海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ワシントン映画批評家協会賞2015 結果発表!

<<   作成日時 : 2015/12/08 08:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ワシントンDC映画批評家協会賞2015の受賞結果が発表されました。(12月7日)

 【ワシントンDC映画批評家協会賞】
 ワシントンDC映画批評家協会は、2002年に設立された映画批評家協会で、全米映画賞レースの中で、序盤に発表される映画賞として、これ以降に発表される映画批評家協会系映画賞の流れを占う映画賞の1つになっている。

 ワシントンDC映画批評家協会(WDAFC:The Washington, D.C. Area Film Critics)
 設立年:2002 会員数:54
 公式サイト:http://www.dcfilmcritics.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Washington_D.C._Area_Film_Critics_Association
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3D.C.%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A

 [賞の特徴]
 ・アンサンブル賞やヤング・パフォーマンス賞を設けている。
 ・ややインディペンデント作品寄りの傾向あり。
 ・最多ノミネート作品が、最多受賞になりやすい。
 ・ドキュメンタリー賞、外国語映画賞は、外しがち。
 ・2014年の作品賞は『6才のボクが、大人になるまで。』、2013年の作品賞は『それでも夜は明ける』、2012年の作品賞は『ゼロ・ダーク・サーティ』、2011年の作品賞は『アーティスト』、2010年の作品賞は『ソーシャル・ネットワーク』。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞
 ・“Brooklyn”
 ・『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 ・『レヴェナント:蘇えりし者』
 ・『ボーダーライン』
 ◎“Spotlight”

 ◆監督賞
 ・アレックス・ガーランド “Ex Machina”
 ・トッド・ヘインズ 『キャロル』
 ・アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 『レヴェナント:蘇えりし者』
 ◎ジョージ・ミラー 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 ・リドリー・スコット 『オデッセイ』

 ◆主演男優賞
 ・マット・デイモン 『オデッセイ』
 ・ジョニー・デップ 『ブラック・スキャンダル』
 ◎レオナルド・ディカプリオ 『レヴェナント:蘇えりし者』
 ・マイケル・ファスベンダー 『スティーブ・ジョブズ』
 ・エディー・レッドメイン 『リリーのすべて』

 ◆主演女優賞
 ・ケイト・ブランシェット 『キャロル』
 ・ブリー・ラーソン “Room”
 ◎シアーシャ・ローナン “Brooklyn”
 ・サラ・シルバーマン “I Smile Back”(監督:Adam Salky)
 ・シャーリーズ・セロン 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

 ◆助演男優賞
 ・ポール・ダノ 『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』
 ◎イドリス・エルバ 『ビースト・オブ・ノー・ネーション』
 ・トム・ハーディー 『レヴェナント:蘇えりし者』
 ・マーク・ライランス 『ブリッジ・オブ・スパイ』
 ・シルヴェスター・スタローン 『クリード チャンプを継ぐ男』

 ◆助演女優賞
 ・ジェニファー・ジェイソン・リー 『ヘイトフル・エイト』
 ・ルーニー・マーラ 『キャロル』
 ・アリシア・ヴィキャンデル 『リリーのすべて』
 ◎アリシア・ヴィキャンデル “Ex Machina”
 ・ケイト・ウィンスレット 『スティーブ・ジョブズ』

 ◆オリジナル脚本賞
 ・マット・シャルマン、イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン 『ブリッジ・オブ・スパイ』
 ・アレックス・ガーランド “Ex Machina”
 ◎ピート・ドクター、メグ・レフォーヴ、ジョシュ・クーリー オリジナル・ストーリー:ピート・ドクター、ロニー・デル・カルメン 『インサイド・ヘッド』
 ・トム・マッカーシー、ジョシュ・シンガー “Spotlight”
 ・エイミー・シューマー “Trainwreck”

 ◆脚色賞
 ・ニック・ホーンビー “Brooklyn”
 ・フィリス・ナギー 『キャロル』
 ・ドリュー・ゴダード 『オデッセイ』
 ◎Emma Donoghue “Room”
 ・アーロン・ソーキン 『スティーブ・ジョブズ』

 ◆撮影賞
 ・イヴ・ベランジェ, CSC “Brooklyn”
 ・エド・ラックマン, ASC 『キャロル』
 ・ジョン・シール, ASC, ACS 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 ◎エマニュエル・ルベツキ, ASC, AMC 『レヴェナント:蘇えりし者』
 ・ロジャー・ディーキンス, ASC, BSC 『ボーダーライン』

 ◆編集賞
 ◎マーガレット・シクセル 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 ・ピエトロ・スカリア, ACE 『オデッセイ』
 ・スティーヴン・ミリオン, ACE The 『レヴェナント:蘇えりし者』
 ・ジョー・ウォーカー, ACE 『ボーダーライン』
 ・エリオット・グレアム, ACE 『スティーブ・ジョブズ』

 ◆美術賞(Best Production Design)
 ・プロダクション・デザイナー(Production Designer): フランソワ・セグワン(François Séguin) 装飾(Set Decorators): Jennifer Oman、Louise Tremblay “Brooklyn”
 ・プロダクション・デザイナー:ジュディー・ベッカー 装飾: Heather Loeffler 『キャロル』
 ・プロダクション・デザイナー:ダンテ・フェレッティ 装飾: Francesca LoSchiavo-Ferretti 『シンデレラ』
 ・プロダクション・デザイナー:トム・サンダース 装飾: Jeffrey Melvin、Shane Vieau 『クリムゾン・ピーク』
 ◎プロダクション・デザイナー:コリン・ギブソン 装飾: Lisa Thompson 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

 ◆オリジナル作曲賞
 ・マイケル・ブルック “Brooklyn”
 ・カーター・バーウェル 『キャロル』
 ・エンニオ・モリコーネ 『ヘイトフル・エイト』
 ・ジャンキーXL 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 ◎ヨハン・ヨハンソン 『ボーダーライン』

 ◆ヤング・パフォーマンス賞(Best Youth Performance)
 ・エイブラハム・アッター 『ビースト・オブ・ノー・ネーション』
 ・ラフィー・キャシディ 『トゥモローランド』
 ・Oona Laurence “Southpaw”(監督:アントワン・フークワ)
 ・Güneş Şensoy “Mustang”
 ◎ジェイコブ・トレンブレイ “Room”

 ◆アンサンブル賞(Best Acting Ensemble)
 ・『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
 ・『ヘイトフル・エイト』
 ◎“Spotlight”
 ・『スティーブ・ジョブズ』
 ・『ストレイト・アウタ・コンプトン』

 ◆ドキュメンタリー賞
 ◎“Amy”(英) 監督:アシフ・カパディア(Asif Kapadia)
 ・“Best of Enemies”(米) 監督:モーガン・ネヴィル、Robert Gordon
 ・“Cartel Land”(米) 監督:Matthew Heineman
 ・“Going Clear: Scientology and the Prison of Belief”(米) 監督:アレックス・ギブニー
 ・『ルック・オブ・サイレンス』(インドネシア・英・デンマーク・フィンランド・ノルウェー) 監督:ジョシュア・オッペンハイマー

 ◆アニメーション賞
 ・“Anomalisa”(米) 監督:デューク・ジョンソン(Duke Johnson)、チャーリー・カウフマン
 ・『アーロと少年』“The Good Dinosaur”(米) 監督:ピーター・ソーン
 ◎『インサイド・ヘッド』(米) 監督:ピート・ドクター、ロナルド・デル・カルメン
 ・『I LOVE スヌーピーTHE PEANUTS MOVIE』(米) 監督:スティーヴ・マルティノ
 ・『映画 ひつじのショーン〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜』(英・仏) 監督:マーク・バートン、リチャード・スターザック

 ◆外国語映画賞
 ・『黒衣の刺客』(台湾・中・香港・仏) 監督:候孝賢
 ・『グッドナイト・マミー』“Goodnight Mommy(Ich Seh Ich She)”(オーストリア) 監督:ヴェロニカ・フランツ(Veronika Franz)、セヴェリン・フィアラ(Severin Fiala)
 ・“Mustang”(仏・独・トルコ) 監督:Deniz Gamze Ergüven
 ・“The Second Mother(Que Horas Ela Volta?)”(ブラジル) 監督:Anna Muylaert
 ◎『サウルの息子』“Saul Fia (Son of Saul)”(ハンガリー) 監督:ネメシュ・ラースロー(László Nemes)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は、以下の通り。

 ・『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(3/7):作品・監督・主演女優・撮影・編集・美術・作曲
 ・『キャロル』(0/7):監督・主演女優・助演女優・脚色・撮影・美術・作曲
 ・“Brooklyn”(1/6):作品・主演女優・脚色・撮影・美術・作曲
 ・『レヴェナント:蘇えりし者』(2/6):作品・監督・主演男優・助演男優・撮影・編集
 ・『スティーブ・ジョブズ』(0/5):主演男優・助演女優・脚色・編集・アンサンブル
 ・『ボーダーライン』(1/4):作品・撮影・編集・作曲
 ・『オデッセイ』(0/4):監督・主演男優・脚色・編集
 ・“Spotlight”(2/3):作品・脚本・アンサンブル
 ・“Ex Machina”(1/3):監督・助演女優・脚本
 ・“Room”(2/3):主演女優・脚色・ヤング
 ・『ヘイトフル・エイト』(0/3):助演女優・作曲・アンサンブル
 ・『リリーのすべて』(0/2):主演男優・助演女優
 ・『ブリッジ・オブ・スパイ』(0/2):助演男優・脚本
 ・『ビースト・オブ・ノー・ネーション』(1/2):助演男優・ヤング
 ・『インサイド・ヘッド』(2/2):脚本・アニメーション
 ・“Mustang”(0/2):ヤング・外国語

 映画賞レース序盤の発表ラッシュを終えたことで、各部門の本命や最有力候補、有力候補が固まってきました。

 ワシントン映画批評家協会賞は、最初、ノミネーションを見た時は、なんだかピント7がズレてるような、ぼんやりしたノミネーションだなあと思ったりもしましたが、結果が出てみると、各部門ともほぼ順当な受賞結果となっています。

 わりと多くの作品で賞を分け合うような受賞結果ですが、それでも『キャロル』『スティーブ・ジョブズ』『オデッセイ』『ヘイトフル・エイト』『リリーのすべて』『ブリッジ・オブ・スパイ』は、みんな無冠となってしまいました。これらの作品も、いくつかの部門では有力候補を残していたりするので、今後どうなるかはまだまだわかりませんが、例年、こういう作品の中から途中で消えてしまう作品も出たりするので、注意して見守りたいと思います。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2015ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_12.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2014ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_11.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2014受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_16.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2013受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_21.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2012ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_18.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2012受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_24.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2011受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_10.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_11.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2009ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_11.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_13.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2008受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_15.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2015年9月〜2016年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201509/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ワシントン映画批評家協会賞2015 結果発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる