海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京国際映画祭2014 受賞結果!

<<   作成日時 : 2014/04/25 00:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第4回北京国際映画祭(北京國際電影節)(4月16日-23日)の各賞が発表されました。.

 【天罎奨コンペティション】(The Tiantan Awards competition)

 ・“A Promise(Une Promesse)”(仏・ベルギー) 監督:パトリス・ルコント
 ・“Attila Marcel”(仏) 監督:シルヴァン・ショメ
 ・“Third Person”(ベルギー) 監督:ポール・ハギス
 ・“Matterhorn”(オランダ) 監督:Diederik Ebbinge
 ・“Zoran,My Nephew the Idiot (Zoran, moj nečak idiot)”(伊・スロヴェニア) 監督:Matteo Oleotto
 ・“Circles(Krugovi)”(セルビア・独・クロアチア・スロヴェニア・仏) 監督:Srdan Golubović
 ・“Carmen”(ルーマニア) 監督:Doru Nițescu
 ・“The Enemy Within”(ギリシャ) 監督:Yorgos Tsemberopoulos
 ・『花咲くころ』“In Bloom”(グルジア・独・仏) 監督:ナナ・エクチミシヴィリ(Nana
Ekvtimishvili)、ジーモン・グロス(Simon Groß)
 ・“Siddharth”(カナダ・インド) 監督:Richie Mehta
 ・“Ilo Ilo(爸媽不在家)”(シンガポール) 監督:アンソニー・チェン
 ・『アメリカン・ドリーム・イン・チャイナ』“Partner(American Dreams in China/中国合伙人/海闊天空)”(香港・中) 監督:ピーター・チャン
 ・『グランド・マスター』(香港) 監督:ウォン・カーウァイ
 ・『ソウォン 願い』“Hope(소원)”(韓) 監督:イ・ジュンイク
 ・“The Rocket”(オーストラリア・ラオス・タイ) 監督:Kim Mordaunt

 ※審査員:ジョン・ウー(審査員長)、ルー・チュアン、ラージクマール・ヒラニ(Rajkumar Hirani:インドの監督)、ジム・シェリダン、フィリップ・ミュイル(Philippe Muyl:フランスの監督)、・アンドレ・ビセンテ・ゴメス(Andrés Vicente Gómez:スペインのプロデューサー)、マリア・グラツィア・クチノッタ(Maria Grazia Cucinotta:イタリアの女優).

 ◆作品賞(Tiantan Award for Best Feature Film)
 ◎“Siddharth”(カナダ・インド)

画像

 “Siddharth”(インド・カナダ) 監督:Richie Mehta
 物語:マヘンドラは、ストリートの隅で、ファスナーの修理屋をしている。妻は、家にいて、2人の子供の面倒を見ている。家計の負担を軽くするために、長男のSiddharthをニューデリーの親戚に預けることにする。そこでは、寝床もあれば、仕事ももらえる。ところが、Siddharthがいなくなってしまう。さらわれたのか、あるいは、どこかで死んでいるのか。マヘンドラは、思いもかけない現実に打ちのめされるが、頑固に、息子捜しをやめることができない。
 ベネチア国際映画祭2013 ベネチア・デイズ出品。
 トロント国際映画祭2013 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 BFIロンドン映画祭2013 JOURNEY部門出品。
 アブダビ国際映画祭2013 長編ナラティヴ・コンペティション部門出品。
 カナダ・スクリーン・アワード2014 主演男優賞、脚本賞、録音賞ノミネート。
 香港国際映画祭2014 SIGNIS賞スペシャル・メンション受賞。


 ◆監督賞(Tiantan Award for Best Director)
 ◎ウォン・カーウァイ 『グランド・マスター』

 ◆主演男優賞(Tiantan Award for Best Actor)
 ◎ギョーム・グイ(Guillaume Gouix) “Attila Marcel”(仏)

画像

 “Attila Marcel”(仏) 監督:シルヴァン・ショメ
 出演:ギョーム・グイ(Guillaume Gouix)、アンヌ・ル・ニ(Anne Le Ny)
 物語:ポールは、2歳で両親をなくし、以来、叔母とパリのアパートで暮らしている。叔母は、彼を一流のピアニストにするようにレッスンし、彼は30代になった現在まで、ほとんど外界での生き方を知らずに育った。ところが、アパートの4階に住むマダム・プルーストと知り合って、変化が訪れる。彼女には、ハーブティーに関するレシピがあり、また、心の奥深くにしまい込んでいる記憶があるらしかった。彼女のおかげで、ポールは、ようやく自分の人生への糸口を見つける。
 ジャック・タチやバスター・キートンへのオマージュ作品。
 トロント国際映画祭2013 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。

画像

 ◆主演女優賞(Tiantan Award for Best Actress)
 ◎チャン・ツィイー 『グランド・マスター』

画像

 ◆助演男優賞(Tiantan Award for Best Supporting Actor)
 ◎アラン・リックマン “A Promise(Une Promesse)”

 “A Promise(Une Promesse)”(ベルギー・仏) 監督:パトリス・ルコント
 出演:レベッカ・ホール、アラン・リックマン、リチャード・マッデン(Richard Madden)
 物語:第一次世界大戦前のドイツ。ルードヴィッヒは、実業家カール・ホフマイスターの秘書の職を得、カールの屋敷で暮らすようになる。ルードヴィヒは、カールの妻に恋をし、相手も同じ気持ちであることを知る。ルードヴィヒは、新しい事業のために南アフリカに行くことになり、彼女との再会を約して、ドイツの地を離れる。異国で暮らしながらも、彼は、帰国する日を指折り数えるが、そこで第一次世界大戦が起こり、帰国できる状況ではなくなる。そして9年の月日が流れる。帰国した彼は、事業家が亡くなっていることを知る。これで2人の間には障害はなくなったはずだった。しかし、自分の中にもう昔のような情熱がないことに気づくのだった……。
 シュテファン・ツヴァイクの“Le Voyage dans le passé”の映画化。
 ベネチア国際映画祭2013 アウト・オブ・コンペティション部門出品。
 トロント国際映画祭2013 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 ヒホン国際映画祭2013 アウト・オブ・コンペティション部門出品。

画像

 ◆助演女優賞(Tiantan Award for Best Supporting Actress)
 ◎イ・レ(Re Lee) 『ソウォン 願い』“Hope”(韓)

 『ソウォン 願い』“Hope(소원)”(韓) 監督:イ・ジュンイク
 出演:ソル・ギョング、オム・ジウォン、イ・レ
 物語:「小学生の少女・ソウォンは、ある日の登校中、見知らぬ男性からひどい性的暴行を受ける。大手術の末、一命はとりとめたが、ソウォンは一生治ることのない深い傷を負ってしまう。家族が絶望に沈む中、ソウォンは事件のトラウマから、父・ドンフンを拒否するようになる。ドンフンはソウォンに近付くため、ソウォンが好きなアニメキャラクターの着ぐるみに身を包み、いつもそばで彼女を守る守護天使になる。周りの人たちの愛と、そばで守ってくれる守護天使のおかげで、少しずつ明るさと笑顔を取り戻すソウォン。その姿に家族も変わりはじめ、絶望の中から希望を見つけ出していく。」
 韓国では10月2日に公開。12歳以上鑑賞可。
 『王の男』のイ・ジュンイク(イ・ジュニク)監督の最新作。
 青龍映画賞2013 作品賞・助演女優賞(ラ・ミラン)・脚本賞受賞。
 韓国映画評論家協会賞2013 主演女優賞(オム・ジウォン)
 ダマー映画祭2013 in ヒロシマ2013にて上映。

画像

 ◆脚本賞(Tiantan Award for Best Screenplay)
 ◎チョウ・チーヨウ(周智勇/Zhou Zhiyong)、張冀(Zhang Ji)、オーブリー・ラム(林愛華/Aubrey Lam) 『アメリカン・ドリーム・イン・チャイナ』(中)

画像

 『アメリカン・ドリーム・イン・チャイナ』“Partner(American Dreams in China/中国合伙人/海闊天空)”(香港・中) 監督:ピーター・チャン
 出演:ホァン・シャオミン、ダン・チャオ、トン・ダーウェイ
 物語:1985年。中国では経済の再建が進められていた。主人公は3人の大学生。1人目は、農家を継ぐのが嫌で田舎から出てきた若者。2人目は、優越感を抑えきれないシニカルなインテリ。3人目は、映画スターを夢見るロマンチックな理想主義者。3人は、西洋文学や音楽、映画といった趣味や、アメリカン・ドリームを実現したいという野心を分かち合い、友情を育んでいく。夢をかなえるために、まずは、遠回りながらも、英語の語学教室を開き、そして成功する。しかし、突然の成功は、彼らの友情とビジョンをバラバラにしてしまう。
 トロント国際映画祭2013 GALA PRESENTATIONS部門出品。
 金鶏奨2013 監督賞・主演男優賞(ホァン・シャオミン)受賞。
 台湾・金馬奨2013 助演男優賞・脚本賞・編集賞・メイキャップ賞ノミネート。
 アジア太平洋映画祭2013 助演男優賞ノミネート(トン・ダーウェイ)。
 中国映画監督組合賞(中国電影導演協会年度表彰)2014 香港・台湾監督賞(年度港台導演)受賞。
 香港電影金像奨2014 助演男優賞・助演女優賞・脚本賞・衣裳賞・新人賞ノミネート。
 2013東京/沖縄・中国映画週間にて上映。

画像

 ◆撮影賞(Tiantan Award for Best Cinematography)
 ◎フィリップ・ル・スール 『グランド・マスター』

 ◆視覚効果賞(Tiantan Award for Best Visual Effects)
 ◎“The Rocket”(オーストラリア)

画像

 “The Rocket”(オーストラリア・ラオス・タイ) 監督:Kim Mordaunt
 物語:アフロは、生まれた時から、まわりに不幸をもたらしていた。幼少期は病気がちだったし、ダムのおかげで家も立ち退かなければならなかった。父と祖母と一緒に避難所に引っ越すが、まわりの人々はアフロが来ることを喜ばなかった。アフロは、呪われていて、まわりに不幸をもたらすと信じられていたからだ。唯一の友だちは、キアだけだった。キアは、パープルおじさんと暮らしていて、パープルおじさんは、仲間はずれにされることがどういうことか、よく理解していた。アフロ一家とキアとパープルおじさんは、新しい家を求めて、まだ戦禍の傷跡の残るラオス国内を旅する。ある村に入った時、彼らは、そこでロケット・フェスティバルが開催されていることを知る。アフロは、巨大なロケットを出品し、自分が不運な少年などではないことを自ら証明する。
 ベルリン国際映画祭2013 ジェネレーションKplus部門出品。ジェネレーションKplus部門 作品賞 児童審査員賞(Crystal Bear for Best Film)、第1回作品賞、アムネスティ・インターナショナル賞受賞。
 トライベッカ映画祭2013 最優秀ナラティヴ作品賞、男優賞(Sitthiphon Disamoe)、観客賞受賞。
 ズリーン国際映画祭2013 パノラマ部門出品。
 シドニー映画祭2013 観客賞受賞。
 メルボルン国際映画祭2013 ピープルズ・チョイス賞受賞。
 オステンデ映画祭2013 LOOK部門出品。
 釜山国際映画祭2013 フラッシュ・フォワード部門出品。
 オーストラリア脚本家組合賞2013 映画部門 オリジナル脚本賞受賞。
 BFIロンドン映画祭2013 JOURNEY部門出品。
 ムンバイ映画祭2013 インターナショナル・コンペティション部門出品。撮影賞受賞。
 AFIフェスト2013 観客賞受賞。
 シネマニラ国際映画祭2013 メイン・コンペティション部門出品。
 米国アカデミー賞2014 外国語映画賞 オーストラリア代表。
 オーストラリア・アカデミー賞2014 11部門ノミネート。脚本賞受賞。
 オーストラリア映画批評家協会賞(AFCA)2014 7部門ノミネート。
 オーストラリア映画批評家サークル賞(FCCA)2014 8部門ノミネート。作品賞・音楽賞・ヤング パフォーマンス賞(Sitthiphon Disamoe)受賞。
 ヴィリニュス国際映画祭2014 リトアニア映画賞 外国語映画賞受賞。

画像

 ◆音楽賞(Tiantan Award for Best Music)
 ◎“Attila Marcel”(仏)

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 コンペティション部門以外のプログラムは、以下の通り。

 ・オープニング作品:“La belle et la bête”(仏・独) 監督:クリストフ・ガンズ

 ・クロージング作品:“催眠大師(The Great Hypnotist)”(中) 監督:レスト・チェン

 ・オマージュ・トゥ・マスター(致敬大師):『男たちの挽歌』『ハード・ボイルド』『レッド・クリフ』など5本

 ・クラシック・レトロスペクティヴ(経典回顧):『1900年』『ニュー・シネマ・パラダイス』『マレーナ』『ジャイアンツ』

 ・修復作品:『小城之春』など5本

 ・Award Winners(獲奨影展):『グレート・ビューティー/追憶のローマ』“The Major”など4本

 ・グローバル・ビュー(全球視野):『ビザンチウム』『ウォルト・ディズニーの約束』『おとなの恋には嘘がある』など33本

 ・National Charm(多国風情):『ある過去の行方』『コーヒーをめぐる冒険』『ムード・インディゴ うたかたの日々』『メトロマニラ 世界で最も危険な街』“The Selfish Giant”“Gabrielle”など36本

 ・アニメーション・ハイライト(動画集萃):『ロボッツ』など3本

 ・IMAX映画(絢爛震撼):『アベンジャーズ』『トランスフォーマー2』『トランスフォーマー3』『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』など10本

 ・フィルム・オブ・オペラ(歌劇電影):3本

 ・ドキュメンタリー(紀録佳作):『バックコーラスの歌姫たち』『アクト・オブ・キリング』など9本

 ・チャイニーズ・ストーリー(中国故事):『項羽と劉邦 鴻門の会』『ココシリ』など21本

 ・科学映画(Tech-Spectacles/科技奇観):25本

 「グローバル・ビュー」と「National Charm」の区別がつきにくいですが、「グローバル・ビュー」がいわゆる「ワールド・シネマ」なのに対して、「National Charm」は、いくつかの国にフォーカスを当てて作品を集めた部門のようで、今回はイギリス、フランス、イタリア、カナダなどの作品が数本ずつピックアップされていました。

 上映作品は、全282本と発表されていますが、上記では約半数にしかなりません。
 上記リストは、公式サイト(http://www.bjiff.com/20140416/n398348821.shtml)によると3番目のリストらしく、先に、第1弾と第2弾のリストが発表されているようです。(公式サイト、少なくともその英語ページには第1弾と第2弾のリストは見当たりませんでした。)
 なので、各部門にもっと上映作品があるか、上記以外の部門がある可能性があります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年3月〜11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_4.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
北京国際映画祭2014 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる