海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS MTVムービーアワード2015 ノミネーション!

<<   作成日時 : 2015/03/17 17:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 MTVムービーアワード2015のノミネーションが発表されました。(3月5日)

画像

 ◆ムービー・オブ・ザ・イヤー(Movie of the Year)
 ・『アメリカン・スナイパー』
 ・『ハンガー・ゲーム:FINALレジスタンス』
 ・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
 ・『ゴーン・ガール』
 ・『きっと、星のせいじゃない。』
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・『セッション』
 ・“Selma”(監督:エヴァ・デュヴルネ)

 『ハンガー・ゲーム:FINALレジスタンス』は、3作連続でノミネート。前作で受賞。

 ◆男性パフォーマンス賞(Best Male Performance)
 ・ブラッドリー・クーパー 『アメリカン・スナイパー』
 ・クリス・プラット 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
 ・アンセル・エルゴート 『きっと、星のせいじゃない。』
 ・マイルズ・テラー 『セッション』
 ・チャニング・テイタム 『フォックスキャッチャー』

 ブラッドリー・クーパーは、3年連続で、男性パフォーマンス賞ノミネート。前々回受賞。今回は2部門でノミネート。
 クリス・プラットは、初ノミネートで、今回4部門でノミネート。
 アンセル・エルゴートは、初ノミネートで、今回5部門でノミネート。
 マイルズ・テラーは、前回2部門でノミネートで、今回3部門でノミネート。
 チャニング・テイタムは、4年連続ノミネートで、男性パフォーマンス賞は2年ぶり4回目のノミネート。今回は4部門でノミネート。

 ◆女性パフォーマンス賞(Best Female Performance)
 ・ジェニファー・ローレンス 『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』
 ・エマ・ストーン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・シェイリーン・ウッドリー 『きっと、星のせいじゃない。』
 ・リース・ウィザースプーン “Wild”(監督:ジャン=マルク・ヴァレ)
 ・スカーレット・ヨハンソン 『LUCY/ルーシー』

 ジェニファー・ローレンスは、4年連続で、女性パフォーマンス賞ノミネート。3年連覇中。今回は2部門でノミネート。
 エマ・ストーンは、3回目のノミネート。2011年に『小悪魔はなぜモテる?!』で最優秀コメディー・パフォーマンス賞受賞。今回2部門でノミネート。
 シェイリーン・ウッドリーは、この部門には初ノミネート。2012年にブレイクスルー・パフォーマンス賞、2014年に大好きなキャラクター賞受賞。今回は3部門でノミネート。
 リース・ウィザースプーンは、本部門に12年ぶり4回目のノミネート。
 スカーレット・ヨハンソンは、3年連続ノミネートで、本部門は初ノミネート。今回は2部門でノミネート。

 ◆ブレイクスルー・パフォーマンス賞(Breakthrough Performance)
 ・アンセル・エルゴート 『きっと、星のせいじゃない。』
 ・ロザムンド・パイク 『ゴーン・ガール』
 ・デヴィッド・オイェロウォ “Selma”
 ・ディラン・オブライエン 『メイズ・ランナー』
 ・エラー・コルトレーン 『6才のボクが、大人になるまで。』

 ◆ベスト悪役賞(Best Villain)
 ・ロザムンド・パイク 『ゴーン・ガール』
 ・J・K・シモンズ 『セッション』
 ・ジリアン・ベル 『22ジャンプストリート』
 ・メリル・ストリープ 『イントゥ・ザ・ウッズ』
 ・ピーター・ディンクレイジ 『X-MEN:フューチャー&パスト』

 ◆最優秀コメディー・パフォーマンス賞(Best Comedic Performance)
 ・チャニング・テイタム 『22ジャンプストリート』
 ・クリス・プラット 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
 ・ローズ・バーン 『ネイバーズ』
 ・クリス・ロック “Top Five”(監督:クリス・ロック)
 ・ケヴィン・ハート “The Wedding Ringer”(監督:ジェレミー・ガレリック)

 ケヴィン・ハートのみ連続ノミネート。

 ◆最高のゾッとしたパフォーマンス賞(Best Scared-As-S**t Performance)
 ・ロザムンド・パイク 『ゴーン・ガール』
 ・アナベル・ウォリス 『アナベル 死霊館の人形』
 ・ジェニファー・ロペス “The Boy Next Door”(監督:ロブ・コーエン)
 ・ディラン・オブライエン 『メイズ・ランナー』
 ・ザック・ギルフォード “The Purge: Anarchy”(監督:ジェームズ・デモナコ)

 ◆ビックリ賞(Best WTF Moment)
 ・セス・ローゲン&ローズ・バーン 『ネイバーズ』
 ・ジョナ・ヒル 『22ジャンプストリート』
 ・ジェイソン・サダイキス&チャーリー・デイ “Horrible Bosses 2”(監督:ショーン・アンダース)
 ・マイルズ・テラー 『セッション』
 ・ロザリオ・ドーソン&アンダース・ホルム “Top Five”

 ◆スクリーン上での変身賞(Best On-Screen Transformation)
 ・エディー・レッドメイン 『博士と彼女のセオリー』
 ・エリザベス・バンクス 『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』
 ・ゾーイ・サルダナ 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
 ・スティーヴ・カレル 『フォックスキャッチャー』
 ・エラー・コルトレーン 『6才のボクが、大人になるまで。』

 ◆ベスト・ノーシャツ・パフォーマンス賞(Best Shirtless Performance)
 ・ザック・エフロン 『ネイバーズ』
 ・クリス・プラット 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
 ・チャニング・テイタム 『フォックスキャッチャー』
 ・アンセル・エルゴート 『きっと、星のせいじゃない。』
 ・ケイト・アプトン “The Other Woman”(監督:ニック・カサヴェテス)

 ザック・エフロンは、前回、“That Awkward Moment”で受賞。

 ◆ベスト・ミュージカル・モーメント賞(Best Musical Moment)
 ・ジェニファー・ローレンス 『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』
 ・クリス・プラット 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
 ・セス・ローゲン&ザック・エフロン 『ネイバーズ』
 ・ビル・ヘイダー&クリステン・ウィグ “The Skeleton Twins”(監督:Craig Johnson)
 ・マイルズ・テラー 『セッション』

 ジェニファー・ローレンスは、本部門に3年連続ノミネート。
 パートナーは異なるものの、セス・ローゲンは、2年連続でこの部門にノミネート。

 ◆ベスト・デュオ賞(Best Duo)
 ・チャニング・テイタム&ジョナ・ヒル 『22ジャンプストリート』
 ・ザック・エフロン&デイヴ・フランコ 『ネイバーズ』
 ・シェイリーン・ウッドリー&アンセル・エルゴート 『きっと、星のせいじゃない。』
 ・ブラッドリー・クーパー&ヴィン・ディーゼル 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
 ・ジェームズ・フランコ&セス・ローゲン “The Interview”(監督:エヴァン・ゴールドヴァーグ、セス・ローゲン)

 ◆ベスト・ファイト賞(Best Fight)
 ・ジョナ・ヒル vs ジリアン・ベル 『22ジャンプストリート』
 ・クリス・エヴァンス vs セバスチャン・スタン 『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』
 ・ディラン・オブライエン vs ウィル・ポールター 『メイズ・ランナー』
 ・セス・ローゲン vs ザック・エフロン 『ネイバーズ』
 ・エドワード・ノートン vs マイケル・キートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

 ジョナ・ヒル、セス・ローゲンは、連続でこの部門にノミネート。

 ◆ベスト・キス賞(Best Kiss)
 ・アンセル・エルゴート&シェイリーン・ウッドリー 『きっと、星のせいじゃない。』
 ・ジェームズ・フランコ&セス・ローゲン “The Interview”
 ・アンドリュー・ガーフィールド&エマ・ストーン 『アメイジング・スパイダーマン2』
 ・スカーレット・ヨハンソン&クリス・エヴァンス 『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』
 ・ローズ・バーン&ハルストン・セージ 『ネイバーズ』

 パートナーは異なるものの、ジェームズ・フランコ、シャイリーン・ウッドリー、スカーレット・ヨハンソンは、連続でこの部門にノミネート。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 本年度は、「ベスト・ヒーロー賞」(Best Hero)、「大好きなキャラクター賞」(Favorite Character)(1回限り)、最優秀カメオ賞(Best Cameo)(前回10年ぶりに復活)がなくなって、新設の部門はなく、全体で17部門から14部門に変わりました。

 主な作品のノミネート状況は、以下の通り。

 ・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(7):作品・男性・コメディー・変身・ノーシャツ・ミュージカル・デュオ
 ・『きっと、星のせいじゃない。』(7):作品・男性・女性・ブレイク・ノーシャツ・デュオ・キス
 ・『ネイバーズ』(7):コメディー・ビックリ・ノーシャツ・ミュージカル・デュオ・ファイト・キス
 ・『セッション』(5):作品・男性・悪役・ビックリ・ミュージカル
 ・『22ジャンプストリート』(5):悪役・コメディー・ビックリ・デュオ・ファイト
 ・『ハンガー・ゲーム:FINALレジスタンス』(4):作品・女性・変身・ミュージカル
 ・『ゴーン・ガール』(4):作品・ブレイク・悪役・ゾッと
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』(3):作品・ブレイク・変身
 ・『フォックスキャッチャー』(3):男性・変身・ノーシャツ
 ・『メイズ・ランナー』(3):ブレイク・ゾッと・ファイト
 ・『アメリカン・スナイパー』(2):作品・男性
 ・“Selma”(2):作品・ブレイク
 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2):女性・ファイト
 ・“Top Five”(2):コメディー・ビックリ
 ・“The Interview”(2):デュオ・キス
 ・『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』(2):ファイト・キス

 俳優別のノミネート状況は、以下の通り。

 ・アンセル・エルゴート(5):男性・ブレイク・ノーシャツ・デュオ・キス
 ・セス・ローゲン(5):ビックリ・ミュージカル・デュオ・ファイト・キス
 ・クリス・プラット(4):男性・コメディー・ノーシャツ・ミュージカル
 ・チャニング・テイタム(4):男性・コメディー・ノーシャツ・デュオ
 ・ザック・エフロン(4):ノーシャツ・ミュージカル・デュオ・ファイト
 ・マイルズ・テラー(3):男性・ビックリ・ミュージカル
 ・シェイリーン・ウッドリー(3):女性・デュオ・キス
 ・ロザムンド・パイク(3):ブレイク・悪役・ゾッと
 ・ディラン・オブライエン(3):ブレイク・ゾッと・ファイト
 ・ローズ・バーン(3):コメディー・ビックリ・キス
 ・ジョナ・ヒル(3):ビックリ・デュオ・ファイト
 ・ブラッドリー・クーパー(2):男性・デュオ
 ・ジェニファー・ローレンス(2):女性・ミュージカル
 ・エマ・ストーン(2):女性・キス
 ・スカーレット・ヨハンソン(2):女性・キス
 ・エラー・コルトレーン(2):ブレイク・変身
 ・ジリアン・ベル(2):悪役・ファイト
 ・ジェームズ・フランコ(2):デュオ・キス
 ・クリス・エヴァンス(2):ファイト・キス

 毎年、作品は異なっても、ブラッドリー・クーパー、チャニング・テイタム、ジェニファー・ローレンス、シェイリーン・ウッドリー、スカーレット・ヨハンソン、ケヴィン・ハート、ザック・エフロン、セス・ローゲン、ジョナ・ヒルあたりは、連続してノミネートされるような人気俳優となっているようです。

 作品だと、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』と『きっと、星のせいじゃない。』と『ネイバーズ』が、それぞれ7部門ずつで最多ノミネートになっています。

 ノミネートのされ方としては、『きっと、星のせいじゃない。』がバランスのいいノミネーションになっているように見えます。

 全体的には、ムービー・オブ・ザ・イヤーと男性パフォーマンス賞と女性パフォーマンス賞のノミニーを中心にノミネートされていますが、『ネイバーズ』とザック・エフロン&セス・ローゲンは、そうした傾向性とは違う独特のノミネートのされ方をしています。

 MTVムービーアワード2015の授賞式は、4月12日です。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・MTVムービーアワード2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201404/article_12.html
 ・MTVムービーアワード2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_7.html
 ・MTVムービーアワード2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201303/article_5.html
 ・MTVムービーアワード2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201304/article_10.html
 ・MTVムービーアワード2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201205/article_3.html
 ・MTVムービーアワード2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_5.html
 ・MTVムービーアワード2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201105/article_16.html
 ・MTVムービーアワード2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_9.html
 ・MTVムービーアワード2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_17.html
 ・MTVムービーアワード2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_7.html
 ・MTVムービーアワード2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_2.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2015年3月〜9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201503/article_1.html

 追記:
 ・MTVムービーアワード2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201504/article_3.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
MTVムービーアワード2015 ノミネーション! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる