海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 長編ドキュメンタリー部門主要作品はこれで確定! シネマ・アイ・オナーズ2016 ノミネーション!

<<   作成日時 : 2015/11/15 01:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第9回シネマ・アイ・オナーズのノミネーションが発表されました。(11月11日)

 「シネマ・アイ・オナーズ」は、2008年より、映画監督のAJ Schnackとトロント国際映画祭のドキュメンタリー部門のプログラマーThom Powers,によって始められたキュメンタリー映画に特化した映画賞で、略さずに言うと「The Cinema Eye Honors for Nonfiction Filmmaking」、となります。

 撮影、編集、音楽など、ドキュメンタリー作品のさまざまな側面に着目した部門、および、TV作品や短編ドキュメンタリーなどの部門を設けて、なかなか注目されることの少ないドキュメンタリー作品や、ドキュメンタリー映画のスタッフにもスポットライトを当て、その功績を讃えることを目的としています。

 長編ドキュメンタリー作品のノミネーションは、サンダンス、ベルリン、True/False、SXSW、Full Frame、トライベッカ、サンフランシスコ、Hot Docs、カンヌ、シェフィールド、AFI Docs、ロサンゼルス、トロント、Camden、CPH:DOX、IDFAの映画祭のうち、
 3つの映画祭で上映されているか、
 2つの映画祭で上映されて、そのうちの1つでグランプリを受賞しているか、
 2つの映画祭で上映されて、北米で5000ドル以上のボックスオフィスを記録しているか、
 2つの映画祭で上映されて、そのほか指定する13の映画祭のうちの1つで上映されているか(昨年までより+4(ダラス、モントクレア、AFIフェスト、RIDM)−1(ランコントル・モントリオール))、
 北米で2万ドル以上のボックスオフィスを記録しているか、
 という条件のいずれを満たした作品の中から、ドキュメンタリー映画のプログラミングを行なっている世界のプログラマーやキュレーター約25名で構成される「ノミネーション委員会」により決定されています。

 受賞者・受賞作品は、650人以上から構成される投票メンバー(のうちの約200〜300人)の投票によって、決定されています。

 本年度は、米国アカデミー賞2016 長編ドキュメンタリー賞には124作品の(有資格作品の)エントリーがあったと発表されているのに対し、シネマ・アイ・オナーズ2016には130作品の長編ドキュメンタリー作品のエントリーがあったと発表されていて、米国アカデミー賞2016 長編ドキュメンタリー賞にエントリーされている作品以外でノミネートされている作品もあります。

 過去の長編ドキュメンタリー賞受賞作には、『マン・オン・ワイヤー』、『ザ・コーヴ』、『イグジット・スルー・ザ・ギフト・ショップ』、『壊された5つのカメラ』、“CitizenFour”などがあります。

 本年度の各賞のノミネーションは、以下の通り。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆長編ドキュメンタリー賞Outstanding Achievement in Nonfiction Feature Filmmaking)
 ・“Amy”(英) 監督:アシフ・カパディア(Asif Kapadia)
 ・“Cartel Land”(米) 監督:Matthew Heineman
 ・“Democrats” (デンマーク) 監督:Camilla Nielsson
 ・『マーロン・ブランドの肉声』“Listen to Me Marlon”(英) 監督:スティーヴン・ライリー(Stevan Riley)
 ・『ルック・オブ・サイレンス』(インドネシア・英・デンマーク・フィンランド・ノルウェー) 監督:ジョシュア・オッペンハイマー
 ・『The Wolfpack』“The Wolfpack”(米) 監督:クリスタル・モーゼル(Crystal Moselle)

 ◆監督賞(Outstanding Achievement in Direction)
 ・Matt Heineman “Cartel Land”
 ・キム・ロンジノット 『ドリームキャッチャー』“Dreamcatcher”(英・米)
 ・ローリー・アンダーソン “Heart of a Dog”(米)
 ・フレデリック・ワイズマン 『ジャクソン・ハイツ』“In Jackson Heights”(米)
 ・アルバート・メイスルズ(Albert Maysles)、リン・トゥルー(Lynn True)、ネルソン・ウォーカー(Nelson Walker)、David Usui、Ben Wu “In Transit”(米)
 ・ジョシュア・オッペンハイマー 『ルック・オブ・サイレンス』

 ◆撮影賞(Outstanding Achievement in Cinematography)
 ・“Cartel Land”
 ・『ルック・オブ・サイレンス』
 ・“Meru”(米) 監督:ジミー・チン(Jimmy Chin)、E Chai Vasarhelyi
 ・“Uncertain”(米) 監督:Ewan McNicol、Anna Sandilands
 ・“Western”(メキシコ・米) 監督:Bill Ross IV、Turner Ross

 ◆編集賞(Outstanding Achievement in Editing)
 ・“Amy”
 ・“Best of Enemies”(米) 監督:モーガン・ネヴィル、Robert Gordon
 ・“How to Change the World”(英・カナダ) 監督:Jerry Rothwell
 ・『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』“Kurt Cobain: Montage of Heck”(米) 監督:ブレット・モーガン(Brett Morgen)
 ・『マーロン・ブランドの肉声』“Listen to Me Marlon”

 ◆グラフィック・デザイン/アニメーション賞(Outstanding Achievement in Graphic Design and Animation)
 ・“Drunk Stoned Brilliant Dead: The Story of the National Lampoon”(米・英) 監督:Douglas Tirola
 ・“Heart of a Dog”
 ・『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』
 ・『ザ・ナイトメア』“The Nightmare”(米) 監督:ロドニー・アッシャー(Rodney Ascher)
 ・“Thank You For Playing”(米) 監督:David Osit、Malika Zouhali-Worrall

 ◆オリジナル作曲賞(Outstanding Achievement in Original Music Score)
 ・“Cartel Land”
 ・“Heart of a Dog”
 ・“Meru”
 ・『ザ・ナイトメア』“The Nightmare”
 ・“Western”

 ◆プロダクション賞(Outstanding Achievement in Production)
 ・“Cartel Land”
 ・“Democrats”
 ・“Going Clear: Scientology and the Prison of Belief”(米) 監督:アレックス・ギブニー
 ・『ルック・オブ・サイレンス』
 ・“Meru”

 ◆デビュー作品賞(Outstanding Achievement in Debut Feature Film)
 ・“Kings of Nowhere(Los reyes del pueblo que no existe)”(メキシコ) 監督:Betzabé García
 ・“Peace Officer”(米) 監督:Brad Barber、Scott Christopherson
 ・“The Russian Woodpecker”(英) 監督:Chad Gracia
 ・“Uncertain”
 ・『The Wolfpack』“The Wolfpack”

 ◆短編ドキュメンタリー賞(Outstanding Achievement in Nonfiction Short Filmmaking)
 ・“The Breath(De Schnuuf)”(スイス) 監督:Fabian Kaiser
 ・“Buffalo Juffalos”(米) 監督:Scott Cummings
 ・“Claude Lanzmann: Spectres of the Shoah”(カナダ・米・英) 監督:Adam Benzine
 ・“The Face of Ukraine: Casting Oksana Baiul”(オーストラリア) 監督: Kitty Green
 ・“Hotel 22”(米) 監督:Elizabeth Lo

 米国アカデミー賞2016 短編ドキュメンタリー賞候補に挙がっている作品は、“Claude Lanzmann: Spectres of the Shoah”のみです。
 IDAアワード2016にもノミネートされているのは、Claude Lanzmann: Spectres of the Shoah”と“The Face of Ukraine: Casting Oksana Baiul”です。

 ◆TV作品賞(Outstanding Achievement in Nonfiction Films Made for Television)
 ・“Going Clear: Scientology and the Prison of Belief”
 ・“Deep Web”(米) 監督:Alex Winter
 ・“Outbreak”(米) 監督:Dan Edge
 ・“Private Violence”(米) 監督:Cynthia Hill
 ・“Whitey: United States of America v. James J. Bulger”(米) 監督:ジョー・バーリンジャー

 ◆スポットライト賞Spotlight Award)
 劇場公開中もしくは公開待機中の作品、および、まもなくDVDやiTunesやNetflixでリリースされるような作品に、スポットライトを当てる目的で設けられている賞。
 ・“Almost There”(米) 監督:Dan Rybicky、アーロン・ウィッケンデン(Aaron Wickenden)
 ・“Barge”(米) 監督:Ben Powell
 ・“Field Niggas”(米) 監督:Khalik Allah
 ・“Frame by Frame”(米) 監督:Mo Scarpelli、Alexandria Bombach
 ・“(T)ERROR”(米) 監督:Lyric R Cabral、David Felix Sutcliffe
 ・『トトと二人の姉』“Toto si surorile lui (Toto and His Sisters)”(独・ハンガリー・ルーマニア) 監督:アレクサンダー・ナナウ(Alexander Nanau)

 ◆観客賞(Audience Choice)
 ・“Amy”
 ・“Best of Enemies”
 ・“Going Clear: Scientology and the Prison of Belief”
 ・“The Hunting Ground”(米) 監督:カービー・ディック(Kirby Dick)
 ・『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』
 ・“Meru”
 ・『ニーナ・シモン 魂の歌』“What Happened, Miss Simone?”(米) 監督:リズ・ガーバス(Liz Garbus)
 ・“Where to Invade Next”(米) 監督:マイケル・ムーア
 ・『The Wolfpack』“The Wolfpack”

 ※例年通りであれば、上記のほかに、今後、ヘテロドックス賞やレガシー賞が発表されるはずです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート状況は、以下の通りです。

 ・“Cartel Land”(5):作品・監督・撮影・作曲 プロダクション
 ・『ルック・オブ・サイレンス』(4):作品・監督・撮影・プロダクション
 ・“Meru”(4):撮影・プロダクション・作曲・観客
 ・“Amy”(3):作品・編集・観客
 ・『The Wolfpack』(3):作品・デビュー・観客
 ・“Heart of a Dog”(3):監督・グラフィック・作曲
 ・『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』(3):編集・グラフィック・観客
 ・“Going Clear: Scientology and the Prison of Belief”(3):プロダクション・TV・観客
 ・“Democrats”(2):作品・プロダクション
 ・『マーロン・ブランドの肉声』“Listen to Me Marlon”(2):作品・編集
 ・“Best of Enemies”(2):編集・観客
 ・“Uncertain”(2):撮影・デビュー
 ・“Western”(2):撮影・作曲
 ・『ザ・ナイトメア』(2):グラフィック・作曲

 これで、本年度の全米映画賞レースの長編ドキュメンタリー部門にからんでくるような作品は、ほぼ絞りこまれてきて、米国アカデミー賞もそれに先立つ映画賞も、まず間違いなく上記に挙げられたような作品が中心になってくると考えられます。(本年度は、ノミネーションの当落線上にある作品がやや多めという感じもしますね。)

 ちなみに、昨年だと、各映画賞とシネマ・アイ・オナーズの各部門の受賞結果の関係は、以下のようになっています。

 米国アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞:“CitizenFour”
 シネマ・アイ・オナーズ 長編ドキュメンタリー賞:“CitizenFour”

 米・製作者組合賞(PGA) ドキュメンタリー賞:“Life Itself”
 シネマ・アイ・オナーズ プロダクション賞:“CitizenFour”

 米・監督組合賞(DGA) ドキュメンタリー賞:“CitizenFour”
 シネマ・アイ・オナーズ 監督賞:“CitizenFour”

 米・映画編集者賞(ACE) ドキュメンタリー賞:“CitizenFour”
 シネマ・アイ・オナーズ 編集賞:“CitizenFour”

 第9回シネマ・アイ・オナーズの授賞式は、1月13日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・シネマ・アイ・オナーズ2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201411/article_18.html
 ・シネマ・アイ・オナーズ2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_28.html
 ・シネマ・アイ・オナーズ2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_35.html

 ・米国アカデミー賞2016 長編ドキュメンタリー賞エントリー作品124作品リスト::http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_11.html
 ・米国アカデミー賞2016 長編ドキュメンタリー賞エントリー作品124作品に関するちょっとした考察:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_12.html

 ・米国アカデミー賞2016 短編ドキュメンタリー賞 ショートリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201510/article_28.html

 ・IDAアワード2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_14.html

 ・英国グリアソン賞2015 受賞結果: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_13.html

 ・国際的に重要な、約15のドキュメンタリー映画祭:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201406/article_27.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2015年9月〜2016年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201509/article_2.html

 追記:
 ・シネマ・アイ・オナーズ2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_36.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長編ドキュメンタリー部門主要作品はこれで確定! シネマ・アイ・オナーズ2016 ノミネーション! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる