海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 学生アカデミー賞2014 各賞発表!

<<   作成日時 : 2014/06/09 19:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第41回学生アカデミー賞の各賞作品が発表されました。(6月7日@DGAシアター in ハリウッド)

 学生アカデミー賞は、アメリカの映画芸術科学アカデミーによる学生作品を対象とするコンペティションで、過去には、ロバート・ゼメキス(“A Field of Honor”(1975))、ジョン・ラセター(“Lady and the Lamp”(1979)、“Nitemare”(1980))、ジャコ・ヴァン・ドルマル(“Maedeli la brèche”(1981))、スパイク・リー(『ジョーズ・バーバー・ショップ』(1983))らを輩出しています。

 この賞は、もともと未来の映画監督への登竜門的なところがありましたが、近年、さらに注目度を増しているのは、2011年、2012年と学生アカデミー賞受賞作品がそのまま本家の米国アカデミー賞にノミネートされたり、受賞したりするようになっているからです。

 2011年の米国アカデミー賞では、学生アカデミー賞ナラティヴ部門金賞受賞作品『ゴッド・オブ・ラブ』“God of Love”(Luke Matheny監督)と外国映画部門受賞作品『告白』“The Confession”(Tanel Toom監督)がそれぞれ短編映画賞にノミネートされて、前者が受賞を果たし、2012年の米国アカデミー賞では、学生アカデミー賞外国語映画部門金賞受賞作品『チューバ・アトランティック』“Tuba Atlantic”(Hallvar Witzø監督)と同じくブロンズ賞受賞作品『息子』“Raju”(Max Zähle監督)がそれぞれ米国アカデミー賞短編映画賞にノミネートされています。

 2012年度と2013年度は、残念ながら、学生アカデミー賞受賞作品から米国アカデミー賞にノミネートされた作品はありませんでしたが、本年度はどうでしょうか。

 第41回学生アカデミー賞は、5月2日にファイナリストが発表され、5月16日に入賞作品が発表され、6月7日に授賞式が行なわれています。

 今回の授賞式では、俳優のデミアン・ビチルとエイドリアン・グレニアー(Adrian Grenier)とネイト・パーカー、および、『アナと雪の女王』の監督ジェニファー・リー&クリス・バック、プロデューサーのピーター・デル・ヴェッチョ(Peter Del Vecho)がプレゼンターを務めています。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【オルタナティヴ部門】(Alternative)

 ◆金賞(Gold Medal)

画像

 “Person”(米) 監督:Drew L.Brown(The Art Institute of Jacksonville, Florida)
 物語:主人公は、体は男性だが、心は女性だと考えているティーンエージャー。「彼女」は、ダンスを感情の捌け口とし、自分がいまの自分になる前の出来事を思い出すことで、自らの内的葛藤について考える。混乱や、どうしようもない家庭の機能不全、自傷願望を克服するためには、これまで何年も闘ってきた問題を解決し、真の自分を理解しなければならない。
 ・公式facebook:https://www.facebook.com/personthefilm

画像

 ◆銀賞(Silver Medal)

 “Oscillate”(米) 監督:Daniel Sierra(スクール・オブ・ヴィジュアル・アーツ、ニューヨーク)
 波型のパターンを、基本的なものからより複雑なものに変化させて、観る者に、映像とサウンドによる、魅惑的なオーディヴィジュアル体験をさせることを目的として制作された作品。
 *公式サイト(本編動画):http://www.dbsierra.com/Work/Oscillate/

画像

 【アニメーション部門】(Animation)

 ◆金賞(Gold Medal)

画像

 “Owned”(米) 監督:Daniel Clark & Wesley Tippetts(Brigham Young University, Utah)
 物語:ジェフは、オンラインの格闘ゲーム「スーパー・ウルトラ・メガ・ターボ」のチャンピオンである。毎日、長時間、ネット上で、高いスキルを持ったプレーヤーを探し、対戦しては、次から次へと打ち負かしている。しかし、未だ彼にとって脅威となる相手は現われない。ところが、ある日、いつものようにネットでの対戦を繰り返していて、ついに戦うべき相手と出会う。その相手とは……。究極のバトルが始まる。
 カレッジ・テレビジョン・アワード(学生エミー賞)2014 第1席。
 *BYU:http://news.byu.edu/archive14-apr-studentemmys.aspx

画像

 ◆銀賞(Silver Medal)

 “Higher Sky”(米) 監督:Teng Cheng(南カリフォルニア大学)
 物語:美しいジャングルで、サルとツバメが、カンフーでやり合う。
 *USC:http://cinema.usc.edu/festivals/firstlook/firstlook2014/firstframe2014/index.cfm
 *Teng ”Eric” Chengのサイト:http://cargocollective.com/ericheng

画像

 ◆ブロンズ賞(Bronze Medal)

画像

 “Yamashita”(米) 監督:Hayley Foster(ロヨラ・メリーマウント大学、カリフォルニア)
 物語:若いジャパニーズ・アメリカンの少女が、第二次世界大戦中に日本人移民が強制収容に遭ったことについて考え、自分のアイデンティティーや、自分が受け継いでいるもの、過去とのつながりの喪失について、頭を悩ませる。

画像

 【ドキュメンタリー部門】(Documentary)

 ◆金賞(Gold Medal)

画像

 “The Apothecary”(米) 監督:Helen Hood Scheer(スタンフォード大学)
 コロラド州の辺境で、4000マイル四方で唯一のドラッグストアを営む男性の仕事とプライベートをとらえたドキュメンタリー。
 アスペン国際短編映画祭2014 審査員特別賞、観客賞特別表彰受賞。
 *Nutshell Productions:http://www.nutshellproductions.com/#THE-APOTHECARY

画像

 ◆銀賞(Silver Medal)

画像

 “White Earth”(米) 監督:J. Christian Jensenスタンフォード大学)
 ノースダコタで石油ブームが起こり、数千人の人が仕事を求めてやってくる。本作では、ノースダコタの厳しい冬を背景に、3人の子供たちと移民の母親の視点で、石油ブームによって生活が一変した彼らの物語が語られる。
 スラムダンス映画祭2014 スペシャル・メンション受賞。
 *公式サイト:http://www.jchristianjensen.com/projects/white-earth/

画像

 ◆ブロンズ賞(Bronze Medal)

画像

 “One Child”(米・中) 監督:Zijian Mu(ニューヨーク大学)
 2008年に起きた四川大地震は、過去30年で最大の被害をもたらし、5000人以上の子供を含む9万人の死者を出した。中国では、一人っ子政策を取っているため、子供をなくすことは、唯一の子供を失うことにほかならない。本作では、四川州北川で暮らしていて、地震で子供を失った3つの家族を追う。北川は、最も被害の大きかった町で、政府は、地震で破壊された町を再建することをあきらめ、全く別の場所に町を作り直すことにした。そして、3年の間に、住人たちは、新しい町に移り住んだ。カメラは、彼らが喪失した過去から立ち直り、「普通の暮らし」を求めて、奮闘する姿をとらえる。
 *公式サイト:http://zijianmu.com/

画像

 【ナラティヴ部門】(Narrative)

 ◆金賞(Gold Medal)

画像

 “Above the Sea”(中・米) 監督:Keola Racela(コロンビア大学ニューヨーク)
 物語:1930年代の上海。若い女性が、残忍な警官に脅かされて、危険な暗黒街で生き抜かなければならなくなる。
 コロンビア大学映画祭2013 監督賞、撮影賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー学生賞(Student Grant)、Entertainment Partners Producing Award受賞。
 ウッドストック映画祭2013最優秀学生作品賞受賞。
 ロサンゼルス・アジア太平洋映画祭2014 最優秀短編賞(Golden Reel Award for Best Short)受賞。
 *公式サイト:http://abovetheseafilm.com/bios/

画像

 ◆銀賞(Silver Medal)

画像

 『門神』“Door God”(中) 監督:Yulin Liu(ニューヨーク大学)
 物語:「7歳のリンリーが、出稼ぎに出ている母親の帰りを待ち続けて早2年。旧正月を迎え、門神を飾る頃ようやく帰ってきた母親は、幼い娘と家族の人生を変える‘お土産´を持ってくる。」
 女性インディペンデント映画祭 2013 秋(ハリウッド) 最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀女優賞受賞。
 リバース・エッジ国際映画祭(ケンタッキー州パデューカ)2013 最優秀ナラティヴ・ショート受賞。
 ボスフォラス国際映画祭2013 最優秀短編賞受賞。
 ジュネーブ映画祭2014 観客賞受賞。
 ソノマ国際映画祭(カリフォルニア州ソノマ)2014 最優秀ナラティヴ・ショート受賞。
 バミューダ国際映画祭 2014 審査員特別賞受賞。
 アリゾナ国際映画祭2014 最優秀グローバル・ショート受賞。
 ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2014出品。
 *ソノマ国際映画祭2014:http://www.sonomafilmfest.org/film-media-press.html

画像

 ◆ブロンズ賞(Bronze Medal)

画像

 “Interstate”(米) 監督:Camille Stochitch(AFI)
 物語:ホアキンは、40歳で、数年前に、書類なしでこの地にやってきて、車の運転のインストラクターをしながら、いつかはここに家を買って、永住することを夢みている。彼が、パートナーのレロと組んでやっている仕事は、違法ビジネスで、不法移民に運転を教え、社会保障番号のいらないユタ州まで連れて行って、運転免許証を取らせる、というものだった。ある日、彼のところに、国土安全保障調査部(HSI)の係官が訪ねてくる。彼は、これで自分の人生が永遠に潰えてしまうかもしれないと悟る。
 *公式サイト:http://www.interstatethefilm.com/

画像

 【外国映画部門】(Foreign Film)

 ◆金賞(Gold Medal)

画像

 “Nocebo”(独) 監督:Lennart Ruff(ミュンヘンTV映画大学)
 物語:クリスチャン・ルーカスは、22歳で、逃走中だ。彼は、ガールフレンドのアンナと一緒に薬の研究をしていたが、仲間の1人が死んでいるのを見つける。しかし、医者は、調査もせずに、事件を隠蔽する。アンナにも悪い兆候が出てきて、彼は、助けを求めて、研究所を飛び出す。しかし、警察も医者も信じてくれない。というのも、彼は、偏執的分裂症を患っていたからだ。姉のアリスだけが彼の唯一の味方だったが、彼女もまた厳しい疑いの目を向ける。そんなクリスチャンの前に、突然、見知らぬ追跡者が現われる。これは、現実なのか、それとも、精神病が見せる幻なのか? そもそもガールフレンドだというアンナは実在しているのか? 彼の逃走劇の背後にある真実の物語とは? 知覚スリラー。
 *公式サイト:http://www.nocebo-film.de/

画像

 ◆銀賞(Silver Medal)

画像

 “Paris on the Water”(イスラエル) 監督:Hadas Ayalon(テルアビブ大学)
 物語:有名な女優が再起を果たそうとして、パーソナルな問題にぶつかる。
 イスラエル映画では、初の学生アカデミー賞受賞。

画像

 ◆ブロンズ賞(Bronze Medal)

画像

 『国境警備隊』“Border Patrol”(英・独) 監督:Peter Baumann(The Northern Film School)
 物語:カールは、若い国境警備隊員で、仕事熱心だが、サッカーの対オーストリア戦を観るのが楽しみで、早く仕事を終わらせたくてうずうずしていた。同僚のフランツは、引退間際で、時間をかけてゆっくり仕事をするので、カールをイライラさせる。オーストリアとの国境近くの森で、自殺者の遺体が発見され、カールの計画は狂う。狡賢いフランツは、これをカールをからかういい機会だと考え、遺体をオーストリア側に押しつけるよう提案する。それですべてうまくいくように思われた。遺体を押しつけられるオーストリア側を別にすれば。
 ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2014出品。
 *Indiegogo:https://www.indiegogo.com/projects/border-patrol
 *公式facebook:https://www.facebook.com/borderpatrolfilm

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 上記受賞作品のうち、“Person”と“Above the Sea”と“Nocebo”は、米国アカデミー賞2015短編映画賞の有資格作品(ノミネート対象作品)となり “Owned”は米国アカデミー賞2015短編アニメーション賞の有資格作品(ノミネート対象作品)となります。

 追記:
 本年度の規約改定により、金賞・銀賞・ブロンズ賞すべての受賞作品が、米国アカデミー賞の選考対象作品となり、ドキュメンタリー部門の受賞作品も短編ドキュメンタリー賞の選考対象作品になることが発表されました。

 

 ↑ クリックしてね!


 *当ブログ記事

 ・学生アカデミー賞2014 ファイナリスト発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201405/article_6.html
 ・学生アカデミー賞2014 入賞作品発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201405/article_30.html

 ・学生アカデミー賞2013 入賞作品発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_37.html
 ・学生アカデミー賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_9.html

 ・学生アカデミー賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_14.html

 ・学生アカデミー賞2009 ファイナリスト発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_1.html
 ・学生アカデミー賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_16.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年3月〜11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_4.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
学生アカデミー賞2014 各賞発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる