海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS SIGGRAPH2014 コンピューター・アニメーション・フェスティバル ラインナップ!

<<   作成日時 : 2014/08/04 18:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第41回SIGGRAPH コンピューター・アニメーション・フェスティバル(8月10日-14日)のラインナップです。

 SIGGRAPH(シーグラフ:Special Interest Group on Computer GRAPHics)は、コンピューター・グラフィックとインタラクティヴ・テクニックに関する国際的なイベント(CGとインタラクティヴ・テクニックに関する専門的な発表会や会議、技術交流などを目的とした業界的・学界的な催し)で、「世界最大で最高のCGの祭典」とも呼ばれ、毎年夏にアメリカで開催され、今年で41回を迎えます。

 コンピューター・アニメーション・フェスティバルは、SIGGRAPHの中で、CG映像のコンテストといった側面を担うもので、広告作品、短編CGアニメーション、学生作品、視覚効果、ゲームなどの部門で募集が行なわれ、その中から優秀作品がセレクトされて、SIGGRAPH開催期間中に上映されます。

 今年のコンピューター・アニメーション・フェスティバルは、
 @長編アニメーション『ヒックとドラゴン2』“How to Train Your Dragon 2”の上映
 A受賞作品を含むセレクションである「エレクトリック・シアター」
 Bジャンルごとのセレクションである「デイタイム・セレクツ」(児童映画&アニメーション(Children’s Film and Animation)、実験映画、デモシーン、実写短編、ストップ・モーション、ジャパニーズ・メディア・アーツ・フェスティバル、トラディショナル・アニメーションという7つのプログラムがあります)
 Cプロダクション・セッション
 Dリアル・タイム・ライヴ!(Real-Time Live!)
 という構成になっていて、短編作品の上映プログラムであるA「エレクトリック・シアター」とB「デイタイム・セレクツ」のうち、具体的な上映作品が発表されているのは「エレクトリック・シアター」のみです。
 「デイタイム・セレクツ」は8月11日〜13日までの日中、「エレクトリック・シアター」は8月11日〜13日までの夕方、および、13日の深夜に上映されることになっています。

 発表されている「エレクトリック・シアター」のラインナップは、以下の通りです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【短編CGアニメーション】

 ・“Beans”(英) 監督:Alvise Avati プロダクション:Cinesite



 ・“Home Sweet Home”(仏) 監督:Pierre Clenet、Alejandro Diaz、Romain Mazenet、Stéphane Paccolat プロダクション:SupInfoCom Arles
 ※最優秀短編アニメーション賞

 ・“Lune et le Loup”(仏) 監督:Patrick Delage、Toma Leroux プロダクション:Dwarf Animation Studio

 ・“Ryse: Son of Rome Legend of Damocles (Cinematic)”(独) 監督:Peter Gornstein & Jakub Jabłoński プロダクション:Platige Image & Crytek



 ・“The Science of Stage Fright”(オーストラリア) 監督:Robertino Zambrano プロダクション
KAPWA Studioworks



 ・“Box”(米) 監督:Tarik Abdel-Gawad プロダクション:Bot & Dolly
 ※Best in Show Award

Box from Bot & Dolly on Vimeo.



 ・“Feast”(米) 監督:Patrick Osborne プロダクション:Walt Disney Animation Studios

 ・『ダム・キーパー』“The Dam Keeper”(米) 監督:ロバート・コンド(Robert Kondo)、堤大介(Daisuke “Dice” Tsutsumi) プロダクション:Tonko House, LLC

 ・“The Final Straw”(米) 監督:Riccardo Renna プロダクション:Ringling College of Art and Design



 【長編実写作品 視覚効果】(Visual Effects for Live-Action Feature Films)

 ・『ゼロ・グラビティ』(英) 監督:アルフォンソ・キュアロン プロダクション:Framestore
 ※最優秀視覚効果賞

 ・MPCによる『ワールド・ウォーZ』(米)のVFXメイキング映像(MPC World War Z VFX Breakdown)(英) 監督:マーク・フォスター プロダクション:MPC



 ・『ホビット 竜に奪われた王国』(米・ニュージーランド) 監督:ピーター・ジャクソン プロダクション:Weta Digital

 ・『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(米) 監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ プロダクション:Industrial Light & Magic

 ・『猿の惑星:新世紀』(米) 監督:マット・リーヴス プロダクション:Weta Digital

 ・『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(米) 監督:ダグ・リーマン プロダクション:Sony Pictures Imageworks

 ・『ノア 約束の舟』(米) 監督:ダーレン・アロノフスキー プロダクション:Industrial Light & Magic

 ・『アメイジング・スパイダーマン2』(米) 監督:マーク・ウェブ プロダクション:Sony Pictures Imageworks

 ・『トランスフォーマー/ロストエイジ』(米) 監督:マイケル・ベイ プロダクション:Industrial Light & Magic

 ・“Digital Domain Reel”

 【学生作品】

 ・“Entracte”(仏) 監督:Valentin Dely、Damien Garrigue、Laurie Guintrand、Valentine Hemery、Clelia Magurno 製作校:École supérieure des métiers artistiques
 *本編動画:http://vimeo.com/channels/everythinganimated/78294773

画像

 ・“Little Freak”(オランダ) 監督:Edwin Schaap 製作校:HKU University of the Arts Utrecht



 ・“The Rise and Fall of Globosome”(独) 監督:Sascha Geddert 製作校:バーデン・ヴュルテンベルク州立フィルムアカデミー(Filmakademie Baden-Württemberg)

 ・“Wrapped”(独) 監督:Roman Kälin、Falko Paeper、Florian Wittmann 製作校:バーデン・ヴュルテンベルク州立フィルムアカデミー
 ※最優秀学生プロジェクト賞(Best Student Project Award)

 ・“Paper World”(ハンガリー) 監督:László Ruska、Dávid Ringeisen 製作校:モホリ・ナジ芸術大学(Moholy-Nagy University of Art and Design)
 ※審査員賞

 【広告作品】

 ・サムスン “King of TV City”(英) 監督:Adam Berg プロダクション:MPC



 ・“Three, The Pony”(英) 監督:Dougal Wilson プロダクション:MPC
 ※最優秀広告作品賞(Best Commercial Advertisement Award)



 【ゲーム】

 ・『ザ・クルー』“The Crew”(仏) 監督:Maxime Luère、Dominique Boidin、Rémi Kozyra プロダクション:Unit Image
 ※最優秀ゲーム賞



 ・“Ryse: Son of Rome”(独) 監督:Christopher Evans、Peter Gornstein、Martin L'Heureux プロダクション:Crytek
 ※最優秀リアル・タイム・グラフィック賞(Best Real-Time Graphics Award)



 ・“Asura MMORPG” オンライン・トレーラー(中) 監督:Yang Qi プロダクション:Tencent Games, Original Force. The Third Floor, Inc.



 【ヴィジュアライゼーション&シミュレーション】(Visualizations and Simulations)

 ・“Chick Embryo Development - 21 Days to Hatching”(カナダ) 監督:Katie McCormack、Joyce Hui、Eddy Xuan、Julian Kirk-Elleker、Barbara Brehovsky、Liz Roan プロダクション:AXS Biomedical Animation Studio, Inc.



 ・“Kinematics”(米) 監督:Jessica Rosenkrantz、Jesse Louis-Rosenberg プロダクション:Nervous System
 ※最優秀ヴィジュライゼーション&シミュレーション賞

Kinematics from Nervous System on Vimeo.



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ・ネット上で視聴できる動画とできない動画がありますが、視聴できる動画で今年の収穫は、“Entracte”と“King of TV City”でした。“Beans”なんかも思わず笑っちゃいましたが。

 ・“Entracte”みたいなタッチの作品は、米国アカデミー賞が好むようなタイプの作品なので(“French Roast”のように?)、うまくいけば、学生作品であっても、米国アカデミー賞2015短編アニメーション賞にノミネートされるということもあるかもしれません。米国アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされるにはいくつかの条件をクリアしなければなりませんが。

 ・SIGGRAPHの入選作品と、米国アカデミー賞とは、作品の上がってくるルートが違うというか、これまでほとんどリンクしてきていませんが、本年度は米国アカデミー賞2015短編アニメーション賞ノミネートが有望視される“Home Sweet Home”、“Feast”、『ダム・キーパー』が入選しているのが注目されます。

 ・広告とミュージック・ビデオは、CGアニメーションの最前線のはずですが、今回のSIGGRAPHではミュージック・ビデオ部門がなくなっているのが、気になります。ミュージック・ビデオは、評価・表彰される機会が多いので、あえて取り上げなかったということなのでしょうか……。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・SIGGRAPH 2014 コンピューター・アニメーション・フェスティバルの受賞作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_13.html
 ・SIGGRAPH 2013 コンピューター・アニメーション・フェスティバルのラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201307/article_11.html
 ・SIGGRAPH 2013 コンピューター・アニメーション・フェスティバルのラインナップ その2::http://umikarahajimaru.at.webry.info/201307/article_12.html
 ・SIGGRAPH 2012 コンピューター・アニメーション・フェスティバルのラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201207/article_23.html
 ・SIGGRAPH 2010 コンピューター・アニメーション・フェスティバルのラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_19.html
 ・SIGGRAPH 2010 コンピューター・アニメーション・フェスティバルのラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_20.html
 ・SIGGRAPH 2009 コンピューター・アニメーション・フェスティバル 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200908/article_12.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年3月〜11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_4.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SIGGRAPH2014 コンピューター・アニメーション・フェスティバル ラインナップ! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる