海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 青龍映画賞2015 ノミネーション発表!

<<   作成日時 : 2015/11/16 08:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第36回青龍映画賞のノミネーションが発表されました。(11月10日)

【青龍映画賞】

1963年〜 中断あり
スポーツ朝鮮主催、朝鮮日報・韓国放送公社後援。SBS中継。
大鐘賞とともに韓国2大映画賞の1つ。
毎年11月に開催。
選考方法:1年を通して国内で公開された韓国映画を対象に、ネチズンの意見(インターネット投票)と映画専門家の投票を総合して候補作品を選定、映画賞の推薦を受けた審査委員会が最優秀者・作品を決定する。
『オアシス』(2002)以降、イ・チャンドンとその製作会社はボイコットを決めている。

いくつもある韓国映画賞の中で、一般の観客の意向がもっとも反映しやすいのが、大韓民国映画大賞(2011年以降開催なし)で、次が青龍映画賞、そして大鐘賞ということになるでしょうか。

これまでの受賞歴を見てみると、例えば、各映画賞の作品賞は、2010年以前では―
 2002年 大鐘賞:『おばあちゃんの家』、青龍映画賞:『酔画仙』、大韓民国映画大賞:『オアシス』
 2004年 大鐘賞:『春夏秋冬そして春』、青龍映画賞:『シルミド』、大韓民国映画大賞:『オールド・ボーイ』
 2005年 大鐘賞:『マラソン』、青龍映画賞:『親切なクムジャさん』、大韓民国映画大賞:『トンマッコルへようこそ』
 2007年 大鐘賞:『家族の誕生』、青龍映画賞:『優雅な世界』、大韓民国映画大賞:『シークレット・サンシャイン』

2010年以降では―
 2010年 大鐘賞:『ポエトリー アグネスの詩』 、青龍映画賞:『義兄弟 SECRET UNION』
 2011年 大鐘賞:『高地戦』 、青龍映画賞:『生き残るための3つの取引』
 2012年 大鐘賞:『王になった男』 、青龍映画賞:『ピエタ』
 2013年 大鐘賞:『観相師―かんそうし―』 、青龍映画賞:『ソウォン/願い』
 2014年 大鐘賞:『バトル・オーシャン/海上決戦』 、青龍映画賞:“The Attorney(변호인/弁護人)”


というような結果になっています。

選考方法の違いのほかに、韓国の映画賞は、先行する映画賞の結果を見て、わざと違う結果を出してくるようなところがあり、青龍映画賞は、大鐘賞の後に発表されるので、それがいいか悪いかは別にして、大鐘賞の結果に影響されることになります。(本年度は、大鐘賞の受賞結果の方が先に発表されるのに、青龍映画賞の方が先にノミネーションを発表するという形になりました。)

本年度のノミネーションは、以下の通り。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆最優秀作品賞(최우수작품상)
 ・『国際市場で逢いましょう』 監督:ユン・ジェギュン
 ・“The Classified File(극비수사/極秘捜査)” 監督:クァク・キョンテク
 ・『ベテラン』“Veteran(베테랑)” 監督:リュ・スンワン
 ・“The Thronee(사도/思悼)” 監督:イ・ジュンイク
 ・“Assassination(암살/暗殺)” 監督:チェ・ドンフン

 春史映画賞では、『国際市場で逢いましょう』が観客賞受賞。
 釜日映画賞では、『無頼漢 渇いた罪』が作品賞受賞。『国際市場で逢いましょう』が釜日読者審査賞受賞。
 韓国映画評論家協会賞では、“The Thronee(사도/思悼)”が作品賞受賞。

 ◆監督賞(감독상)
 ・“The Classified File(극비수사/極秘捜査)” クァク・キョンテク
 ・『ベテラン』“Veteran(베테랑)” リュ・スンワン
 ・『国際市場で逢いましょう』 ユン・ジェギュン
 ・“The Thronee(사도/思悼)” イ・ジュンイク
 ・“Assassination(암살/暗殺)” チェ・ドンフン

 釜日映画賞では、クァク・キョンテクが監督賞受賞。
 韓国映画評論家協会賞では、リュ・スンワンが監督賞受賞。

 ◆主演男優賞(남우주연상)
 ・“The Thronee(사도/思悼)” ソン・ガンホ
 ・“The Thronee(사도/思悼)” ユ・アイン
 ・“Assassination(암살/暗殺)” イ・ジョンジェ
 ・『今は正しくあの時は間違い』“지금은맞고그때는틀리다/Right Now, Wrong Then”(監督:ホン・サンス) チョン・ジェヨン
 ・『ベテラン』“Veteran(베테랑)” ファン・ジョンミン

 釜日映画賞では、イ・ジョンジェが主演男優賞受賞。
 韓国映画評論家協会賞では、チョン・ジェヨンが主演男優賞受賞。

 ◆主演女優賞(여우주연상)
 ・『コイン・ロッカーの女』“차이나타운/Coin Locker Girl”(監督:ハン・ジュニ) キム・ヘス
 ・“Alice In Earnestland(성실한 나라의 앨리스/誠実な国のアリス)”(監督:アン・グクチン(안국진/Ahn Gooc Jin) イ・ジョンヒョン
 ・『無頼漢 渇いた罪』 チョン・ドヨン
 ・“Assassination(암살/暗殺)” チョン・ジヒョン
 ・『ビューティー・インサイド』“뷰티 인사이드/The Beauty Inside”(監督:ペク) ハン・ヒョジュ

 百想芸術大賞では、ヨム・ジョンアが『明日へ』で受賞。
 釜日映画賞では、チョン・ドヨンが受賞。
 韓国映画評論家協会賞では、キム・ヘスが受賞。

 ◆助演男優賞(남우조연상)
 ・“OFFICE(오피스)”(監督:ホン・ウォンチャン(홍원찬/Hong Wonchan) ペ・ソンウ
 ・『国際市場で逢いましょう』 オ・ダルス
 ・『ベテラン』“Veteran(베테랑)” ユ・ヘジン
 ・“Minority Opinion(소수의견/少数意見)”(監督:キム・ソンジェ(김성제)) イ・ギョンヨン
 ・“Assassination(암살/暗殺)” チョ・ジヌン

 釜日映画賞では、イ・ギョンヨンが受賞。

 ◆助演女優賞(여우조연상)
 ・『国際市場で逢いましょう』 ラ・ミラン
 ・『明日へ』“카트(Cart)” ムン・ジョンヒ
 ・“The Classified File(극비수사/極秘捜査)” チャン・ヨンナム
 ・“The Thronee(사도/思悼)” チョン・ヘジン
 ・『ベテラン』“Veteran(베테랑)” チン・ギョン

 釜日映画賞では、ムン・ジョンヒが受賞。

 ◆脚本賞(각본상)
 ・『明日へ』“카트(Cart)” キム・ギョンチャン
 ・“Minority Opinion(소수의견/少数意見)” キム・ソンジェ(김성제)、ソン・アラム(손아람)
 ・『ベテラン』“Veteran(베테랑)” リュ・スンワン
 ・“The Thronee(사도/思悼)” チョ・チョリョン(조철현)、イ・ソンウォン(이송원)、オ・スンヒョン(오승현)
 ・“Assassination(암살/暗殺)” チェ・ドンフン、イ・ギチョル(이기철)

 百想芸術大賞では、『明日へ』が脚本賞受賞。
 春史映画賞では、『国際市場で逢いましょう』が脚本賞受賞。
 釜日映画賞では、“Minority Opinion(소수의견/少数意見)”が脚本賞受賞。
 韓国映画評論家協会賞では、“The Thronee(사도/思悼)”が脚本賞受賞。

 ◆撮影照明賞(촬영조명상)
 ・『無頼漢 渇いた罪』 カン・クヒョン(강국현)、ペ・イルヒョク
 ・“Assassination(암살/暗殺)” キム・ウヒョン(김우형)、キム・スンギュ(김승규)
 ・『ビューティー・インサイド』“뷰티 인사이드/The Beauty Inside” キム・テギョン、ホン・スンチョル(홍승철)
 ・“The Thronee(사도/思悼)” キム・テギョン、ホン・スンチョル(홍승철)
 ・『ベテラン』“Veteran(베테랑)” チェ・ヨンファン、キム・ホソン

 韓国映画評論家協会賞では、“Assassination(암살/暗殺)”が撮影賞受賞。

 ◆編集賞(편집상)
 ・『ベテラン』“Veteran(베테랑)” キム・サンボム(김상범)、キム・ジェボム(김재범)
 ・“The Thronee(사도/思悼)” キム・サンボム(김상범)、キム・ジェボム(김재범)
 ・“Assassination(암살/暗殺)” シン・ミンギョン(신민경)
 ・『ビューティー・インサイド』“뷰티 인사이드/The Beauty Inside” ヤン・ジンモ(양진모)
 ・『国際市場で逢いましょう』 イ・ジン(이진)

 ◆美術賞(미술상)
 ・“The Thronee(사도/思悼)” カン・スンヨン(강승용)
 ・『国際市場で逢いましょう』 リュ・ソンヒ
 ・“Assassination(암살/暗殺)” リュ・ソンヒ
 ・『コイン・ロッカーの女』“차이나타운/Coin Locker Girl” イ・モウォン(이목원)
 ・“The Treacherous(간신/奸臣)”(監督:ミン・ギュドン) イ・テフン(이태훈)

 釜日映画賞では、“Assassination(암살/暗殺)”が美術賞受賞。
 韓国映画評論家協会賞では、“Assassination(암살/暗殺)”でリュ・ソンヒが技術賞受賞。

 ◆技術賞(기술상)
 ・『江南ブルース』 シン・ジェミョン(신재명)(武術)
 ・“Assassination(암살/暗殺)” イ・ジョンヒョン(이전형)、イ・ドンフン(이동훈)(視覚効果)
 ・『ベテラン』“Veteran(베테랑)” チョン・ドゥホン(정두홍)、チョン・ユノン(정윤헌)(武術)
 ・“Assassination(암살/暗殺)” チョ・サンギョン(조상경)、ソン・ナリ(손나리)(衣裳)
 ・『国際市場で逢いましょう』 ハン・テジョン(한태정)、ソン・スンヒョン(손승현)、キム・デジュン(김대준)、キム・ジョンス(김정수)、甲斐彰(foton)(視覚効果)

 ◆音楽賞(음악상)
 ・『ベテラン』“Veteran(베테랑)” パン・ジュンソク(방준석)
 ・“The Thronee(사도/思悼)” パン・ジュンソク(방준석)
 ・『国際市場で逢いましょう』 イ・ビョンウ
 ・“Assassination(암살/暗殺)” チャン・ヨンギュ(장영규)、タルパラン
 ・『ビューティー・インサイド』“뷰티 인사이드/The Beauty Inside” チョ・ヨンウク

 釜日映画賞では、『無頼漢 渇いた罪』が受賞。
 韓国映画評論家協会賞では、“The Thronee(사도/思悼)”が受賞。

 ◆新人男優賞(신인남우상)
 ・『二十歳』“스물/ Twenty”(監督:イ・ビョンホン) カン・ハヌル
 ・『悪のクロニクル』 パク・ソジュン
 ・“Socialphobia(소셜포비아/ソーシャルフォビア)”(監督:ホン・ソクチェ(홍석재)) ピョン・ヨハン(변요한)
 ・『江南ブルース』 イ・ミンホ
 ・“Free Set Me(거인/巨人)”(監督:キム・テヨン(김태용)) チェ・ウシク(최우식)

 百想芸術大賞では、イ・ミンホが『江南ブルース』で男性人気賞受賞。
 釜日映画賞では、ピョン・ヨハンが新人男性演技賞受賞。
 韓国映画評論家協会賞では、チェ・ウシクが新人男優賞受賞。

 ◆新人女優賞(신인여우상)
 ・“MADONNA(마돈나)”(監督:シン・スウォン(Shin Su-won)) クォン・ソヒョン(권소현)
 ・『江南ブルース』 설현(キム・テヨン) ソリョン
 ・“The Silenced(경성학교: 사라진 소녀들/京城学校:消えた少女たち)”(監督:イ・ヘヨン) パク・ソダム(박소담)
 ・『二十歳』“스물/ Twenty” イ・ユビ
 ・“The Treacherous(간신/奸臣)” イ・ユヨン(이유영)

 韓国映画評論家協会賞では、クォン・ソヒョンが新人女優賞受賞。

 ◆新人監督賞(신인감독상)
 ・“Minority Opinion(소수의견/少数意見)” キム・ソンジェ(김성제)
 ・“Free Set Me(거인/巨人)” キム・テヨン(김태용)
 ・『二十歳』“스물/ Twenty” イ・ビョンホン
 ・『コイン・ロッカーの女』“차이나타운/Coin Locker Girl” ハン・ジュニ(한준희)
 ・“Socialphobia(소셜포비아/ソーシャルフォビア)” ホン・ソクチェ(홍석재)

 釜日映画賞では、ホン・ソクチェが受賞。
 韓国映画評論家協会賞では、キム・テヨンが受賞。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート状況は、以下の通り。

 ・“Assassination(암살/暗殺)”(12):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・脚本・撮影・編集・美術・技術・技術・音楽
 ・『ベテラン』(10):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・技術・音楽
 ・“The Thronee(사도/思悼)”(10):作品・監督・主演男優・主演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・音楽
 ・『国際市場で逢いましょう』(7):作品・監督・助演男優・助演女優・美術・技術・音楽
 ・『ビューティー・インサイド』(4):主演女優・撮影・編集・音楽
 ・“The Classified File(극비수사/極秘捜査)”(3):作品・監督・助演女優
 ・『コイン・ロッカーの女』(2):主演女優・美術
 ・『無頼漢 渇いた罪』(2):主演女優・撮影
 ・“Minority Opinion(소수의견/少数意見)”(3):助演男優・脚本・新人監督
 ・『江南ブルース』(3):技術・新人男優・新人女優
 ・『二十歳』(3):新人男優・新人女優・新人監督
 ・『明日へ』(2):助演女優・脚本
 ・“The Treacherous(간신/奸臣)”(2):美術・新人女優
 ・“Socialphobia(소셜포비아/ソーシャルフォビア)”(2):新人男優・新人監督
 ・“Free Set Me(거인/巨人)”(2):新人男優・新人監督

 作品賞にノミネートされた5作品のうち4作品がそのままノミネート上位となっています。

 評論家系映画賞とそうでない映画賞では、チョイスに違いが出てきますが、平均的に評価が高いのは、『国際市場で逢いましょう』であるようです。これに、“Assassination(암살/暗殺)”と『ベテラン』がどうからむのか?

 先立つ映画賞では、受賞者がバラバラで、特に主演女優賞、脚本賞、新人男優賞は票が割れています。

 1つの部門で、2つノミネートを受けたノミニーも多数出ています。
 ・撮影照明賞:キム・テギョン、ホン・スンチョル
 ・編集賞:キム・サンボム(김상범)、キム・ジェボム(김재범)
 ・美術賞:リュ・ソンヒ
 ・音楽賞:パン・ジュンソク
 同じ制作チームが異なる2つの作品を手がけたのかと思うと、そうでもなくて、どうやら“The Thronee(사도/思悼)”に引っ張りだこのスタッフが結集させられているようです。

 結果がどうなるかはわかりませんが、選考の軸になるのは、『国際市場で逢いましょう』と“The Thronee(사도/思悼)”、でしょうか。

 ちなみに、過去の傾向からすると、青龍映画賞では、最多ノミネート作品(またはどれか1つの作品)が賞を独占するということはなくて、多くの作品で賞を分け合うのが通例で、最高でもだいたい1作品3部門の受賞にとどまっています。

 受賞結果の発表は、11月26日です。

*この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑ ↑
クリックしてね!

*当ブログ記事

・青龍映画賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201411/article_26.html
・青龍映画賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_27.html
・青龍映画賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_16.html
・青龍映画賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_34.html
・青龍映画賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201211/article_17.html
・青龍映画賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_1.html
・青龍映画賞2011 ノミネーション&受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_62.html
・青龍映画賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_25.html
・青龍映画賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_32.html
・青龍映画賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_5.html

・韓国映画評論家協会賞2015:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_4.html

・釜日映画賞2015 受賞結果: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201510/article_8.html

・春史映画賞2015 受賞結果: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201510/article_9.html

・百想芸術大賞2015 受賞結果: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201505/article_24.html

・ワイルド・フラワー映画賞2015 受賞結果: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201504/article_4.html

・映画賞&映画祭カレンダー 2015年9月〜2016年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201509/article_2.html

 追記:
 ・青龍映画賞2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
青龍映画賞2015 ノミネーション発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる