海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 女性映画ジャーナリスト同盟映画賞2015 結果発表!

<<   作成日時 : 2015/01/13 19:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 女性映画ジャーナリスト同盟映画賞2015の結果が発表されました。(1月12日)

 【女性映画ジャーナリスト同盟】

 女性映画ジャーナリスト同盟(Alliance for Women Film Journalist)は、設立が2006年で、年々会員を増やしていて、現在、100人近い会員がいます。
 女性映画ジャーナリスト同盟映画賞には、一般の映画賞と変わらないパートと、女性に特化したイーダ女性フォーカス・アワード(EDA FEMALE FOCUS AWARDS)とイーダ特別賞(EDA SPECIAL MENTION AWARDS)があります。イーダ女性フォーカス・アワードは頑張っている女性を評価する映画賞で、イーダ特別賞(EDA SPECIAL MENTION AWARDS)は、評価できなかった作品や俳優を皮肉や揶揄を込めてピックアップする映画賞になっています。

 設立年:2006 会員数:91
 公式サイト:http://awfj.org/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Alliance_of_Women_Film_Journalists

 ※2012年まではノミネーション発表は年内にあって、受賞結果の発表は年が明けてからだったのが、2013年度は2013年内にノミネーションと受賞結果の発表があり、今回はノミネーションも受賞結果の発表も年が明けてからになりました。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞
 ◎『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』
 ・『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』
 ・“Selma”

 ◆監督賞(Best Director (Female or Male))
 ・ウェス・アンダーソン 『グランド・ブダペスト・ホテル』
 ・エヴァ・デュヴルネ “Selma”
 ・アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・ジム・ジャームッシュ 『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』
 ◎リチャード・リンクレイター 『6才のボクが、大人になるまで。』

 ◆主演男優賞
 ・ジェイク・ギレンホール “Nightcrawler”
 ◎マイケル・キートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・エディー・レッドメイン 『博士と彼女のセオリー』

 ◆主演女優賞
 ・マリオン・コティヤール 『サンドラの週末』
 ◎ジュリアン・ムーア 『アリスのままで』
 ・ロザムンド・パイク 『ゴーン・ガール』

 ◆助演男優賞(Best Actor in A Supporting Role)
 ・エドワード・ノートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・マーク・ラファロ 『フォックスキャッチャー』
 ◎J・K・シモンズ 『セッション』

 ◆助演女優賞(Best Actress in A Supporting Role)
 ・パトリシア・アークエット 『6才のボクが、大人になるまで。』
 ◎ティルダ・スウィントン 『スノーピアサー』
 ・エマ・ストーン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

 ◆オリジナル脚本賞
 ◎『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、ニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・ジュニア、アルマンド・ボー
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』 リチャード・リンクレイター
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』 ウェス・アンダーソン

 ◆脚色賞
 ◎『ゴーン・ガール』 ギリアン・フリン
 ・“Inherent Vice” ポール・トーマス・アンダーソン
 ・“Wild” ニック・ホーンビー、Cheryl Strayed

 ◆撮影賞
 ◎『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 エマニュエル・ルベツキ
 ・『インターステラー』 ホイテ・ヴァン・ホイテマ
 ・『ターナー、光に愛を求めて』 ディック・ポープ

 ◆編集賞
 ◎『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 ダグラス・クライズ、スティーヴン・ミリオン
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』 サンドラ・エイデアー
 ・『セッション』 トム・クロス

 ◆音楽賞(Best Film Music or Score)
 ◎『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 アントニオ・サンチェス
 ・『ゴーン・ガール』 トレント・レズナー、アッティカス・ロス
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』 アレクサンドル・デプラ

 ◆アンサンブル賞(Best Ensemble Cast)
 ◎『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 フランシーヌ・マイスラー(キャスティング・ディレクター)
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』 アン・ウォーカー・マクベイ、Christopher Telles
 ◎『グランド・ブダペスト・ホテル』 ダグラス・エイベル(米)、アントワネット・ブラ(仏)、Simone Bar、Alexandra Montag(独)、Debra Maxwell Dion(LA)、ジナ・ジェイ(英)

 ◆ドキュメンタリー賞
 ◎“CitizenFour”(独・米) 監督:ローラ・ポイトラス(Laura Poitras)
 ・『ホドロフスキーのDUNE』(米・仏) 監督:フランク・パヴィッチ
 ・“Life Itself”(米) 監督:スティーヴ・ジェームズ

 ◆アニメーション賞
 ・『ベイマックス』(米) 監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ
 ◎『LEGO ムービー』(米・オーストラリア・デンマーク) 監督:フィル・ロード、クリストファー・ミラー
 ・『かぐや姫の物語』(日) 監督:高畑勲

 ◆外国語映画賞(Best Non-English-Language Film)
 ・『フレンチアルプスで起きたこと』“Force Majeure(Turist)”(スウェーデン・ノルウェー・仏) 監督:リューベン・オストルンド
 ◎『イーダ』(ポーランド) 監督:パヴェウ・パヴリコフスキ
 ・『サンドラの週末』(ベルギー・仏) 監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ

 ★イーダ女性フォーカス・アワード(EDA FEMALE FOCUS AWARDS)

 ※EDAとはExcellent Dynamic Activismの略であり、また、Alliance of Women Film Journalists Awardsの設立者のジェニファー・メリンの母、イーダ・レイス・メリン(Eda Reiss Merin/女優として60年以上、舞台・テレビ・映画で活躍した)にちなんで名づけられています。

 ◆女性監督賞(Best Woman Director)
 ◎エヴァ・デュヴルネ “Selma”
 ・Jennifer Kent “The Babadook”
 ・ローラ・ポイトラス “CitizenFour”

 ◆女性脚本家賞(Best Woman Screenwriter)
 ◎ギリアン・フリン 『ゴーン・ガール』
 ・Jennifer Kent “The Babadook”
 ・Gillian Robespierre “Obvious Child”

 ◆女性アクション・スター賞(Best Female Action Star)
 ◎エミリー・ブラント 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
 ・スカーレット・ヨハンソン 『LUCY/ルーシー』
 ・ジェニファー・ローレンス “The Hunger Games: Mockingjay”

 ◆ブレイクスルー・パフォーマンス賞(Best Breakthrough Performance)
 ・エシー・デイヴィス “The Babadook”
 ◎ググ・ンバータ=ロー 『ベル 〜ある伯爵令嬢の恋〜』
 ・ジェニー・スレイト “Obvious Child”

 ◆アイコン賞(Female Icon of The Year (A Woman Whose Work In Film And/Or In Life Made A Difference))
 ◎エヴァ・デュヴルネ
 ・アンジェリーナ・ジョリー
 ・ローラ・ポイトラス

 ★イーダ・スペシャル・メンション賞(Eda Special Mention Awards)

 ◆最優秀ヌードまたはセックス描写(Best Depiction of Nudity, Sexuality, or Seduction)
 ・『ゴーン・ガール』 ロザムンド・パイク、ベン・アフレック、ニール・パトリック・ハリス
 ・『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 ティルダ・スウィントン、トム・ヒドルストン
 ◎『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』 スカーレット・ヨハンソン

 ◆年齢を感じさせないで賞(Actress Defying Age And Ageism)
 ・ジュリアン・ムーア
 ・メリル・ストリープ
 ◎ティルダ・スウィントン

 ◆年の差カップル賞(Most Egregious Age Difference Between The Leading Man And The Love Interest)
 ・『ドラフト・デイ』 ケヴィン・コスナー(1955年生まれ)、ジェニファー・ガーナー(1972年生まれ)
 ・『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 トム・クルーズ(1962年生まれ)、エミリー・ブラント(1983年生まれ)
 ◎『マジック・イン・ムーンライト』 コリン・ファース(1960年生まれ)、エマ・ストーン(1988年生まれ)

 ◆新しいエージェントが必要そうな女優賞(Actress Most in Need of A New Agent)
 ・ジェニファー・アニストン “Horrible Bosses 2”
 ×キャメロン・ディアス “Sex Tape”
 ・メリッサ・マッカーシー “Tammy”

 ◆好きになりたかったけど無理でした作品賞(Movie You Wanted To Love, But Just Couldn’t)
 ・『フォックスキャッチャー』
 דInherent Vice”
 ・“Unbroken”

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通りです。

 ・『6才のボクが、大人になるまで。』(2/6):作品・監督・助演女優・脚本・編集・アンサンブル
 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(6/10):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・音楽・アンサンブル
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』(1/5):作品・監督・脚本・音楽・アンサンブル
 ・『ゴーン・ガール』(2/5):主演女優・脚色・音楽・女性脚本・ヌード
 ・“Selma”(1/3):作品・監督・女性監督
 ・“The Babadook”(0/3):女性監督・女性脚本・ブレイク
 ・『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(1/3):アクション・ヌード・年の差
 ・『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(0/2):作品・監督
 ・『サンドラの週末』(0/2):主演女優・外国
 ・『フォックスキャッチャー』(0/2):助演男優・無理
 ・『セッション』(1/2):助演男優・編集
 ・“Inherent Vice”(1/2):脚色・無理
 ・“CitizenFour”(1/2):ドキュメンタリー・女性監督
 ・“Obvious Child”(0/2):女性脚本・ブレイク

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・女性映画ジャーナリスト同盟映画賞2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_26.html
 ・女性映画ジャーナリスト同盟映画賞(2013年度) ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_35.html
 ・女性映画ジャーナリスト同盟映画賞(2013年度) 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_62.html
 ・女性映画ジャーナリスト同盟映画賞(2012年度) ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_66.html
 ・女性映画ジャーナリスト同盟映画賞(2012年度) 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_14.html
 ・女性映画ジャーナリスト同盟映画賞(2011年度) ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_56.html
 ・女性映画ジャーナリスト同盟映画賞(2011年度) 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_16.html
 ・女性映画ジャーナリスト同盟映画賞(2010年度) ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_53.html
 ・女性映画ジャーナリスト同盟映画賞(2010年度) 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_19.html
 ・女性映画ジャーナリスト同盟映画賞(2009年度):http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_22.html
 ・女性映画ジャーナリスト同盟映画賞(2008年度):http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_26.html

 ・女性映画批評家協会賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_46.html

 ・全米映画賞レース2014の結果をまとめてみました(前半戦):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_1.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年10月〜2015年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201410/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
女性映画ジャーナリスト同盟映画賞2015 結果発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる