海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米・俳優組合賞(SAG)2015 受賞結果!

<<   作成日時 : 2015/02/01 18:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第21回米・俳優組合賞(SAG)の受賞結果が発表になりました。(1月25日)

 【映画部門】(Theatrical Motion Pictures)

 ◆主演男優賞(Outstanding Performance by A Male Actor in A Leading Role)
 ・スティーヴ・カレル 『フォックスキャッチャー』
 ・ベネディクト・カンバーバッチ 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
 ・ジェイク・ギレンホール “Nightcrawler”
 ・マイケル・キートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ◎エディー・レッドメイン 『博士と彼女のセオリー』

 米国アカデミー賞2015ノミネーションとは、ジェイク・ギレンホールとブラッドリー・クーパーが入れ替わっている。
 マイケル・キートンを除く4人はゴールデン・グローブ賞主演男優賞ドラマ部門2015にノミネート。マイケル・キートンは、ゴールデン・グローブ賞ではコメディー/ミュージカル部門主演男優賞にノミネート。ゴールデン・グローブ賞では、ドラマ部門でエディー・レッドメインが受賞、コメディー/ミュージカル部門ではマイケル・キートンが受賞。

画像

 ◆主演女優賞(Outstanding Performance by A Female Actor in A Leading Role)
 ・ジェニファー・アニストン “Cake”
 ・フェリシティー・ジョーンズ 『博士と彼女のセオリー』
 ◎ジュリアン・ムーア 『アリスのままで』
 ・ロザムンド・パイク 『ゴーン・ガール』
 ・リース・ウィザースプーン “Wild”

 米国アカデミー賞2015ノミネーションとは、ジェニファー・アニストンとマリオン・コティヤールが入れ替わっている。
 5人すべてゴールデン・グローブ賞主演女優賞ドラマ部門2015ノミネーションと一致。ゴールデン・グローブ賞ではジュリアン・ムーアが受賞。

画像

 ◆助演男優賞(Outstanding Performance by A Male Actor in A Supporting Role)
 ・ロバート・デュヴァル 『ジャッジ 裁かれる判事』
 ・イーサン・ホーク 『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・エドワード・ノートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・マーク・ラファロ 『フォックスキャッチャー』
 ◎J・K・シモンズ 『セッション』

 すべて米国アカデミー賞2015ノミネーション、ゴールデン・グローブ賞2015助演男優賞ノミネーションと一致。ゴールデン・グローブ賞ではJ・K・シモンズが受賞。

画像

 ◆助演女優賞(Outstanding Performance by A Female Actor in A Supporting Role)
 ◎パトリシア・アークエット 『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・キーラ・ナイトレイ 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
 ・エマ・ストーン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・メリル・ストリープ 『イントゥ・ザ・ウッズ』
 ・ナオミ・ワッツ “St. Vincent”

 すべて米国アカデミー賞2015ノミネーションとすべて一致。
 ゴールデン・グローブ賞2015ノミネーションとは、ナオミ・ワッツとジェシカ・チャステインが入れ替わっている。

画像

 ◆キャスト賞(Outstanding Performance by A Cast in A Motion Picture)
 ◎『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ザック・ガリフィアナキス、マイケル・キートン、エドワード・ノートン、アンドレア・ライズブロー、エイミー・ライアン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ

 ・『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・パトリシア・アークエット、エラー・コルトレーン、イーサン・ホーク、ローレライ・リンクレイター

 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』
 F・マーリー・エイブラハム、マシュー・アマルリック、エイドリアン・ブロディー、ウィレム・デフォー、レイフ・ファインズ、ジェフ・ゴールドブラム、ハーヴェイ・カイテル、ジュード・ロウ、ビル・マーレイ、エドワード・ノートン、トニー・レヴォロリ、シアーシャ・ローナン、ジェイソン・シュワルツマン、レア・セイドゥ、ティルダ・スウィントン、トム・ウィルキンソン、オーウェン・ウィルソン

 ・『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
 マシュー・ビアード、ベネディクト・カンバーバッチ、チャールズ・ダンス、マシュー・グード、ロリー・キニア、キーラ・ナイトレイ、アレン・リーチ、マーク・ストロング

 ・『博士と彼女のセオリー』
 ・チャーリー・コックス、フェリシティー・ジョーンズ、サイモン・マクバーニー、エディー・レッドメイン、デイヴィッド・シューリス、エミリー・ワトソン

画像

 ◆スタント・アンサンブル賞(Outstanding Stunt Ensemble in A Motion Picture)
 ・『フューリー』
 ・『ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜』
 ・『ホビット 決戦のゆくえ』
 ◎“Unbroken”
 ・『X-Men:フューチャー&パスト』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【俳優組合賞と米国アカデミー賞映画部門の関係性】

 ◆ノミネーションの合致度について

 過去5年間における、俳優組合賞とアカデミー賞のノミネーションの合致度は―

 2015年
 主演男優賞:4/5
 主演女優賞:4/5
 助演男優賞:5/5
 助演女優賞:5/5

 2014年
 主演男優賞:3/5
 主演女優賞:4/5
 助演男優賞:4/5
 助演女優賞:4/5

 2013年
 主演男優賞:4/5
 主演女優賞:3/5
 助演男優賞:4/5
 助演女優賞:3/5

 2012年
 主演男優賞:4/5
 主演女優賞:4/5
 助演男優賞:3/5
 助演女優賞:5/5

 2011年
 主演男優賞:4/5
 主演女優賞:4/5
 助演男優賞:5/5
 助演女優賞:4/5

 2010年
 主演男優賞:5/5
 主演女優賞:5/5
 助演男優賞:5/5
 助演女優賞:3/5

 ◆受賞結果での合致度について

 過去20回の俳優組合賞とアカデミー賞との合致度は―

 主演男優賞:16回 現在10年連続で同じ結果になっています。
 主演女優賞:14回 現在2年連続で一致
 助演男優賞:12回 前回は一致
 助演女優賞:13回 現在5年連続で一致

 確率論的には、俳優組合賞受賞者がアカデミー賞も獲る確率は68.8%です。

 今回の俳優組合賞で意外だったのは、主演男優賞のみですが、ゴールデン・グローブ賞、ドリアン賞とエディー・レッドメインの受賞が続いていて、当確と見られたマイケル・キートンの座を脅かしています。
 まだマイケル・キートンの主演男優賞当確は揺るがないと思われますが、BAFTA英国アカデミー賞の結果次第では、マイケル・キートンも安心できなくなるかもしれません。エディー・レッドメインは、米国アカデミー賞が好むとされる「実在の人物」ものですし。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【TV部門】(Television Programs)

 ◆男優賞 TV映画/ミニシリーズ部門(Outstanding Performance by A Male Actor in A Television Movie or Miniseries)
 ・エイドリアン・ブロディー “Houdini”(History)
 ・ベネディクト・カンバーバッチ 『SHERLOCK(シャーロック)3』“Sherlock: His Last Vow”(PBS)
 ・リチャード・ジェンキンス “Olive Kitteridge”(HBO)
 ◎マーク・ラファロ 『ノーマル・ハート』(HBO)
 ・ビリー・ボブ・ソーントン 『FARGO/ファーゴ』(FX)

 サテライト・アワードのノミネーションとは、リチャード・ジェンキンスとマーク・ラファロのみ一致。サテライト・アワードでは『FARGO/ファーゴ』はドラマ・シリーズ扱い。
 ゴールデン・グローブ賞のノミネーションとは、マーク・ラファロとビリー・ボブ・ソーントンが一致。ゴールデン・グローブ賞ではビリー・ボブ・ソーントンが受賞。

 ◆女優賞 TV映画/ミニシリーズ部門(Outstanding Performance by A Female Actor in A Television Movie or Miniseries)
 ・エレン・バースティン “Flowers in The Attic”(Lifetime)
 ・マギー・ギレンホール “The Honorable Woman”(Sundance TV)
 ◎フランシス・マクドーマンド “Olive Kitteridge”(HBO)
 ・ジュリア・ロバーツ 『ノーマル・ハート』(HBO)
 ・シシリー・タイソン “The Trip to Bountiful”(Lifetime)

 サテライト・アワードのノミネーションとは、マギー・ギレンホールとフランシス・マクドーマンドのみ一致。
 ゴールデン・グローブ賞のノミネーションとは、マギー・ギレンホールとフランシス・マクドーマンドのみ一致。ゴールデン・グローブ賞ではマギー・ギレンホールが受賞。

画像

 ◆男優賞 ドラマ・シリーズ部門(Outstanding Performance by A Male Actor in A Drama Series)
 ・スティーヴ・ブシェミ 『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』(HBO)
 ・ピーター・ディンクレイジ 『ゲーム・オブ・スローンズ』(HBO)
 ・ウディー・ハレルソン 『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』(HBO)
 ・マシュー・マコノヒー 『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』(HBO)
 ◎ケヴィン・スペイシー 『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(Netflix)

 エミー賞のノミネーションとは、ウディー・ハレルソンとマシュー・マコノヒーとケヴィン・スペイシーが一致。エミー賞では、『ブレイキング・バッド』でブライアン・クランストンが受賞。
 サテライト・アワードのノミネーションとは、ウディー・ハレルソンのみ一致。
 ゴールデン・グローブ賞のノミネーションとは、ケヴィン・スペイシーのみ一致。『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』はゴールデン・グローブ賞ではミニシリーズ扱い。ゴールデン・グローブ賞ではケヴィン・スペイシーが受賞。
 ピーター・ディンクレイジとケヴィン・スペイシーは2年連続ノミネート。スティーヴ・ブシェミは、5年連続ノミネート。
 前回は、『ブレイキング・バッド』でブライアン・クランストンが受賞。

 ◆女優賞 ドラマ・シリーズ部門(Outstanding Performance by A Female Actor in A Drama Series)
 ・クレア・デーンズ 『HOMELAND』(Showtime)
 ◎ヴィオラ・デイヴィス “How to Get Away With Murder”(ABC)
 ・ジュリアナ・マルグリーズ 『グッド・ワイフ』(CBS)
 ・タチアナ・マズラニー 『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』(BBC America)
 ・マギー・スミス 『ダウントン・アビー〜貴族とメイドと相続人〜』(PBS)
 ・ロビン・ライト 『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(Netflix)

 エミー賞のノミネーションとは、クレア・デーンズとジュリアナ・マルグリーズとロビン・ライトが一致。エミー賞はジュリアナ・マルグリーズが受賞。
 サテライト・アワードのノミネーションとは、ジュリアナ・マルグリーズとタチアナ・マズラニーとロビン・ライトが一致。
 ゴールデン・グローブ賞のノミネーションとは、クレア・デーンズとヴィオラ・デイヴィスとジュリアナ・マルグリーズとロビン・ライトが一致。ゴールデン・グローブ賞では、ルース・ウィルソン(“The Affair”)が受賞。
 クレア・デーンズは、3年連続ノミネート。前々回受賞。マギー・スミスは4年連続ノミネート。前回受賞。

画像

 ◆男優賞 コメディー・シリーズ部門(Outstanding Performance by A Male Actor in A Comedy Series)
 ・タイ・バーレル 『モダン・ファミリー』(ABC)
 ・ルイス・C・K “Louie”(Fx)
 ◎ウィリアム・H・メイシー 『シェイムレス 俺たちに恥はない』(Showtime)
 ・ジム・パーソンズ 『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』(CBS)
 ・エリック・ストーンストリート 『モダン・ファミリー』(ABC)

 エミー賞のノミネーションとは、ルイス・C・Kとウィリアム・H・メイシーとジム・パーソンズが一致。エミー賞はジム・パーソンズが受賞。
 サテライト・アワードのノミネーションとは、ルイス・C・Kとウィリアム・H・メイシーとジム・パーソンズが一致。
 ゴールデン・グローブ賞のノミネーションとは、ルイス・C・Kとウィリアム・H・メイシーが一致。ゴールデン・グローブ賞では、ジェフリー・タンバー(“Transparent”)が受賞。
 ジム・パーソンズは3年連続ノミネート。タイ・バーレルは、6年連続ノミネートで前回受賞。

画像

 ◆女優賞 コメディー・シリーズ部門(Outstanding Performance by A Female Actor in A Comedy Series)
 ◎ウゾ・アドゥーバ 『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち』(Netflix)
 ・ジュリー・ボーウェン 『モダン・ファミリー』(ABC)
 ・イーディー・ファルコ 『ナース・ジャッキー』(Showtime)
 ・ジュリア・ルイス=ドレイファス “Veep”(HBO)
 ・エイミー・ポーラー “Parks And Recreation”(NBC)

 エミー賞のノミネーションとは、イーディー・ファルコとジュリア・ルイス=ドレイファスとエイミー・ポーラーが一致。エミー賞では、ジュリア・ルイス=ドレイファスが受賞。
 サテライト・アワードのノミネーションとは、イーディー・ファルコとジュリア・ルイス=ドレイファスが一致。
 ゴールデン・グローブ賞のノミネーションとは、イーディー・ファルコとジュリア・ルイス=ドレイファスが一致。ウゾ・アドゥーバはゴールデン・グローブ賞では助演女優賞でノミネート。ゴールデン・グローブ賞では、ジーナ・ロドリゲス(“Jane the Virgin”)が受賞。
 ジュリー・ボーウェンは2年連続ノミネート。ジュリア・ルイス=ドレイファスは、前回4年ぶりのノミネートで、受賞。イーディー・ファルコは6年連続ノミネート。

画像

 ◆アンサンブル賞 ドラマ・シリーズ部門(Outstanding Performance by An Ensemble in A Drama Series)
 ・『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』 (Hbo)
 スティーヴ・ブシェミ、ポール・カルデロン、Louis Cancelmi、ジョン・エリソン・コンリー、マイケル・カントリーマン、スティーヴン・グラハム、ドメニク・ランバルドッツィ、Nolan Lyons、ケリー・マクドナルド、ボリス・マクギヴァー、ヴィンセント・ピアッツァ、ポール・スパークス、Travis Tope、シェー・ウィガム、アナトール・ユセフ、マイケル・ゼゲン

 ◎『ダウントン・アビー〜貴族とメイドと相続人〜』(PBS)
 ヒュー・ボネヴィル、ローラ・カーマイケル、ジム・カーター、ブレンダン・コイル、ミシェル・ドッカリー、ケヴィン・ドイル、ジョアンヌ・フロガット、リリー・ジェームズ、Robert James-Collier、アレン・リーチ、フィリス・ローガン、エリザベス・マクガヴァン、ソフィー・マクシェラ、マット・ミルン、レズリー・ニコル、デイヴィッド・ロブ、マギー・スミス、エド・スペリーアス、カーラ・テオボルド、ペネロープ・ウィルトン

 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』(HBO)
 ジョセフ・アルティン、ジェイコブ・アンダーソン、ジョン・ブラッドリー、ドミニク・カーター、グウェンドリン・クリスティー、エミリア・クラーク、ニコライ・コスター=ワルドー、ベン・クロンプトン、チャールズ・ダンス、ピーター・ディンクレイジ、ナタリー・ドーマー、ナタリー・エマニュエル、イアン・グレン、ジュリアン・グローヴァー、キット・ハリントン、レナ・ヘディ、コンリース・ヒル、ロリー・マッキャン、イアン・マッケルヒニー、ペドロ・パスカル、ダニエル・ポートマン、マーク・スタンリー、ソフィー・ターナー、メイジー・ウィリアムズ

 ・『HOMELAND』(Showtime)
 Numan Acar、ナザニン・ボニアディ、クレア・デーンズ、ルパート・フレンド、ラザ・ジャフリー、ニムラト・カウル、テレイシー・レッツ、マーク・モーゼス、Michael O’Keefe、マンディー・パティンキン、ライラ・ロビンズ、モーリー・スターリング

 ・『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(Netflix)
 マハーシャラ・アリ、ジェイン・アトキンソン、レイチェル・ブロズナハン、デレク・セシル、ネイサン・ダロウ、マイケル・ギル、ジョアンナ・ゴーイング、サキナ・ジャフリー、マイケル・ケリー、モズハン・マーノ、ジェラルド・マクレイニー、モリー・パーカー、ジミ・シンプソン、ケヴィン・スペイシー、ロビン・ライト

 エミー賞のノミネーションとは、最優秀ドラマ・シリーズ賞では『ダウントン・アビー〜貴族とメイドと相続人〜』と『ゲーム・オブ・スローンズ』と『ハウス・オブ・カード 野望の階段』が一致。最優秀ドラマ・シリーズ賞は『ブレイキング・バッド』が受賞。キャスティング賞では『ゲーム・オブ・スローンズ』と『ハウス・オブ・カード 野望の階段』が一致。『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』が受賞。
 『ゲーム・オブ・スローンズ』は2年連続ノミネート。『ダウントン・アビー 〜貴族とメイドと相続人』『HOMELAND』は、3年連続ノミネート。『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』は、5年連続ノミネート。
 前回は、『ブレイキング・バッド』が受賞。

画像

 ◆アンサンブル賞 コメディー・シリーズ部門(Outstanding Performance by An Ensemble in A Comedy Series)
 ・『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』(CBS)
 メイム・ビアリク、ケイリー・クオコ、ジョニー・ガレッキ、サイモン・ヘルバーグ、クナル・ネイヤー、ジム・パーソンズ、メリッサ・ローチ

 ・“Brooklyn Nine-Nine”(Fox)
 ステファニー・ベアトリス、ダーク・ブロッカー、アンドレ・ブラウアー、テリー・クルーズ、メリッサ・フメーロ、ジョー・ロー・トゥルリオ、ジョエル・マッキノン・ミラー、Chelsea Peretti、アンディー・サムバーグ

 ・『モダン・ファミリー』(ABC)
 オーブリー・アンダーソン=エモンズ、ジュリー・ボーウェン、タイ・バーレル、ジェシー・タイラー・ファーガソン、ノーラン・グールド、サラ・ハイランド、エド・オニール、リコ・ロドリゲス、エリック・ストーンストリート、ソフィア・ヴェルガラ、アリエル・ウィンター

 ◎『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち』(Netflix)
 ウゾ・アドゥーバ、ジェイソン・ビッグス、Danielle Brooks、Laverne Cox、Jackie Cruz、キャサリン・カーティン、リー・デラリア、エリザベス・フォウラー、イヴェット・フリーマン、Germar Terrell Gardner、Kimiko Glenn、アニー・ゴールデン、Diane Guerrero、マイケル・J・ハーネイ、Vicky Jeudy、Julie Lake、Lauren Lapkus、セレニス・レイバ、ナターシャ・リオン、タリン・マニング、ジョエル・マーシュ・ガーランド、Matt Mcgorry、Adrienne C. Moore、ケイト・マルグルー、Emma Myles、ジェシカ・ピメンテル、Dascha Polanco、アリシア・レイナー、ジュディス・ロバーツ、エリザベス・ロドリゲス、Barbara Rosenblat、ニック・サンドウ、アビゲイル・サヴィッジ、テイラー・シリング、Constance Shulman、デイル・ソウルズ、Yael Stone、ロレイン・トゥーサント、リン・トゥッチ、Samira Wiley

 ・“Veep”(HBO)
 スーフィ・ブラッドショウ、アンナ・クラムスキー、ゲイリー・コール、ケヴィン・ダン、トニー・ヘイル、ジュリア・ルイス=ドレイファス、リード・スコット、Timothy Simons、マット・ウォルシュ

 エミー賞のノミネーションとは、最優秀コメディー・シリーズ賞では“Brooklyn Nine-Nine”以外が一致。エミー賞は、最優秀コメディー・シリーズ賞は『モダン・ファミリー』が受賞。最優秀キャスティング賞では『モダン・ファミリー』と『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち』と“Veep”が一致。キャスティング賞は『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち』が受賞。
 “Veep”は2年連続ノミネート。『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』は、4年連続ノミネート。『モダン・ファミリー』は、6年連続ノミネートで、4年連続受賞中。

画像

 ◆スタント・アンサンブル賞(Outstanding Action Performance by A Stunt Ensemble in A Comedy or Drama Series)
 ・『24:TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』(Fox)
 ・『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』(HBO)
 ◎『ゲーム・オブ・スローンズ』(HBO)
 ・『HOMELAND』(Showtime)
 ・『サン・オブ・アナーキー』(FX)
 ・『ウォーキング・デッド』(AMC)

 『ゲーム・オブ・スローンズ』は4年連続ノミネートで4連覇!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【特別賞・名誉賞】

 ◆生涯貢献賞(Screen Actors Guild 51st Annual Life Achievement Award)
 ◎デビー・レイノルズ

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米・俳優組合賞2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_2.html
 ・米・俳優組合賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_30.html
 ・米・俳優組合賞(SAG)2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_59.html
 ・米・俳優組合賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_31.html
 ・米・俳優組合賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_64.html
 ・米・俳優組合賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_29.html
 ・米・俳優組合賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_2.html
 ・米・俳優組合賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_35.html
 ・米・俳優組合賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_51.html
 ・米・俳優組合賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_30.html
 ・米・俳優組合賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_39.html
 ・米・俳優組合賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_29.html
 ・米・俳優組合賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_34.html
 ・米・俳優組合賞2008 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200801/article_21.html

 ・全米映画賞レース2014の結果をまとめてみました(前半戦):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_1.html

 ・全米映画賞レース キャスト部門賞まとめ! 2002−2012 :http://umikarahajimaru.at.webry.info/201203/article_3.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年10月〜2015年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201410/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米・俳優組合賞(SAG)2015 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる