海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS セザール賞2015 短編アニメーション賞候補 12作品発表!

<<   作成日時 : 2014/10/10 18:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第40回セザール賞の短編アニメーション賞候補作品(オフィシャル・セレクション)12作品が発表になりました。(10月7日)

 セザール賞のアニメーション部門は、2011年に新設されましたが、2013年までは、長編作品と短編作品が1つの部門の中に区別なくノミネートされ、2013年まではすべて長編作品が受賞しています。

 そういうやり方に批判や不満が寄せられたのかどうかはわかりませんが、前回からは、アニメーション部門は、長編部門と短編部門に分けられ、短編アニメーション部門は、候補作品(前回は10作品)の中からノミネーションが行なわれ(前回は2作品がノミネート)、そこから受賞作(前回は『モンパルナスのキキ』)が選ばれる、というプロセスを取ることになりました。

 一方、短編部門というくくりでみると、セザール賞の短編部門は、以下のような変遷をたどっています。

 1977-90年:短編フィクション賞、短編ドキュメンタリー賞、短編アニメーション賞
 1991年:短編フィクション賞、短編ドキュメンタリー賞
 1992-2004年:短編フィクション賞、短編映画賞
 2005年- :短編映画賞

 短編部門として見ると、セザール賞短編アニメーション賞は、前回、24年ぶりに復活を果たしたということになります。

 本年度のセザール賞短編アニメーション賞候補作品(オフィシャル・セレクション)は、以下の通り12作品で、この中からノミネーションが行なわれ、2015年1月28日に発表されることになっています。(ノミネートされるのが何作品になるのかは発表されていません。)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ・“Bang Bang !”(仏/12分) 監督:Julien Bisaro
 物語:ハンティング・シーズン。Edaは、25歳の誕生日を迎え、父親から差し押さえのアパートをもらう。彼女は、猛スピードで車を飛ばしていて、ヘッドライトの中にピンクの犬をとらえる。突然のことに驚いたEdaは、事故を起こし、その奇妙な生き物に怯え、森の中へと逃げ込む。森では彼女の父親がハンティングをしていて、Edaは獲物たちにまぎれてしまう。
 ダヴィド・コッカーダッソーの『にわか雨で』ではアニメーター、トム・ムーアの『ブレンダンとケルズの秘密』ではレイアウト・アーティスト、ジャン=フランソワ・ラギオニの『ル・タブロー』ではグラフィック・デザイナーを担当したJulien Bisaroの初監督作品。
 The Mobile SIFF 2014 審査員特別賞受賞。

画像

 ・“Beach Flags”(仏/14分) 監督:Sarah Saidan
 物語:Vidaは、若いイラン人のライフガードで、チームの人気者である。彼女は、オーストラリアで開催される国際大会に参加することに決めるが、チームに、彼女と同じくらい俊敏で高い能力を持つSarehが加入してきて、Vidaは、思ってもいなかった状況に追い込まれる。

画像

 ・『ザ・ビースト』“La Bête”(仏/8分) 監督:ヴラディミール・マヴニア=コウカ(Vladimir Mavounia-Kouka)
 物語:「若い女性が自分の体を触る。彼女の陰毛から巨大な獣が生まれる。獣は彼女と溶け合いながら彼女を犯してゆく。」
 広島国際アニメーションフェスティバル2014出品。優秀賞受賞。

画像

 ・『パニック・イン・ザ・ヴィレッジ 〜ザ クリスマス ログ〜』“A Town Called Panic: The Christmas Log(Panique Au Village: La Bûche De Noël)”(ベルギー・仏/26分30秒) 監督:ヴァンサン・パタール(Vincent Patar)、ステファン・オビエ(Stéphane Aubier)
 物語:クリスマス・イヴに仲間たちが集まる。インディアンとカウボーイは、サンタからクリスマス・プレゼントをもらうのを楽しみにしている。ところが、興奮のあまり、馬が仕上げに取りかかっていたブッシュ・ド・ノエルをめちゃくちゃにしてしまう。馬はすっかり青ざめ、サンタからのプレゼントを拒否する。パーティーは台無しになり、インディアンとカウボーイにとって長いクリスマス・イヴが始まる。
 『アーネストとセレスティーヌ』のヴァンサン・パタールとステファン・オビエによる最新短編アニメーション。ベルギーの人気TVシリーズで、2009年には単発の短編アニメーションも作られた『パニック・イン・ザ・ヴィレッジ』“Panique au village(A Town Called Panic)”のシリーズ最新作。
 新千歳空港国際アニメーション映画祭2014にて上映。
 カトゥーン・ドール2014受賞。
 ヨーロッパ映画賞2014 短編アニメーション賞ノミネート。

画像

 ・“La Chair”(仏/14分) 監督:William Henne、Louise Lemoine Torres
 物語:資本主義社会では、どこよりも安く、効率よく生産することが求められる。目的は手段を正当化し、経済効率が強迫観念となる。そして、女性は、「産む性」としての機能を減退させていく。

画像

 ・“Encore Des Changements”(仏/10分) 監督:Benoit Guillaume、Barbara Malleville
 ベルギー生まれのフランスの詩人で画家のアンリ・ミショー(1899-1984)の詩“La nuit remue”(1929)を映像化した作品。主人公の動きは、Jean Luc Grandinの動きをビデオ・キャプチャーでとらえて、アニメーション化した。
 声の出演:アンドレ・ウィルム。

画像

 ・『マン・オン・ザ・チェア』“Man On The Chair”(仏・韓/7分) 監督:ダヒ・チョン(Dahee Jeong)
 物語:「椅子に座る男」は、単なる絵でありながら、自らの存在を疑い、苦しんでいる。
 カンヌ国際映画祭2014 監督週間 短編映画部門出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2014 短編コンペティション部門出品。グランプリ(Cristal Award)受賞。
 広島国際アニメーションフェスティバル2014出品。国際審査員特別賞受賞。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2014 短編コンペティション ナラティヴ部門出品。

画像

 ・“Nuisible(Pest)”(仏/12分) 監督:トム・オゴマ(Tom Haugomat)、ブリュノ・マニョク(Bruno Mangyoku)
 物語:クラウスは、両親とともに住宅団地に住み、平和な生活を送っている。ところが彼の前にやっかいなゴーストが登場し、クラウスの生活はめちゃくちゃにされる。
 『水泳王ジャンフランソワ』の監督コンビによる最新作。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2013 インターナショナル作品ショーケース部門出品。

画像

 ・『アナトルの小さなお鍋』“La Petite Casserole D'anatole”(仏/6分) 監督:Éric Montchaud
 物語:アナトル少年は、鍋をペットの子犬のようにひもでつないで、ひっぱって歩いている。この鍋は、突然、空から降ってきたもので、それ以来、アナトルの友だちのような存在になっている。鍋は、大きな絵を描く時には踏み台になってくれるし、ネコにエサをあげるのにも使える。ところが、人々は、そんなアナトルをヘンな目で見、犬にも吠えられる。それ以来、鍋は穴ぼこやハシゴに引っかかったりして、アナトルの邪魔ばかりする。しかし、捨てようにも捨てられない。ひとりぼっちになったアナトルは、悩むが、気は持ちようで、一度は嫌いになりそうになった鍋ともいいつきあい方ができることを教わる。
 フランスの絵本作家Isabelle Carrierの同名の作品の映画化。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2014 グランド・コンペティション部門出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2014 短編コンペティション部門出品。
 ひめじ国際短編映画祭2014にて上映。
 カトゥーン・ドール2014 ノミネート。

画像

 ・『石ころ』“Les Petits Cailloux”(仏/15分) 監督:Chloé Mazlo
 物語:「クロエは幸せで心配事もなく、毎日を楽しく過ごす若い女性。だが、体の中に感じる痛みが少しずつクロエを蝕み、彼女ののんきな生活が狂いだす。クロエは、得体の知れない苦痛の重さを背負わなくてはならない。果たして、この不可解な痛みはどこから来るのだろうか。クロエはそれに打ち勝つことが出来るのだろうか。」
 ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2014にて上映。

画像

 ・『ザ・センス・オブ・タッチ』“Le Sens Du Toucher(The Sense of Touch)”(仏・スイス/15分) 監督:Jean-Charles Mbotti Malolo
 物語:「クロエとルイスは密かに想い合っている。すべての言葉が躍動し、すべての文が振り付けとなる。ルイスはついにクロエを家でのディナー招待し、猫の毛にアレルギーがあるにもかかわらず、クロエが途中で見つけた子猫をも家に招き入れる。ディナーの間、ルイスの暗部があらわになっていく…。」
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2014 短編コンペティション部門出品。
 新千歳空港国際アニメーション映画祭2014にて上映。

画像

 ・“Tempête Sur Anorak”(仏/13分) 監督:Paul Cabon
 物語:ブルターニュの海岸に嵐が近づく。自然が猛威を振るい、2人の科学者の混乱がカオスに突入する。スパイ活動とロマンチックな緊張とミステリアスな出来事が入り乱れて、興奮と乱雑さがピークに達する。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2014 アウト・オブ・コンペティション 短編部門出品。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 国際的にも特に評価が高いのは、カトゥーン・ドール2014を受賞し、ヨーロッパ映画賞2014短編映画賞にもノミネートされた『パニック・イン・ザ・ヴィレッジ 〜ザ クリスマス ログ〜』で、順当にいけば、セザール賞もこの作品が制することになりそうです。

 ただ、予告編からは、上記には、上質で、才能あふれる作品が揃っていることが伺われ、『パニック・イン・ザ・ヴィレッジ 〜ザ クリスマス ログ〜』を抑えて、他の作品が受賞する可能性も十分に考えられそうです。

 今後、これらの監督たちの中から長編アニメーションの監督としてデビューする人も出てくることが期待され、“Beach Flags”のSarah Saidanなどは、ひょっとするとマルジャン・サトラピのポジションを脅かす存在になるかもしれません。楽しみですね。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・セザール賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_1.html
 ・セザール賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_1.html
 ・セザール賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_61.html
 ・セザール賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_40.html
 ・セザール賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_4.html
 ・セザール賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_42.html
 ・セザール賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_2.html
 ・セザール賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_49.html
 ・セザール賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_37.html
 ・セザール賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_48.html
 ・セザール賞2009ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_30.html
 ・セザール賞2009受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_38.html
 ・セザール賞2008 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200802/article_10.html

 ・セザール賞2014 短編映画賞ショートリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201310/article_29.html
 ・セザール賞2014 短編アニメーション ショートリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201310/article_28.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年10月〜2015年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201410/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
セザール賞2015 短編アニメーション賞候補 12作品発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる