海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS デトロイト映画批評家協会賞2014 受賞結果!

<<   作成日時 : 2014/12/23 19:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 デトロイト映画批評家協会賞(Detroit Film Critics Society)2014が発表されました。(ノミネーション発表は12月11日、結果発表は12月15日)

 デトロイト映画批評家協会賞(The Detroit Film Critics Society)
 設立年:2007 会員数:18
 公式サイト:http://www.detroitfilmcritics.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Detroit_Film_Critics_Society

 [特徴]
 シンプルな映画賞で、2010年までは脚本賞もドキュメンタリー賞もなく、現在でもアニメーション賞や外国語映画賞は設けていません。
 大きな作品より比較的小さな作品を好む傾向があるようです。
 2013年の作品賞は『her/世界でひとつの彼女』、2012年の作品賞は『世界にひとつのプレイブック』、2011年の作品賞は『アーティスト』、2010年の作品賞は『ソーシャル・ネットワーク』。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞
 ◎『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』
 ・『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』
 ・“Whiplash”

 ◆監督賞
 ・ウェス・アンダーソン 『グランド・ブダペスト・ホテル』
 ・デイミアン・チャゼル “Whiplash”
 ・ジョナサン・グレイザー 『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』
 ・アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ◎リチャード・リンクレイター 『6才のボクが、大人になるまで。』

 ◆主演男優賞
 ・ベネディクト・カンバーバッチ 『イミテーション・ゲーム』
 ・ブレンダン・グリーソン “Calvary”
 ・ジェイク・ギレンホール “Nightcrawler”
 ◎マイケル・キートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・トム・ハーディー “Locke”
 ・エディー・レッドメイン 『博士と彼女のセオリー』

 ◆主演女優賞
 ・エシー・デイヴィス “The Babadook”
 ・スカーレット・ヨハンソン 『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』
 ・ジュリアン・ムーア 『アリスのままで』
 ◎ロザムンド・パイク 『ゴーン・ガール』
 ・リース・ウィザースプーン “Wild”

 ◆助演男優賞
 ・ジョシュ・ブローリン “Inherent Vice”
 ・イーサン・ホーク 『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・エドワード・ノートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・マーク・ラファロ 『フォックスキャッチャー』
 ◎J・K・シモンズ “Whiplash”

 ◆助演女優賞
 ◎パトリシア・アークエット 『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・ローラ・ダーン “Wild”
 ・レネ・ルッソ “Nightcrawler”
 ・エマ・ストーン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・ティルダ・スウィントン 『スノーピアサー』

 ◆脚本賞
 ・ウェス・アンダーソン 『グランド・ブダペスト・ホテル』
 ・デイミアン・チャゼル “Whiplash”
 ・ニコラス・ヒアコボーネ、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ◎リチャード・リンクレイター 『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・ジョン・マイケル・マクドナー “Calvary”

 ◆ブレイクスルー賞(Breakthrough)
 ◎デイミアン・チャゼル “Whiplash”(監督・脚本)
 ・Jennifer Kent “The Babadook”(監督・脚本)
 ・ググ・ンバータ=ロー 『ベル 〜ある伯爵令嬢の恋〜』、“Beyond the Lights”(女優)
 ・クリス・プラット 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(男優)
 ・ダン・スティーヴンス 『ザ・ゲスト』(男優)

 ◆アンサンブル賞
 ◎『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』
 ◎『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
 ◎『グランド・ブダペスト・ホテル』
 ・『イントゥ・ザ・ウッズ』

 ◆ドキュメンタリー賞
 ◎“CitizenFour”
 ・“Finding Vivian Maier”
 ・『ホドロフスキーのDUNE』
 ・“Keep On Keepin’ On”
 ・“Life Itself”

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネーション&受賞状況は以下の通りです。

 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2/7):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚本・アンサンブル
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』(4/6):作品・監督・助演男優・助演女優・脚本・アンサンブル
 ・“Whiplash”(2/5):作品・監督・助演男優・脚本・ブレイク
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』(1/4):作品・監督・脚本・アンサンブル
 ・『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』(0/3):作品・監督・主演女優
 ・“Calvary”(0/2):主演男優・脚本
 ・“Nightcrawler”(0/2):主演男優・助演女優
 ・“The Babadook”(0/2):主演女優・ブレイク
 ・“Wild”(0/2):主演女優・助演女優
 ・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(1/2):ブレイク・アンサンブル

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・デトロイト映画批評家協会賞2013 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_24.html
 ・デトロイト映画批評家協会賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_34.html
 ・デトロイト映画批評家協会賞2012 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_27.html
 ・デトロイト映画批評家協会賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_37.html
 ・デトロイト映画批評家協会賞2011 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_21.html
 ・デトロイト映画批評家協会賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_35.html
 ・デトロイト映画批評家協会賞2010 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_16.html
 ・デトロイト映画批評家協会賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_37.html
 ・デトロイト映画批評家協会賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_31.html
 ・デトロイト映画批評家協会賞2008 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_31.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年10月〜2015年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201410/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
デトロイト映画批評家協会賞2014 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる