海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS プチョン国際ファンタスティック映画祭2014 受賞結果!矢口史靖も受賞!

<<   作成日時 : 2014/07/28 07:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第18回プチョン国際ファンタスティック映画祭(7月17日-27日)の各賞が発表されました。

 プチョン(富川)国際ファンタスティック映画祭は、ファンタ系の映画祭(SFやファンタジー、ホラー、スリラーなどのジャンル映画に特化した映画祭)の1つで、ヨーロッパ国際ファンタスティック映画祭連盟に加盟しているアジアで唯一の映画祭です。(ヨーロッパ国際ファンタスティック映画祭連盟は、「ヨーロッパ」と銘打ちながら、3つの北米の映画祭と1つのアジアの映画祭が加盟しています。)

 日本映画の受賞も多く、2013年には『桐島、部活やめるってよ』がNETPAC賞、2012年には『宇宙兄弟』がグランプリ&観客賞、『さまよう心臓』が審査員賞、2011年には『漫才ギャング』が観客賞、『歓待』がNETPAC賞、2010年には『告白』が観客賞、『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』が審査員賞、『パーマネント野ばら』がNETPAC賞を受賞しています。

 本年度の受賞結果は、以下の通りです。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【プチョンズ・チョイス 長編部門】(Puchon Choice: Feature)

 ◆グランプリ(Best of Puchon)
 ◎“The Dark Valley(Das Finstere Tal)”(オーストリア・独) 監督:アンドレアス・プロハスカ(Andreas Prochaska)

 “The Dark Valley(Das Finstere Tal)”(オーストリア・独) 監督:アンドレアス・プロハスカ(Andreas Prochaska) [韓国プレミア]
 出演:サム・ライリー、トビアス・モレッティ(Tobias Moretti)、ポーラ・ビール(Paula Beer)、Thomas Schubert、Carmen Gratl
 物語:19世紀の末の、山間の村。冬の気配が漂っていて、ひとりの流れ者が馬で村に入ってくる。彼は、冬の間、泊めてくれる家を探す。農夫ブレンネルの6人の息子たちが、彼を歓迎する。しかし、彼は、彼らにダークな秘密があることなど、知る由もなかった……。
 バイエルン映画賞2014 監督賞・男優賞(トビアス・モレッティ)受賞。
 ベルリン国際映画祭2014 ベルリナーレ・スペシャル部門出品。
 ドイツ映画賞2014助演男優賞・撮影賞・美術賞・衣裳賞・メイク賞・音響賞・音楽賞受賞。
 ブリュッセル映画祭2014 オフィシャル・コンペティション部門出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2014 ミッドナイト・スクリーニング部門出品。

画像

 ◆監督賞
 ◎トミー・ウィルコラ(Tommy Wirkola)  “Dark Snow 2: Red vs. Dead(Død Snø 2)”(ノルウェー)

 “Dark Snow 2: Red vs. Dead(Død Snø 2)”(ノルウェー) 監督:トミー・ウィルコラ(Tommy Wirkola) [アジア・プレミア]
 物語:マーティンは、ナチのゾンビとの戦いからただひとり生き残る。しかし、警察は、彼が仲間を殺したのではないかと疑いの目を向ける。彼は、切断された片腕を接合されるが、接合された腕は、のちにナチの将軍ヘルツォークのものだとわかる。やがてナチのゾンビとの戦いが再発する。マーティンは、アメリカのゾンビ軍の助けを借りて戦い、さらにロシアの死者も蘇えらせる。壮大なバトルが始まる。
 『処刑山 -デッド・スノウ-』の続編。
 サンダンス映画祭2014 パークシティー・アット・ミッドナイト部門出品。
 アマンダ賞2014 視覚効果賞ノミネート。
 CPH:PIX2014出品。
 ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭2014出品。
 イマジン映画祭2014出品。
 シアトル国際映画祭2014出品。
 シドニー映画祭2014出品。

画像

 ◆男優賞
 ◎ヴェガール・ホール(Vegar Hoel) “Dark Snow 2: Red vs. Dead(Død Snø 2)”(ノルウェー)

 ◆女優賞
 ◎エッシー・デイヴィス(Essie Davis) “The Babadook”(オーストラリア)

 “The Babadook”(オーストラリア) 監督:Jennifer Kent [アジア・プレミア]
 物語:夫が無残な死を遂げてから6年、アメリアは、問題行動を起こす息子のサミュエルに悩まされていた。ある日、サミュエルの本棚に“The Babadook”というダークで不吉な絵本が見つかる。サミュエルは、本の中の悪魔が2人を殺しに来ると言う。最初は、息子の話を信用しなかったアメリアだが、やがて彼女にもその悪魔の姿が見えるようになる。
 俳優Jennifer Kentの初監督長編。
 サンダンス映画祭2014 パークシティー・アット・ミッドナイト部門出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2014 Shadows部門出品。
 パリ映画祭2014 コンペティション部門出品。

画像

 ◆審査員賞(Jury’s Choice)
 ◎“The Midnight After(那夜凌晨,我坐上了旺角開往大埔的紅van)”(香港・中) 監督:フルーツ・チャン

 “The Midnight After(那夜凌晨,我坐上了旺角開往大埔的紅van)”(香港・中) 監督:フルーツ・チャン [韓国プレミア]
 出演:ウォン・ユーナン(Wong You-nam)、サイモン・ヤム、クララ・ウェイ(Kara Hui)、ジャニス・マン(Janice Man)、ラム・シュー(Lam Suet)
 物語:夜の香港。モンコクから大埔へ向かう深夜バスが走っている。ドラッグをやっている若者、口論しているカップル、数珠を持った女性、失恋したばかりの娘など16人の乗客と運転手が乗っている。ライオン・ロック・トンネルを抜けた時に異変が起こる。世界には空っぽになり、人っ子一人いなくなる。乗客たちは、寂れたカフェに避難し、自分たちはどうすればいいのか話し合う。
 ベルリン国際映画祭2014 パノラマ部門出品。
 香港国際映画祭2014出品。
 シアトル国際映画祭2014出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2014 Shadows部門出品。
 台北電影節2014出品。

画像

 ◆観客賞(NH Nonghyup Citizen’s Choice)
 ◎“Dark Snow 2: Red vs. Dead(Død Snø 2)”(ノルウェー) 監督:トミー・ウィルコラ(Tommy Wirkola)

 【プチョンズ・チョイス 短編部門】

 ◆最優秀短編賞(Best Short Film)
 ◎“Habana”(仏) 監督:Edouard Salier

 ◆審査員賞(Jury’s Choice for Short Film)
 ◎“Raging Balls of Steel Justice”(英) 監督:Mike Mort [アニメーション]

 ◆最優秀短編韓国映画(Best Korean Short Film)
 ◎“Mould”(韓) 監督:Park Chun Kyu

 ◆観客賞(Citizen’s Choice for Short Film)
 ◎“Intruder”(韓) 監督:Park Geun Buem

 ◆審査員スペシャル・メンション(Jury’s Special Mention Award)
 ◎“Shadow”(仏) 監督:Lorenzo Recio
 ◎“Something”(韓) 監督:Jeong Sung Rak

 【その他の賞】

 ◆ヨーロッパ・ファンタスティック映画祭連盟アジア賞(European Fantastic Film Festival Federation Asian Award)
 ◎“Mourning Grave”(韓) 監督:Oh In Chun [ワールド・ファンタスティック・シネマ部門]

 “Mourning Grave(少女怪談)”(韓) 監督:Oh In Chun
 物語:インスは、霊視能力を持つが、それが嫌で、故郷を離れ、霊視能力を隠してひとりぼっちで過ごしている。ところが、それもつらくなって、再び故郷の町に帰る。転校した学校では、校内をさまよう不思議な少女の亡霊と出会う。ある日、クラスメートが次々と失踪するという事件が起こる。彼は、クラスのまわりに怨念が漂っているのを感じ、自分の能力を使って、事件に潜む謎を探っていこうと決める。
 出演:カン・ハヌル、キム・ソウン、キム・ジョンテ、ハン・ヘリン

画像

 ◆審査員スペシャル・メンション(Jury’s Special Mention Award)
 ◎『さまよう刃』“Broken”(韓) 監督:イ・ジョンホ(Lee Jung Ho) [ワールド・ファンタスティック・シネマ部門]

 『さまよう刃』“Broken”(韓) 監督:イ・ジョンホ(Lee Jung Ho)
 物語:サン・ヘヨンは、工場労働者で、癌で妻を失い、10代の娘スジンとともに暮らしている。ある日、彼が仕事から帰るが、スジンは戻らない。携帯でも連絡が取れない。彼は、スジンが友だちの家にでも行っているのだろうと考えて、そのまま普通に過ごす。ところが、警察から連絡があり、スジンがつぶれた公衆浴場で遺体となって発見されたと告げられる。レイプの後、惨殺されたのだ。サン・ヘヨンは、毎日、警察に行って、犯人の手がかりを尋ねるが、収穫はない。ある日、彼は、殺人犯に関する匿名のメッセージを受け取る。犯人は、2人の少年で、一方の少年の住所も添えられている。サン・ヘヨンは、少年を見つけ出し、発作的に殺す。事件現場を調べた刑事エオクは、サン・ヘヨンが犯人であることを確信して、彼の足取りを追う。
 出演:チョン・ジェヨン、イ・ソンミン
 東野圭吾の『さまよう刃』の映画化。

画像

 ◆NETPAC賞
 ◎『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜』“Wood Job!”(日) 監督:矢口史靖 [ビジョン・エクスプレス部門]

 ◆LG HiEntech Award
 ◎“18 - Eighteen Noir”(韓) 監督:Han Yun Sun [ビジョン・エクスプレス部門]

 “18 - Eighteen Noir”(韓) 監督:Han Yun Sun
 物語:ドンドは、普通の高校生である。彼は、クラスメートのヒュンスンと友だちになり、彼のいじめっ子軍団に仲間入りをする。彼らは、タバコを吸い、悪い言葉を使い、暴力を振るう。ドンドは、そのグループの中で、ヨンヒと親しくなる。彼との友情が、ドンドに暴力に対する恐怖心を呼び戻す。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

 ↑ クリックしてね!


 *当ブログ記事

 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭2014 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_9.html
 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭2013 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_22.html
 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201307/article_23.html
 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201207/article_21.html
 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭2010 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_11.html
 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_23.html
 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭2009 ラインナップ&受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200907/article_23.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年3月〜11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_4.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
プチョン国際ファンタスティック映画祭2014 受賞結果!矢口史靖も受賞! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる