家協会(AAFCA:The African-American Film Critics Association)は、2003年に、ジャーナリストGil Robertson IV とShawn Edwardsによって、設立された団体で、アフリカを出自とする人々が監督したり、出演したりしている映画作品を、ユニバーサルに、ブラック・コミュニティーにアピールする目的でスタートしています。
 同じような目的の団体/賞に、NAACPイメージ・アワードがありますが、あちらほどアグレッシブではなく、もうちょっと穏やかな、映画好きのアフリカン・アメリカンによる映画賞であるようです。

 2009年の1位は『プレシャス』、2位は『プリンセスと魔法のキス』、5位が『This Is It』で、監督賞と脚本賞と助演女優賞が『プレシャス』で、男優賞が『インビクタス』のモーガン・フリーマン。

 2010年は、1位が『ソーシャル・ネットワーク』、2位が『英国王のスピーチ』でしたが、5位.“Night Catches Us”(監督:Tanya Hamilton)、7位.“Frankie and Alice”(監督:ジェフリー・サックス)、8位.“Blood Done Sign My Name”(監督:ジェブ・スチュアート)、10位.“For Colored Girls”(監督:タイラー・ペリー)と、他の映画賞には出てこないようなタイトルが並び、主演女優賞は“Frankie and Alice”のハル・ベリー、助演男優賞・女優賞は“For Colored Girls”のマイケル・イーリーとキンバリー・エリス、脚本賞は“Night Catches Us”、歌曲賞は“For Colored Girls”がそれぞれ受賞しています。

 2011年は、1位は『ツリー・オブ・ライフ』で、3位が『アリーケの詩(うた)』“Pariah”(監督ディー・リース)、10位が『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』。監督賞はスティーヴ・マックイーン。主演女優賞はヴィオラ・デイヴィス、助演女優賞はオクタヴィア・スペンサー。脚本賞はエヴァ・デュヴルネ(“I Will Follow”)、ブレイクスルー・パフォーマンス賞は『アリーケの詩(うた)』のアデペロ・オデュイエ。インディペンデント映画賞は『アリーケの詩(うた)』。外国映画賞は『キニアルワンダ』。

 2012年は、1位が『ゼロ・ダーク・サーティ』、2位が『アルゴ』。主演男優賞は、『フライト』のデンゼル・ワシントン、主演女優賞は“Middle of Nowhere”のエマヤツィ・コリニアルディ(Emayatzy Corinealdi)、助演男優賞は『キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け』のネイト・パーカー、ブレイクスルー・パフォーマンス賞が『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』のクヮヴェンジャネ・ウォレス。そのほか、“Middle of Nowhere”が脚本賞と音楽賞とインディペンデント映画賞を受賞しています。

 「黒人映画」が映画賞レースを賑わわせた2013年は、1位が『それでも夜は明ける』、監督賞はスティーヴ・マックイーン、主演男優賞はフォレスト・ウィテカー(『大統領の執事の涙』)、助演女優賞はオプラ・ウィンフリー(『大統領の執事の涙』)、脚本賞はジョン・リドリー(『それでも夜は明ける』)、ブレイクスルー・パフォーマンス賞はルピータ・ニョンゴ(『それでも夜は明ける』)、ドキュメンタリー賞は“American Promise”、ワールド・シネマ賞は“Mother of George”が受賞しています。

 2014年は、『グローリー/明日への行進』が作品賞、監督賞、主演男優賞、音楽賞を受賞。主演女優賞は『ベル 〜ある伯爵令嬢の恋〜』のググ・ンバータ=ロー、アンサンブル賞は『ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜』が受賞しています。

 映画賞としてのカラーははっきり出ていて、わかりやすい映画賞になっています。

 なお、アフリカン・アメリカン映画批評家協会は、2010年に分裂して、ブラック映画批評家協会が設立されています。
 ブラック映画批評家協会賞は、より「黒人色」が薄い映画賞になっていて、2010年の作品賞は『ソーシャル・ネットワーク』、2011年の作品賞は『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』、2012年の作品賞は『ゼロ・ダーク・サーティ』、2013年の作品賞は『それでも夜は明ける』、2014年の作品賞は『グローリー/明日への行進』という風になっています。

 設立年:2003 会員数:
 公式サイト:http://www.aafca.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/African-American_Film_Critics_Association

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞
 ◎『ストレイト・アウタ・コンプトン』 監督:F・ゲイリー・グレイ

 ◆監督賞
 ◎ライアン・クーグラー 『クリード チャンプを継ぐ男』

 ◆主演男優賞
 ◎ウィル・スミス “Concussion”(監督:ピーター・ランデズマン)

 “Concussion”(英・オーストラリア・米) 監督:ピーター・ランデズマン
 出演:ウィル・スミス、ググ・バサ=ロー、アレック・ボールドウィン、ルーク・ウィルソン、スティーヴン・モイヤー、エディー・マーサン、アドウェール・アキノエ=アグバエ、デイヴィッド・モース
 物語:実話に基づく物語。Bennet Omaluは、法医学の神経病理学者。彼は、慢性外傷性脳症(CTE:Chronic Traumatic Encephalopathy)を発見し、論文に発表する。それは、脳への衝撃が繰り返されることによって、脳組織に変性が起こるというもので、アメリカン・フットボールやボクシング、アイスホッケーの選手などに起こりやすいという。NFLは、この説が広めれば、アメリカン・フットボールの存亡の危機となると考えて、反発し、真実を隠すために、博士に対し妨害を行なう。

画像

 ◆主演女優賞
 ◎テヨナ・パリス(Teyonah Parris) “Chi-Raq”(監督:スパイク・リー)

 “Chi-Raq”(米) 監督:スパイク・リー
 出演:ニック・キャノン、テヨナ・パリス(Teyonah Parris)、ウェズリー・スナイプス、アンジェラ・バセット、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・キューザック、ジェニファー・ハドソン、デイヴィッド・パトリック・ケリー、D・B・スウィーニー
 物語:Lysistrata(テヨナ・パリス)は、野心的なラッパーであるDemtrius “Chi-Raq” Dupree(ニック・キャノン)を愛している。しかし、彼が率いるギャング団スパルタンと、サイクロプス(ウェズリー・スナイプス)率いるライバルのトロージャンが血なまぐさい抗争をしていて、Lysistrataは恋を楽しむこともできない。彼女がChi-Raqと寝ている時、トロージャンが彼女のアパートに火を放ち、彼女は、隣人のヘレン(アンジェラ・バセット)のところに駆け込む。ヘレンは、本を愛する平和主義者だが、数年前に流れ弾で娘を亡くしていた。11歳のパティーが、車から放たれた銃弾によって殺された時、母親のイレーネ(ジェニファー・ハドソン)は、嘆き悲しんで、犯人の目撃者を見つけてと訴える。銃による暴力に反対している活動家のマイク・コリガン(ジョン・キューザック)が、リードして、教会の会衆に訴えて、報奨金を集めるが、犯人は見つからない。それどころか、抗争は激しくなるばかり。Lysistrataは、スパルタンとトロージャンの女たちに呼びかけて、抗争をやめるまで、男たちとのセックスを拒否しようと提案する。彼女は、より注目を集めるために、地元の武器庫を占領する。町中の女たちがそれに刺激され、みんながボイコットに加わる。
 アリストファネスの『女の平和』を現代のシカゴに舞台を置き換えて、映画化した作品。

画像

 ◆助演男優賞
 ◎ジェイソン・ミッチェル 『ストレイト・アウタ・コンプトン』

 ◆助演女優賞
 ◎テッサ・トンプソン 『クリード チャンプを継ぐ男』
 前回、“Dear White People”でブレイクスルー・パフォーマンス賞を受賞したテッサ・トンプソンが今年は助演女優賞を受賞。

 ◆脚本賞
 ◎リック・ファムイーワ(Rick Famuyiwa) “Dope”(監督:リック・ファムイーワ)

 “Dope”(米) 監督:リック・ファムイーワ(Rick Famuyiwa)
 出演: シャメイク・ムーア(Shameik Moore)、トニー・レヴォロリ(Tony Revolori)、キーアージー・クレモンズ(Kiersey Clemons)、キンバリー・エリス(Kimberly Elise)、Chanel Ima、キース・スタンフィールド(Keith Stanfield)、エイサップ・ロッキー(A$ap Rocky)
 物語:マルコムは、カリフォルニアのイングルウッドという、ギャングやドラッグ・ディーラーが多い荒んだ地域で暮らしている。彼は、高校の上級生で、大学の願書を出願する時期に当たり、面接や大学進学適正試験(SAT)を受ける。彼の夢はハーバードに進学すること。そんなマルコムや友人たちに、卒業パーティーの案内が届く。そこには、LAならではのギラギラしたアバンチュールがあり、風変りな連中もたくさんいて、あぶなっかしい道が待ち受けている。マルコムがこれを我慢できるなら、彼はダサい自分から脱して、イケてる人間になり、究極の自分らしい自分になれるかもしれなかった。
 フォレスト・ウィテカーと『フルートベール駅で』でプロデューサーを務めたニナ・ヤン・ボンジョヴィがプロデューサーを務め、フォレスト・ウィテカーはナレーションも担当する。
 サンダンス映画祭2015 編集賞受賞。
 カンヌ国際映画祭2015 監督週間 クロージング作品。
 ドーヴィル映画祭2015 観客賞受賞。

画像

 ◆歌曲賞(Best Song)
 ◎『ワイルド・スピード SKY MISSION』-‘See You Again’

 ◆ブレイクスルー・パフォーマンス賞(Breakout Performance)
 ◎マイケル・B・ジョーダン 『クリード チャンプを継ぐ男』

 ◆アンサンブル賞
 ◎『ストレイト・アウタ・コンプトン』

 ◆ドキュメンタリー賞
 ◎“A Ballerina’s Tale” 監督:Nelson George

 ◆アニメーション賞
 ◎『I LOVE スヌーピーTHE PEANUTS MOVIE』

 ◆インディペンデント映画賞(Best Independent Film)
 ◎“Chi-Raq”

 ◆トップ10(AAFCA Top Ten Films of 2015 are as follows in order of distinction)

 1.『ストレイト・アウタ・コンプトン』 監督:F・ゲイリー・グレイ
 2.『クリード チャンプを継ぐ男』 監督:ライアン・クーグラー
 3.『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 監督:ジョージ・ミラー
 4.『ビースト・オブ・ノー・ネーション』 監督:キャリー・フクナガ
 5.『オデッセイ』 監督:リドリー・スコット
 6.“3 1/2 Minutes, Ten Bullets” 監督:Marc Silver
 6.“Dope” 監督:リック・ファムイーワ
 7.“Chi-Raq” 監督:スパイク・リー
 8.『キャロル』 監督:トッド・ヘインズ
 9.『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 監督:アダム・マッケイ
 10.『リリーのすべて』 監督:トム・フーパー

 ◆最優秀TVコメディー(Best TV Comedy)
 ◎“Black-ish”(ABC)

 ◆最優秀TVドラマ(Best TV Drama)
 ◎『殺人を無罪にする方法』“How to Get Away with Murder”(ABC)

 ◆最優秀ケーブル/ニューメディアTV番組(Best Cable/New Media TV Show)
 ◎“Survivor's Remorse”(Starz)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 『ストレイト・アウタ・コンプトン』も『クリード チャンプを継ぐ男』もConcussion”も、全米映画賞レースに普通に顔を出してますが、黒人の支持っていうのもあるんでしょうか。

 調べ出すと、なかなかよさそうな作品が多くて、いいところまで行ければいいなあなどと思ったりもしますね。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_18.html
 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_39.html
 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_44.html
 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_23.html
 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_33.html
 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_26.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2015年9月〜2016年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201509/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2015 発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる