海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS オーストラリア・アカデミー賞2015 インターナショナル・アワード ノミネーション!

<<   作成日時 : 2015/01/11 20:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第4回オーストラリア・アカデミー賞インターナショナル部門(4th AACTA International Awards)のノミネーションが発表されました。(1月6日)

 インターナショナル・アワードと銘打たれてはいますが、実質はアメリカ映画部門で、授賞式も、本国オーストラリアではなく、ハリウッドで行なわれてます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞(AACTA International Award For Best Film)
 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』
 ・『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
 ・『セッション』

 ◆監督賞(AACTA International Award For Best Direction)
 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』 リチャード・リンクレイター
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』 ウェス・アンダーソン
 ・『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 モルテン・ティルドゥム
 ・『セッション』 デイミアン・チャゼル

 ◆主演男優賞(AACTA International Award For Best Lead Actor)
 ・スティーヴ・カレル 『フォックスキャッチャー』
 ・ベネディクト・カンバーバッチ 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
 ・ジェイク・ギレンホール “Nightcrawler”
 ・マイケル・キートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・エディー・レッドメイン 『博士と彼女のセオリー』

 ◆主演女優賞(AACTA International Award For Best Lead Actress)
 ・エシー・デイヴィス “The Babadook”
 ・フェリシティー・ジョーンズ 『博士と彼女のセオリー』
 ・ジュリアン・ムーア 『アリスのままで』
 ・ロザムンド・パイク 『ゴーン・ガール』
 ・リース・ウィザースプーン “Wild”

 ◆助演男優賞(AACTA International Award For Best Supporting Actor)
 ・イーサン・ホーク 『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・エドワード・ノートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・マーク・ラファロ 『フォックスキャッチャー』
 ・アンディー・サーキス 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』
 ・J・K・シモンズ 『セッション』

 ◆助演女優賞(AACTA International Award For Best Supporting Actress)
 ・パトリシア・アークエット 『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・キーラ・ナイトレイ 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
 ・エマ・ストーン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・メリル・ストリープ 『イントゥ・ザ・ウッズ』
 ・ナオミ・ワッツ 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

 ◆脚本賞(AACTA International Award For Best Screenplay)
 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、アレクサンダー・ディネラリス、アルマンド・ボー、ニコラス・ヒアコボーネ
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』 リチャード・リンクレイター
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』 ウェス・アンダーソン
 ・『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 グレアム・ムーア
 ・『セッション』 デイミアン・チャゼル

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート状況は以下の通りです。

 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(7):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・助演女優・脚本
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』(5):作品・監督・助演男優・助演女優・脚本
 ・『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(5):作品・監督・主演男優・助演女優・脚本
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』(3):作品・監督・脚本
 ・『セッション』(4):作品・監督・助演男優・脚本
 ・『フォックスキャッチャー』(2):主演男優・助演男優
 ・『博士と彼女のセオリー』(2):主演男優・主演女優

 AACTAオーストラリア・アカデミー賞2015インターナショナル・アワードの授賞式は、1月31日です。

 ちなみに、AACTAオーストラリア・アカデミー賞2015の国内部門賞のノミネートは2014年12月3日発表、受賞結果の発表は1月29日です。

 *[人気ブログランキング]

 *当ブログ記事

 ・オーストラリア・アカデミー賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_2.html
 ・オーストラリア・アカデミー賞2014 インターナショナル・アワード 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_31.html
 ・オーストラリア・アカデミー賞2013 国内部門賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_13.html
 ・オーストラリア・アカデミー賞2013 国内部門賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_1.html
 ・オーストラリア・アカデミー賞2013 インターナショナル・アワード ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_23.html
 ・オーストラリア・アカデミー賞2013 インターナショナル・アワード 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_65.html
 ・オーストラリア・アカデミー賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_59.html
 ・オーストラリア・アカデミー賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_10.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年10月〜2015年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201410/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーストラリア・アカデミー賞2015 インターナショナル・アワード ノミネーション! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる