海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本からは2作品が受賞! 香港国際映画祭2014 受賞結果!

<<   作成日時 : 2014/04/08 07:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第38回香港国際映画祭(第38届香港國際電影節/3月24日-4月7日)の各賞が発表されました。

 今回の香港国際映画祭には、大きく分けて
 ・GALA部門
 ・コンペティション部門
 ・Masters & Auteurs部門
 ・ワールド・シネマ部門
 ・ドキュメンタリー部門(Realuity Bites、Dear Earth、Filmmakers & Filmmaking)
 ・パン・チャイニーズ部門(香港パノラマ2013-2014、ヤング台湾シネマ)
 ・Platforms部門(インディーズ、アニメーション、ファンタスティック映画、アヴァンギャルド映画、修復された古典作品などを上映)
 ・フォーカス&トリビュート部門(テーマや人物の特集)
 ・特別上映部門
 ・協賛企画部門
 で構成されています。

 コンペティション部門には、ヤング・シネマ部門、ドキュメンタリー部門、短編映画部門の3つがあります。

 ワールド・シネマ部門とフォーカス&トリビュート部門の中には、特集が組まれていて、今回の特集は
 ワールド・シネマ部門の中に、
 ・ラテン・アメリカ映画(The Passion of Latin America Cinema)
 ・フィリピン映画(The Glories of Filipino Cinema)
 ・チェコ映画(Decades on the Road to Freedom: Postwar History through Recent Czech Cinema)
 のプログラムがあり、フォーカス&トリビュート部門の中に、
 ・イザベル・ユペール(Isabelle Huppert:Playing Roles)(4作品)
 ・チアン・ウェン(Jiang Wen:Directing History)
 ・アスガー・ファルハディ(Asghar Farhadi:6 Moral Tales)
 ・小津安二郎修復作品(『彼岸花』『秋日和』『お早う』『秋刀魚の味』)
 ・松本俊夫(Matsumoto Toshio:Strange & Beautiful)
 ・The Quiet Revolution:40 Years of ICAC Drama Series(1975年から断続的に続く香港TVシリーズ「ICAC Investigators(廉政行動)」の特集。16作品。)
 のプログラムがあります。

 全体的には、秋以降の映画祭サーキットをまわってきた作品と、ロッテルダム国際映画祭、ベルリン国際映画祭で上映された作品が多く、その中でもアジア映画を中心にプログラムが組まれています。

 今回の受賞結果は以下の通りです。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【ヤング・シネマ・コンペティション部門】(Young Cinema Competition)

 ・“Macondo”(オーストリア) 監督:Sudabeh Mortezai
 ・“40 Days of Silence(Chilla)”(オランダ・ウズベキスタン・独・仏) 監督:Saodat Ismailova
 ・“Exit(迴光奏鳴曲)”(台湾) 監督:Chienn Hsiang(銭翔)
 ・“Shadow Days(鬼日子)”(中) 監督:Zhao Dayong(趙大勇)
 ・『FORMA』“Forma”(日) 監督:坂本あゆみ
 ・『祖谷物語 −おくのひと−』“The Tale of Iya”(日) 監督:蔦哲一朗
 ・“Thou Wast Mild and Lovely”(米) 監督:Josephine Decker
 ・“Castanha”(ブラジル) 監督:Davi Pretto

 ※審査員:ポン・ジュノ、David Bordwell(アメリカの映画研究者)、クリストファー・ランバート、カリーナ・ラム

 ◆グランプリ(Firebird Award)
 ◎“Macondo”(オーストリア) 監督:Sudabeh Mortezai

 “Macondo”(オーストリア) 監督:Sudabeh Mortezai
 出演:Ramasan Minkailov、Aslan Elbiev、Kheda Gazieva
 物語:マコンドは、ウィーン郊外にあり、22カ国から来た3000人の難民が暮らしている。そのひとりラマサンは、11歳の少年で、チェチェンから、母と妹と一緒にここにやってきた。父親は、ロシアとの紛争で殺された。少なくとも彼はそう教えられている。彼は、父親の代わりにならなければならないと考え、妹の面倒を見たりして頑張っている。ある日、そこに、父の友人だというイサという名の陰気な男が訪ねてきて、彼らの生活をかき乱し始める。
 ベルリン国際映画祭2014 コンペティション部門出品。

画像

 ◆審査員賞(Jury Prize)
 ◎『祖谷物語 −おくのひと−』“The Tale of Iya”(日) 監督:蔦哲一朗

 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎『FORMA』“Forma”(日) 監督:坂本あゆみ

 【ドキュメンタリー・コンペティション部門】(Documentary Competition)

 ・“Meat and Milk(De chair et de lait)”(仏) 監督:ベルナール・ブロッシュ(Bernard Bloch)
 ・“My Name is Salt”(スイス・インド) 監督:Farida Pacha
 ・“The Second Game”(ルーマニア) 監督:Corneliu Porumboiu
 ・“Concerning Violence”(スウェーデン・フィンランド・デンマーク・米) 監督:Göran Olsson
 ・“Web Junkie”(イスラエル・米) 監督:Hilla Medalia、Shosh Shlam
 ・“Flowing Stories(河上變村)”(香港) 監督:Tsui-shan Jessey Tsang(曾翠珊)
 ・“The Last Moose of Aoluguya(最後的敖魯古雅駝鹿)”(中) 監督:Tao Gu(顧桃)
 ・“Cairo Drive”(エジプト・米) 監督:Sherief Elkatsha

 ※審査員:想田和弘、Lee Daw-Ming(国立台北芸術大学教授/監督)、Angie Chen(監督)

 ◆グランプリ(Firebird Award)
 ◎“My Name is Salt”(スイス・インド) 監督:Farida Pacha

 “My Name is Salt”(スイス・インド) 監督:Farida Pacha
 インドのグジャラートの砂漠。ここには、毎年、モンスーンが去った後の8ヶ月間、塩を採掘するためにインド中から4万人もの人々がやってくる。Sanabhaiと彼の家族が採掘を行なうのは、9月から4月だ。まわりには、水も電気も食べ物もない。近隣まで1キロもあり、コミュニケーションは鏡を使って行なう。妻は、何の目印もない平原を歩いて薪を集め、週に一度やってくるプライベート・タンカーから水を買う。塩は、地面から70フィート(約21m)下の塩田にあり、そこから塩水をくみ上げるにはポンプが必要で、一家はそれを手に入れるために借金をする。くみ上げられた塩水を、結晶化させ、塩にする。一家には11歳と8歳の子供がいて、NGOが開いている学校に通う。学校は砂漠の真ん中に設けられた小屋だが、まわりには子供たちによって紙の花が飾られている。8ヶ月後、塩商人がやってきて、塩を買う。商人は、塩を吟味して、値切りを行なう。Sanabhaiは、肩をすくめ、来年はもっといい年になるにちがいないと考える。そしてまたモンスーンがやってきて、あたり一面を海に変える。
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2013出品。

画像

 ◆審査員賞(Jury Prize)
 ◎『最後のハンダハン』“The Last Moose of Aoluguya(最後的敖魯古雅駝鹿)”(中) 監督:グー・タオ(顧桃)

 『最後のハンダハン』“The Last Moose of Aoluguya(最後的敖魯古雅駝鹿)”(中) 監督:グー・タオ(顧桃)
 中国北東部の敖魯古雅(オルグヤ)の森に住むマイノリティー、エヴェンキ族は、2003年に中国政府が狩猟生活を禁じたことで、定住を余儀なくされる。ほとんどのエヴェンキ族は酒に溺れるようになった。本作の主人公も例外ではなく、Weijiaも、酔って、叫んだり、ケンカをしたりするようになる。彼の母親は、息子を心配し、嫁を見つけるために、彼を南に向かう飛行機に乗せる。
 山形国際ドキュメンタリー映画祭 2011小川紳介賞受賞の『雨果(ユィグォ)の休暇』の続編。一家のその後の5年間を追う。
 山形国際ドキュメンタリー映画祭2013 アジア千波万波部門出品。
 CPH:DOX2013出品。
 ロッテルダム国際映画祭2014出品。

画像

 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Meat and Milk(De chair et de lait)”(仏) 監督:ベルナール・ブロッシュ(Bernard Bloch)

 “Meat and Milk(De chair et de lait)”(仏) 監督:ベルナール・ブロッシュ(Bernard Bloch)
 マリの自然の中で暮らす牛の群れ、崇拝されるインドの牛、産業の中に組み込まれて屠殺されるコロラドの牛……。世界各国での、牛と人間の関係を、16のパートで見せていく。

画像

 【短編コンペティション部門】(Short Film Competition Prize)

 ※審査員:ラヴ・ディアス、Quentin Turnour(オーストラリア映画史家/映画祭プログラマー)、Ellen Pau(撮影監督/ビデオ・アーティスト)

 ◆グランプリ(Firebird Award)
 ◎“The Butter lamp(La lampe au beurre de yak/酥油燈)”(仏・中) 監督:Hu Wei(胡佛)

 “The Butter lamp(La lampe au beurre de yak/酥油燈)”(仏・中) 監督:Hu Wei(胡佛)
 物語:世界中を飛び回っているカメラマンとその助手が、チベットの遊牧民に自分のまわりで起こっていることを写真に撮ってみるといいとアドバイスする。
 カンヌ国際映画祭2013批評家週間出品。
 モントリオール世界映画祭2013 フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門出品。
 レインダンス映画祭2013 短編ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。最優秀短編ドキュメンタリー賞受賞。
 シカゴ国際映画祭2013 短編コンペティション ナラティウ/実写作品部門出品。最優秀作品賞受賞。
 台湾・金馬奨2013 短編映画賞ノミネート。
 ヨーロッパ映画賞2013 短編賞ノミネート。ドラマ代表。
 セザール賞2014 短編映画賞ノミネート。
 AFIフェスト2013 最優秀短編賞受賞。

画像

 ◆審査員賞(Jury Prize)
 ◎“Cold Snap”(ニュージーランド) 監督:Leo Woodhead

 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Symphony No. 42”(ハンガリー) 監督:Reka Bucsi

 【その他の賞】

 ◆インターネット観客賞(Internet Audience Award)
 ◎“Kriminalistik”(米) 監督:Janie Geiser [短編]

 ◆国際批評家連盟賞
 ◎“10 minutes”(韓) 監督:Lee Yong-seung

 “10 Minutes”(韓) 監督:Lee Yong-seung
 物語:主人公は、放送局に入社したくて勉強中していたが、その間に下級公務員の実習生として働き始める。これは、本当の就職が決まるまでにお金を稼ぐためだけのつもりで始めた仕事だったが、上司から本採用するからここで働かないかと誘われ、心が揺らぐ。形ばかりのつもりで面接を受け、これで就職が決まったと思っていると、本採用になったのは別の人間だとわかり、彼はショックを受ける。職場の人間からは、よくある手口だと教えられ、彼は、戦う決心をする。
 釜山国際映画祭2013 ニュー・カレント部門出品。国際批評家連盟賞、KNN Movie Award(観客賞)受賞。
 ベルリン国際映画祭2014 フォーラム部門出品。
 ヴズー・アジアン映画祭(フランス)2014 グランプリ(Golden Wheel)、INALCO審査員賞スペシャル・メンション受賞。

画像

 ◆SIGNIS賞
 ◎“Burning Bush(Horící ker)”(チェコ) 監督:アニエスカ・ホランド

 “Burning Bush(Horící ker)”(チェコ) 監督:アニエスカ・ホランド
 物語:1969年、チェコスロヴァキアの学生Jan Palachは、ソ連による占領に抗議して、焼身自殺を遂げる。共産主義政府は、彼の自由を求めるヒロイックな行為を恥ずべきものとして貶めようとするが、若き女性弁護士Dagmar Burešováが立ち上がって、Janの家族を守り、Janの伝説の一部となる。人間の価値と真実と名誉と正義と勇気と物語。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013出品。
 サラエボ映画祭2013出品。
 トロント国際映画祭2013 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 ヨーロッパ映画賞2013 オフィシャル・セレクション。
 Camerimage 2013 メイン・コンペティション部門出品。
 チェコ映画批評家協会賞2014 作品賞、監督賞、助演女優賞、脚本賞、撮影賞、オリジナル音楽賞、ニューカマー賞受賞。
 チェコ・ライオン2014 作品賞、監督賞、助演女優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、美術賞、衣裳賞、メイキャップ賞、録音賞、音楽賞受賞。


 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Siddharth”(インド・カナダ) 監督:Richie Mehta
 ◎“Palestine Stereo”(パレスチナ・チュニジア・仏・ノルウェー・UAE・伊・スイス) 監督:Rashid Masharawi

 ・“Siddharth”(インド・カナダ) 監督:Richie Mehta
 物語:マヘンドラは、ストリートの隅で、ファスナーの修理屋をしている。妻は、家にいて、2人の子供の面倒を見ている。家計の負担を軽くするために、長男のSiddharthをニューデリーの親戚に預けることにする。そこでは、寝床もあれば、仕事ももらえる。ところが、Siddharthがいなくなってしまう。さらわれたのか、あるいは、どこかで死んでいるのか。マヘンドラは、思いもかけない現実に打ちのめされるが、頑固に、息子捜しをやめることができない。
 ベネチア国際映画祭2013 ベネチア・デイズ出品。
 トロント国際映画祭2013 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 BFIロンドン映画祭2013 JOURNEY部門出品。
 アブダビ国際映画祭2013 長編ナラティヴ・コンペティション部門出品。
 カナダ・スクリーン・アワード2014 主演男優賞、脚本賞、録音賞ノミネート。


 “Palestine Stereo”(パレスチナ・チュニジア・仏・ノルウェー・UAE・伊・スイス) Rashid Masharawi
 物語:サミーは30代、その兄のミラッドは、40代で、「ステレオ」と呼ばれている。彼らは、ヨルダン川西岸地区に暮らしているが、イスラエルの空爆によって、サミーは聾唖になり、ミラッドは妻を失った。ミラッドは、パレスチナで生きる気力を失い、サミーと一緒に、カナダへ移民しようと考える。サミーのフィアンセ、ライラは説得しようとするが、うまくいかない。ミラッドは、ウェディング・シンガーだったが、セコハンの音響設備を買い、それを貸し出すことで、カナダ行きの資金を稼ごうとする。彼らは、音響設備を持って、結婚式にも葬式にも、デモにも、警察の会合にもでかけていく……。
 トロント国際映画祭2013 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。

画像

 【第12回香港-アジア映画ファイナンシング・フォーラム】(The 12th Hong Kong - Asia Film Financing Forum)

 ◆HAF Award (Hong Kong Project)
 ◎“Angel Whispers”(香港) 監督:キャリー・ン、Shirley Yung プロデューサー:キャリー・ン、Shirley Yung、Chan Pang-chun

 ◆HAF Award (non-Hong Kong Project)
 ◎“Private Eyes”(台湾) 監督:チャン・ロンジー プロデューサー:Chen Hung-Yuan、 Pang Yee-wah

 ◆HAF/Fox Chinese Film Development Award
 ◎“Love is Speaking”(中) 監督:Shu Haolun プロデューサー:Le Bei

 ◆HAF Script Development Fund
 ◎“The Solitary Pier”(台湾) 監督:Jack Shih プロデューサー:Dai Hsin-Ping

 ◆Fushan Documentary Award
 ◎“Dust”(中) 監督:Zhao Liang プロデューサー:Pang Yee-wah、Sylvie Blum

 ◆Wouter Barendrecht Award
 ◎“Hip Hop Kabul”(アフガニスタン) 監督:Fazila Amiri プロデューサー:Paul Lee

 ◆Network of Asian Fantastic Films Award
 ◎“Dead, End”(インド) 監督:デーヴ・ベネガル プロデューサー:デーヴ・ベネガル、Satish Kaushik

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・香港国際映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_18.html
 ・香港国際映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201204/article_12.html

 ・香港電影金像奨2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_15.html

 ・アジア映画賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_28.html
 ・アジア映画賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_24.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年3月〜11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_4.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本からは2作品が受賞! 香港国際映画祭2014 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる