海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS BAFTA英国アカデミー賞2015 ノミネーション発表!

<<   作成日時 : 2015/01/10 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第68回BAFTA英国アカデミー賞のノミネーションが発表されました。(1月9日)

画像

 ◆作品賞(Film in 2015)
 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、ジョン・レッシャー、ジェームズ・W・スコッチドープル
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』 リチャード・リンクレイター、キャスリーン・サザーランド
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』 ウェス・アンダーソン、スコット・ルーディン、スティーヴン・レイルズ、ジェレミー・ドーソン
 ・『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 Nora Grossman、Ido Ostrowsky、テディー・シュウォーツマン
 ・『博士と彼女のセオリー』 ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、リサ・ブルース、アンソニー・マクカーテン

 『ターナー、光に愛を求めて』、『ゴーン・ガール』、『セッション』(“Whiplash”)、“Selma”、“Nightcrawler”などが落選。

 ◆監督賞
 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』 リチャード・リンクレイター
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』 ウェス・アンダーソン
 ・『博士と彼女のセオリー』 ジェームズ・マーシュ
 ・『セッション』“Whiplash” デイミアン・チャゼル

 デイヴィッド・フィンチャー、モルテン・ティルドゥム、エヴァ・デュヴルネなどが落選。

 ◆主演男優賞(Leading Actor in 2015)
 ・ベネディクト・カンバーバッチ 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
 ・エディー・レッドメイン 『博士と彼女のセオリー』
 ・ジェイク・ギレンホール “Nightcrawler”
 ・マイケル・キートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・レイフ・ファインズ 『グランド・ブダペスト・ホテル』

 マイルズ・テラー、スティーヴ・カレル、デイヴィッド・オイェロウォ、レイフ・ファインズ、ティモシー・スポール、トム・ハーディーなどが落選。

 ◆主演女優賞(Leading Actress in 2015)
 ・エイミー・アダムス 『ビッグ・アイズ』
 ・フェリシティー・ジョーンズ 『博士と彼女のセオリー』
 ・ジュリアン・ムーア 『アリスのままで』
 ・リース・ウィザースプーン “Wild”
 ・ロザムンド・パイク 『ゴーン・ガール』

 マリオン・コティヤール、ジェニファー・アニストン、エミリー・ブラント、ヘレン・ミレン、クヮヴェンジャネ・ウォレス、ググ・ンバータ=ロー、ヒラリー・スワンクなどが落選。

 ◆助演男優賞(Supporting Actor in 2015)
 ・エドワード・ノートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・イーサン・ホーク 『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・J・K・シモンズ 『セッション』“Whiplash”
 ・マーク・ラファロ 『フォックスキャッチャー』
 ・スティーヴ・カレル 『フォックスキャッチャー』

 ロバート・デュヴァル、アンディー・サーキス、ジョシュ・ブローリンなど落選。

 ◆助演女優賞(Supporting Actress in 2015)
 ・エマ・ストーン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・イメルダ・スタウントン “Pride”
 ・キーラ・ナイトレイ 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
 ・パトリシア・アークエット 『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・レネ・ルッソ “Nightcrawler”

 ローラ・ダーン、ティルダ・スウィントン、メリル・ストリープ、ジェシカ・チャステイン、アガタ・クレシャなどが落選。

 ◆オリジナル脚本賞
 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、アレクサンダー・ディネラリス、アルマンド・ボー、ニコラス・ヒアコボーネ
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』 リチャード・リンクレイター
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』 ウェス・アンダーソン
 ・“Nightcrawler” ダン・ギルロイ
 ・『セッション』“Whiplash” デイミアン・チャゼル

 “Selma”、“Love is Strange”、『LEGO ムービー』、『フォックスキャッチャー』などが落選。

 ◆脚色賞
 ・『アメリカン・スナイパー』 ジェイソン・ホール
 ・『ゴーン・ガール』 ギリアン・フリン
 ・『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 グレアム・ムーア
 ・“Paddington” ポール・キング
 ・『博士と彼女のセオリー』 アンソニー・マクカーテン

 “Inherent Vice”、“Wild”などが落選。

 ◆撮影賞
 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 エマニュエル・ルベツキ
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』 ロバート・イェーマン
 ・『イーダ』 ウカシュ・ジャル、リシャルト・レンチェフスキ
 ・『インターステラー』 ホイテ・ヴァン・ホイテマ
 ・『ターナー、光に愛を求めて』 ディック・ポープ

 『ゴーン・ガール』、“Inherent Vice”、“Nightcrawler”などが落選。

 ◆編集賞
 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 ダグラス・クライズ、スティーヴン・ミリオン
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』 バーニー・ピリング
 ・『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 ウィリアム・ゴールデンバーグ
 ・“Nightcrawler” ジョン・ギルロイ
 ・『博士と彼女のセオリー』 ジンクス・ゴッドフリー
 ・『セッション』“Whiplash” トム・クロス

 本命の『6才のボクが、大人になるまで。』が落選。そのほか、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』、『アメリカン・スナイパー』、『フューリー』、『猿の惑星:新世紀(ライジング)』などが落選。

 ◆美術賞(Production Design in 2015)
 ・『ビッグ・アイズ』 リック・ハインリクス、Shane Vieau
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』 アダム・ストックハウゼン、アンナ・ピノック
 ・『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 マリア・ジャーコヴィック、Tatiana Macdonald
 ・『インターステラー』 ネイサン・クロウリー、ゲイリー・フェティス
 ・『ターナー、光に愛を求めて』 Suzie Davies、Charlotte Watts

 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』、『マレフィセント』、『ノア 約束の舟』などが落選。

 ◆衣裳デザイン賞
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』 ミレーナ・カノネロ
 ・『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 サミー・シェルドン・ディファー
 ・『イントゥ・ザ・ウッズ』 コリーン・アトウッド
 ・『ターナー、光に愛を求めて』 ジャクリーン・デュラン
 ・『博士と彼女のセオリー』 スティーヴン・ノーブル

 『ベル 〜ある伯爵令嬢の恋〜』、『マレフィセント』、『ノア 約束の舟』などが落選。

 ◆メイキャップ&ヘア賞
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』 Frances Hannon
 ・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』 Elizabeth Yianni-Georgiou、David White
 ・『イントゥ・ザ・ウッズ』 Peter Swords King、J. Roy Helland
 ・『ターナー、光に愛を求めて』 Christine Blundell、Lesa Warrener
 ・『博士と彼女のセオリー』 Jan Sewell

 『アメイジング・スパイダーマン2』、『フォックスキャッチャー』、『マレフィセント』、『ノア 約束の舟』などが落選。

 ◆特殊視覚効果賞(Special Visual Effects in 2015)
 ・『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 ジョー・レッテリ、Dan Lemmon、Erik Winquist、 Daniel Barrett
 ・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』 ステファン・セレッティ、Paul Corbould、Jonathan Fawkner、Nicolas Aithadi
 ・『ホビット 決戦のゆくえ』 ジョー・レッテリ、Eric Saindon、David Clayton、R. Christopher White
 ・『インターステラー』 ポール・フランクリン, Scott Fisher, Andrew Lockley
 ・『X-MEN:フューチャー&パスト』 Richard Stammers、Anders Langlands、Tim Crosbie、Cameron Waldbauer

 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、『GODZILLA ゴジラ』、『マレフィセント』、『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』、『トランスフォーマー/ロストエイジ』などが落選。

 ◆録音賞(Sound in 2015)
 ・『アメリカン・スナイパー』 Walt Martin、ジョン・T・リッツ、グレッグ・ルドルフ、アラン・ロバート・マレー、バブ・アズマン
 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 Thomas Varga、Martin Hernández、Aaron Glascock、Jon Taylor、Frank A. Montaño
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』 Wayne Lemmer、Christopher Scarabosio、Pawel Wdowczak
 ・『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 John Midgley、Lee Walpole、Stuart Hilliker、Martin Jensen
 ・『セッション』“Whiplash” Thomas Curley、Ben Wilkins、Craig Mann

 『ノア 約束の舟』、『トランスフォーマー/ロストエイジ』、『イントゥ・ザ・ウッズ』、『ゴーン・ガール』などが落選。

 ◆オリジナル音楽賞(Original Music in 2015)
 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 アントニオ・サンチェス
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』 アレクサンドル・デプラ
 ・『インターステラー』 ハンス・ジマー
 ・『博士と彼女のセオリー』 ヨハン・ヨハンソン
 ・『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』 ミカ・レヴィ

 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』、『ゴーン・ガール』、『フューリー』、『ジャッジ 裁かれる判事』などが落選。

 ◆ドキュメンタリー賞
 ・『バックコーラスの歌姫たち』(米) 監督:モーガン・ネヴィル
 ・『ニック・ケイヴ/20,000デイズ・オン・アース』(英) 監督:イアン・フォーサイス、ジェーン・ポラード
 ・“CitizenFour”(独・米) 監督:ローラ・ポイトラス(Laura Poitras)
 ・“Finding Vivian Maier” (米) 監督:John Maloof、Charlie Siskel
 ・“Virunga”(英) 監督:Orlando von Einsiedel

 復活してから今回で4回目。米国アカデミー賞とは一昨年のみ一致。
 “Life Itself”、『ホドロフスキーのDUNE』、“The Overnighters”などが落選。

 ◆アニメーション賞(Animated Film in 2015)
 ・『ベイマックス』(米) 監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ
 ・“The Boxtrolls”(米) 監督:グラハム・アナベル、アンソニー・スタッチ
 ・『LEGO ムービー』(米・オーストラリア・デンマーク) 監督:フィル・ロード、クリストファー・ミラー

 “How to Train Your Dragon 2”、『ザ・ブック・オブ・ライフ』、『かぐや姫の物語』、“Song of the Sea”などが落選。

 ◆外国語映画賞(Film Not in The English Language in 2015)
 ・『イーダ』(ポーランド) 監督:パヴェウ・パヴリコフスキ
 ・“Leviathan”(ロシア) 監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
 ・『めぐり逢わせのお弁当』(インド・仏・独) 監督:リテーシュ・バトラ
 ・『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』(英・ブラジル)  監督:スティーヴン・ダルドリー
 ・『サンドラの週末』(ベルギー・仏) 監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ

 『フレンチアルプスで起きたこと』、“Mommy”、“Timbuktu(Le Chagrin des oiseaux)”、“Wild Tales (Relatos salvajes)”、“Winter Sleep(Kış Uykusu)”などが落選。
 過去20年で米国アカデミー賞と同じになったのは5回で、このところ2年連続で一致しています。英国アカデミー賞の方が、ヨーロッパと中南米偏重で、保守的というか、人気監督の作品やヒット作を選ぶ傾向があります。

 ◆英国映画賞(Outstanding British Film)
 ・“’71”(英) 監督:Yann Demange
 ・『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(英)  モルテン・ティルドゥム
 ・“Paddington”(英・仏) 監督:Paul King
 ・“Pride”(英) 監督:マシュー・ウォーカウ
 ・『博士と彼女のセオリー』(英) 監督:ジェームズ・マーシュ
 ・『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』(英・米・スイス)  監督:ジョナサン・グレイザー

 『ターナー、光に愛を求めて』などが落選。

 ◆英国デビュー賞(Outstanding Debut by A British Writer, Director or Producer in 2015)
 ・Elaine Constantine(監督・脚本) “Northern Soul”
 ・Gregory Burke(脚本)、Yann Demange(監督) “’71”
 ・Hong Khaou(監督・脚本) “Lilting”
 ・Paul Katis(監督・プロデューサー)、Andrew De Lotbinière(プロデューサー) “Kajaki: The True Story”
 ・Stephen Beresford(脚本)、David Livingstone(プロデューサー) “Pride”

 “Northern Soul”は、ロンドン映画批評家協会賞2015 ブレイクスルー英国フィルムメイカー賞ノミネート。
 “’71”は、ベルリン国際映画祭2014 コンペティション部門出品。エキュメニカル審査員賞スペシャル・メンション受賞。アテネ国際映画祭2014 最優秀作品賞受賞。ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2014 監督賞受賞。ヨーロッパ映画賞2014 ディスカバリー賞ノミネート。ダブリン映画批評家協会賞2014 ブレイクスルー賞受賞。ロンドン映画批評家協会賞2015 技術貢献賞(編集)、英国男優賞(ジャック・オコンネル)、ヤング英国俳優賞(Corey Mckinley)、ブレイクスルー英国フィルムメイカー賞ノミネート。
 “Lilting”は、サンダンス映画祭2014 撮影賞受賞。ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2014 主演女優賞(チェン・ペイペイ)、プロダクション賞、新人監督賞ノミネート。
 “Pride”は、カンヌ国際映画祭2014 監督週間出品。クィア・パルム受賞。ゲント国際映画祭2014 観客賞受賞。ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2014 作品賞、助演男優賞(アンドリュー・スコット)、助演女優賞(イメルダ・スタウントン)受賞。ロンドン映画批評家協会賞2015 作品賞ノミネート。ゴールデン・グローブ賞2015 作品賞 コメディー/ミュージカル部門ノミネート。

 ◆英国短編映画賞(British Short Film in 2015)
 ・“Boogaloo And Graham”(北アイルランド・英) 監督:Michael Lennox
 ・“Emotional Fusebox”(英) 監督:Rachel Tunnard
 ・“The Kármán Line”(英) 監督:Oscar Sharp
 ・“Slap”(英) 監督:Nick Rowland
 ・“Three Brothers”(英) 監督:Aleem Khan

 “Boogaloo And Graham”は、トロント国際映画祭2014 SHORT CUTS INTERNATIONAL部門出品。米国アカデミー賞2015 短編映画賞ショートリスト。
 “Emotional Fusebox”は、ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2014 英国短編映画賞ノミネート。
 “The Kármán Line”は、アスペン国際短編映画祭2014 最優秀コメディー賞、The Ellen受賞。ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2014 英国短編映画賞ノミネート。
 “Slap”は、エジンバラ国際映画祭2014 最優秀短編映画賞受賞。ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2014 英国短編映画賞ノミネート。

 ◆英国短編アニメーション賞(British Short Animation in 2015)
 ・『ザ・ビガー・ピクチャー』“The Bigger Picture”(英) 監督:Greer Ellison、Merlin Merton
 ・“Monkey Love Experiments”(英) 監督:Ainslie Henderson、Will Anderson
 ・“My Dad”(英) 監督:Marcus Armitage

 『ザ・ビガー・ピクチャー』は、カンヌ国際映画祭2014 シネフォンダシオン部門 第3席。ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2014 学生作品コンペティション部門出品。アヌシー国際アニメーションフェスティバル2014 卒業制作コンペティション部門出品。グランプリ(Cristal for a graduation film)受賞。エジンバラ国際映画祭2014短編映画におけるクリエイティヴ・イノベーション賞受賞。広島国際アニメーションフェスティバル2014出品。グランプリ受賞。オタワ国際アニメーションフェスティバル2014 インターナショナル学生ショーケース部門出品。米国アカデミー賞2015 短編アニメーション賞ショートリスト。
 “Monkey Love Experiments”は、エジンバラ国際映画祭2014出品。短編映画への貢献賞受賞。ワルシャワ国際映画祭2014出品。BAFTAスコットアランド・アワード2014 アニメーション賞受賞。

 ◆EEライジング・スター賞(The EE Rising Star Award in 2015)
 ※この部門のみ一般投票により決定。
 ・ググ・ンバータ=ロー
 ・ジャック・オコンネル
 ・マーゴット・ロビー
 ・マイルズ・テラー
 ・シェイリーン・ウッドリー

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート状況は、以下の通り。

 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』(11):作品・監督・主演男優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・録音・音楽
 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(10):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・録音・音楽
 ・『博士と彼女のセオリー』(10):作品・監督・主演男優・主演女優・脚色・編集・衣裳・メイク・音楽・英国
 ・『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(9):作品・主演男優・助演女優・脚色・編集・美術・衣裳・録音・英国
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』(5):作品・監督・助演男優・助演女優・脚本
 ・『セッション』(5):監督・助演男優・脚本・編集・録音
 ・“Nightcrawler”(4):主演男優・助演女優・脚本・編集
 ・『インターステラー』(4):撮影・美術・視覚効果・音楽
 ・『ターナー、光に愛を求めて』(4):撮影・美術・衣裳・メイク
 ・“Pride”(3):助演女優・英国・デビュー
 ・『ビッグ・アイズ』(2):主演女優・美術
 ・『ゴーン・ガール』(2):主演女優・脚色
 ・『フォックスキャッチャー』(2):助演男優・助演男優
 ・『アメリカン・スナイパー』(2):脚色・録音
 ・“Paddington”(2):脚色・英国
 ・『イーダ』(2):撮影・外国
 ・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2):メイク・視覚効果
 ・『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』(2):音楽・英国
 ・“’71”(2):英国・デビュー

 『グランド・ブダペスト・ホテル』が最多ノミネートで、それを・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』と『博士と彼女のセオリー』が追う形になっています。

 上位3作品は、いずれも、作品賞、監督賞、脚本部門賞、編集賞、音楽賞にノミネートされています。

 部門ごとの有力ノミニーでは、主演男優賞でティモシー・スポール、主演女優賞でマリオン・コティヤール、編集賞で『6才のボクが、大人になるまで。』、ドキュメンタリー賞で“Life Itself”、外国語映画賞で『フレンチアルプスで起きたこと』がこの段階で落選する形になっています。

 全体的に全米映画賞レースに準じたノミネーションになっていますが、アメリカのインディーズ系作品は、“Whiplash”を除くと、ほとんどフォローされておらず、“Selma”や“St. Vincent”は完全に無視され、“A Most Violent Year”や“Inherent Vice”もノミネートされませんでした。(ひょっとすると、期間的にノミネートの対象になっていない可能性もありますが。)

 イギリス映画では、『博士と彼女のセオリー』と『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』が強いためか、『ターナー、光に愛を求めて』はあまり振るいませんでした。英国アカデミー賞でこうだと米国アカデミー賞ではさらに厳しいかもしれません。

 受賞結果発表は、2月8日です。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2014:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_13.html

 ・ロンドン映画批評家協会賞2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_49.html

 ・BAFTAスコットランド・アワード2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201411/article_7.html
 ・BAFTAスコットランド・アワード2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_7.html

 ・BAFTAウェールズ・アワード2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201411/article_9.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年10月〜2015年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201410/article_1.html

 追記:
 ・BAFTA英国アカデミー賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_10.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
BAFTA英国アカデミー賞2015 ノミネーション発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる