海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS エジンバラ国際映画祭2014 受賞結果!

<<   作成日時 : 2014/06/30 19:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第68回エジンバラ国際映画祭(6月18日-29日)の各賞が発表されました。

画像

 ◆マイケル・パウエル賞/最優秀英国映画賞

 ※審査員:アモス・ギタイ(審査員長)、ニーナ・ホス、マイケル・スマイリー

 ◎“Hide and Seek”(英) 監督:Joanna Coates [ワールド・プレミア]
 出演:Josh O'Connor、Hannah Arterton、Rea Mole、Daniel Metz、Joe Banks
 物語:ロンドンからやってきた4人組が、カントリーハウスで、計画的なパートナー交換を行ない、自分たちの社会的慣習や寛容さに対するチャレンジをしている。ところが、そこに部外者がやってきて、4人のラディカルなスピリットは、調和を崩されてしまう。
 ニュー・パースペクティヴ部門にて上映。

画像

 ◆英国映画における最優秀パフォーマンス賞(The Award for Best Performance in a British Feature Film)
 ◎エディー・マーサン “Still Life”(伊・英)

 “Still Life”(伊・英) 監督:ウベルト・パゾリーニ
 出演:エディー・マーサン、ジョアンヌ・フロガット
 物語:ロンドン南部のギリシャ正教のお葬式。ふさわしい音楽が流れ、感動的なスピーチがなされる。ここに、埋葬所に雇われた男ジョン・メイが列席している。彼の仕事は、孤独のうちに亡くなった人の近親者を探すことだ。なかなかうまく行くことはないが、完璧主義者の彼は、この仕事を愛し、「クライアント」に最良のお別れをさせてあげようという努力を欠かさない。しかし、業務の再編で、彼がやっていた仕事が廃止されることが決まる。彼は、最後のケースに自分のプロフェッショナルとしてのスキルを注ぐことにする。その「相手」は、アル中のビリー・ストークで、ジョンは、ビリーの友人を捜して、彼の軌跡をたどり、イギリス中を旅する。その過程で、ジョンは、自らの人生を取り戻していくことになる。
 ウベルト・パゾリーニは、『フル・モンティ』や『クローサー・ユー・ゲット』、『ベラミ 愛を弄ぶ男』などを手がけるプロデューサーで、監督第1作『マチャン/大脱走』が高い評価を受けた。本作は第2監督作品。
 ベネチア国際映画祭2013 Orizzonti部門出品。監督賞、C.I.C.A.E. Award、Francesco Pasinetti Award 最優秀作品賞、Civitas Vitae Award受賞。
 チューリヒ映画祭2013 インターナショナル長編コンペティション部門出品。
 レイキャビク国際映画祭2013 コンペティション部門出品。最優秀作品賞(The Golden Puffin Discovery Award)、国際批評家連盟賞受賞。
 ワルシャワ国際映画祭2013 オープニング作品。
 アブダビ国際映画祭2013 ニュー・ホライズンズ・コンペティション部門出品。最優秀作品賞(Black Pearl Award)受賞。
 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2014 EU映画賞ノミネート。
 イタリア・ゴールデングローブ賞2014 撮影賞受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2014 コンペティション部門出品。観客賞受賞。

画像

 ◆インターナショナル長編作品賞(The Award for Best International Feature Film)
 ◎『アイス』“Ice Poison(冰毒)”(台湾・ミャンマー) 監督:ミディー・ジー(Midi Z) [英国プレミア]
 出演:ウー・クーシー、ワン・シンホン
 物語:「貧しさに耐えかねた農民の父子が山を下り、鉱山や農場で働く親戚に金の無心に行くが、誰もが同じく貧困にあえいでいる。仕方なく、牛を売った金で息子は単車を買い、バイクタクシーを始める。最初の客は中国からミャンマーに戻った若い女性。息子は彼女からある仕事を持ち掛けられるが……。」
 ベルリン国際映画祭2014 パノラマ部門出品。
 香港国際映画祭2014出品。
 トライベッカ映画祭2014出品。
 台北電影奨2014 長編ナラティヴ部門ノミネート。
 大阪アジアン映画祭2014にて上映。

画像

画像

 ◆最優秀ドキュメンタリー賞(The Award for Best Documentary Feature Film)

 ※審査員:Cynthia Beatt(審査員長/監督)、ドミニク・オーヴレイ(Dominique Auvray:監督・編集技師)、ソンミン・パーク(Sunmin Park:プロデューサー)

 ◎“My Name Is Salt”(スイス) 監督:Farida Pacha [英国プレミア]
 インドのグジャラートの砂漠。ここには、毎年、モンスーンが去った後の8ヶ月間、塩を採掘するためにインド中から4万人もの人々がやってくる。Sanabhaiと彼の家族が採掘を行なうのは、9月から4月だ。まわりには、水も電気も食べ物もない。近隣まで1キロもあり、コミュニケーションは鏡を使って行なう。妻は、何の目印もない平原を歩いて薪を集め、週に一度やってくるプライベート・タンカーから水を買う。塩は、地面から70フィート(約21m)下の塩田にあり、そこから塩水をくみ上げるにはポンプが必要で、一家はそれを手に入れるために借金をする。くみ上げられた塩水を、結晶化させ、塩にする。一家には11歳と8歳の子供がいて、NGOが開いている学校に通う。学校は砂漠の真ん中に設けられた小屋だが、まわりには子供たちによって紙の花が飾られている。8ヶ月後、塩商人がやってきて、塩を買う。商人は、塩を吟味して、値切りを行なう。Sanabhaiは、肩をすくめ、来年はもっといい年になるにちがいないと考える。そしてまたモンスーンがやってきて、あたり一面を海に変える。
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2013出品。
 香港国際映画祭2014 ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 ドキュメンタ・マドリッド2014 長編コンペティション部門出品。審査員賞第1席。
 ロサンゼルス映画祭2014 ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。

画像

 ◆最優秀短編賞(Virgin Atlantic Little Red Award for Short Film)
 ◎“Slap”(英) 監督:Nick Rowland
 物語:コナーは、10代のボクサーだが、見せかけの男らしさを演じることに飽きて、メイクをし、女装をすることで自分らしさを探ろうとする。
 パームスプリングス国際短編映画祭2014出品。

画像

 ◆短編映画におけるクリエイティヴ・イノベーション賞(The Award for Creative Innovation in a Short Film)
 ◎『ザ ビガー ピクチャー』“The Bigger Picture”(英) 監督:デイジー・ジェイコブス(Daisy Jacobs)
 物語:息子2人が年老いた母親の面倒を見る。実物大のアニメーション・キャラクターを使った作品。
 カンヌ国際映画祭2014 シネフォンダシオン部門 第3席。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2014 学生作品コンペティション部門出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2014 卒業制作コンペティション部門出品。グランプリ(Cristal for a graduation film)受賞。
 広島国際アニメーションフェスティバル2014出品。
 *公式サイト:http://www.thebiggerpicturefilm.com/

画像

 ◆短編映画への個人的貢献賞(The Award for Outstanding Individual Contribution to a Short Film)
 ◎Ainslie Henderson、Will Anderson “Monkey Love Experiments”(英) [ワールド・プレミア]
 物語:檻に入れられているサルが、テレビでロケット発射のシーンを見て、月旅行を夢見る。

画像

 ◆マクラレン賞/最優秀新英国アニメーション賞(The McLaren Award for Best New British Animation)
 ◎“My Stuffed Granny”(英) 監督:Effie Pappa
 物語:ギリシャの景気後退で、ちっちゃなソフィアの家も厳しい状況を迎えている。お父さんは失業し、おばあちゃんの年金に頼る生活だ。もしおばあちゃんが死んでしまったら、どうすればいいのだろう。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2014 卒業制作コンペティション部門出品。

画像

 ◆学生批評家賞(The Student Critics Jury Award)
 ◎“Stations of the Cross(Kreuzweg)”(独・仏) 監督:Dietrich Bruggemann
 出演:Lea van Acken、Franziska Weisz、フロリアン・シュテッター(Florian Stetter)
 物語:マリアは、学校では、普通の14歳だが、家では、カトリックの原理主義に支配され、いつも罪を犯すことがないように恐れて暮らしている。彼女の母は、娘に正道を守らせようとし、父親は寡黙で、外部からの非難を浴びても静かに耐えている。しかし、医者や教師との対立が強まる。マリアは、どうすれば、神の愛の中で純真を守り、誓いを立てた人々と心穏やかでいられるのか、そして、神はなぜ病気の弟を苦しめるのか、と悩み始める。
 ベルリン国際映画祭2014 コンペティション部門出品。脚本賞(Dietrich & Anna Brüggemann)、エキュメニカル審査員賞受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2014 Supernova部門出品。
 モスクワ国際映画祭2014 Divine Euphoria部門出品。

画像

 ◆女性ドキュメンタリー監督賞(AWFJ EDA Award for Best Female-Directed Narrative and AWFJ EDA Award for Best Female-Directed Documentary)
 ◎“Finsterworld”(独) 監督:Frauke Finsterwalder
 ◎『マナカマナ』“Manakamana”(米・ネパール) 監督:ステファニー・スプレイ(Stephanie Spray)、パチョ・ヴェレス(Pacho Velez)

 ◆女性ドキュメンタリー監督賞 特別賞(Special Documentary Award)
 ◎“My Name Is Salt”(スイス) 監督:Farida Pacha

 ◆観客賞
 ◎“Tony Benn: Will & Testament”(英) 監督:Skip Kite [ワールド・プレミア]
 イギリスの労働党議員で、1950年から2001年の間に47年もの長きにわたって下院議員を務め、イギリス国民に愛された政治家トニー・ベン(1925-2014)の回想録。1960年、父の死去により、子爵に任じられるが、そのおかげで上院議員になって、下院議員の議席を失ったこと。しかし、1963年に貴族法を成立させて、一代限りの爵位の放棄を可能にし、下院議員に再選されたこと。1971年〜72年にかけて、アッパー・クライド造船組合(Upper Clyde Shipbuilders)をWork-inキャンペーンで勝利に導いたこと。敵意あるメディアとバトルを繰り広げたこと。そして、個人的な勝利と敗北、パーソナル・ライフが語られる。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 結果的に、「発見」は多くはありませんでしたが、チョイスとしては悪くありません。

 上記の中から、今後さらに受賞を重ね、映画賞レースに顔を出していく作品も出てくるに違いありません。

 全体的には、女性監督の健闘が目につきます。

 

 ↑ クリックしてね!


 *当ブログ記事

 ・エジンバラ国際映画祭2014 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201406/article_3.html
 ・エジンバラ国際映画祭2014 英国映画コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201406/article_4.html
 ・エジンバラ国際映画祭2013 コンペティション部門ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_14.html
 ・エジンバラ国際映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_30.html
 ・エジンバラ国際映画祭2012 ラインナップ&受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201207/article_5.html
 ・エジンバラ国際映画祭2010受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_3.html
 ・エジンバラ国際映画祭2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_31.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年3月〜11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_4.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エジンバラ国際映画祭2014 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる