海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS セザール賞2014 結果発表!

<<   作成日時 : 2014/03/01 15:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第39回セザール賞の結果が発表されました。(2月28日)

画像

 ◆作品賞(Meilleur film)
 ・“9 mois ferme(9 month stretch)”(仏) 監督:アルベール・デュポンテル
 ◎“Les garçons et Guillaume, à table! (Me, Myself And Mum)”(仏) 監督:ギョーム・ガリエンヌ
 ・『湖の見知らぬ男』“L'inconnu du lac(The Unknown Lake)”(仏) 監督:アラン・ギロディー
 ・“Jimmy P. (Psychothérapie d'un Indien des Plaines)”(仏・米) 監督:アルノー・デプレシャン
 ・『ある過去の行方』(仏) 監督:アスガー・ファルハディ
 ・“La Venus à la fourrure (Venus in Fur)”(仏)(監督:ロマン・ポランスキー
 ・『アデル、ブルーは熱い色』(仏) 監督:アブデラティシュ・ケシシュ

画像

 ◆監督賞(Meilleur réalisateur)
 ・アルベール・デュポンテル “9 mois ferme(9 month stretch)”
 ・ギョーム・ガリエンヌ “Les garçons et Guillaume, à table! (Me, Myself And Mum)”
 ・アラン・ギロディー 『湖の見知らぬ男』“L'inconnu du lac(The Unknown Lake)”
 ・アルノー・デプレシャン “Jimmy P. (Psychothérapie d'un Indien des Plaines)”
 ・アスガー・ファルハディ 『ある過去の行方』
 ◎ロマン・ポランスキー “La Venus à la fourrure (Venus in Fur)”
 ・アブデラティシュ・ケシシュ 『アデル、ブルーは熱い色』

 ロマン・ポランスキーは、2年ぶり9&10&11回目のノミネート。1980年に『テス』で作品賞と監督賞、2003年に『戦場のピアニスト』で作品賞と監督賞、2011年に『ゴーストライター』で監督賞と脚色賞、2012年に『おとなのけんか』で脚色賞を受賞して以来2年ぶり8回目の受賞。

画像

 ◆主演男優賞(Meilleur acteur)
 ・マチュー・アマルリック “La Venus à la fourrure (Venus in Fur)”
 ・ミシェル・ブーケ 『ルノワール 陽だまりの裸婦』(仏)(監督:ジル・ブルドス)
 ・アルベール・デュポンテル “9 mois ferme(9 month stretch)”
 ・グレゴリー・ガドゥボワ(Grégory Gadebois) 『魂を治す男』“Mon âme par toi guérie”(仏)(監督:フランソワ・デュペイロン)
 ◎ギョーム・ガリエンヌ(Guillaume Gallienne) “Les garçons et Guillaume, à table! (Me, Myself And Mum)”
 ・ファブリス・ルキーニ “Alceste à Bicyclette(Cycling with Moliere)”(仏)(監督:フィリップ・ル・ゲイ)
 ・マッツ・ミケルセン “Michael Kohlhaas”(仏・独)(監督:Arnaud des Pallières)

 リュミエール賞に続き、ギョーム・ガリエンヌが受賞。

 ◆主演女優賞(Meilleur actrice)
 ・ファニー・アルダン “Les Beaux Jours(Bright Days Ahead)”(仏)(監督:マリオン・ヴェルヌー)
 ・ベレニス・ベジョ 『ある過去の行方』
 ・カトリーヌ・ドヌーヴ “Elle s'en va (On My Way)”(仏)(監督:エマニュエル・ベルコ)
 ・サラ・フォレスティエ “Suzanne”(仏)(監督:カテル・キレヴェレ(Katell Quillévéré))
 ◎サンドリーヌ・キベルラン “9 mois ferme(9 month stretch)”
 ・エマニュエル・セニエ “La Venus à la fourrure (Venus in Fur)”
 ・レア・セイドゥ 『アデル、ブルーは熱い色』

 サンドリーヌ・キベルランは、4年ぶり7回目のノミネート。18年ぶり2回目の受賞。

画像

 ◆助演男優賞(Meilleur acteur dans un second role)
 ◎ニエル・アレストリュプ “Quai d'Orsay”(仏) 監督:ベルトラン・タヴェルニエ
 ・パトリック・シェネ(Patrick Chesnais) “Les Beaux Jours(Bright Days Ahead)”
 ・Patrick d'Assumçao 『湖の見知らぬ男』“L'inconnu du lac(The Unknown Lake)”
 ・フランソワ・ダミアン “Suzanne”
 ・オリヴィエ・グルメ “Grand Central”(仏・オーストリア)(監督:レベッカ・ズトヴスキ)

 ニエル・アレストリュプは、3年ぶり4回目のノミネート。4年ぶり3回目の受賞。

 ◆助演女優賞(Meilleur actrice dans un second role)
 ・Marisa Bruni-Tedeschi “Un Chateau en Italie(A Castle in Italy)”(仏)(監督:ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ)
 ・フランソワーズ・ファビアン “Les garçons et Guillaume, à table! (Me, Myself And Mum)”
 ・ジュリー・ガイエ “Quai d'Orsay”
 ◎アデル・エネル “Suzanne”
 ・ジェラルディーヌ・ペラス(Géraldine Pailhas) 『17歳』(仏)(監督:フランソワ・オゾン)

 アデル・エネルは、2年ぶり3回目のノミネートで、初受賞。

画像

 ◆有望若手男優賞(Meilleur espoir Masculin)
 ・Paul Bartel “Les Petits Princes(The Dream Kids)”(仏)(監督:Vianney Lebasque)
 ◎ピエール・ドィラドンシャン(Pierre Deladonchamps) 『湖の見知らぬ男』“L'inconnu du lac(The Unknown Lake)”
 ・Paul Hamy “Suzanne”
 ・ヴァンサン・マケーニュ(Vincent Macaigne) 『7月14日の朝』“La fille du 14 juillet”(仏)(監督:アントナン・ペレジャトコ(Antonin Peretjatko))
 ・Nemo Schiffman “Elle s'en va (On My Way)”

 Paul HamyとVincent Macaigneは、リュミエール賞でもノミネート。リュミエール賞では“Quai d'Orsay”のRaphael Personnazが受賞。

画像

 ◆有望若手女優賞(Meilleur espoir Féminin)
 ・Lou de Laâge “Jappeloup”(仏・カナダ)(監督:クリスチャン・デュゲイ)
 ・Pauline Etienne “La religieuse (The Nun)”(仏・独・ベルギー)(監督:William Nicloux)
 ◎アデル・エグザルコプロス 『アデル、ブルーは熱い色』
 ・ゴルシフテ・ファラハニ 『悲しみを聴く石』“Syngué sabour - Pierre de patience”(アフガニスタン・仏・独・英)(監督:アティグ・ラヒミ(Atiq Rahimi) )
 ・マリーヌ・ヴァクト 『17歳』

 Pauline Etienneとアデル・エグザルコプロスとマリーヌ・ヴァクトは、リュミエール賞でもノミネート。リュミエール賞ではアデル・エグザルコプロスが受賞。

画像

 ◆オリジナル脚本賞(Meilleur scénario original)
 ◎アルベール・デュポンテル “9 mois ferme(9 month stretch)”
 ・フィリップ・ル・ゲイ “Alceste À Bicyclette(Cycling with Moliere)”
 ・アラン・ギロディー 『湖の見知らぬ男』“L'inconnu du lac(The Unknown Lake)”
 ・アスガー・ファルハディ 『ある過去の行方』
 ・カテル・キレヴェレ、マリエット・デセール(Mariette Désert) “Suzanne”

 “9 mois ferme(9 month stretch)”と『ある過去の行方』は、リュミエール賞でもノミネート。

 ◆脚色賞(Meilleure adaptation)
 ◎ギョーム・ガリエンヌ “Les garçons et Guillaume, à table! (Me, Myself And Mum)”
 ・アルノー・デプレシャン、Julie Peyr、Kent Jones “Jimmy P. (Psychothérapie D’Un Indien Des Plaines)”
 ・Antonin Baudry、Christophe Blain、ベルトラン・タヴェルニエ “Quai D’Orsay”
 ・デイヴィッド・アイヴス(David Ives)、ロマン・ポランスキー “La Venus à la fourrure (Venus in Fur)”
 ・アブデラティフ・ケシシュ、ガリア・ラクロワ(Ghalya Lacroix) 『アデル、ブルーは熱い色』

 “Quai D’Orsay”と“La Venus à la fourrure (Venus in Fur)”は、リュミエール賞でもノミネート。リュミエール賞では“La Venus à la fourrure (Venus in Fur)”が受賞。

 ◆撮影賞(Meilleure photographie)
 ◎トマス・ハードマイアー(Thomas Hardmeier) “L’Extravagant Voyage Du Jeune Et Prodigieux T.S. Spivet”(仏・カナダ)(監督:ジャン=ピエール・ジュネ)
 ・クレア・マトン(Claire Mathon) 『湖の見知らぬ男』“L'inconnu du lac(The Unknown Lake)”
 ・ジャンヌ・ラポワリー(Jeanne Lapoirie) “Michael Kohlhaas”
 ・マーク・リー・ピンビン(Mark Ping Bing Lee) 『ルノワール 陽だまりの裸婦』
 ・ソフィアン・エル・ファニ(Sofian El Fani) 『アデル、ブルーは熱い色』

画像

 ◆編集賞(Meilleur montage)
 ・クリストフ・ピネル(Christophe Pinel) “9 mois ferme(9 month stretch)”
 ◎ヴァレリー・デセーヌ(Valérie Deseine) “Les garçons et Guillaume, à table! (Me, Myself And Mum)”
 ・ジャン=クリストフ・イム(Jean-Christophe Hym) 『湖の見知らぬ男』“L'inconnu du lac(The Unknown Lake)”
 ・ジュリエット・ウェルフラン(Juliette Welfling) 『ある過去の行方』
 ・カミーユ・トゥブキ(Camille Toubkis)、アルベルティーヌ・ラステラ(Albertine Lastera)、ジャン=マリー・ランジェレ(Jean-Marie Lengellé) 『アデル、ブルーは熱い色』

 ◆美術賞(Meilleurs décors)
 ◎ステファーヌ・ローザンボーム(Stéphane Rozenbaum) 『ムード・インディゴ うたかたの日々』(仏・ベルギー)(監督:ミシェル・ゴンドリー)
 ・アリーヌ・ボネット(Aline Bonetto) “L’Extravagant Voyage Du Jeune Et Prodigieux T.S. Spivet”
 ・シルヴィー・オリヴェ(Sylvie Olivé) “Les garçons et Guillaume, à table! (Me, Myself And Mum)”
 ・ヤン・アルロー(Yan Arlaud) “Michael Kohlhaas”
 ・ブノワ・バルー(Benoît Barouh) 『ルノワール 陽だまりの裸婦』

画像

 ◆衣裳賞(Meilleurs costumes)
 ・フロランス・フォンテーヌ(Florence Fontaine) 『ムード・インディゴ うたかたの日々』
 ・マデリーン・フォンテーヌ(Madeline Fontaine) “L’Extravagant Voyage Du Jeune Et Prodigieux T.S. Spivet”
 ・オリヴィエ・バリオ(Olivier Bériot) “Les garçons et Guillaume, à table! (Me, Myself And Mum)”
 ・Anina Diener “Michael Kohlhaas”
 ◎パスカリーヌ・シャヴァンヌ(Pascaline Chavanne) 『ルノワール 陽だまりの裸婦』

画像

 ◆録音賞(Meilleur son)
 ・Marc-Antoine Beldent、ロイック・プリアン(Loïc Prian)、オリヴィエ・ドー・ユゥ(Olivier Dô Hùu) “Les garçons et Guillaume, à table! (Me, Myself And Mum)”
 ・Philippe Grivel、Nathalie Vidal 『湖の見知らぬ男』“L'inconnu du lac(The Unknown Lake)”
 ◎ジャン=ピエール・デュレ(Jean-Pierre Duret)、Jean Mallet、Mélissa Petitjean “Michael Kohlhaas”
 ・リュシアン・バリバール(Lucien Balibar)、ナディン・ミュズ(Nadine Muse)、シリル・オルツ(Cyril Holtz) “La Venus à la fourrure (Venus in Fur)”
 ・ジェローム・シュヌボイ(Jérôme Chenevoy)、Fabien Pochet、ジャン=ポール・ユリエ(Jean-Paul Hurier) 『アデル、ブルーは熱い色』

 ◆オリジナル音楽賞(Meilleure musique originale )
 ・ホルヘ・アリアガータ(Jorge Arriagada) “Alceste à bicyclette(Cycling with Moliere)”
 ・Loïk Dury、Christophe 'Disco' Minck “Casse-tête chinois(Chinese Puzzle)”(仏)(監督:セドリック・クラピッシュ)
 ・エティエンヌ・シャリー(Etienne Charry) 『ムード・インディゴ うたかたの日々』
 ◎Martin Wheeler “Michael Kohlhaas”
 ・アレクサンドル・デプラ “La Venus à la fourrure (Venus in Fur)”

画像

 ◆第1回作品賞(Meilleur premier film)
 ◎“Les garçons et Guillaume, à table! (Me, Myself And Mum)”(仏) 監督:ギョーム・ガリエンヌ
 ・『ソルフェリーノの戦い』“La Bataille de Solférino”(仏) 監督:ジュスティーヌ・トリエ(Justine Triet)
 ・“En solitaire(Solo)”(仏) 監督:Christophe Offestein
 ・『7月14日の朝』“La Fille du 14 juillet”(仏) 監督:アルトナン・ペレジャトコ(Antonin Peretjatko)
 ・“La Cage Dorée”(仏) 監督:Ruben Alves

 “Les garçons et Guillaume, à table! (Me, Myself And Mum)”は、カンヌ国際映画祭2013 C.I.C.A.E.賞&SACD賞受賞。リュミエール賞2014 男優賞受賞。
 リュミエール賞では“Les garçons et Guillaume, à table! (Me, Myself And Mum)”が受賞。
 ルイ・デリュック賞では“Vandal”が受賞。

 ◆ドキュメンタリー賞(Meilleur film documentaire)
 ・“Comment j'ai détesté les Maths”(仏) 監督:Olivier Peyon
 ・“Le Dernier des injustes”(仏・オーストリア) 監督:クロード・ランズマン
 ・“Il était une forêt”(仏) 監督:リュック・ジャケ(Luc Jacquet)
 ◎『世界の果ての通学路』“Sur le chemin de l'école”(仏・中・南ア・ブラジル・コロンビア) 監督:パスカル・プリッソン(Pascal Plisson)
 ・“La Maison de la radio”(仏・日) 監督:ニコラ・フィリベール

 ◆アニメーション賞(Meilleur film d'animation)
 ・“Aya de Yopougon”(仏) 監督:Marguerite Abouet、 Clément Oubrerie
 ◎“Loulou, l'incroyable secret”(仏・ベルギー・ハンガリー) 監督:Éric Omond、Grégoire Solotareff
 ・“Ma maman est en Amérique, elle a rencontré Buffalo Bill”(仏・ルクセンブルク) 監督:Marc Boreal、Thibaut Chatel

画像

 ◆短編アニメーション賞
 ・『妻の手紙』“Lettres de femmes”(仏) 監督:オーギュスト・ザノヴェッロ(Augusto Zanovello)
 ◎『モンパルナスのキキ』“Mademoiselle Kiki et les Montparnos”(仏) 監督:Amélie Harrault

画像

 ※短編アニメーションは、アニメーション賞から分かれて、24年ぶりに短編アニメーション賞として復活したようです。

 ◆短編映画賞(Meilleur court métrage)
 ◎『全てを失う前に』“Avant que de tout perdre”(仏) 監督:グザヴィエ・ルグラン(Xavier Legrand)
 ・“Bambi”(仏) 監督:セバスチャン・リフシッツ(Sébastien Lifshitz)
 ・『逃亡』“La Fugue (The Runaway)”(仏) 監督:Jean-Bernard Marlin
 ・『靄の向こうに』“Les Lézards (The Lizards)”仏) 監督:Vincent Mariette
 ・“Marseille la nuit”(仏) 監督:Marie Monge

 『全てを失う前に』は、クレモンフェラン国際短編映画祭2013 ナショナル・コンペティション部門出品。グランプリ、ヤング審査員賞、テレラマ・プレス賞、観客賞受賞。

 ◆外国映画賞(Meilleur film étranger)
 ・『追憶のローマ』(伊・仏) 監督:パオロ・ソレンティーノ
 ◎『オーバー・ザ・ブルースカイ』(ベルギー・オランダ) 監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン
 ・『ゼロ・グラビティ』(米) 監督:アルフォンソ・キュアロン
 ・『ジャンゴ 繋がれざる者』(米) 監督:クエンティン・タランティーノ
 ・『ブランカニエベス』(西・仏) 監督:パブロ・ベルヘル
 ・『ブルージャスミン』(米) 監督:ウディ・アレン
 ・“Dead Man Talking”(ベルギー・ルクセンブルク・仏) 監督:Patrick Ridremont

 『オーバー・ザ・ブルースカイ』は、ベルギー映画として2本目の受賞。

 ◆Caesar et Techniques 2014(第4回)
 ◎Didier Diaz(Transpalux会長)

 ◆名誉セザール賞(César d'honneur)
 ◎スケーレット・ヨハンソン

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通りです。

 ・“Les garçons et Guillaume, à table!”(5/10):作品・監督・主演男優・助演女優・脚色・編集・美術・衣裳・録音・第1回
 ・『アデル、ブルーは熱い色』(1/8):作品・監督・主演女優・若手女優・脚色・撮影・編集・録音
 ・『湖の見知らぬ男』“L'inconnu du lac”(1/8):作品・監督・助演男優・若手男優・脚本・撮影・編集・録音
 ・“La Venus à la fourrure”(1/7):作品・監督・主演男優・主演女優・脚色・録音・音楽
 ・“9 mois ferme(9 month stretch)”(2/6):作品・監督・主演男優・主演女優・脚本・編集
 ・“Michael Kohlhaas”(2/6):主演男優・撮影・美術・衣裳・録音・音楽
 ・『ある過去の行方』(0/5):作品・監督・主演女優・脚本・編集
 ・“Suzanne”(1/5):主演女優・助演男優・助演女優・若手男優・脚本
 ・『ルノワール 陽だまりの裸婦』(1/4):主演男優・撮影・美術・衣裳
 ・“Jimmy P.”(0/3):作品・監督・脚色
 ・“Alceste à Bicyclette”(0/3):主演男優・脚本・音楽
 ・“Quai d'Orsay”(1/3):助演男優・助演女優・脚色
 ・“L’Extravagant Voyage Du Jeune Et Prodigieux T.S. Spivet”(1/3):撮影・美術・衣裳
 ・『ムード・インディゴ うたかたの日々』(1/3):美術・衣裳・音楽
 ・“Elle s'en va (On My Way)”(0/2):主演女優・若手男優
 ・『17歳』(0/2):助演女優・若手女優
 ・『7月14日の朝』(0/2):若手男優・第1回
 ・『魂を治す男』(0/1):主演男優
 ・“Grand Central”(0/1):助演男優
 ・“Un Chateau en Italie”(0/1):助演女優
 ・“Les Petits Princes”(0/1):若手男優
 ・“Jappeloup”(0/1):若手女優
 ・“La religieuse (The Nun)”(0/1):若手女優
 ・『悲しみを聴く石』(0/1):若手女優
 ・“Casse-tête chinois”(0/1):音楽
 ・『ソルフェリーノの戦い』“La Bataille de Solférino”(0/1):第1回
 ・“En solitaire(Solo)”(0/1):第1回
 ・“La Cage Dorée”(0/1):第1回

 セザール賞では、最多ノミネート作品は最多受賞にはならないという傾向がありますが、今回は、すんなりと最多ノミネートの“Les garçons et Guillaume, à table!”が最多受賞になりました。

 ルイ・デリュック賞、リュミエール賞、エトワール賞を受賞して、セザール賞でも本命と見られた『アデル、ブルーは熱い色』は若手有望女優賞のわずか1部門のみの受賞にとどまりました。
 前哨戦の結果を見て、セザール賞会員の中にバランス感覚が働いて、こういうチョイスになったというようなこともあるのかもしれませんが、ヨーロッパ映画賞での扱いを見たりすると、どうも『アデル、ブルーは熱い色』はフランス映画人の間ではあまり支持されていないのではないかと感じたりもします。

 『身をかわして』“L'esquive”や『クスクス粒の秘密』では、セザール賞で、ともに作品賞と監督賞と脚本賞を受賞していますから、レオス・カラックスのように、監督が嫌われているということでもないようなのですが、単純に「映画批評家やシネフィルの評価は高いが、同業者や一般の評価はそれほど高くはない」といったことなのでしょうか。
 なんだかよくわかりませんね。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・セザール賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_1.html
 ・セザール賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_61.html
 ・セザール賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_40.html
 ・セザール賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_4.html
 ・セザール賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_42.html
 ・セザール賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_2.html
 ・セザール賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_49.html
 ・セザール賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_37.html
 ・セザール賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_48.html
 ・セザール賞2009ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_30.html
 ・セザール賞2009受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_38.html
 ・セザール賞2008 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200802/article_10.html

 ・ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞2014 ファイナリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_40.html
 ・ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_50.html

 ・セザール賞2014 短編映画賞ショートリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201310/article_29.html
 ・セザール賞2014 短編アニメーション ショートリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201310/article_28.html

 ・エトワール賞2014:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_49.html

 ・アンリ・ラングロワ賞2014:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_14.html

 ・フランス映画トロフィー2014 発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_13.html

 ・リュミエール賞2014ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_58.html
 ・リュミエール賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_63.html

 ・ルイ・デリュック賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201310/article_38.html
 ・ルイ・デリュック賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_51.html

 ・各国アカデミー賞 一覧:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_28.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年12月〜2014年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
セザール賞2014 結果発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる