海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ボストン映画批評家協会賞2014 発表! 『かぐや姫の物語』も受賞!

<<   作成日時 : 2014/12/08 06:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ボストン映画批評家協会賞2014が発表されました。(12月7日)

 【ボストン映画批評家協会賞】(Boston Film Critics Association)

 設立年:1981 会員数:24
 公式サイト:http://www.thebsfc.org/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Boston_Society_of_Film_Critics
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A
 2013年の作品賞は『それでも夜は明ける』、2012年の作品賞は『ゼロ・ダーク・サーティ』、2011年の作品賞は『アーティスト』、2010年の作品賞は『ソーシャル・ネットワーク』。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞
 ◎『6才のボクが、大人になるまで。』
 次点:『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

 ◆監督賞
 ◎リチャード・リンクレイター 『6才のボクが、大人になるまで。』
 次点:クリント・イーストウッド 『アメリカン・スナイパー』

 ◆主演男優賞
 ◎マイケル・キートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 次点:ティモシー・スポール “Mr. Turner”

 ◆主演女優賞
 ◎マリオン・コティヤール “Two Days, One Night”、『エヴァの告白』
 次点:ヒラリー・スワンク “The Homesman”

 ◆助演男優賞
 ◎J・K・シモンズ “Whiplash”
 次点:エドワード・ノートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

 ◆助演女優賞
 ◎エマ・ストーン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 次点:ローラ・ダーン “Wild”

 ◆脚本賞
 ◎『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 ◎『6才のボクが、大人になるまで。』
 次点:“Mr. Turner”

 ◆撮影賞
 ◎エマニュエル・ルベツキ 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 次点:ディック・ポープ “Mr. Turner”

 ◆編集賞
 ◎サンドラ・エイデアー  『6才のボクが、大人になるまで。』
 次点:ジョエル・コックス、ゲイリー・ローチ 『アメリカン・スナイパー』

 ◆音楽賞(Best Use of Music in a film)
 ◎“Inherent Vice”
 次点:“Whiplash”

 ◆アンサンブル賞(Best Ensemble)
 ◎『6才のボクが、大人になるまで。』
 次点:『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

 ◆ニュー・フィルムメーカー賞(Best New Filmmaker Award)
 ◎ダン・ギルロイ “Nightcrawler”
 次点:Gillian Robespierre “Obvious Child”

 ◆ドキュメンタリー賞
 ◎“CitizenFour”(米) 監督:ローラ・ポイトラス
 次点:『ホドロフスキーのDUNE』

 ◆アニメーション賞(Animated Film)
 ◎『かぐや姫の物語』(日) 監督:高畑勲

 ◆外国語映画賞
 ◎“Two Days, One Night (Deux jours, une nuit)”(ベルギー・仏) 監督:リュック&ジャン=ピエール・ダルデンヌ
 次点:『イーダ』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 『6才のボクが、大人になるまで。』が作品賞・監督賞を含む5部門で受賞し、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』が4部門で受賞しています。
 本年度の全米映画賞レースは、『6才のボクが、大人になるまで。』VS『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の構図になりつつあるようです。

 マリオン・コティヤールは、これまで主演女優賞の下馬評には挙がっていませんでしたが、今の流れを見ていると、米国アカデミー賞ノミネートの可能性も出てきたように思われます。

 “Mr. Turner”。米国アカデミー賞の下馬評では、これまで上位では取り上げられてきませんでしたが、ひょっとするとけっこういろんな部門でノミネートされることもあるかもしれません。

 ボストン映画批評家協会賞は、昨年のアニメーション賞に『風立ちぬ』を選んでいます。
 『かぐや姫の物語』が、米国アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞する可能性は高くはありませんが(ノミネートされる可能性は今のところ五分五分くらいでしょうか)、今後もいくつかの映画賞で受賞していくことは大いにありそうです。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ボストン映画批評家協会賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_28.html
 ・ボストン映画批評家協会賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_20.html
 ・ボストン映画批評家協会賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_25.html
 ・ボストン映画批評家協会賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html
 ・ボストン映画批評家協会賞2008 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_24.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年10月〜2015年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201410/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ボストン映画批評家協会賞2014 発表! 『かぐや姫の物語』も受賞! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる