海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS スペイン映画2014上半期の収穫! マラガ・スペイン映画祭2014 受賞結果!

<<   作成日時 : 2014/04/12 17:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第17回マラガ・スペイン映画祭(FMCE:Festival de Málaga Cine Español)(3月21日-29日)の受賞結果です。

 マラガ・スペイン映画祭は、アンダルシア地方のマラガで開催されている、スペイン映画とラテンアメリカ映画に特化した映画祭です。

 この映画祭は、長編と短編のオフィシャル・セレクション、ドキュメンタリー部門、アニメーション部門(Animazine)、ラテンアメリカ映画部門(Territorio Latinoamericano)、Zonazine部門(アンダルシア映画部門?)、マラガ・プレミア部門、マラガ短編部門(Cortometrajes Málaga)という7部門で構成されています。

 スペインの映画祭は、サンセバスチャン国際映画祭、シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭、バリャドリッド国際映画祭といった国際的にもよく知られた映画祭が9月〜10月に集中して開催されているので、マラガ・スペイン映画祭は、これらの映画祭からちょうど半年経ったこの時期に、最新スペイン映画のショーケースという役割を果たしているのだろうと思われます。

 過去のグランプリ受賞作品には、セバスチャン・コルデロの『激情』(2010)、ジェラルド・ヘレロの“Los aires difíciles”(2006)、José CorbachoとJuan Cruzの『タパス』“Tapas”(2005)、グラシア・ケヘレタの“Héctor”(2004)、パブロ・ベルヘルの初監督長編“Torremolinos 73”(2003)、エミリオ・マルティネス・ラサロの“El otro lado de la cama (The Other Side of the Bed)”(2002)、ホアキン・オリストレルの“Sin vergüenza”(2001)などがあります。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【オフィシャル・セレクション】(Largometrajes. Sección Oficial A Concurso)

 ・“10.000 KM”(西・米) 監督:Carlos Marques-Marcet
 ・“321 Días En Michigan”(西) 監督:Enrique García
 ・“A Escondidas”(西) 監督:Mikel Rueda
 ・“Amor En Su Punto”(西・アイルランド・仏) 監督:Teresa De Pelegri、Dominic Harari
 ・“Anochece En La India”(西・ルーマニア・スウェーデン) 監督:チェマ・ロドリゲス(Chema Rodríguez)
 ・“Carmina y Amén”(西) 監督:Paco León
 ・“Dioses y Perros”(西) 監督:David Marqués
 ・“El Oro Del Tiempo”(西) 監督:Xavier Bermúdez
 ・“Kamikaze”(西) 監督:Álex Pina
 ・“La Vida Inesperada”(西) 監督:ホルヘ・トレグロッサ(Jorge Torregrossa)
 ・“Los Fenómenos”(西) 監督:Alfonso Zarauza
 ・“No Llores, Vuela”(西・カナダ・仏) 監督:クラウディア・リョサ(Claudia Llosa)
 ・“Por Un Puñado De Besos”(西・ベネズエラ) 監督:ダビ・メンケス(David Menkes)
 ・“Purgatorio”(西) 監督:Pau Teixedor
 ・“Todos Están Muertos”(西・独・メキシコ) 監督:Beatriz Sanchis
 ・“Una Noche En El Viejo México”(西) 監督:エミリオ・アラゴン(Emilio Aragón)

 ※審査員:マヌエル・ゴメス・ペレイラ(Manuel Gómez Pereira:審査員長)、エルネスト・アルテリオ(Ernesto Alterio)、Jocelyne Faessel、José Antonio Garriga Vela、マリア・バランコ(María Barranco)、ナイワ・ニムリ(Najwa Nimri)、Xavi Puebla

 ◆最優秀作品賞(Biznaga De Oro A La Mejor Película)
 ◎“10.000 KM”(西・米) 監督:Carlos Marques-Marcet

画像

 “10,000KM (Long Distance)”(西・米) 監督:Carlos Marques-Marcet
 物語:アレクサンドラとセルジは、バルセロナの小さなアパートで愛のある生活を送っている。彼らは赤ん坊がほしいと考えるが、セルジにLAでの仕事が舞い込んで、計画は壁にぶつかる。というのもセルジの写真家としてのキャリアを伸ばすには、これが最後のチャンスかもしれなかったからだ。2人は、赤ん坊作りを1年間延期することにし、10000キロ離れて暮らすという選択をする。彼らの関係性を維持するためには、スカイプといったヴァーチャル・コミュニケーションに頼らなければならない。しかし、テクノロジーのおかげで、以前よりは互いを近くに感じられるようになったとはいえ、こうして離れてしまえば、2人の仲はバラバラになってしまかもしれない……。
 SXSW映画祭2014 俳優デュオ賞受賞(ナタリア・テナ(Natalie Tena)、David Verdaguer)。


 ◆審査員特別賞(Biznaga De Plata Premio Especial Del Jurado)
 ◎“Todos están muertos”(西・独・メキシコ) 監督:Beatriz Sanchís

 “Todos están muertos”(西・独・メキシコ) 監督:Beatriz Sanchís
 物語:ルペは35歳。80年代は、兄のディエゴと一緒にロックバンドをして、ファースト・アルバムもヒットしたが、今は、家に閉じこもって、母パキータ(65歳)に頼りきりの生活をしている。彼女には、14歳の息子パンチョがいるが、彼は母親のことを嫌っている。ルペは、広場恐怖症で、料理の材料も買いにいけない。幸いにして、迷信深いメキシコ人女性であるパキータが、買い物をし、時々起こるルペのパニックに対処し、パンチョの母親代わりも務めてくれるので、大きなトラブルにはならずに済んでいる。しかし、そんなパキータもいつまでもそうしていられるわけではない。彼女は、自分がいなくなっても大丈夫なように少しずつ準備を進める。
 短編ドキュメンタリー“La Clase”でゴヤ賞2009ノミネートのBeatriz Martínez Sanchís監督の初監督長編。

画像

 ◆監督賞(Biznaga De Plata Al Mejor Director)
 ◎“10,000KM (Long Distance)”(西・米) 監督:Carlos Marques-Marcet

 ◆主演男優賞(Biznaga De Plata Al Mejor Actor)
 ◎Juan Diego “Anochece En La India”

画像

 “Anochece En La India(Nightfall in India)”(西・ルーマニア・スウェーデン) 監督:Chema Rodríguez
 物語:リカルドは、かつてヴァンで、ヨーロッパからトルコ、イラン、パキスタンへと、ヒッピーを拾いながら旅をしたことがあった。彼は、今またインドへの旅を決意するが、状況は昔とは違う。というのも、彼は退行性の病の末期段階にあり、車椅子生活を余儀なくされているからだ。彼は、ガンジス川のほとりで死にたいと考えていたし、もう一度Gadhaliに会っておきたかった。その旅に、彼は、ルーマニア人家政婦のダナを伴う。この旅は、孤独な2人にとって、生きてきた人生の意味を問うものでもあった……。
 ドキュメンタリー作品“Coyote”(2009)でベルリン国際映画祭2009 パノラマ部門CICAE賞受賞のChema Rodríguez監督最新作。

画像

 ◆主演女優賞(Biznaga De Plata A La Mejor Actriz)

 ◎ナタリア・テナ(Natalia Tena) “10.000 KM”

画像

 ◎エレナ・アナヤ(Elena Anaya) “Todos Están Muertos”

 ◆助演男優賞(Biznaga De Plata Al Mejor Actor De Reparto)
 ◎Salva Reina、Héctor Medina “321 Días En Michigan”

画像

 “321 Días En Michigan”(西) 監督:Enrique García
 物語:アントニオは、ビジネスマンだが、金融犯罪で有罪判決を受け、ミシガンの刑務所に投獄される。しかし、スペインに帰国した後、そのことを恥ずかしく思った彼は、刑務所に入っていた321日間を、MBAを取得するために、ミシガン大学で勉強していたとウソをつく。

画像

 ◆助演女優賞(Biznaga De Plata A La Mejor Actriz De Reparto)
 ◎Yolanda Ramos “Carmina y Amén”

画像

 “Carmina y Amén(Carmina II)”(西) 監督:Paco León
 物語:Carminaは、セビリアで暮らすタフで、ヘビースモーカーの女家長である。ある日、夫が急死する。しかし、2日後にボーナスが支払われることになっていたので、彼女は、夫の死を2日間だけ秘密にしておこうと娘と相談する。
 “Carmina O Revienta(2012)の続編。

画像

 ◆脚本賞(Biznaga De Plata Al Mejor Guión)
 ◎Paco León “Carmina y Amén”

 ◆撮影賞(Biznaga De Plata A La Mejor Fotografía – Deluxe)
 ◎ニコラ・ボルデュク(Nicolas Bolduc) “No Llores, Vuela”

 “No Llores, Vuela(Aloft)”(西・カナダ・仏) 監督:クラウディア・リョサ(Claudia Llosa)
 出演:ジェニファー・コネリー、キリアン・マーフィー、メラニー・ロラン
 物語:アイヴァンは、母ナナと弟ガリーと一緒に農場で暮らしている。ガリーは、重い病気を患い、精神的にも弱っていて、ナナはアイヴァンに弟の面倒を見るように言うが、アイヴァンはふてくされて、自分の世界に閉じこもってしまう。ある日、治療師が訪ねてきて、ナナにヒーリング・パワーがあることがわかる。ナナは、小枝で小屋を作って、他の子供たちを見てあげるようになる。しかし、悲劇が起こって、一家は離散する。歳月が流れ、アイヴァンは父親になっている。彼は、母が、凍てつく湖のほとりで小屋を建てて住んでいるというのを聞いて、会いに行こうと決める。
 ベルリン国際映画祭2014 コンペティション部門出品。

画像

 ◆編集賞(Biznaga De Plata Al Mejor Montaje)
 ◎José Manuel García Moyano “Anochece En La India”

 ◆オリジナル作曲賞(Biznaga De Plata A La Mejor Banda Sonora Original)
 ◎Akrobats “Todos Están Muertos”

画像

 ◆新人脚本賞(Biznaga De Plata Al Mejor Guionista Novel (Máximo Segundo Guión))
 ◎Carlos Marques-Marcet、Clara Roquet “10.000 KM”

 ◆批評家特別賞(Biznaga De Plata Premio Especial Del Jurado De La Crítica – FNAC)
 ◎“10.000 KM”(西・米) 監督:Carlos Marques-Marcet

 ◆ヤング審査員特別賞(Biznaga De Plata Premio Especial Del Jurado Jóven – Universidad De Málaga)
 ◎“Todos Están Muertos”(西・独・メキシコ) 監督:Beatriz Sanchís

 ◆観客賞(Biznaga De Plata Premio Del Público – Gas Natural Fenosa)
 ◎“321 Días En Michigan”(西) 監督:Enrique García

 【ドキュメンタリー部門】(Documentales. Sección Oficial A Concurso)

 ◆最優秀ドキュメンタリー賞(Biznaga De Plata Al Mejor Documental)
 ◎“Ciutat Morta(Ciudad Muerta)”(西) 監督:Xavier Artigas、Xapo Ortega

画像

 “Ciutat Morta(Ciudad Muerta/Dead City)”(西) 監督:Xavier Artigas、Xapo Ortega
 2013年6月。800人もの人々が、今は営業していない映画館に不法に入って、1本のドキュメンタリーを観る。その後、彼らは、その古い映画館にCinema Patricia Herasという、ひとりの少女にちなんだ名前をつける。Patriciaとは、2年前に自殺した少女の名前だ。彼女はいったいなぜ自殺したのか。その時、警察はどう処理をしたのか。「死んだ町バルセロナ」で起きた最悪の事件に関する真実が明らかにされる。

画像

 ◆監督賞(Biznaga De Plata Al Mejor Director)
 ◎Sebastián Alfie “Gabor”(西・ボリビア)

画像

 “Gabor”(西・ボリビア) 監督:Sebastián Alfie
 監督のSebastián Alfieは、ボリビア高地で盲目に関するドキュメンタリーを撮ろうとして、機材を探していて、Gaborと出会う。彼は、10年前に視力を失って、映画業界から追放された撮影監督だった。Sebastiánは、彼にパートナーとなってくれるように頼み、撮影を始める。SebastiánとGaborの友情の物語。
 バリャドリッド国際映画祭2013 タイム・オブ・ヒストリー部門 アウト・オブ・コンペティション。

画像

 ◆審査員特別賞(Biznaga De Plata Premio Especial Del Jurado)
 ◎“Equipo Verde”(アルゼンチン) 監督:アレハンドラ・アルミロン(Alejandra Almirón)

画像

 “Equipo Verde”(アルゼンチン) 監督:アレハンドラ・アルミロン(Alejandra Almirón)
 私たちは、70年代のジェノサイドの後の最初の世代で、政治的理想もなければ、夢もなく、未成熟だった。1978年。話題の中心はワールド・カップで、ラジオをつけてもワールド・カップの話題ばかりだった。その年、私は、ブエノスアイレスのサンクリストバルにある中学校に入った。この学校は、学生組合も政治活動も自由だった。最初の授業で、豆を植え、観察日記をつけることになったが、私の豆は発芽しなかった。それはその後の私の学生生活を象徴するような出来事だった。私は、体育教師のTaboada先生が、テストをして、バレーボール・チームを作ろうとしていたのをよく覚えている。レギュラーから落ちこぼれた私とクリスティナとエルヴィラでチームを作り、“The Green Team”(Equipo Verde)と名づけた。私たちは学校での試合に参加しなかったし、外部での活動もしなかった。私たちは、生徒として見えない存在になり、授業でも後ろの方の席を選んで無関心を装った。
 『アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち』で編集を手がけたアレハンドラ・アルミロンの監督最新作。

画像

 ◆観客賞(Biznaga De Plata Premio Del Público – Jurado Universidad De Málaga)
 ◎“Gabor”(西) 監督:Sebastián Alfie

 ◆スペシャル・メンション(Mención Especial Del Jurado)
 ◎“El Inventor De La Selva”(西) 監督:Jordi Morató

 “El Inventor De La Selva(The Creator of the Jungle)”(西) 監督:Jordi Morató
 Garrelは、カタロニアにあるArgelaguerの森で、素手で、樹上に家を作ったり、迷路や滝を作ったりして、45年も暮らしている。それはまさに冒険映画のセットのようだ。彼は、遊びにくる者を拒まない。なぜならその森は彼の所有物ではないのだから。彼は、自分のことをArgelaguerのターザンと呼んでいたが、ある日、カメラを持ったティーンエージャーが遊びにきて、撮影をするようになった。何年かの間に、「機械を持った侵入者がやってきてジャングルの王を追放する」というような、ターザン映画みたいな物語のある映画を撮ったりもした。本作の監督Jordi Moratóは、そうした過去の映像も織り交ぜて、Garrelと彼のジャングルについてのドキュメンタリーを作った。その間に、Garrelのジャングルは、何度も崩壊したが、Garrelは、へこたれることもなく、何度も作り直している。
 ロッテルダム国際映画祭2014 観客賞8位。

画像

 【ラテンアメリカ映画部門】(Territorio Latinoamericano. Sección Oficial A Concurso)

 ・“Besos De Azúcar”(メキシコ) 監督:カルロス・キュアロン(Carlos Cuarón)
 ・“La Vida Después”(メキシコ) 監督:David Pablos
 ・“Conducta”(キューバ) 監督:エルネスト・ダラナス(Ernesto Daranas)
 ・“Princesas Rojas”(コスタリカ・ベネズエラ) 監督:Laura Astorga
 ・“Nena, Salúdame Al Diego”(ベネズエラ) 監督:Andrea Herrera Catalá
 ・“Rincón De Darwin”(ウルグアイ・ポルトガル) 監督:Diego Fernández Pujol
 ・“María y El Araña”(アルゼンチン・仏・エクアドル) 監督:María Victoria Menis
 ・“El Bumbún”(アルゼンチン) 監督:Fernando Bermúdez

 ◆最優秀作品賞(Biznaga De Plata A La Mejor Película)
 ◎“Conducta”(キューバ) 監督:エルネスト・ダラナス(Ernesto Daranas)

 “Conducta(Behavior)”(キューバ) 監督:エルネスト・ダラナス(Ernesto Daranas)
 物語:Chalaは、11歳で、ヤク中の母親と一緒に暮らし、生活のために闘犬の訓練をしている。Carmelaは、6年生の先生で、Chalaも彼女のことが大好きで、尊敬していた。ところが、Carmelaが病気になり、療養のために、数ヶ月休まなければならなくなる。新しくやってきた教師は、Chalaのことが理解できず、彼を再教育学校に送る。しばらくして、Carmelaが復帰した時、彼女は、自分のクラスが被った「変化」を知って、激しい憤りを覚える。
 『壊れた神々』(2009)のエルネスト・ダラナス監督最新作。
 グアダラハラ国際映画祭2014 イベロアメリカ長編フィクション・コンペティション部門出品。

画像

 ◆審査員特別賞(Biznaga De Plata Premio Especial Del Jurado)
 ◎“Rincón De Darwin”(ウルグアイ・ポルトガル) 監督:Diego Fernández Pujol

 “Rincón De Darwin(Darwin's Corner)”(ウルグアイ・ポルトガル) 監督:Diego Fernández Pujol
 物語:ガストンは、ウェブ開発業者で、最近、ガールフレンドに振られたが、まだ彼女のことが忘れられずにいる。彼は、ウルグアイの片田舎にある一族の土地を売りに出すために、モンテビデオから1833年にダーウィンが訪れたというRincón De Darwinに向かう。同行したのは、公証人のアメリコと、運転手兼雑用係のベト(何か後ろ暗い過去があるらしい)で、古いフォードF-150のせいもあって、トラブル続きの旅になる。そんな3人の道行きに併行して、ダーウィンの日記の一部が、挿入される。

画像

 ◆監督賞(Biznaga De Plata A La Mejor Dirección)
 ◎エルネスト・ダラナス(Ernesto Daranas) “Conducta”

 ◆男優賞(Biznaga De Plata Al Mejor Actor)
 ◎Carlos Frasca “Rincón De Darwin”

 ◆男優賞 スペシャル・メンション(Mención Especial Del Jurado)
 ◎Armando Valdés “Conducta”

 ◆女優賞(Biznaga De Plata A La Mejor Actriz)
 ◎アリーナ・ロドリゲス(Alina Rodríguez) “Conducta”

 ◆観客賞(Biznaga De Plata Premio Del Público)
 ◎“Conducta”(キューバ) 監督:エルネスト・ダラナス(Ernesto Daranas)

 【特別賞・名誉賞】

 ◆Premio Eloy de la Iglesia
 ◎パブロ・ベルヘル

画像

 ◆Premio Retrospectiva-Málaga Hoy
 ◎ホセ・サクリスタン(José Sacristán)
 ホセ・サクリスタンは、『赤いブーツの女』(1974)や『バスルーム 裸の2日間』(2011)などで知られるベテラン男優。

画像

 ※マラガ・スペイン映画祭には、上記のほかに、短編部門、アニメーション部門、Zonazine部門があり、映画祭の会期終了後の4月1日に各部門の賞が発表されています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年3月〜11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_4.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スペイン映画2014上半期の収穫! マラガ・スペイン映画祭2014 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる