海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS フェニックス映画批評家協会賞2014 受賞結果!

<<   作成日時 : 2014/12/17 18:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 フェニックス映画批評家協会賞2014の受賞結果が発表されました。(12月16日)

 【フェニックス映画批評家協会賞】(The Phoenix Film Critics Society)

 設立年:2000 会員数:27
 公式サイト:http://phoenixfilmcriticssociety.org/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Phoenix_Film_Critics_Society
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A
 [特徴]
 ・撮影賞、編集賞、美術賞、衣裳デザイン賞、視覚効果賞、歌曲賞など、部門が多い。
 ・スタント賞をはじめ、他の映画賞にはない部門がいくつもある。
 ・作品賞のトップ10を発表している
 ・ノミネーションを発表している
 ・2013年の作品賞は『それでも夜は明ける』、2012年の作品賞は『アルゴ』、2011年の作品賞は『アーティスト』、2010年の作品賞は『英国王のスピーチ』、2009年の作品賞は『イングロリアス・バスターズ』。

 このところ3年連続で、作品賞が米国アカデミー賞と一致しています。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞
 ◎『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・『ゴーン・ガール』
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』
 ・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
 ・『イミテーション・ゲーム』
 ・『LEGO ムービー』
 ・“A Most Violent Year”
 ・『博士と彼女のセオリー』
 ・“Whiplash”

 ◆監督賞
 ・ウェス・アンダーソン 『グランド・ブダペスト・ホテル』
 ・デイミアン・チャゼル “Whiplash”
 ・デイヴィッド・フィンチャー 『ゴーン・ガール』
 ・アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ◎リチャード・リンクレイター 『6才のボクが、大人になるまで。』

 ◆主演男優賞(Best Actor in a Leading Role)
 ・ブラッドリー・クーパー 『アメリカン・スナイパー』
 ・ベネディクト・カンバーバッチ 『イミテーション・ゲーム』
 ・ブレンダン・グリーソン “Calvary”
 ・トミー・リー・ジョーンズ “The Homesman”
 ◎マイケル・キートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・エディー・レッドメイン 『博士と彼女のセオリー』

 ◆主演女優賞(Best Actress in a Leading Role)
 ・エイミー・アダムス 『ビッグ・アイズ』
 ・フェリシティー・ジョーンズ 『博士と彼女のセオリー』
 ◎ロザムンド・パイク 『ゴーン・ガール』
 ・ヒラリー・スワンク “The Homesman”
 ・リース・ウィザースプーン “Wild”

 ◆助演男優賞(Best Actor in a Supporting Role)
 ・イーサン・ホーク 『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・ローガン・ラーマン 『フューリー』
 ・エドワード・ノートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・マーク・ラファロ 『フォックスキャッチャー』
 ◎J・K・シモンズ “Whiplash”

 ◆助演女優賞(Best Actress in a Supporting Role)
 ・パトリシア・アークエット 『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・ジェシカ・チャステイン “A Most Violent Year”
 ・キャリー・クーン 『ゴーン・ガール』
 ◎キーラ・ナイトレイ 『イミテーション・ゲーム』
 ・エマ・ストーン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

 ◆オリジナル脚本賞
 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』
 ◎『グランド・ブダペスト・ホテル』
 ・“A Most Violent Year”
 ・“Whiplash”

 ◆脚色賞
 ・『アメリカン・スナイパー』
 ◎『ゴーン・ガール』
 ・『イミテーション・ゲーム』
 ・『博士と彼女のセオリー』
 ・“Wild”

 ◆撮影賞
 ◎『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・『インターステラー』
 ・『イントゥ・ザ・ウッズ』
 ・“A Most Violent Year”
 ・『博士と彼女のセオリー』
 ・“Unbroken”

 ◆編集賞
 ◎『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・『ゴーン・ガール』
 ・『インターステラー』
 ・『イントゥ・ザ・ウッズ』

 ◆美術賞(Best Production Design)
 ◎『グランド・ブダペスト・ホテル』
 ・『イミテーション・ゲーム』
 ・『インターステラー』
 ・『スノーピアサー』

 ◆衣裳デザイン賞
 ◎『グランド・ブダペスト・ホテル』
 ・“Inherent Vice”
 ・『イントゥ・ザ・ウッズ』
 ・『マレフィセント』
 ・『博士と彼女のセオリー』

 ◆視覚効果賞
 ・『猿の惑星:新世紀(ライジング)』
 ・『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
 ・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
 ・『ホビット 決戦のゆくえ』
 ◎『インターステラー』

 ◆オリジナル作曲賞
 ◎『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・『ゴーン・ガール』
 ・『イミテーション・ゲーム』
 ・『インターステラー』
 ・『博士と彼女のセオリー』

 ◆オリジナル歌曲賞
 ◎『LEGO ムービー』-‘Everything is Awesome’
 ・『ベイマックス』-‘Immortals’
 ・『はじまりのうた』-‘Lost Stars’
 ・“Unbroken”-‘Miracles’

 ◆スタント賞(Best Stunts)
 ・『猿の惑星:新世紀(ライジング)』
 ◎『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
 ・“John Wick”
 ・『ニード・フォー・スピード』
 ・『ザ・レイド GOKUDO』

 ◆ヤング男優賞(Best Performance by a Youth (Male))
 ・エラー・コルトレーン 『6才のボクが、大人になるまで。』
 ・ダニエル・ハットルストーン 『イントゥ・ザ・ウッズ』
 ◎Jaeden Lieberber “St. Vincent”
 ・Ed Oxenbould “Alexander and the Terrible, Horrible, No Good, Very Bad Day”
 ・トニー・レヴォロリ 『グランド・ブダペスト・ホテル』

 ◆ヤング女優賞(Best Performance by a Youth (Female))
 ◎リラ・クロフォード(Lilla Crawford) 『イントゥ・ザ・ウッズ』
 ・マッケンジー・フォイ 『インターステラー』
 ・スターリング・ジェリンズ “And So It Goes”

 ◆ブレイクスルー・パフォーマンス賞(Breakthrough Performance on Camera)
 ・エラー・コルトレーン 『6才のボクが、大人になるまで。』
 ◎ロザムンド・パイク 『ゴーン・ガール』
 ・ジェニー・スレイト “Obvious Child”

 ◆アンサンブル賞(Best Ensemble Acting)
 ◎『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』
 ・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
 ・『イントゥ・ザ・ウッズ』

 ◆ブレイクスルー監督賞(Breakthrough Performance Behind the Camera)
 ・デイミアン・チャゼル “Whiplash”
 ◎ダン・ギルロイ “Nightcrawler”
 ・Gillian Robespierre “Obvious Child”
 ・ジョン・スチュワート “Rosewater”

 ◆ファミリー映画賞 実写部門(Best Live Action Family Film)
 ・“Alexander and the Terrible, Horrible, No Good, Very Bad Day”
 ・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
 ◎『イントゥ・ザ・ウッズ』
 ・『マレフィセント』
 ・『ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー』

 ◆ドキュメンタリー賞
 ・“CitizenFour”(独・米) 監督:ローラ・ポイトラス(Laura Poitras)
 ◎“Glen Campbell…I’ll Be Me”(米) 監督:ジェームズ・キーチ(James Keach)
 ・『ホドロフスキーのDUNE』(米・仏) 監督:フランク・パヴィッチ
 ・“Life Itself”(米) 監督:スティーヴ・ジェームズ
 ・“Supermensch: The Legend of Shep Gordon”(米) 監督:Beth Aala、マイク・マイヤーズ

 ◆アニメーション賞
 ・『ベイマックス』“Big Hero 6”(米) 監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ
 ・“The Boxtrolls”(米) 監督:グラハム・アナベル、アンソニー・スタッチ
 ◎『LEGO ムービー』“The Lego Movie”(米・オーストラリア・デンマーク) 監督:フィル・ロード、クリストファー・ミラー
 ・“How to Train Your Dragon 2”(米) 監督:ディーン・デュボア

 ◆外国語映画賞
 ・『ツーリスト』“Force Majeure(Turist)”(スウェーデン・ノルウェー・仏) 監督:リューベン・オストルンド
 ◎『イーダ』(ポーランド) 監督:パヴェウ・パヴリコフスキ
 ・『ムード・インディゴ うたかたの日々』(仏) 監督:ミシェル・ゴンドリー
 ・『ザ・レイド GOKUDO』(インドネシア) 監督:ギャレス・エヴァンス

 ◆見逃されがちな映画で賞(Overlooked Film of the Year)
 ・“Calvary”(アイルランド・英) 監督:ジョン・マイケル・マクドナー
 ◎『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(米) 監督:ダグ・ライマン
 ・“Obvious Child”(米) 監督:Gillian Robespierre
 ・“The Skeleton Twins”(米) 監督:Craig Johnson
 ・『スノーピアサー』(韓・米・仏) 監督:ポン・ジュノ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は、以下の通り。

 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(6/10):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・作曲・アンサンブル
 ・『6才のボクが、大人になるまで。』(1/8):作品・監督・助演男優・助演女優・脚本・編集・ヤング男優・ヤング女優
 ・『ゴーン・ガール』(3/8):作品・監督・主演女優・助演女優・脚色・編集・作曲・ブレイク
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』(3/7):作品・監督・脚本・美術・衣裳・ヤング男優・アンサンブル
 ・『博士と彼女のセオリー』(0/7):作品・主演男優・主演女優・脚色・撮影・衣裳・作曲
 ・『イントゥ・ザ・ウッズ』(2/7):撮影・編集・衣裳・ヤング男優・ヤング女優・アンサンブル・ファミリー
 ・『イミテーション・ゲーム』(1/6):作品・主演男優・助演女優・脚色・美術・作曲
 ・『インターステラー』(1/6):撮影・編集・美術・視覚効果・作曲・ヤング女優
 ・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(0/4):作品・視覚効果・アンサンブル・ファミリー
 ・“Whiplash”(1/5):作品・監督・助演男優・脚本・ブレイク監督
 ・“A Most Violent Year”(0/4):作品・助演女優・脚本・撮影
 ・『LEGO ムービー』(2/3):作品・歌曲・アニメ
 ・“Obvious Child”(0/3):ブレイク・ブレイク監督・見逃
 ・『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2/3):視覚効果・スタント・見逃
 ・『アメリカン・スナイパー』(0/2):主演男優・脚色
 ・“Calvary”(0/2):主演男優・見逃
 ・“The Homesman”(0/2):主演男優・主演女優
 ・“Wild”(0/2):主演女優・脚色
 ・“Unbroken”(0/2):撮影・歌曲
 ・『マレフィセント』(0/2):衣裳・ファミリー
 ・『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(0/2):視覚効果・スタント
 ・『ザ・レイド GOKUDO』(0/2):スタント・外国
 ・“Alexander and the Terrible, Horrible, No Good, Very Bad Day”(0/2):ヤング男優・ファミリー

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・フェニックス映画批評家協会賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_19.html
 ・フェニックス映画批評家協会賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_27.html
 ・フェニックス映画批評家協会賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_52.html
 ・フェニックス映画批評家協会賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_34.html
 ・フェニックス映画批評家協会賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_53.html
 ・フェニックス映画批評家協会賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_32.html
 ・フェニックス映画批評家協会賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_65.html
 ・フェニックス映画批評家協会賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_58.html
 ・フェニックス映画批評家協会賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_39.html
 ・フェニックス映画批評家協会賞2008 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_27.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年10月〜2015年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201410/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フェニックス映画批評家協会賞2014 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる